« たった1語の語りかけ…<補足> | Main | Farm! Farm! Farm! »

バイリンガルのピアノ教本

土曜日、千葉県は朝から雨…rain

楽しみにしていた「成田ゆめ牧場」行きは延期となってしまいまた…weep

牛の赤ちゃん生まれちゃったかな~taurus

taurus  taurus  taurus  taurus  taurus  taurus


ところで、今日はちょっとトピックを変えますが、うちの5才の娘は4才の時にピアノを習い始めて1年が過ぎ、なんとか頑張って続けています。

もちろん途中でちょっとやる気がなくなったり、難しい曲を習う時うまく弾けなくて泣いちゃったりしたこともありました。

まあ親としてはある程度は頑張って続けて欲しいと思うけど、子供は親の思う方ばかりに行ってくれないもの…、すぐに飽きちゃって「もう止める!」なんて言わないとも限りません。

特に女の子って気持ちがコロコロ変わりやすいから…thinksweat02

それでも続けてこれたのは、教材が良かったというのもあるかもしれません。


ピアノを始める時に、「英語が好きならこんなのはどうですか?」と先生に薦められて使い始めたのが、完全にバイリンガルで書かれている教本で「ピアノディスカヴァリー」といいます。

英語に親しむピアノ教本 ピアノディスカヴァリーズ 導入書 (英語に親しむピアノ教本)
英語に親しむピアノ教本 ピアノディスカヴァリーズ 導入書 (英語に親しむピアノ教本) 田村 智子


Amazonで詳しく見る

英語に親しむピアノ教本 ピアノディスカヴァリーズ レベル1A (英語に親しむピアノ教本)
英語に親しむピアノ教本 ピアノディスカヴァリーズ レベル1A (英語に親しむピアノ教本) 田村 智子


Amazonで詳しく見る


上は導入書でこれが終わってから下のレベル1Aになります。

現在は下のほうの後半を習っています。

この教本は黒鍵から弾き始め、左手も最初から使います。

基本的な説明は日本語で書かれていますが、音楽用語や音の名前、弾く時の曲のイメージなど全てバイリンガルで書かれています。

しかも全ページカラー、パステル調の色使いで全ての曲にと~ってもかわいいイラストが描かれていて、子供の心をくすぐりますhappy01

そして、全ての曲に英語の歌詞が付いているので、英語で唄いながら弾けるのが娘にピッタリだったんだと思います。

導入書の初めての曲でまだ5線も出てこない、ただ音符に指番号が書いてあって、同じ音が並んでいるだけの曲(?)にも、ちゃんとタイトルと歌詞が付けてあります。


こんなの…

note "If you think that you might giggle,

    and your smile begins to wiggle,

    Just "Tee-hee-hee" a little

   when your funny bone is tickle!

くすぐりっこでイヒヒと笑う歌!

しかもライミングになっています。

こんな面白い歌詞の歌を唄いながら弾けるなんて、子供にしてみればいきなりうまくなったように思えちゃって、ホント嬉しそうでした。

レベル1Aになると、

ドボルザークの「新世界」、

ベートーベンの「第9」

モーツァルトの「アイネクライネ…」

など、有名な曲も入っていて、本人かなり盛り上がってましたnotes

この教本に沿った別売のCDは、

説明も曲名も全て英語100%で、

聞いてるだけで曲のイメージ作りと英語のインプットの両方に役立ちます。


そして、曲のイメージについては、

Gently rolling

Lively

Crisply

Majestically

Triumphantly

Not too fast, steadily

など、本当に色々あります。

これらの英語の下には日本語で訳が書いてありますが、それを読まずに私が体を張ってsweat01見せて示すこともよくあります。

この言葉を頭に置いて、曲を習ってCDで聞いて、自分で弾くので、イメージを表現する言葉を英語でも知ることができるというわけです。

ピアノの先生は英語は全くお話しにはならないので、レッスンでは100%日本語、教本とCDでは英語を読み・聞くので、バイリンガルにピアノを習っていけるようです。


ちなみに、他に使っている教本は、

バーナムとバスティンです、この3種類を平行していつもレッスンと家庭での練習に使っています。

ただ、バスティンは元々私が使って欲しいと先生に申し出たんだけれど、娘はあまり気に入ってません、曲がこの子の好みじゃないのと、イラストがあまり好きじゃないようです…thinksweat02

それで、バスティンの曲はなかなか合格もらえず、長引くことが多いですdespairsweat01


そういうのを考えると、子供が小さいうちは、絵や曲や言語など、本人の好みに合うかどうかで、やる気とか上達ぶりとかにつながるんでしょうか???


どちらにしても親としては、音楽を楽しく身に付けて、大好きになって、好きな曲shineを好きなようにshine好きなだけ弾けるshineようになってくれたらいいな…と、思っているのですconfidentnotes



こんな欲張りな夢を見ている私ですが、最後まで長々と読んでくださったついでに、shine応援の1クリックshineもいただけると、大変嬉しいですhappy01notes

↓↓↓コチラ

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

いつもありがとうございますwink

|
|

« たった1語の語りかけ…<補足> | Main | Farm! Farm! Farm! »

英語育児」カテゴリの記事

5才児の英語育児」カテゴリの記事

Comments

わが家の娘も今日から、
あるマイナーな楽器を始めます♪
音楽を楽しむ生活・・・
ぜひ子どもに感じて欲しいな~と思います。
応援☆

Posted by: yuyu | October 14, 2008 at 03:02 PM

clover yuyuさんへ

こんにちは。
コメント&応援ありがとうございますheart04

音楽って、脳にすっごくいい刺激を与えると思います!
だってリズムを取りながら右手と左手がそれぞれに正しく動いて音を作り出すんですものね!

>あるマイナーな楽器を始めます♪

って何!何ナニ???

気になる~sweat01

Posted by: Marinko | October 14, 2008 at 10:51 PM

ほしいものリストに入れましたsmile

私自身、高校生までピアノをやっていたのですがMarinkoさんの言われるように、楽しい!大好き!と思えるかどうかはかなり重要でした。それはそのまま練習量となり実力として身についていくのだと思います。

娘がもう少し大きくなったら私が先生になって教えようっかなぁなんて夢が膨らみましたnote

Posted by: Carriexxx | October 15, 2008 at 08:08 PM

chick Carriexxxさんへ

こんにちは。
コメントありがとうございます。

気に入っていただけて嬉しいですhappy01

高校までピアノやっておられたんですね~、すご~い!やっぱり好きな曲はもっと上手に弾きたいと自然に思えるんでしょうね。

>娘がもう少し大きくなったら私が先生になって

うらやましいです!
私は違う楽器を習っていたので、楽譜は読めるけどピアノは少ししか弾けないので、もうちょっと弾けるようになりたいなと思って、娘と一緒に練習しています。coldsweats01sweat01

Posted by: Marinko | October 15, 2008 at 10:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87554/42763120

Listed below are links to weblogs that reference バイリンガルのピアノ教本:

« たった1語の語りかけ…<補足> | Main | Farm! Farm! Farm! »