« Wow!!w(゚o゚)w 2才児は発話の黄金期! But… | Main | イギリスで起こった超あり得ない出来事!~家~ »

Oxford Reading Tree の魅力!~生きた文化~

この週末は関東はいい天気でしたsun

土曜日、子供達は英日ハーフのお友達とそのイギリス人ダディと一緒に大きな公園で思いっきり遊び、たくさん体を動かして、おまけに英語もブラッシュアップできて、有意義な週末となりました。


さてイギリスといえばやはりOxford Reading Tree (ORT)、この教材が無かったらうちの子達の英語は今頃どうだっただろう…と考えるほど、我が家には無くてはならない教材です。


それじゃぁ何がそんなに魅力なのか…ちょこっとその魅力に迫ってみたいと思います!

( ´艸`)sweat01


私がこのORTを知ったのは、英語講師向けの教材展示会のOxford大学出版のブースでした。

「イギリスの小学校で使われている楽しく読みを覚えるための教材です!」ってスタッフに説明されたのですが

気になりながらも買わず、実際に買ったのはその3年後sweat02、しかもオークションで中古(旧バージョン)をためし買い!(だけど1~5までしかなかったannoy

お兄ちゃん6才、Riちゃんが2才の時でした。

その頃はあまりインターネットで情報収集をしていなかったので、ORTがその時既に話題になっていたことは全く知りませんでした。


でも、たまたま買ってみたStage 4のコアストーリー、これが大当たり! 1~5までちゃんと番号がふってあり、読みやすく感じました。

Oxford Reading Tree: Stage 4: Storybooks (Oxford Reading Tree)
Oxford Reading Tree: Stage 4: Storybooks (Oxford Reading Tree) Roderick Hunt



Amazonで詳しく見る
 

そして、何よりも何よりも私が感動したのは、あまりにも普通の生活に密着した内容だったことです!!!

このStage 4は、キッパー家族が家探しをして気に入り、新しい家に引越しして、自分たちで家を手直ししていくそのプロセスが段階に分けてストーリーにしてあります。

No1の最初のページにすでにやられました!

庭に立てられた「For Sale」の看板、投げ捨てられた「Tesco」のショッピングカート(英ではtrolly)。

内装はボロボロなのに「I like this house.」とみんなが気に入り買うことを決めるところ。

そして壁紙など業者に頼まず自分たちで張り替えること。

「ありえない!」と思われそうな内容ですが、これってどこにでもありがちなイギリスの日常のこと。

しかも、子供たちが優等生でもなく、欠点などないいい子ちゃん達でもないこと。どこにでもいる普通の子供たち。

文句も言うし兄弟喧嘩もします。


「こ…こんな本、見たこと無い!!」と、


ものすごいいいものに出会った気がしましたhappy02


Stage 2に「A New Dog」というのがあります。

Oxford Reading Tree: Stage 2: Storybooks: a New Dog (Oxford Reading Tree)
Oxford Reading Tree: Stage 2: Storybooks: a New Dog (Oxford Reading Tree) Alex Brychta

Oxford University Press 2008-01-10
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
 

これはキッパー達がどうやってFloppyを飼うことになったかが書かれています。

彼らがFloppyをゲットしたのはペット屋さんではなく、「Dog's Home」でした。

日本の保健所に少し似た感じですが、捨て犬や飼い主に虐待されていた犬などを保護している所です。

実はイギリス人の多くの人がココから犬を引き取ってペットにします。

キッパー達が特別優しい人だからでもなく、お金が無いからでもなく、これが普通のスタイルなんです。



そしてイギリスはチャリティーが大好きな国!

Oxford Reading Tree: Stage 5: More Stories: Dad's Run
Oxford Reading Tree: Stage 5: More Stories: Dad's Run Roderick Hunt


Amazonで詳しく見る
 

これは援助が必要な子供達のためにDadがFun Runに参加するというお話です。

イギリスは「マラソン」というとチャリティーです、あの有名なロンドンマラソンもいろんな仮装をした変った人たちが走ってるのを見たことがあると思いますが、あれはほとんどチャリティー目的の人たちです。


細かいことを挙げればキリがありません!



そしてこれは…

日本に居ながらにしてイギリスの生きた文化を身近に知ることができる、素晴らしい教材だと…惚れ込んでしまったのです。


ストーリーの世界って現実から離れたものが多いけど(もちろんそれも大事)、これほどまでにごく普通の家庭の普通の生活を、面白く書かれた絵本や教材は珍しいのではないかと思います。


このORTを書いたRoderick Huntさんは、自分が子供の時に国語の教科書があまりにもつまらなかったのに不満を感じ、「教科書は面白くあるべき!」と、ORTを作ったそうです。



そしてお馴染みですが、いつも最後に笑えるオチがあり、メガネ探しがあり、隣のおじさんが見てたり…



うちの子供たちは…

どこにでもありそうな気取らないキッパーの家族を家族構成も良く似ていることもあり、実在するお友達のように慕っています(^^)


これが…

Oxford Reading Tree の魅力ではないでしょうか!


まずは1セット!

Stage 4がお薦めです!


Happy Readingnote



今日も読んでいただきありがとうございました


お帰りの際はどうぞ応援のためのクリックをお願いしますshine

↓↓ココをクリックしてくださいね!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


いつもありがとうございます



book  book  book  book  book  book  book

|
|

« Wow!!w(゚o゚)w 2才児は発話の黄金期! But… | Main | イギリスで起こった超あり得ない出来事!~家~ »

英語の教材」カテゴリの記事

Comments

はじめまして。『音読』について調べていましたら、
『入学前に思う事・・・』にたどりつきました。
わたしに、今年4月から1年生になる子供が一人
いるので、入学前の準備について調べていました。
アメリカ在住2年目なのですが、子供の日本語力が
とても心配です。
また日本の学校&お勉強事情を読みにきます。

Posted by: ししまる | February 23, 2009 at 01:38 PM

こんにちはhappy01

Marinkoさんの記事を読むと、抑えている教材熱が毎度再沸します…

ORTとても良さそうですよね。
イギリスの普通の生活も肌で感じられると聞くと更に欲しくなってしまいます。

我が家に届く日も近そうですcoldsweats01

Posted by: 苺ママ | February 24, 2009 at 10:50 AM

おすすめはStage4なんですね♪
ORTを毎月1セット買って楽しみもうすぐ1年~。
この1年充実していたのはORTのおかげです。
ハマりすぎでしょうか?
Stage4いまから楽しみですー。
いまがまだStage2をうろうろしているので(汗)次の秋か冬にはStage4に到達できるかしらー。
Core Stories だけじゃなく Patterned StoriesやPhonics と ORTを全部そろえる勢いになってきました。最初はダメなら即ヤメでいいやなんて軽いノリだったのに。ママが半分コレクターになりつつあったりして。。。(汗)

Posted by: sa-chi21 | February 24, 2009 at 03:20 PM

ししまるさんへ

ご訪問&コメントありがとうございます。

アメリカですか~いいですね(^^)
今度1年生の年齢だと新しい環境にも簡単に慣れるでしょうけど、日本のことも簡単に忘れちゃうかもしれない年頃ですね、ご心配されるお気持ちよく分かります。

現地校に行くか日本人学校に行くかでまた状況は大きく変ってくると思いますが、もし現地校に行かれるなら日本語についてはかなりの努力が必要かもしれませんね。

日本にいる人たちが必死で英語をキープしようと努力するように…。

毎日TVを見せたり音読したりの取り組みが有効かもしれませんね。

これからもよろしくお願いします(^0^)/

Posted by: Marinko | February 25, 2009 at 09:31 AM

苺ママさんへ

こんにちは

教材熱を抑えてるんですか~??

ORTはどこを切っても(どのレベルでも)極普通の超日常の生活に触れることができるのが魅力ですねhappy01
それでいていろんな会話が膨らむような面白い細工がいたるところに施してあるので、楽しくてたまりませんhappy02

我が家では良質の教材を「知的財産」と呼んでいます、熱を抑えてはいられませんよ~happy01

Posted by: Marinko | February 25, 2009 at 09:46 AM

sa-chi21さんへ

すみません遅くなりました(><)

いや~本当にsa-chi21さんはいつもORTを使った素晴らしい取り組みをしておられるので感心です。

Stage 4はお勧めというか、私が思うには「心臓部」!

Stage4はNo1~No6の6冊の中で目ざましくレベルアップします。
No1はすごく簡単な反復の多いストーリーでページ数も少ないですが、途中でページ数も増え文字数もぐっと増えます。
そして!
このStageでMagic Keyと出会います!!happy02
だから、Stage3までは反復が多かったり、センテンスもシンプルだったけど、ここから先はも~っと面白くなるその境目です。
「今まで頑張ってきてご苦労様、さあ、もう読めるようになったからここからはしっかり楽しんでね!」と作者の気持ちが伝わってくる気がしますヽ(´▽`)/

うちの子達は(偶然)いきなりこの面白い所からスタートしちゃったもんだから、いきなりハマったわけです…

Posted by: Marinko | February 27, 2009 at 12:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87554/44141796

Listed below are links to weblogs that reference Oxford Reading Tree の魅力!~生きた文化~:

« Wow!!w(゚o゚)w 2才児は発話の黄金期! But… | Main | イギリスで起こった超あり得ない出来事!~家~ »