« April 2008 | Main | June 2008 »

May 2008

Brown Bear and Friends

先日エリック・カールのCD「Brown Bear and Friends 」について

「New !! Brown Bear シリーズのCD」では内容だけを

簡単に説明してましたけど、

毎日子供と一緒に聞いていて気づいたことがあったので、

追加しますね。

4つのストーリーが朗読されているんだけど、

ページをめくる合図音もなく、間が開けてあるわけでもありません。

このCDはとってもすてきなBGMと共に、

4冊が全く間隔を空けずに続けて朗読されているんです、

その音楽は、1冊目はやさしくしっとり始まり、

2冊目はちょっとソフトジャズ風、

3冊目はそれぞれの動物に合った楽しい音楽で盛り上がり、

最後4冊目はまたやさしくしっとりしめくくり、

Mother Bear とBaby Bear のやさしい母と子の愛に浸ります・・・confident

そう、私が気づいたことは、

このCDでは、4冊を1つのストーリーとして演出してあるって事、

なんか感動します!

そして、一緒に聞いていたお兄ちゃんのMa君(9才)が、

「なんか感動するな~confident、Mother Bear の愛を感じるよ~!

Baby Bear をやさしく見てるんだね~、

もー涙出ちゃったよ~~~!」と目をウルウルさせてました。

それ以来みんなその最後の愛溢れるフレーズが聴きたくて、

毎日一緒に聴いてます。

ちなみに、この後に収録されているエリックカールの

インタビューを聞いて初めて知ったんだけど、

この「Brown Bear Brown Bear What Do You See?」が

彼が初めて描いた児童向けの絵本なんですね!

え?知ってました? 私は知りませんでした!

そしてこのインタビューには、

原作者の「Bill Martin Jr.」との出会い、

広告代理店でデザインをしていたエリックカールが

どうして絵本を描き始めたか、

このコラージュのイラストがどんな風に作られたか・・・etc.

たくさん語っています、

お話好きなやさしいおじいちゃんなんですね。

気が向いたらそのうちこのインタビューの要約を

ここで紹介します。

気が向いたら・・・ねwink

↓↓↓ランキングに参加してます、クリックの応援お願いしますね

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

トラコミュ
エリック・カールの世界

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

アメリカのサマーキャンプに参加!

タイトルの通り、お兄ちゃんMa君が夏休みにアメリカに行くことになりました!

毎年春休みと夏休みに日本に帰ってくる
ハーフのお友達Rey君(父日本人・母米国人)が誘ってくれたんです。
10日間滞在して向こうのサマーキャンプに参加する予定です。
But,渡米時はRey君家族と一緒だけど、
帰りは1人で帰ってくることになります、
大丈夫なんだろうか・・・?

去年の2泊3日のエコキャンプに参加した時
「ホームシック」になって
泣いちゃったらしいけど、
10日間なんてどうなるんだろう???

まあ、最近学校の友達と遊ぶことが忙しくて、
英語の勉強があまり進んでないから、
このアメリカ行きがもっと英語をがんばるきっかけに
なってくれたらいいんだけど。

アメリカのYMCAサマーキャンプのサイト
http://www.baymca.org/dt/downtown-Summer-Programs.aspx

↓↓ランキングに参加してますクリックの応援お願いしますね!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

New !! Brown Bear シリーズのCD

最近我が家のお気に入りは、

新しく購入した「Brown Bear and Friends 」というCDです。

このCDには、お馴染みの

①「Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?

②「Polar Bear, Polar Bear, What Do You Hear?

③「Panda Bear, Panda Bear, What Do You See?

④「Baby Bear, Baby Bear, What Do You See?

この4つの絵本の英語の朗読が収録されています。

そしてその後にはなんと、

スペイン語でこの4つが朗読されていて、これがとっても楽しいんです!

英語で「What do you see ?」と「Looking at me .」が韻(Rhyming)をふんでいるように、スペイン語もちゃんとRhymingになっていて、スペイン語を知らない子供たちもそれに気づいて、すっかり一緒になってスペイン語を言ってました。

その後に、作者の「Bill Martin Jr.」本人がBrown Bear ...を朗読、そして、エリック・カールのトークと続きます。

1700円でこんなに盛りだくさんでもとってもお得に思えます。

④「Baby Bear, Baby Bear, What Do You See?」はまだ持っていないので子供達に「早く買ってよ~」とせがまれました。ストーリー聴いてると絵も見たくなりますよね。

↓↓↓ランキングに参加してます、クリックの応援お願いしますね!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

最近毎日必ず読むエリックカールの…

うちの2才児Kokoはすっかりエリック・カールにはまっています、私が無理にすすめたわけでもなく、子ども本人がが「この本大好き!」って感じで選びます。 最近、毎晩毎晩寝る前に「Read it!」といって持ってくるのが、

Does_a_kangaroo

Does a Kangaroo Have a Mother, Too?

これはもしかしたらあまり知られていないかもしれないけど、

本当にすばらしい絵本なんです!

「Does a kangaroo have a mother too?」

「Yes, a kangaroo has a mother,just like me and you.」「Does a lion have a....」と、

続きます。 なんですばらしいかっていうと・・・

⇒同じ文で動物がどんどん変わっていきます、 

そうすると・・・そうです、「have」 「has」の変化を 子どもはいつの間にか学習してしまいますね。

⇒いろんな動物の名前と親子の姿をたくさん見れます。

⇒そして、最後質問は「Do animal mothers love their babies?」 

答えは「・・・・・・・・」(考えてください) 

そしてその答えを読みながらギュ~っとハグするんです、 

これが楽しみで子ども達はワクワクしながら待ち構えて聞いてます。

これを毎日必ず読んでます、

夜中の2時頃にに目が覚めて泣いちゃった時も、

泣きながら「Read it!」と言って持ってきます、

もちろん「No!Go back to bed!」なんて言わないで、

電気をつけて読んであげます。

そしたらちゃんと納得してまた寝てくれます。

なんだか親子が安心できる、 これこそエリック・カールの世界ですね。

↓↓↓他にもバイリンガル子育てなど記事が色々あります。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

♪「Round and round! Round and round」♪

ゴールデンウィークは私が扁桃腺を腫らして寝込み、
その上仕事もあったりして遠出はナシ、
どっちにしろ関東は天気が悪かったから家にいることが多い
おとなしい連休でした。

でも、ちょうど連休の前日にアマゾンから荷物が届きました、

The Wheels on the Bus

Wheels on the Bus
Teddy Bear, Teddy Bear
Dingle Dangle Scarefrow
Incy Wincy Spider
Five Little Peas

の5つの歌が、それぞれに左のページに絵としかけ、
右のページには手遊びの手順がかわいいイラストで描かれてます。

ハードカバーなのにページはボードブックの厚みで、
もの凄くしっかりしてます、2歳児が少々手荒に扱っても
全然大丈夫、しかもツルツル・ピカピカ!
とても1200円ちょっととは思えません。

うちのチビ君Kokoがすっかりはまりました。
「More! More!」といって何度もせがんで、
すぐに
♪「Round and round! Round and round」♪
のフレーズを覚えてしまいました。
そして、♪「Round and round! Round and round」♪と歌いながら
グルグル自分が回っていたので、
意味も理解していることがわかりました。

ママが忙しい時はお姉ちゃんにお願いして、
2人で仲良くソファーで読んで、歌って、踊って、
すっかりお気に入りです。

その翌日Kokoは、BRIO(木製の電車のおもちゃ)のトーマスで遊んでいた時、
電車をグルグル走らせながら
notes「Round and round! Round and round」notes
って自分でうたってました
ちゃんと応用もできるんだねhappy01

ちなみにこの本は、イギリスではお馴染みのBaby向けのシリーズで、

Twinkle, Twinkle, Little Star もあります。

↓↓↓他にも育児・バイリンガル子育てなど記事が色々あります。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

「読めたよ」~最初に自分で読めたのはORT~

現在5歳のRiが初めて自分で「本」を読めたのは
この子が3才8ヶ月の時、
夏休みに子供3人を連れて実家に帰ってたときでした。
移動中など退屈した時に備えてサプライズのNEW BOOKを
何冊か持っていったのがORT Stage2でした。

そして、これはどうかな?っと思って見せたのが「Go-Kart」
Oxford Reading Tree: Stage 2: Storybooks: the Go-kar

いつもは新しい本を見せると、まず私が10回ぐらい読んで、
Riは全てを暗記してしまい、読んでるフリをして楽しみました。
でもこの日は「ちょっと自分で読んでみようか?読めるかもよ」と言って促してみる、
ゆっくりと「Dad m...m...made a go....?」とここまで読めました、
本人はニヤニヤして嬉しそう!「I can read!!!」
go-kart だけは教えて、それから更に続けた、
「Biff w...w...wanted the go-kart.」

そして、なんとか1人で読んでしまいました。
本当は既に読めてたんでしょうね、
でも自信がなくて読めないと思い込んでたんだと思う。

それから急に楽しくなってその辺にある本を次々と読み始めました、
これこそRiが前から憧れていた事なんですから。

上にも書いたように、これまでは、とにかくうちにある本という本を全て丸暗記して、
ページをめくりながらいかにも読んでるフリをする。
軽く100冊以上暗記してました、そしていかにも本当に読んでいるように
暗唱していたんです。

それが本当に自分で読んでる!!は大きな感動でした。
本人も大喜び、周りも当然大拍手!

そして、その時に今まで脳にストックしていた記憶が一気に
表に出てきたのを目の当たりにした驚きの瞬間でもありました。

無駄になるものはありません!

Oxford Reading Tree: Stage 2: Storybooks: the Go-kar

ランキングに参加しています、応援のクリックお願いしますね!

↓↓↓
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

| | Comments (1) | TrackBack (0)
|

「読めたよ」~2才の子も読めた!~

昨日の続きで「読み」について。

「Your Baby Can Read」と同時に進めていたのが「フラッシュカード」。
うちで使っていたのは「くもん」の旧型の大判カードでCD無し、
片面には絵が描いてあって片面は大きい字で絵のものの名前が書いてあります、
これを10枚くらい持って一枚づつ言いながら両面を「パッパッ!」って見せていくんです。
このカードは普段は触らせてもらえないし見せてももらえないから、
子供にとっては何か特別で面白いもの・・・っていう印象があるので、すごく楽しみにしてるんです、
だから一瞬も逃さないように食い入るようにジーッと見てるから効果もUP

カードをじっくり見せて覚えこまそうとすると逆効果なので×
でも、ちゃんと覚えてるかどうか気になるところ?
大丈夫なんです、ちゃんと頭の中にしまってあるんです、
そして3才で読めるようになった時にそのしまってあったものが一気に大放出、
カードの文字を全て読んでくれました!

現在うちの一番下(4月に2才になったばかり)にこのフラッシュカードをやってるけど、
今日はめずらしく読ませてみた(普段はIN PUTのみで読ませることはしない)、
すると10枚のうち1枚は確実に「CAT」と書いてあるのを見て「cat!」って言ってくれました!!!!
ほかのカードははっきりは言わなかったけど、ニヤニヤしながら小声で何かいっていたから、
文字を見て書いてあることを言うんだな・・・っというのはわかってくれたみたい。

でも、今日のこの成果で、この子もすでに読め始めてることを、確信できました!
ちなみに、5歳のRiは今日漢字を10個読めるようになって大喜び、
これも「くもん」の漢字カードを使ってます。

子供の能力はすばらしい!!!!

↓↓↓ランキングに参加してます、クリックの応援お願いしますね!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

「読めたよ!」~までの取り組み~

今日はRi(5才の娘)は帰宅後、
夢中で「Magic Tree House : the Knight at Dawn」を読んでいた。
もう、この本は全部読んだのかと思ってたけど、
まだ読んでなかったんですって、面白いところだけ摘み読みしてたらしい。

この子は毎日毎日、寝ても覚めても本ばかり読んでる、
しかも、うるさい程の大声で音読する・・・。
5歳児なんてもっと色々なことして欲しいと思うんだけど、
これは親のわがままでしょうね。

さて、この子がどうやって3才で上手に読めるようになったかを振り返ってみます、
まず最初の取り組みは、「Your Baby Can Read」っていうビデオ、
これについては以前「英語育児~子供にビデオ??」で説明してます。
だけど、その時はまだここまで効果があるなんて、
分かってなかったかも。

赤ちゃんはすぐには効果を見せないから、
つい親は「ホントかなー?コレって効果あんのかなー?」って
思ってしまいがち、でもやったことは全てストックされてました、
右脳に焼き付けられてたんですね。

現在は3人目がこのビデオ見てます、
Riに比べるとかなりのんびりタイプだけど、
ちゃんと右脳にはストックされてるって信じてます。

次は、同時進行で進めた取り組みについてです。

↓↓↓ランキングに参加してます、応援してください。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« April 2008 | Main | June 2008 »