« イギリスで起こった超あり得ない出来事!~家~ | Main | エリック・カールで知育♪ »

Oxford Reading Tree の魅力!~生きた英語~

先日、某大手音楽教室の無料体験に2才児Ko君を連れて行ったら、「ヤーダ!」と言ってずっと両手を後ろに隠してばかりで、さっぱりダメダメ君でした~(><)



こんな我の強いゴジラのような2才児君も、ORTにはかないません( ´艸`)プププ

毎日必ず数冊読んで欲しいと持ってきます。


そんな魅力的なORT!

先日の続きで今日は「生きた英語」について少し感想など…



私はORTのシリーズを全部持っているわけではありません、たまたまオークションで買ったStage 4から読み始め、Stage 5、Stage 8と進み、そしてレッスン用(生徒さんのため)にStage 1+、Stage 2を数セット買い足しました。

そして全体をざっと見た時に、このシリーズに出てくる英語は、まるで英語圏にいる子供たちと接しているような気持ちになれるほど、とても自然であまりにも普通の英語が使われていることに驚きました。

ごく普通の小学生同士の会話、極普通の親子の会話、普通の兄弟の会話がそこにあります。

しかも表されている感情はいつもハッピーでおりこうさん的な表現ではなく、時には何かが面倒だったり、時には怒っていたり、文句を言っていたりと、超当たり前の生活の中での感情です。


例えばいろんなところで何度も出てくる

Come on !」(Reds and Blues:Stage 1+The Adventure Park: Stage 5 など)

Go on !」(Go On, Mum: Stage 5 など)

⇒どちらも「行け行け!」「早く!」などの意味です

これらは私も実際毎日のように使うフレーズで、超一般的ですね、これがいたるところにうまく使われていて、すごく自然に感じます。


そして、感嘆文がやたらあちこちで使われていますね、Stage 1のレベルからStage 9までず~っとこれはたくさん出てきます、いかにこのフレーズがよく使われるかが分かります。

例えば…

What a mess !」「What a storm !

What a wind !」「What a good play !

What dirty hands!」「What a bad dog!

などです(まだまだありますが…)


そしてもう1つよく出てくるのは

I don't like the sound of this.

I don't like the look of it, either.

Pocket Money: Stage 8

これはだいたいBiff やChip がちょこっと本音を言う時に使うフレーズで、「なんだか見るからにやだな~!」みたいな感じです、これもStageの上のほうになるとたくさん出てきます。


あとは「Don't be silly!」「Oh, no!」「Stop it!」「Yuk!」「It's not fair !」など、ごく普通のリアクション。

これらがうまく組み込まれているので、最初の方のレベルで単純な反復だったとしても退屈せずにとても自然に英語に馴染むことができます。

そしてレベルが上がれば、ストーリーは更に面白くなると同時に、文章も更に自然に、まるでネイティブの子供たちと話をしているように、英語が自然に耳に入ってきます。


これぞ「生きた英語」!

書かれている文章をそっくりそのまま抜き出して、普通に生活の中に組み込んで生かしていけるなんて、嬉しい限りですね。

実際うちの子供たちはORTの中にあったフレーズを生活で普通に使っているのをよく耳にします。ちゃんと応用して自分の言葉と組み合わせて活用しているようです。



ですから、これらの本をしっかり音読し、理解したところでCDもたくさん聞いて耳を慣らしていくと、100%じゃないにしても「生きた英語」を身につけることができると言うわけです

ψ(`∇´)ψ



本当はもっと例を挙げて説明したいのですが、長くなりすぎるし、うまくまとまらなくなるので、一旦ここで締めます…

少しでも伝わったかな…(^-^;sweat01




ランキングに参加していますnote

どうぞ応援のためのクリックをお願いしますshine

↓↓ココをクリックしてくださいね!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

いつもありがとうございます

|
|

« イギリスで起こった超あり得ない出来事!~家~ | Main | エリック・カールで知育♪ »

英語の教材」カテゴリの記事

Comments

こんにちは!いつもとっても素晴らしい記事をありがとうございます!

ORTは生きた英語なんですね!うちもORTが大好きで少しずつ集めているのでうれしく思いました。
「What a bad dog!」などという表現は、けっこうキツイな~と感じていましたが、こういうのも普通によく使う表現なんですね!? 人間にも使うんでしょうか??

というのは、今、うちに外国人の先生にきてもらっているんですけど、娘がよくふざけるので、先生がよく「bad girl!」とか「silly!」とか言うんですよね~^^; (特に怒っているわけではなく、フツーに言います。)そのたびに、私などはドキッとするんですよね。だって、日本人だと我が子以外には、バカだね~とか悪い子だ・・なんて言わないですよねー?
でも、あんまり気にする必要ないんでしょうか。。
親しみをこめた表現・・って思ってた方がいいのかな。娘もその先生のこと大好きでラブラブですので。

Posted by: sky | February 28, 2009 at 10:24 AM

おはようございますー。
納得のいく説得力のある記事ですね。
ちょうど今日かいてた記事の内容で参考になりましたので、こちらの記事をリンクはっています。
TBいれてますのでそちらからご確認くださいませー。

Posted by: sa-chi21 | February 28, 2009 at 10:27 AM

sky さんへ

ご訪問&コメントありがとうございます(^^)

ORTを集めていらっしゃるんですね、Good Choice!

「What a bad dog!」
これはおっしゃる通りキツイ言い方です、これはフロッピーがよっぽど悪いことばかり次々にしてしまい、ついにDadがキレて言った言葉です。
ふだん冗談ではあまり言わないかも…

>先生がよく「bad girl!」とか「silly!」とか言う

「silly」は愛嬌のある言い方でもあります、くまのプーさんの中でも、クリストファーロビンはいつもプーのことを「Silly old bear!」と愛情込めて言います。
でも…「Bad girl」は???
sillyに比べてキツイ気はしますね、私だったらちょっと気になるかも…。

でも、言語は地域によっても捕らえ方が違うので、何とも言えないですね。
その先生の出身地も気になるところですthink

Posted by: Marinko | February 28, 2009 at 04:52 PM

sa-chi21さんへ

TBありがとうございます、アップしておきました。

今日の記事は眠気と戦いながら書いたので、なんだかまとまりの無い文章になっていて、おまけに言いたかったことが言えてない…(><)
先ほど少し直しましたcoldsweats01

sa-chi21さんの最新の記事読ませていただきましたが、Reading Tree についての説明とてもいいです!
私が思っていてもうまく文で表現できないことを、さらっと書かれていて「さすが!」と読みながら感動いたしましたconfidentshine

Posted by: Marinko | February 28, 2009 at 05:00 PM

マリンコさん。ごめんなさーい(TT)
TBコピペまちがってて、新しい記事でもTBうっちゃってましたね。
ECC英語のお店とKids Marketって業務提携したの?? は関係ないのでお手数ですが、TB消去してください。お恥ずかしい限りです。。。もうしわけないです。

Posted by: sa-chi21 | March 02, 2009 at 11:11 AM

sa-chi21さんへ

あらら…
最新記事もORT関連だし気になりませんが、「消去して~!」ということだったので消しちゃいましたよ~、なんだか心苦しかったわ~weep

どちらにしても、いつも大歓迎ですから~happy01

ところで、sa-chi21さんのブログ今までリンクしていませんでした(うっかりしててsweat01)サイドバーにリンクさせていただきますが、問題あったら言ってください(^^)

Posted by: Marinko | March 03, 2009 at 01:40 AM

おはようございますー。
お忙しいところTB消去ありがとうございました~。
なんだかTBスパムやっちゃったみたいでもうお恥ずかしくって~(笑)

リンクもありがとうございます♪♪
そうそう、あのエリックカールのカードのひもとおし買いました。YU-KAのももの節句のプチプレゼントとかわけのわからない理由をつけて。今日もう届くみたいですー。でも発注ミスして2点届きます(笑)

先月ORTと関連する内容から洋書絵本を購入しましたが、こどもたちの反応がよかったので(すぐにセンテンス覚えてしまってシメシメ・・・ということもあり)ORT以外の洋書絵本もすこしずつ買い与えようかと~。手始めにYU-KAはエリックカールのあのくまさんの表紙の絵本、KENは大好きなミッケの原書I SPYです。ペーパーバッグだから原書とはまた違う雰囲気なんだろうなと思いつつ。

ブログ参考にさせていただきながら少しずつこどもたちに提供していこうかとおもいますー。いつもすばらしいブログをありがとうございます。

Posted by: sa-chi21 | March 03, 2009 at 06:44 AM

私も次はORT!と思いました。
SWRは、10冊ほど見せていて、あとはまだ隠していますが、「暗記」はもうできているみたいです。
SWRが終わってしまったら、のほうがいいのかしら?

Posted by: easylife | March 03, 2009 at 07:48 AM

sa-chi21さんへ
ひも通し買ったんですね~(^^)
これはっきり言ってお買い得だと思います、みんなお馴染みキャラクターで見てるだけでも楽しいです。

絵本はやっぱり大事ですね、ORTはより現実に近いので他の絵本で想像の世界や動物の世界などに触れていくのもいいですよね。

エリック・カールは絶対お勧めです、Brown Bear…などは特にいいですね、絵にインパクトがあって、文はリズム読みもできるから覚えやすいし、言うことありません!
私はBIG BOOKも持ってますが、2ページ使った熊さんは目の前で見ている生徒さんより大きいですeyesweat01

「I SPY」もいいですね、うちもアレは飽きません、昨日も今日も寝る前に読みました(^^)

「I SPY」必ず冠詞の「a」が分かりやすくついているので冠詞に慣れるのに持って来いです!!
たくさんやってたくさん慣れるといいですね。

また様子をぜひ記事にしてください、楽しみにしてます( ´艸`)note

Posted by: Marinko | March 04, 2009 at 01:07 AM

easylifeさんへ

ORTは絶対にお勧めです!
サークルでもどんどん取り入れる予定です。

SWRが終わるのを待つ必要はないと思います、というより、平行したほうがいいぐらいかもしれませんね。

ORTはSWRと違って、ちゃんと主語から始まる文章で書かれているので、文法が身に付きます。

読み聞かせだったら上の方のレベルでも大丈夫なので、お姉ちゃんにも使えるのではないでしょうか。

ちなみにうちの2才児は下のほうのレベルは物足りなくなって、最上レベルのStage9がお気に入りですsweat01
こっちは読むのが大変なのでお姉ちゃんに読んでもらってね…と逃げることが多く、ヒドイ母親ですcoldsweats01

Posted by: Marinko | March 04, 2009 at 01:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87554/44192296

Listed below are links to weblogs that reference Oxford Reading Tree の魅力!~生きた英語~:

» Longman絵辞典とORT読み聞かせ [外大卒ママの親子英語~幼児英語絵本(オクッスフォードリーディングツリー)を楽しもう♪]
ロングマンの絵辞典とORTをリンクさせた取り組みについてです。 [Read More]

Tracked on February 28, 2009 at 10:26 AM

« イギリスで起こった超あり得ない出来事!~家~ | Main | エリック・カールで知育♪ »