« June 2008 | Main | August 2008 »

July 2008

Fly to USA !! お兄ちゃんアメリカへ出発!

ついにこの日が来てしまいました、

お兄ちゃんがアメリカへ旅立ちました。

Pict4372small_2

  ※初めて読まれる方は過去記事へ

   「アメリカのサマーキャンプに参加!」

  ついにアメリカ行きチケットをゲット!」

  「一緒にアメリカへ…フォト公開!」

本当に行ってしまいました!

最後の最後の別れの瞬間まで

彼が「行ってしまう」っていう実感が

なかったんだけど、

最後のBIG BIG hug and BIG kissの後

彼の姿が見えなくなって、

「あー、本当に旅立つんだな…」って、

初めて実感しました。

去年の夏休み(まだ3年生の時)に

新潟での「エコキャンプ」に参加した時は、

たった2泊なのに夜になると家族が恋しくて

泣いてばかりだったのに、

1年で少しは成長したのかな、

今回は違って

「ボクぜ~んぜん泣かないよ!

平気だよ!I'm OK. Nooooo problem !!!」

ってすんごい張り切ってた。

でもさすがに出発の瞬間は、

不安よりも緊張が大きいようで、

胸に手を当てて真面目な顔して

何度も深呼吸してる姿を見ました。

普段の生活を見てると、

何も考えちゃいない、

努力や面倒くさいことが嫌いで、

宿題も言われなきゃできない、

どこにでもいる普通の小学4年生だけど、

ちょっと今回は、

彼も何か大きいことに

チャレンジするっていう自覚、

自分のまだ知らない世界に行くっていう

自覚が少しはあるみたいです。

出発日の数日前までレポートに追われ、

いつもドタバタでごめんね、

充分に準備をしてあげられなかったかな…?

最後の夕食はせめて彼のリクエストを

聞いてあげればよかったかな…?

ごめんね。

(最後の夕食は

彼はあまり好きじゃなかったから…sweat02

今はいろんな反省点ばかり思い起こされます。

それど同時に、

やっぱりすごいお金もかかってるし、

周りの人たちの協力のこととか考えると、

何か大きな成果を期待したり、

絶対失敗しないでくれ~っていう気持ちが、

ついつい大きくなってしまったけど、

いまはちょっと違います、

出発の後少し冷静になってみると、

あまりプレッシャーはかけたくない、

元気で思いっきり楽しんできてくれたらいい、

お兄ちゃんを信じよう…

そんな気持ちです。

出発の時笑顔で見送るって決めてた私、

大丈夫でした。

でも、妹は泣いちゃって、

しばらく泣き続けてました。

2才児君はチェックイン待ちの時、

ベビーカーで立ち上がって、

ベビーカーごと後ろに倒れてしまい、

あごを切って出血!で大泣きしてましたが、

お兄ちゃんのお別れは事は

よくわかってない、

でも帰宅時の車の中や、

家に着いたときも、

「Where's Ma-kun?」と

お兄ちゃんを探してました。

とにかく、なによりも、

忘れ物や事件・事故などなく

無事に出発できたことで一安心、

だけど、そのあと何をやっていても、

「今頃雲の上を飛んでるんだな…」

「機内食ちゃんと食べてるかな…?」

「一緒に乗ってるRy君とふざけすぎて

怒られてないかな…?」

など、頭の中はそんなことばかり。

「あー心配できっと今日は眠れないなー」

なんて思ってたけど、

5才児ちゃんと2才児君を寝かせながら、

自分もすっかり眠ってました、

目が覚めたら3時…

もうすぐお兄ちゃんが着く時間、

お兄ちゃんのGreat Adventure in USAが

始まる瞬間です、

頑張れお兄ちゃん!

こんなドタバタな私達ですが、

私たちの小さな勇気に

愛の応援クリックお願いしますね。

↓↓こちらでーす!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

ありがとうございます。

| | Comments (6) | TrackBack (0)
|

Teacher Trainning ワークショップ

昨日の記事でちょこっと書いた

「Oxford大学へ送るレポート」のことで、

いただいたコメントの中で「すごい」って

思ってくれちゃって、

(それはそれで嬉しいけどcoldsweats01sweat01

人によっては「Oxford大学で研究かな?」とか

思われちゃいけないので説明加えときますね。

私はそんなスゴイ人ではないので…coldsweats01

実は5月から開催された、

英語教師トレーニングセンターと

Oxford大学出版が主催した

Teacher Trainingのワークショップに

参加してきました。

いつもは子供たちを磨くことに必死な私ですが、

もうちょっと自分も磨いてみようかな…

なんて思い、参加してみました。

ふだんはオリジナルメソッドでレッスンをしているのですが、

やっぱり他の意見やアイデアやメソッドを学ぶのは

いろんな意味でプラスになります。

講師陣は日本人ですが講義は全て英語です、

なにしろ参加者の30%以上は日本人以外の人でした

これはちょっと驚き!

そして参加者は初心者は少なく、

「この道長いです!」みたいな

先生達がほとんどでした。

もちろんワークショップの内容も

とてもためになるものでした。

MATメソッドについて、右脳左脳の働きなど。

そしてその上

他の先生達とお友達になって、

色々意見交換・情報交換ができたことは、

更にによかったです。

そしてレポートですが、

6つのワークショップ全てに参加して、

それぞれのワークショップについての

レポート(全て英語で計6つ)を

期日内に提出して、

日本のトレーニングセンターと、

英国のOxford大学とで審査されて、

通れば日本のトレーニングセンターと

Oxford大学の両方から

終了認定がもらえるわけなんです。

ふ~!説明してしまいました。



ここまで触れる予定ではなかったんですが、

少し触れたら色々説明しちゃいました。

子供の前じゃ大きな声で言えないけど、

私自身は作文ってホント苦手で…

さすがに疲れました…bearing

とにかく終わりました!

今度は頭を切り替えて、

あさってアメリカに出発する

お兄ちゃんの荷物を準備しなくちゃ~happy02sweat01



こんなあれもこれもで大慌てママに

愛の応援よろしくお願いします~happy02

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

実験!ある朝突然「韓国語」にしてみたら…子供たちの反応は…?

あ~、やっとレポートが終わりました、

英語のレポートなんて何年も書いてないし、

Oxford大学へ送られると思うと

ちょっとチカラが入ってしまいました…。

Anyway! これでブログ更新もできますwink

先日本屋で英語育児の本を色々見ていたら、

英語の語りかけを薦める本があり、

語りかけの例がシチュエーション別に載っていて、

ご親切にも(?マジ?)カタカナで読み方まで書いてありました。

でも、ちょっとビックリしたのは、

ほとんどの例文は日常のよくある

「○○しなさい!」

「トイレは?」

「ちゃんと歯を磨きなさい」のようなものでした。

読みがなが書いてあるということは

初心者の人がこの本を片手に

子供達にいろいろと「~しなさい!」系の

日常の指示を英語ですることを想定して

書かれた本なのでしょうか?

ある日突然ママが違う言葉で「指示」を始めたら、

子供はどういう反応をするのかな?

うちの場合は子供が小さいうちから英語なので、

昔ちょっとかじった韓国語で実験してみました。

「朝だよ~、起きて」

「お腹すいた?」

「朝ごはん食べよ~」みたいなsweat01

子供の反応はめっちゃ面白かったです!

3人いるのでそれぞれの反応です。

小4のお兄ちゃんは…、

引いてましたsweat02 「ママどしたの?annoy

「Korean? Hey, speak English, Mama sign01

と嫌がってました。

5才の娘は面白がって興味深々!

あれは?これは?と

いろいろ韓国語でなんていうのかを聞かれて、

こっちが「I don't Know !dash」とお手上げsweat01

2才児君?いつもとまったく変わらず

普通にすごしてました、

言語の変化に気づいてない様子。

これはあくまでも、

うちの子供たちの反応なんだけど、

歳によって大きく違います。

4年生になっていると、

いくら親がやる気満々でも

お互いに話し合うなりして納得していないと、

そう簡単にはいかないみたい。

5才児は、

「なんだ~??」って思いながらも、

とりあえず親の試みに乗ってくる(?)

2才児? 何でもOKsign01

でも一番よく分かったことは、

親のほうがあんまりよく分かってない言語で、

いきなり難しい文章から始めても、

続かないっていうことです。

上に示したような本を片手に、

もしくは全部暗記して、

毎日英語で指示を続けても

疲れちゃうと思います。

もちろん実際こういう本は、

既に英語で育児をしている人にとって、

今までの英語の語りかけにプラスするなら、

便利だとは思います。

でも、「英語苦手だけど、

本を見ながらでも頑張って

英語で語りかけしようかな…」みたいな人にとっては、

こういう指示文から始めるのは、

ちょっと無理があるかもしれないですね。

だけど、

「手を洗いなさい!」

「○○しなさい!」は

「英語の語りかけ」ではなく、

「英語の指示・命令」ですね。

親が英語得意でも苦手でも、

子供の歳が何歳でも、

語りかけを始める時は、

簡単な単語を1語2語から始めるほうが、

親にとっても子供にとっても

無理がなく効果的だと思います。

絵本や絵辞典を使うと

いろんなトピックがあって

いい語りかけのきっかけが作れるので

おススメです。

今日の記事は講師のお仕事柄が出ちゃいましたが、

レポート終わってやれやれのブログに

ぜひ応援お願いしますねwink

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

語りかけの話題づくりに

えいごのくにへでかけよう はる・なつ―あそんで学べる英語じてん (1)
えいごのくにへでかけよう はる・なつ―あそんで学べる英語じてん (1)

アルク 2007-10-03
売り上げランキング : 583549


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
えいごのくにへでかけよう あき・ふゆ―あそんで学べる英語じてん (2)
えいごのくにへでかけよう あき・ふゆ―あそんで学べる英語じてん (2)

アルク 2007-10-03
売り上げランキング : 581596


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | Comments (5) | TrackBack (0)
|

「Slowly, Slowly…」Eric Carleがくれた親子の時間

お友達から絵本をもらいました、

前から気になっていたエリックカールの

Slowly, Slowly, Slowly Said the Sloth

Slowly, Slowly, Slowly Said the Sloth

Eric Carle

Puffin 2007-05-10
売り上げランキング : 40933

おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る

Sloth!ナマケモノ!

こんな動物が絵本になるなんて、

ワクワクしませんか?

「Slowly, slowly, slowly,

a sloth crawled

along branch of a tree.」

と始まります。

やられました。

コラージュのSloth

めちゃくちゃかわいいです!

そしてページをめくるごとに、

Slothは表情が変わります。

そしてページをめくるごとに

いろんな珍しい動物が出てきます。

いろ~~んな動物が出てきて、

Slothにたずねます。

…ストーリーは続きます…。

一番最後のページに動物が全部出ていて、

名前が紹介されてます。

ストーリーをエンジョイした後は、

「Let's check the animals on the interneeet!!」

Armadillo

Peccary

Tapir

Poison Dart Frog

Coati  …etc.

Yahoo UKなどで検索してみるんですが、

これがなかなか楽しいです!

楽しい親子の時間です、

これこそ英語の語りかけの時間です、

色んな言葉が飛び交います、

「How about this one? Click it!」

「Looook! What a funny face!」

「Oh, yes! That's funnyhappy01

「Oh! It's a baby! Cuuuuute!」

「Cool!」

そして、色んなアイデアや意見が飛び交います。

こうしてまた、私たち親子は

エリック・カールの世界に

すっかりはまってしまったのでした…。

こんな親子の時間、

おススメですheart04

あっ!レポートの提出があるのに、

ついまたアップしてしまった私です、

励みになりますので応援してくださいねwink

↓↓↓ここをクリック

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

ありがとうございます。

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

小4のお兄ちゃんが号泣した映画

ちょっと前の週末、
やたら雨が降って子供たちは退屈していたので
レンタルでDVDを借りてきました。

いつもならDVDなどは英語の物しか
借りない私ですが、
今回はちょっと違って、言語は何でもいいから
何か感動する映画を見せたいと思い、

動物ものの
「子ぎつねヘレン」という映画にしました。

Main

この映画は、
目も見えず、耳も鼻も利かない三重苦を負った
子ギツネと、少年のお話で、
実際にあった話を元に映画化したものらしいです。

ヘレンケラーのように三重苦を負った子ぎつねは「ヘレン」と名づけられ、
この少年「太一君」(小3くらい?)は
母親代わりになって一生懸命ヘレンに世話をし愛情を注ぎます。

目も見えず、鼻も耳も使えないヘレンは、
自分の周りで何が起こっているか分からないし、
食べることも飲むこともできなかったのに、
次第にいつも母親のように世話をしてくれる
太一君の足音(床の振動)を感じるようになり、
楽しく遊べるようにまでなりました。

Helen_sub1

でも、この三重苦を負ったヘレンを
何とか助けたいと
太一君は色々と試みます。
あるよく晴れた日にヘレンを海が見える美しい場所へ連れて行き、
きれいな花をたくさん採ってきて、
ヘレンの周りを花で埋め尽くし、
「これが夏の花だよ」とヘレンに教えてあげました。

そしてストーリーは続きます…

お兄ちゃんはそのお花でいっぱいのシーンの時が
一番心打たれたようで、
号泣のピークでした、

また、北海道の美しい大自然の映像が
更に感動を誘います、

そして私も一緒にポロポロ…。

でも今回私が驚いたのは、
お兄ちゃんが泣いていたシーンは全て、
太一君がヘレンに愛情を注ぎ、
かわいがり、
ヘレンの為に
一生懸命になっている様子などでした。

私も横で一緒になって泣いてたのですが、
もちろん映画を見て泣いてもいたけど、
実は感動して泣いてる息子を見て、
それに感動して泣いてました。

えっ? 異様な光景…?coldsweats01

映画の後、お兄ちゃんはしばらく余韻に浸って、
いつまでも泣いてました。

その後のお兄ちゃん、
元々兄弟に対し優しいお兄ちゃんではありますが、
しばらくは2才の弟を
前よりも色々と世話してくれるように
なってくれました。

お鼻を拭いてくれたり、
遊んであげたり。

ん~効き目あり?

まあ、そんな目の前のことは
どうでもいんですけど、
この映画を見て感動したことが、
彼の心に残って、
「優しい心」
「無条件の与える愛」を
時々思い出してくれるといいなと思います。

お兄ちゃんは
学校の成績はあまりいいほうではないし、
漢字もいっぱい間違えるし、
英語の「読み」だって妹に負けてるけど、

優しい心に感動して
涙をたくさん流してくれました。

本当に、

生きていくうえで
それよりも大切なことがあります。

最近(殺人など)大事件を犯した人に
優秀な人が多いのが気になります。

昨日も14歳の少年によるバスジャック!

子供たち!
どうか心の優しい人になってください、

母の願いです。

今も横でアニマルプラネットで
オランウータンの赤ちゃんが生まれた様子を見て
「か~わい~heart01」と感動している
お兄ちゃんがいます、
そのまま大きくなってね。confident

今日は英語の話題ではありませんが、
↓↓ココへクリック!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
への応援お願いしますね。

「子ぎつねヘレン」のダイジェストが見れます
こちら⇒ http://helen.yahoo.co.jp/special/index.html

「子ぎつねヘレン」のDVD・書籍・グッズはこちら
「子ぎつねヘレン」

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

「英語」「環境」「動植物の生態」「世界」を学べるスカパー

1ヶ月ほど前に我が家に「スカパー」がやってきました。

きっかけは英語講師向けのDMで
スカパーのモニター募集しているものでした。

アンケートに答えるということで、
アンテナとチューナーと取り付け工事が全て無料でした。

そうでもなければ付けなかったでしょうね。

ご存知の方も多いとは思いますが、
最初の2週間はほとんどのチャンネルが見たい放題なんですね、
そして自分が契約したいチャンネルを決めるというわけです。

その2週間は色々楽しませてもらいました、
世界のニュース・映画・ドキュメンタリーやら
英語の子供向け番組など色々です。

中でも素晴らしいのは、
ナショナル ジオグラフィックチャンネルと
アニマルプラネットです、
しかも、これらのチャンネルの中のクウォりティのいいものは、
ほとんどがイギリスの番組っていうのは、
ちょっと驚きでした。
そしておまけにほとんどの番組は英語(オリジナル)で
見れるんです。

それから、子供向け番組は
ニコロデオン(Nick Jr.系の番組)、Cartoon network、
そしてディズニーの色々ですね。

後の2つには全く興味ないのですが、
Nick Jr.はちょっと魅力的でした。
お目当ては「Dora」と「Blue's Clues」、
(私はDoraは好みじゃないんだけど、娘が好きだから…)

2週間、この2つは可能な限り録画しました。

そして、2週間後決断の時…、
私が結局決めたものは、
英語セットマスター4
(BBC,CNN,Bloomberg Television,Baby TVがセットになってる)
それと単品で「アニマルプラネット」です。

アニメ系は一切無しにしました、
子供が知ってしまうと、ただひたすら見続けてしまうと思うので。

どうせ見るならアニマルプラネットを英語でね!と…。

でも、さすが4年生のお兄ちゃん食いつきました!
すっかりアニマルプラネットにはまっています。

学校から帰るなりおやつも食べないで
「Animal Planet!!!」と叫んでTVをON !

おいおい!それはないだろ…dash
天気がいい日は外で遊んでね~お兄ちゃん!

でも、このアニマルプラネット、
見ているだけで「英語」「環境」「自然」
「動植物の生態」「世界」を知ることができる
本当に素晴らしいチャンネルだと思います。
(それで525円/月は安い!)

スカパー、うちに来てくれてありがとう!
何か子供達に良い影響を与えてくれたら…と、
母は思うのであります。

↓↓Animal Planet(アニマルプラネット)

http://www.animal-planet.jp/index.html

 主な番組→ブルー・プラネット:プラネットグリーン

        マイアミ動物警察シリーズ

        ミーアキャットの世界

        動物の群れと大自然

        ルードの昆虫記  etc.

                 (上記は全て英語で見れます)

↓↓National Geographic Channel 

http://www.ngcjapan.com/

 主な番組→動物パパラッチ

        チャイナ・ベスト10

        人体の進化と生命の神秘SP

        etc.

↓↓ココをクリック!応援お願いしますねsign01

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

ありがとうございます

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

「2才児は天才期」七田式0歳教育から

私は今9才のお兄ちゃんがまだ0才の赤ちゃんの時に、

この「奇蹟が起きる七田式0歳教育の本に出会いました。

(関連記事:すごい!「右脳教育」で日本の子供は天才だらけ?

ズボラな私はこの本に書かれてる内容を全て実行した訳ではなく、

フラッシュカード、赤ちゃん体操、ハイハイをたくさんするなど、

自分にできることだけを真似事でやってました。

月齢、年齢別に運動や遊び方が書いてあって、

虎の巻のように時々見てましたが、

途中でさぼり始めて、そのうち日本へ引越…

この本も引越の荷物に埋もれてしまい、

船便で日本に届いた頃は忘れちゃってましたhappy02sweat01

時は過ぎ二人目…

この子(現在5才の娘)が1才の時にもう一度読んでみて、

スゴイことが書いてあるのに気が付きました。

引用・中略…

「2才児は天才期の子供です」

「幼児は2才から3才の間にめきめき成長します…」

「特に、2歳は言葉が爆発的に出てくる時期で、

この爆発現象は2歳半で衰え消えます…」

「一生のうちで言葉に最高に敏感な時期…」

「2才児には詩を読んでやることが最適です。」

あとは、運動の事、技能の事、文字の習得の事など、

2才児だけで20ページも書かれています。

「ん~~…、そうなんだ、お兄ちゃんの時もちゃんと読んでおけばよかった…と少々後悔…thinksweat02

気を取り直して、また自分にできる範囲のことだけをしてあげました。

それが

「Your Baby Can Read」のDVDを見せること、

フラッシュカード、絵本でした。

絵本は「Sight Word Readers」

「Oxford Reading Tree」のシリーズ、

Brown Bear, Brown Bear, What Do You See? 」などです。

そうです、今思えば、この子が2才の時に、

これらの絵本や、もっと長文の絵本も、

ぜーんぶ丸暗記してましたね…、

恐るべし2才児sweat01

よく思い出してみると、

大好きになって、ついて言うようになったものは、

「Brown Bear…」などの、リズムがあって反復してるもの、

ライミング(韻)になってるものでした。

「Each Peach Pear Plum 」はとてもステキな詩です、

「I spy …」とページごとに隠れてる絵を探しながら、

心地よくライムに浸ることができます、

うちの3人とも大好きで飽きることなく楽しみました。

最近よく話題にしてますが、

うちの3番目も2才3ヶ月、

まさに「天才期」のど真ん中!

ハンパじゃないですannoy

知りたい、見たい、触りたい、動きたい…

ノンストップ状態ですねcoldsweats01

読んで欲しい本を見つけては次々に持ってきます、

超疲れてるのに~~sweat01って思うこともあるけど、

自分をちょっとプッシュしてでも、

読んであげて、見せてあげて、聞かせてあげて、

触らせてあげて、動かせてあげる…しかないですね、

2才半からは、その「爆発現象」が衰えはじめるなら、

貴重な残り3ヶ月じゃないですか!

頑張れママsign03

頑張れ世界の2才児を持つママたちsign03sign03

なんか、まとまったようなまとまらないような記事になってしまいましたが…

こんな踏ん張るママに応援のクリックいただけると、

とっても癒されます…

ココね⇒⇒ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

ありがとうございますconfident

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

2才児君。英語のパターンが分かってきた!?

「言葉が遅い…」と以前の記事で書いたけど、

出てきた出てきた!最近急に出てきました!notes

もちろん、ほとんどの子供はこんな風に急に言葉が出始めるんです、

ちゃーんと脳の引き出しに今まで聞いたこと見たことが収納されていて、ある時時期が来たらそれがどんどん出てくるんです。

一生に一度しかない、超興味深い瞬間ですねー、

「初めて自分で立ったー!」

ぐらいの感動です。happy01

今までは単語のみ「book!」「car!」「train!」「apple!」etc.

など、ただ言うだけだったけど、

最近は「This」を頭に付けるようになりましたね、

「This car.」とか、「This book.」など、

「This book Ma-kun?」(これMa君の本?)

と3語つなげることも。(もちろん間違ってますが)

言葉は幾つかのwordsをつなげて人と交流するってことが

分かったみたい。

日曜日の夕方、2才児君を前に乗せて自転車に乗ってたら、

パラパラと雨が降ってきました、

すると前でまともに雨粒を受けてた2才児君は、

「It's rain!! It's rain!!」としきりに言ってました、

本人は「It's raining!]のつもりです、

それはそれは感動でした!

ちゃーんといつも親やお兄ちゃんお姉ちゃんが言ってるのを、

聞いてるんですね。confident

ちなみにこうやって言ったことが文法的に間違っていても、

「違うでしょ」とか、「No, No,」とか言っちゃだめです、

「Oh,yes! It's raining!」とやさしく正しく言い直してあげるのを、

何度も繰り返しているうちに、

必ず正しいのを言えるようになります。

そして、ちょうど七夕の昨日、

突然「Twinkle Twinkle Little Star」を初めて唄い始めました~shine 

エッ?遅い?そうなんです、今頃やっとです。sweat01

今まで何百回唄ってあげたかわかりません、

メロディーはすぐ覚えてたけど、

「ワーワーワーワーワーワーワ~~notes」って唄ってたから…sweat02

でも、もう違います、頑張って唄ってます

もちろん1人で完璧に唄えるわけじゃないけど、

一緒ならなかなかうまくついてきます、

特にライムになってるのが好きなので、

「…star」「…are」「…high」「…sky」のところは

うまく強調して唄ってます。感心感心!

もっとガンバレーhappy02

がんばってる2才児君を一緒に応援してくださいね、

こちらをクリック⇒ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

いつも本当にありがとうございます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

チカラ試しの英検⇒一次合格!

今日、英検3級1次試験合格の連絡をもらいました。

しかも、5才の娘は61点のハイスコアで、

さすがに私も驚きました。

お兄ちゃんもハイスコアで合格だけど、

妹にちょこっと負けてしまってちょっと悔しい…think

2人とも試験の為の勉強は全く何もしていないのに、

自分達の持ってる力だけでここまで頑張ってくれて、

母親としては感動です。confident

もともと私が英検には全く興味が無く、

子供に受けさせるなんて考えてもいませんでした。

試験の会場でおとなしく座ってマークシートを

クチュクチュ塗るなんてありえないと思ってたし、

大体私自身がテスト大嫌いだから、

無理にさせる必要もないって思ってました。

だけど去年の夏ごろ、

2人の英語力を何かの形に残せるなら、

英検も悪くないかな…と思いつき、

衝動的に申し込み、まずは順序良く5級から。

子供達に聞いてみたら、

これが以外にも超喜んじゃって。

試験当日も遊園地にでも遊びに行くぐらいの、

浮かれ気分で行って、

終わった後は

「あ~楽しかった!来週も英検できるの~?」

て聞くほどのうかれっぷり!

ここまで喜んでくれると、

親としても安心。

だからこのまま楽しんで受けてもらえるように、英検のための勉強は級が上がってもしないことにして、持ってる力を試すだけにしました。 だからお兄ちゃんも5才の妹も同じレベルで一緒に受けて、変に無理はしないで。合格できなかったらそこで終わり!って感じで。

さすがに3級になると、長文問題が出てちょっと大変だけど、それでも2人はやっぱりテストを楽しんでくれて、まだ合否も分からないのに「早く準2級受けたいよ~」って? ナニそれsweat01

テスト嫌いの私には理解できません…sweat02

とにかく次は2次試験のインタビューですね、

リハーサルぐらいやってみようかな、

絶対ふざけ始めちゃうと思うけど…think

この2人の一次合格のご褒美と応援、

↓↓↓よろしくお願いしますねheart02

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

| | Comments (2) | TrackBack (1)
|

5才お姉ちゃん、弟に読み聞かせ

Riko_for_web_white_frame_2朝食の後、

朝日の当たるソファで

5才のお姉ちゃんRiは

2歳児君に絵本を読んであげていました。

こういうのっていいな…ってconfident 思わず暖か~い気分に浸れました。 そしてこっそりパシャ!wink

写真の本は最近Riがはまってる

「The Oxford Picture Dictionary for the Content Areas 」

右のページにはけっこうリアルな絵があり、左のページには右の絵の抜き出したものが並んで、単語が書かれています。

2才児君は今車が大好きな年頃なので、町の様子や工事現場の絵を見て喜んでます。

その他には、

「Walter the Baker 」Eric Carle

「Pancakes, Pancakes!」Eric Carle

「Lights On! Lights Off! (Blue's Clues)」

も読んでました、

保育園にいくまでの少しの時間ですが、お熱で元気が無い2才児君も喜んでました。

お姉ちゃんありがとう!

この暖か~い姉弟愛、一緒に応援してくださいね!Click here⇒ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

heart02いつもありがとうございますhappy01

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

エリック・カール「Have You Seen My Cat?」

「Have You Seen My Cat ?」エリック・カール

初めてこの表紙のネコちゃんを見た時は、
あんまりかわいくない・・・って思ってしまい、
あまり気にかけていなかったけれど、
同じ文章の反復があると聞いて、
買ってみました。

私はこのエリック・カールの「反復」が大好きなんです!

そして、
やられました! Very Good!!

ちなみに、

私が「Very Good」を決めるんじゃありません、
子供たちです。

子供達に読んであげて、
子供たちが「Again! Again!」になれば「Good Book!」

さらに、何か成果があれば「Very good!」です。

さて、「Have You Seen My Cat?」

少年が自分のネコを探します、
「Have you seen my cet?」といろんな人に尋ねます、
この「いろんな人」はいろんな国の人たちで、
ターバンを巻いていたり、アラブの人だったり。

文章は無く、「あっちだよ」というように、
向こうを指差す、
でもそこにいたのは・・・・。

ライオンやらヒョウやらいろんなネコ科の動物が出てきます。

果たして少年は自分のネコにちゃんと会えるかな?

私が読む時、人が指をさして「あっちだよ」のようにしているところは、
文がないので、ついアドリブで
「That way!」と低い声でボソッと言っていました。

すると、うちの2才児君、そこに反応しました、
すっかり覚えて毎回ちょうどの所で「That way!」と低い声でいって、
横に指差してくれます。

すっかり「That way.」が定着しました。

この絵本で、
「Have You Seen My Cat?」
「This is not my cat.」
そしていろんなネコ科の動物と、
いろんな民族の人たちを楽しく学ぶことができます。

そしてついでに「That way.」も・・・。

この絵本ちょっとイイかも…と思ってくだされば、

ここをクリック⇒にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

« June 2008 | Main | August 2008 »