« 病気が治ったら頭の引出しが全開?!言葉が溢れ始めた2才児 | Main | 「自分の物への愛着」を利用する本読みの取り組み »

「美しい」「優しい」語彙を増やすなら、エリック・カールのこの本で…

記事の更新もコメントのお返事もなかなかできなくて申し訳ありませんでした。

新しい英語サークルを始めてちょっと忙しくしておりました。

データ管理等事務仕事、各種書類準備など、本当は年明けに取り掛かる予定だったのに、Ko君の病気でずれてしまい、ドタバタになっちゃいました(><)

自分の3人の子供 + 生徒さんの英語に責任を持つのは、一人一人個性が違うので大変ではあるけれど、自分の子供が増えたみたいで楽しいですhappy01

さて、久しぶりに「エリック・カール」の本を紹介します。

A House for Hermit Crab
A House for Hermit Crab Eric Carle



Amazonで詳しく見る
 

※アマゾンで中みが見れるので、見ていただいたらいいと思いますが、字が小さく文章が多いタイプの絵本です(エリック・カールは長いか短いかはっきりしてますよねcoldsweats01

この本は、文章が多くちょっと長めなのに、2才のKo君はもう4~5ヶ月、飽きもせずにず~っとお気に入りで、何度も何度も読みました、ここ数週間はほとんど毎日です!必ず寝る前に読みます。

ちょっと難しそうな本なのに、何がこんなに2才の子をひきつけるのでしょうか…???

これは海の中のお話で、とってもきれいな海底と海の動物の様子が描かれています。

見事な色使い、完璧な芸術的技で1ページ1ページがすばらしく、海の底の点々の1つ1つまで丁寧に描かれています。

ストーリーは「Hermit Crab(ヤドカリ)」が小さくなった家から大き目の家に移り、その家が何も飾り気がなくさびしいので、出会っていく海の生き物に声をかけ、一緒に家を飾っていくことを誘っていくお話です。

とてもシンプル…

出会っていく海の生き物たちは魚とかではなく、ちょっと変わった生き物…? それも面白さの1つです。

だけどもう1つ私が目をつけたところは、この本に出てくる表現の美しさと、礼儀正しさです。

今日の記事のタイトルには「美しい」「優しい」となってますが、見た目の「美しさ」の意味ではなく、この言葉を使うと表現が「美しく」なり「優しい」気持ちになれる言葉…という意味です。

そんな「美しい」言葉を使った文章が同じパターンで繰り返され(反復)、「美しい」「優しい」言葉が次々に変わっていきます。

1ページの文を抜き出してみますと…

『In March, Hermit Crab met some sea anemones.

They swayed gently back and forth in the water.

"How beautiful you are!"said Hermit Crab.

"Would one of you be willing to come and live on my house?

It is so plain, it needs you."

"I'll come," whispered a small sea anemone.

Gently, Hermit Crab picked it up with his claw and put it on his shell.』

このように、sea anemones(イソギンチャク)がいかにきれいにゆらゆらと水に揺られて美しく見えるかが表現されています。

そして「Would one of you be willing to …」と~っても丁寧に礼儀正しく尋ね、whisperedGently などと続き、穏やかでゆったりとした優しさを感じます。

この全体が1つのパターンになっていて、色を変えたところは言葉が変化していきます。

中でも「美しさ」「優しさ」を感じられる表現はピンクにしてみました。

1行目の「met」など、出会い方だけでも

passed, discovered, came to …と変ります

3行目の「beautiful」は

handsome, pretty, tidy…などそれぞれの生き物にあった表現がされています。

だけど、Sea urchin (ウニ)はちょっと「美しい」表現とはちょっと違う表現がされてます(^v^)

全部紹介しちゃうと楽しみがなくなっちゃうのでここまでにしておきますねwink

これらの内容のうち、どこまでうちの2才児君は理解しているかさっぱりわかりませんが、何か優しさだけは感じ取れているような気がします。

ストーリー展開はもとても心温まるお話で、優しい気持ち、ポジティブな気持ちになれます。

その上こんなに美しいイラストの絵本で、楽しい海の生き物と一緒に、美しくて優しい言葉、表現を覚えていくなんてとても素敵ですねshineshine

是非読んでみて下さい、既に持ってる方はもう一度見直して、美しさを楽しんでください!

Happy Reading !!

ちょっとお役に立てたなら…

今日も1回クリックの応援おねがいします

↓↓こちら

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

いつもありがとうございますconfidentshine

我が家の絵本やワークブックをWEB本棚で紹介しています。数ある中から実際に効果があったもの、子供たちが長くいつまでも気に入って読んだもののみを紹介しています。

まだ少ししかアップしてませんが、更新し続けています!

↓↓↓是非ご覧くださいhappy01scissors

|
|

« 病気が治ったら頭の引出しが全開?!言葉が溢れ始めた2才児 | Main | 「自分の物への愛着」を利用する本読みの取り組み »

エリック・カール Eric Carle」カテゴリの記事

Comments

書き出していただいた文章だけでも温かい気持ちになりました。

いいですねぇ。

エリックカールの絵本は、語彙も広がりますよね!

Posted by: kids+moms | January 18, 2009 at 03:05 PM

kids+moms さんへ

わかってもらえました?
この温かさ…

ゆ~ったり、ゆ~っくり読んであげたい本ですheart02

3人とも大好きなんだけど、特にKoがすごい気に入っていて、読まないと寝てくれません!
ヤドカリ目線で描かれた大きなHermit Crab にすっかりハマったのかも。

最後のページなんか2ページ分使って大きく成長したヤドカリ君が登場します!

おかげでRiちゃんはヤドカリ飼いたいって言ってますが…( ´艸`)

Posted by: Marinko | January 19, 2009 at 03:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87554/43772139

Listed below are links to weblogs that reference 「美しい」「優しい」語彙を増やすなら、エリック・カールのこの本で…:

« 病気が治ったら頭の引出しが全開?!言葉が溢れ始めた2才児 | Main | 「自分の物への愛着」を利用する本読みの取り組み »