« February 2009 | Main | April 2009 »

March 2009

英語育児の心配ごと~発音~

最近お天気はいいですが朝晩はまだちょっと冷えますねwink

お陰でうちの2才児はまたお熱です…



さて、時々お友達や生徒さんのママさんなどに、家庭での語りかけや簡単な英語絵本の読み聞かせを勧めると

「私の正しくない発音を覚えて欲しくないから…」

などの理由で、なかなか取り組めないという答えが返ってくることが多いです。


でもその気持ちすっごくわかります!

ちゃんとした英語を覚えて欲しいからこそそう考えてしまう、自然な親心ですね。



「発音」といったら、思いつくのが「r & l の違い」「b & v の違い」「th」「f」など…

そしてイントネーションやアクセントが気になるところです。

でもそれより大事なのが、口の中の筋肉だったり、舌の位置だったり、音をつくる場所だったり、Pの発音の時空気がパンッと前に出てるかどうかだったり…

考え出したらキリが無い!(@@)

更に嫌になっちゃいますねcoldsweats01sweat01



だけど、これを解決してくれるのが音源の教材やDVDです!


以前、私の友人(教育学博士)に教えてもらったのですが、子供は正しい発音のほうをちゃんと習得する能力を持っているそうです。


今月の初めに参加した、文京区の「サイモンBear School」で行われたバイリンガル協会のセミナーでも、サイモン先生が同じ事を言っておられました。

子供はスムーズでナチュラルなネイティブの発音を自然に取り込んでいくようです。


そして私自身、今まで10年バイリンガル子育てをしてきて、「本当にその通りだわ!」と実感しているところです。


1人目が小さかった頃は、あまり発音のことは気にしてませんでした、私の語りかけや読み聞かせでもなんとか上達してくれて、問題ないように見えました。


diamond最初の発音は…

なかなかネイティブのように話すし、発音もきれいでした。


その頃の取り組みと言えば、基本的に私の(イギリス)英語での語りかけが中心

そして毎日30分~45分程度のビデオタイム。

見ていたものはメイシー、ディズニーの映画色々(部分的に)、Between the Lions がほとんどです。


diamond微妙な変化…


そんなお兄ちゃんが年中の頃のある日、イギリスから友人家族(英日カップル&3Big kids)がうちに遊びに来ました。

「人見知り」というものをまったくしないうちの子は、自分より大きいお兄さんお姉さんに対し

「Do you guys want to drink something?」

なんて聞いちゃいました!


Σ(゚д゚;) ゲッ!sweat01


そして案の定…

「He speaks American English!」と

笑いながら突っ込まれました!…sweat02


そこで気付いたんですが、彼はビデオや映画からの発音を多くピックアップしていたんです。

もちろん私からの語りかけも入っているので、部分的にはイギリス英語でもあるけど…

なんだか複雑な気持ち…thinksweat02


diamondその後また彼に変化が!


それは、日本語がかなり上手になり、母語としてしっかり身に付いてきた年中から年長にかけての頃、うちのビデオ機が壊れてしまいました。

まだDVDも持っていなかったので、TVからのインプットが途絶え、1日のうち4時間ぐらいしか一緒に入れない私との会話ののみが英語の時間です。

でも、日本語のほうが楽になってきたお兄ちゃんは、日本語のほうを好むようになり、気が付くと…

彼の英語は日本語なまりの英語に変化していました…shocksweat01


そこでリージョンフリーのDVDプレーヤーを購入、「プーさんの完全保存版」「メリーポピンズ」「Bug's Life」などを繰り返し繰り返し見ました。

同時にCDで英語の童話をたくさん聴くようになりました。


diamondまた微妙な変化…?

ディズニー映画はアニメではあっても内容が大人向けだったり、早口だったり、言葉が悪かったりするので見せるのを止めました。(ここ3年ぐらいは時々しか見ません)

代わりに教育系TV番組のDVDやスカパーをよく見るようになり、ディズニーの映画を見ていたときよりも、もっとしっかり内容を理解するようになりました。

それと同時に、発音も日本語なまりからキレイな発音にまた近づいて来ていました。



diamond確実に変った!

最近はDVDでしっかり見たものを デジタルオーディオプレーヤー に落として、音声だけを聴くことを楽しんでいる子供たちですが、彼らの英語に確実に変化がありました。

それは…

発音がだいぶ自然な英語の発音になりました

語彙がかなり増えました

新しい表現やフレーズも増えて日常でもうまく取り入れて使うようになりました。


ちなみにうちでは「かけ流し」と言う形では聴かせていません、食事の時や他にやることが無い時にしっかり聴きます。

違うことをやりながらいつの間にか音が流れてる…ような時は消してしまいます。


最近お兄ちゃんだけはイヤフォンで聴いています、これが雑音が無くクリアに聴けて細かい発音まできれいに聞く事ができ効果もUP!


こうして私の語りかけよりも、音源やDVDからちゃんと正しい発音を習得してくれていることを実感できるここ数年間です。

これからももっともっと進化していって欲しいですねwink note



今日も応援よろしくお願いします

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


いつもありがとうございます

| | Comments (13) | TrackBack (0)
|

2才のKo君!正しい文法でお話できるね!

最近2才児のKo君がなかなか正しくきれいな英語を話すことに感動しています。crying

この子はちょっと舌足らずで、時々何言ってるか聞き取れないこともありますが、言ってる内容はしっかりしています。


先日食事の時、自分のハイチェアに座ろうと思ったらパズルのピースが1つのっていたのを見て…

「Hey! What is this puzzle piece doing here, ON my chair?」(このパズルピースったら、ボクの椅子で何やってんだよ~?)

これにはシビレました!

(*≧m≦*)

まるで英語圏のちょっと大きいお兄さんのような喋りっぷり!
声のトーンといいニュアンスといい!
強調したい部分のストレスのかけ具合といい!


Perfect!!!

こんなに長いセンテンスを自分で考えて言えるんですね!

「doing here」の口調は、私やお兄ちゃんの真似だと思います、でもちゃんと自分の言葉にしていますね。


先日一緒にシール遊びをしていた時は、数ある中から同じシールを見つけては…

「This is same as this one.」

と言ってみたり…

レストランからいいにおいがすると…

「It smells good!! Something yummy!!」

最近よく使うのが…

「I want to be a bear.」

to be」を正しく使います

そして更に…

「I want to be a BIG bear!!」

a」を正しい位置に付けています「big a bear」とはしません。

もし「a bear」で1つの単語と思って覚えていたらそうしていたでしょう、でもしないということはわかってるということです。


そしてもう1つのビックリは、昨日お父さんに「馬になって~!」とせがむ時に、「Be a horse!! Be a horse!!」と言ってました。

ということは、be動詞の使い方がなんだかわかってるんでしょうか???


まだ2才の子供がこうやって英語の文法を正しく使えるようになるなんて…なんだかshine神秘的shineにすら思えます。

なんでかというと、私が必死になって教えたからではないからです。

もちろんふだんから英語で語りかけはしていますが、be動詞の使い方なんて教えたことありません。

これって子供が自分で「こういうことが言いたい!」っていう気持ちを自然に持って、子供のほうが必死だったんじゃないかな…と思います。


今まで頭の中に蓄えたインプットの内容は、頭の中で自然に優先順位付けがされていて、自分が言いたい言葉やフレーズがまとめられていって、発話につながるんじゃないかな…

な~んて思ったりします。

それがとっても神秘的!

私も講師の仕事をやっていたら、いろんな教材を見ることがありますが、幼児用のテキストなどは始めのほうにはよく

「What's this?」「It's a banana.」

「What color is this?」「It's red.」

などがあって、「Let's touch red!」なんて遊んだりしながら色に親しんだりするように、指導書に書いてあったりします。


が…

実際の生活で子供が「今すぐ言いたい」っていうフレーズは本当に「What's this?」でしょうか?

「What color is this?」でしょうか?


結局私はレッスンで何から教えるかを、自分の子供を見て参考にします。

子供が最初に言えた単語とかセンテンスとか…きっとみんな言いたいんじゃないかな…って。


だから、家庭でもレッスンでも、「これを教えたい!」とこちら側が思うことより、子供が「言いたい」って思うこと言えるように促してあげるような、語りかけとか取り組みのほうが、成果が出やすいように思えます。


ちなみに2才児君が最初に言った2語以上のセンテンスは…

「Ma~ma!Where are yoooou?」

子供っていつもママを探してますよね

( ´艸`)note


これ!使える!ψ(`∇´)ψ



ランキングに参加していますnote

どうぞ応援のためのクリックをお願いしますshine

↓↓ココをクリックしてくださいね!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ



いつもありがとうございます

| | Comments (6) | TrackBack (0)
|

ハマると必ずこうなる!うちの子供達!~ORTのDVDその後~

以前「Hey, kids!! ハマり過ぎだよ!『ORTのDVD』」という記事を書きましたが、今日は『その後』です…


Magic Key - Complete Collection [DVD] Magic Key - Complete Collection [DVD]
Magic Key

Hit Entertainment 2006-09-11
Sales Rank : 5951


See details at Amazon


このDVDには全部で26のストーリーがあるのですが、そのうちの5つを音声だけデジタルオーディオに落とし、食事の時などに聴かせています。

(といっても、他にもNoddy, Bob the Builder なんかも入ってるので、2才児君と争うことはありますが…)


でも、相変わらず熱は冷めません!

DVDも1度に全部見ないで、ストーリーを5つ位づつ見てしっかり身につけて欲しいのですが、お兄ちゃんの勝手な行動でどんどん進んでしまっていますsweat01


ちなみに、うちの子供たちがDVDを見て、映画でも教育系ストーリーでもジャンルを問わず、気に入るとこういうことになってしまいます

↓↓↓

これはRiちゃんが卒園式を無事に終えて、ヤレヤレの午後のひと時、西日の差し込むダイニングテーブルで塗り絵を楽しんでいる様子です。

手はひたすら塗り絵に集中している様子なのに、口はず~~~っとMagic Keyのストーリーをひたすら演じ続けています。

これはお兄ちゃんから自然に引き継いだ技で、我が家では超普通の光景なんです
( ´艸`)プププ

よ~く聞いてみると、時々向こうの部屋からお兄ちゃんの「直し」が入ります
(≧m≦)sweat01

お兄ちゃんはお兄ちゃんで、向こうの部屋で全く違うことをしているのに、Riちゃんが演じているのをちゃ~んと聞いているんです!
そしてちょっとでも間違えたりつまったりすると、これもまた表情1つ変えず、自分の作業を続けながら普通に「直し」を入れてきます。(厳しい!bearing

Riちゃんもまた直されても文句を言わず、ちゃんと直されたように言い直して続行するのが笑える!

まるで「師弟関係」???

Riちゃんはまだ駆け出しですが、師匠のお兄ちゃんはこんなことを3才の時からやっていて、うちにあるディズニー映画十数本全て暗記し、演じ尽くしました。
脳が慣れてくると80分ほどの映画は5回も見れば覚えてしまいました。
(どうしてこの記憶力を勉強に生かしてくれないのか…sweat02、親としては腑に落ちないところですが…)


だけど、この子供達の不思議な「暗記遊び」が彼らの会話力の「」になっているようです。
今回のように新しいDVDを仕入れてそれにハマって覚えだすと、彼らの日常の会話の中でも新しいフレーズや語彙が確実に増えていることに気付きます。

今日の動画の中には、Ko君はお昼寝中だったので出てきませんが、あの子も最近この「技」を覚え始めてきたようです。時々お兄ちゃん達にジョインして、一緒になって声の演技を楽しんでいる姿を見ます。
そしてKo君の日常の会話力も最近急激にアップしました、1日をほとんど普通に英語で過ごしています。


音声をメディアに落とす作業は面倒だけど…、こんなに成果があるのならもっとやってあげるしかないですね。

頑張ります…dash


You Tube にMagic Key があったので貼り付けておきます、是非見てみてください。

途中までですが
トピックの紹介⇒プチレッスン⇒Magic Adventur
の流れがつかんでいただけると思います。


ランキングに参加していますnote

どうぞ応援のためのクリックをお願いしますshine

↓↓ココをクリックしてくださいね!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ



いつもありがとうございます


| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

「大きくなったらお医者さんになりたいです!」Σ(゚ロ゚屮)屮

今日はRiちゃんの卒園式でした。

こんなに暖かくよく晴れて、本当にラッキーです。


さて、卒園式のメインパートの終了証授与式ですが、終了証を受け取った後保護者席を向いて将来の夢などを1人ずつ言います。

その時にRiちゃんはこのタイトルのごとく

「大きくなったらお医者さんになりたいです!」と、照れながら言ってくれましたhappy01

ずっとアート系で生きてきた私にとっては、さっぱり理解できないことではありますが…

それにしても、ほんの思いつきにしても、やっぱり単純に嬉しかったな…confidentshine


何が彼女をそんな気持ちにさせたかというと…

以前「子供の素朴な質問に答えてくれる本「Tell Me How?」という記事で紹介した本


Tell ME How?: Answers to Hundreds of Questions
Tell ME How?: Answers to Hundreds of Questions

Amazonで詳しく見る
 

この本が原因でした。


Riちゃんはまだ始めのほうしか読んでいませんが、読んだ内容は…

「腎臓」「胎児の成長」「老化」

「筋肉」「関節」「消化器官」

「血の循環」「目玉の構造」

「舌の構造と働き」などなど…

人間の体に関するものばかりです。

目玉の断面図やいろんなリアルなイラストがたくさんありますが、結構平気で、興味のほうが強いらしい!

そしてこの本を読んでいるうちに、お医者さんになりたいと思ったそうです。


そういえば以前、次に買う学研の図鑑は何にしようかを話し合っていたら、Riちゃんは迷わず…


人間がいい!(*゚▽゚)ノ」



Σ(゚д゚;)sweat01 ←ママ


人間なんてあったっけ(??)


…と、そんなカンヴァセーションがあったのを思い出しました。

そういえば「人間の体」かなんかありましたね。


Riちゃんは決して「医学」やら「科学」に向いてるとは思いません

でも…

自分が興味を持てるものを見つけた!

ということが私にはとても喜ばしく思えました。


親の好みだけでなく、もっと幅広くいろんなものを見せたり体験させたりすることで、その中から子供は自分で考えて好きなものを見つけていき、そして可能性や才能が引き出されていくんだな…

と思ったのでした。


そんなRiちゃん!週末はやたらガーデニングにハマっています。

その様子はまた後日…




ランキングに参加していますnote

どうぞ応援のためのクリックをお願いしますshine

↓↓ココをクリックしてくださいね!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ



いつもありがとうございます

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

英語で食育!?最近のRiちゃんのお気に入り♪

新しいカテゴリーを追加しました。

shine「6才児の英語育児」shineですhappy01

うっかり「5才児…」のカテゴリーに入れそうになったけど、そうね、もう6才になってましたね!(ってもう3ヶ月も前じゃんannoy

3人分の事をうまくバランス良く記事にしていくのは、不器用な私には難しい…(><)



さて、最近この子(Riちゃん)は、ついに「メガネ」をかけ始めました!

でも、TVを見る時と学校で授業の時だけかければいいということで、家ではTVを見る時のみかけています。

今までついつい前に出て行ってしまっていたのが無くなり、ちゃんと椅子に座って見れるようになりました。


相変わらず本が大好きでたくさん読んでいますが、今気に入っているのは英語のレシピ本です。

Kids Fun & Healthy Cookbook
Kids Fun & Healthy Cookbook Nicola Graimes


Amazonで詳しく見る
 

(米アマゾンで中み見れます⇒ Kids' Fun and Healthy Cookbook

これはただ「クッキングがしたい!」ってスカラのカタログでおねだりされ、私としても教材として信用している「DK社」ならいいだろうということで買ってみました。

どうせ普通のレシピBOOKだろうと思っていたのですが、実はこれがなかなかお勉強になる本でした!

ただ美味しそうで、子供が作りたいような楽しいレシピが紹介されているいわゆるキッズ向けCookbookではなく、「食育」を目的としたもので、おまけに楽しめるクッキング!


本の始めは「野菜&果物」「たんぱく質」「脂質&糖質」など、食物の分類別にカラーの写真をふんだんに使って説明し、それからレシピのページへと進んでいきます。

オールカラー!!

そして、それぞれのレシピには「Did You Know?」「Helpful Hint」「Food Fact」「Tasty Twist」のバブルがあり、その材料の原産地や昔はこんな色をしていた…とか、物知りになれる情報が載せてあります。

例えば「豆腐」についてこう書かれています

Did You Know?: Tofu is also known as bean curd. Soy beans are cooked, pureed, and drained …(省略)」

トマトについて…

Food Facts: Tomatoes get their red color from lycopene. It is one of the few nutrients that is more easily absorbed by …(省略)」


子供向けとはいえ、なかなか専門的に正しくしっかりと説明されています。

だけど、オールカラーの素敵なデザイン&レイアウトで書かれているので、ちっとも退屈じゃありません。


ちなみにRiちゃんは、「早くこれ作ろうよ~!」って言うかと思っていたけど、なんと意外にもこれを読むことにハマっています。

そしていろんな新しい情報を私に教えてくれます、「Did you know???」って!

私も読んでみたけれど、これ大人にも為になって興味持てる情報がたくさんあります。

面白い!happy01 note


それから、さすがに語彙がスゴイ!

ストーリーを読んでいるだけではまず出会わないだろう…と思われる言葉が当たり前のように次々と出てきます。

そして色んなところで繰り返し出てくるので、全部読み終わる頃には変った語彙がたくさん頭に入ってるのではないかな…と期待してます。



実はRiちゃんは、食が細く体も小さいです。

最近は好き嫌いも激しくなってきました。

この本を読むことで好き嫌いも少し減るといいな…と、欲張った期待をしています。


こんなに楽しくて綺麗な食育の本、出会えてよかった…note



今日も応援よろしくお願いします

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ



いつもありがとうございます

| | Comments (7) | TrackBack (0)
|

子供達の意外な反応(?)でもそれってわかるかも…

タイトルの「子供達の意外な反応」というのは、前記事の英語発表会を見た時の反応のことで、今日はその続きのようなものです。


そう、前記事で書いたように、うちの子供たちは日本人のお兄さんお姉さんが堂々と英語で発表する姿を見てとっても感動したのです。

金髪&青い目の人達ではなく同じ日本人です。

そして「ボクも頑張るぞ~!dash」となったのです。


でも…

それってよくわかります!


私も今までありとあらゆる英語講師のためのセミナーやワークショップに参加してきました。

講師は日本人だったりアメリカ人だったりイギリス人だったり…様々です。


ネイティブ講師がレクチャーをすれば

「ネイティブの英語をしっかり聞かなくちゃ!」

「まー金髪で可愛い人ね~heart04

なんて思ったりします



だけど…

日本人講師が大勢の日本人や外国人の講師たちを相手に、流暢な英語でかっこよくレクチャーをするのを見たら…


例えば一昨年参加したOxford Reading Tree のセミナーでは、外山節子先生がネイティブ講師たちをも魅了する素晴らしいレクチャーをされました。shineshine


自分と同じ日本人女性が、堂々と原稿も見ないでネイティブの講師たち相手に英語でガンガン話しているのを見て「いや~かっこいいな~!lovelyshine」って感動しました!

条件が同じだからこそ目標になるし、自分も頑張ればあんなふうになれるかな…なんて希望にもなります。(なれるわけ無いけど…)



自分と同じように夫婦共日本人で、日本に住んで、プリスクールやインターに通わせないで自力で「うちの子バイリンガルになりました!」っていう話を聞くと…

「おぉ~なるほど~!すごいな~!」

「もっと知りたいな~!confidentflair」…と、感動したり目標にしたくなります。


例えば、湯川笑子先生著のバイリンガルを育てる―0歳からの英語教育 などは、とても参考になりましたし、自信にもつながりました。




さてさて、では子供達に置き換えてみます。

西洋人の英語を話す子供たちが出ている番組や映画やステージを見たり、海外のキャンプに参加したりしても、いい刺激にはなるとは思います。

でもその中にもし日本人の子がいて、バリバリの英語でかっこ良くしているのを見たら、やっぱり感動も大きく、目標にしたい!とか思ったでしょうね…

お兄ちゃんも先日の英語発表会の時、子供ながらに同じ日本人が頑張って英語を話す姿に感動し、予想以上のリアクションで「ボクもあんなふうになりたい!頑張る!」と目標を掲げて張り切っちゃったけど、彼なりに共通点を見つけて考えたんでしょうね。


周りにハーフでバイリンガルのお友達は何人かいますが、特に英語ができることで感動したり目標にしたりということはありませんでしたから…(遊び友達としては最高!)


そう思うと、うちの子供たちを「おぉ~!かっこいいな~!」って感動させてくれるような、お兄さんやお姉さんが周りにいたらもっと頑張れるかな…


な~んて思うのです。happy01 scissors



今日も応援よろしくお願いします

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ



いつもありがとうございます

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

英語発表会に子供達の意外な反応!

2週間前のことになりますが、忘れないうちに書いておきます。


うちから車で30分程の所にある私立の中高一貫校で、高校の国際コースの発表会があるという情報をパパさんが仕入れてきて、お兄ちゃんとRiちゃんを連れて行ってくれました。

学校関係者や家族じゃなくても、誰でも自由に見てもよく、出退場も自由なんて開放的!


発表会といってもただの朗読などではなく「ニュースプレゼンテーション」です。

「ニュースプレゼンテーション」とは…

3人から4人づつのグループに分かれ、15分のニュース番組を作り発表します。番組の中には国内外のニュース、スポーツ、天気予報、特集、CM などが組み込まれます。(パンフレットから抜粋)


製作の流れ…

それぞれのグループのリーダーが定期的にミーティングを開き、先生からアドバイスをもらったり進行状態を確認したりします。

グループは新聞やネットのニュース記事などから海外・国内の使いたいニュースをピックアップし情報を集めます。

そしてニュースを理解し要約し記事作り。全て自分の言葉で(英語で)書き換えます。

それを何度も提出しチェックを受けるうちに時事英語がどんどん頭に入ります。

それをPCで動画やパワーポイントを作っていきます。セットも衣装も手作りです。

そして何度も練習しリハーサルをして完成!



そしてこの発表がそのまま期末試験になるそうです。


いいな~!こんな期末試験ならやってもいい(^^)♪


さて、張り切って見に行ったものの…

10才と6才の子供が…

高校で?

ニュース番組?

時事問題?

こんなの見てどう思うのだろうか…

映画を見に行くわけでもないし、意味も分からないだろうし…

つまんなくて騒いで叱られて帰ってくるんじゃないか…


そんな心配してました。



BUT!


そんな心配は無用!

実は子供たちとっても楽しんできたのです!

始めは真ん中辺りに座っていたのが、面白くてどんどん前に出て行って見た程!


何がそんなに彼らをひきつけたのかと言うと、同じ日本人のお兄さんやお姉さんが、英語だけを使って人前で発表しているということだったそうです。

特にお兄ちゃんはふだん学校では英語はもちろん使わないけど、英語の先生とちょっと英語で喋ったりすると周りがザワつくそうです。

「ここは日本で自分は日本人、日本の学校は英語を使うと目立ってしまう、だから使わない!」

そんなふうにいつも思っているそうです。


なのにココではその日本人のお兄さんやお姉さんが堂々と英語を喋っているんですから!

初めて見た光景なんでしょう。eyesign01

お兄ちゃんは自分の居場所を見つけたような気がしたのかもしれませんね。

そんなお兄ちゃんの気持ちに共感したのか、Riちゃんもとても興味深く聞いていたようです。


おまけに子供たちが英語で話してたら、ネイティブの先生に話しかけられて、褒められたらしくhappy01余計に嬉しかったみたい。(知らない人とお話しするのが大好きな2人…危な!)

2人とも居心地が良かったのかもしれません。

そして英語を聞いて英語モードになってたんだと思います。



その日の夕食時、英語についてみんなで話しました。

「こんな学校でもっと英語勉強したい?

「したい~!note

「やっぱり自分は英語が喋れてよかったと思う?」

「当たり前だよ~!dash 

Of course!!! I'm so glaaaaad!!



あ~良かったhappy01


とママは安心したのでした…




今日も応援よろしくお願いします

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ



いつもありがとうございます

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

病気、英語モード&家族愛…

結局子供3人ともインフルエンザにやられてしまった我が家…

感染源のKo君は昨日から一足早く保育園へ復帰、そして上の2人はまだお休みです。


でも昨日は午前中サークルがあったので、病気の2人を家に置いたままレッスンへと行ってしまいました。

これがイギリスだったらSocial Worker に子供を保護されて、返してもらえなくなるところですsweat01sweat01

といってもお兄ちゃんはすっかり元気になっていたので、「Riちゃんをよろしく頼むよ!」と任せたのでした。


それにしても、水・木と病気の3人とママがず~っと一緒にいたわけだけど、なんかこんなの初めてで、ちょっと微笑ましくもありました。

週末みんなが一緒にいる雰囲気とはまた違うものがあります。


Koがとても嬉しそうなんです、お兄ちゃんにジャレてまとわりついて…


Ma_ko_2

↑まだつらいお兄ちゃん乗っかって…



Ride_on_ma

↑首にまたがって…

お兄ちゃんは「Heeelp!!」

「Somebody! Do something!!!」と

悲鳴を上げてたけど怒らない(^^)


そして…

Watching_together

3人仲良くORTのDVDを見て…

(お兄ちゃんとRiはパジャマ!)

( ´艸`)プププ


こんな生活続けていたら、お兄ちゃんはなんだか家族愛が深まっちゃって、私が適当に作った夕食をやたら喜んでくれて…

「あぁ~!Your food is the best food in a whole world !!」confidentshine

と言ってみたり…

「This is the soup I love !!heart04」と、味噌汁を飲みながら言ってみたり…


サークルに出かける朝は朝食を食べながら私のことをじーっと見てるので

「何をジーッと見てんのよ!」と言ったら

「もうすぐママが行っちゃうから今しっかり見ておくんだよ!」

Because you are the greatest mother in a whole world!!」

…とまで…(*´v`*)sweat01


お、お兄ちゃん!

どうしちゃったんだよ~!

嬉しいけど愛情溢れすぎ!


そして実は昨日(金曜)はRiちゃんの保育園のお別れ会でした、今まで一生懸命練習してきたのに、本番を逃したRiちゃんは夕方号泣してしまいました。cryingcryingsweat01

私は慰めてあげながら適当なことを言っていたら、横にいたお兄ちゃんは目が赤くなってた…


なんと…Riちゃんに同情して泣いていたのです!weep


なんか…兄弟愛に負けてしまった気がしました…私sweat02



さて話は変りますが…

昨日の午前中2人がお留守番中に落ち着いて過ごせるように、Brand New DVDを見せてあげました。


Surprise!!


と言って取り出したのはこちら

以前UKアマゾンのことを紹介した時に一緒に紹介していたDVDで、ついに買いました。


「とにかく優しい!」


に尽きるほど、本当に心暖まるストーリーです。

これをいくつか見て、それからMagic Key (ORT)のDVDをしばらく見て…

ママがいないと思って好きなだけDVDばかり見て、合計2時間以上見ていたようです…


そして私が帰ってきた時には…

2人とも完全に英語モードになっていました。

DVDで見たストーリーの内容を機関銃のようにベラベラと英語で報告してくれました。

しかも喋り口調は完全にBiff & Chip になってる~!

( ´艸`)


3人インフルエンザは大変だったけど、これもまたアリかな…と思えるような、ちょっと嬉しい3日間でしたhappy01shine




今日も応援よろしくお願いします ↓↓ココをクリックしてくださいね!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ



いつもありがとうございます

| | Comments (6) | TrackBack (0)
|

「will」を使う習慣

2才児のKo君はもうすっかり言いたいことを英語でだいたい言えるようになりました。

それでも、先日驚きのこの一言


それは…


「I will check it, Mama!!」


意味が分かっているかどうかは不明ですが、だいたい「will」なんて訳せる言葉じゃないですから。

でもこれを言った時は、ちゃんとその直後に何かを確かめに行きました。


昔学校で「will」を習った時は「~でしょう」のような直訳だったような…。

でもこの日本語を聞くとなんだかいかにもするかしないか分からないような、煮え切らない表現ですね┐(´-`)┌

日本語には基本的にはない表現なので、イマイチ使い難い気がしますが、英語の中ではと~っても使用頻度の高い大事な言葉です。

生活の中でお母さんが子供に「気をつけてね」「手を洗いなさい」など「~したほうがいいよ」とか「~しなさいね」などのアドバイス的なことに答える時に「will」を使います。(会話の中でそうすることに決めた時にwillを使います)

だから直訳は「~でしょう」と言うよりは「じゃあそうするよ」の方が当てはまりますね。


じゃあ実際に使ってみると…

母「Go wash your hands now.」

子供「OK, I will.」


ついつい「OK!」とか「Alright!」だけしか言わなかったりしますが、実は英語圏ではいつもこの「will」をちゃんと使います。

「Don't forget !」

と言われたら

「No, I won't.」と答えるし


「You('d) better hurry up!」

と言われたら

「Yes, I will.」と答えます。


「You can do it.」

と励まされたら

「Yes! I will do it!」と答えるとカッコいい!



But!!

お兄ちゃんがまだ小さかった時は、「will」なんてまだ難しいかもしれない…と、私の無意味な判断であまり「will」を使わないようにしていました。

「OK.」「Alright.」が多かったです

そして保育園の年中ぐらいから「I will.」「I won't.」を会話に取り入れるようにしたけど、少々てこずりました。


日本人にとって難しいのは

①「I check it.」

②「I will check it.」

③「I'm going to check it.」

この3つの使い分けだと思います、どれを使ってもいいわけじゃありません、②を使うべきときは①も③も使えません。


だからって2~3才の子に「ここではwillを使うのよ!」なんていっても「???」なだけですね( ´艸`)sweat01


だから、以前冠詞や複数形について書いたように、この「will」も親が正しい使い方を把握して、常に使う習慣をつけていれば、子供は必ず自然に身につけます。

ママに「Go wash your hands now!」と言われて、「Yes, I wash.」とか「I do!」なんて気持ち悪くて言えない!まで持って行きたいです。


そして文法を勉強できる年になったら、どうして「will」なのか「am going to」なのかを文法的に教えてあげようと思います。


そんなわけで、うちの2才児君は最初から「will」をたくさん使う生活をしているせいか、予想より早く使えるようになったみたいです。


ノディ、オズワルド、Blues Clues など幼児向けのDVDなどよく聞いてみると、「will」は至るところでバンバン使われているので、DVDをよく見ている子はたくさん聞いているはず。

あとは家庭での習慣!



ランキングに参加していますnote

どうぞ応援のためのクリックをお願いしますshine

↓↓ココをクリックしてくださいね!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ



いつもありがとうございます

| | Comments (6) | TrackBack (0)
|

Hey, kids!! ハマり過ぎだよ!『ORTのDVD』

Koは結局2度目のインフルエンザだったのですが、続いてRiちゃんも発熱、お兄ちゃんは嘔吐…

今日は3人揃ってお休みですbearing

まるで9マスのBINGOゲームで縦に3つ揃ったような「大当たり~!bell」のような気分ですdashthink


さて、我が家に新しい風が吹いてきました!

子供たちは大騒ぎの大興奮!dash


もったいぶらずに紹介しろってcoldsweats01

ヽ(*≧ε≦*)φ



それはこちらです

Magic Key - Complete Collection [DVD] Magic Key - Complete Collection [DVD]
Magic Key

Hit Entertainment 2006-09-11
Sales Rank : 5951


See details at Amazon

これは、私のお気に入りブログ「yuyu家の英語の勉強記録」のyuyuさんが、なんと私が以前書いた「洋書!DVD!今なら安いFrom UK」を見て早速UKアマゾンでお買い物してくださり、そのレポートでこのDVDをブログで紹介しておられたのです。


そしてまた私がそのブログを見てこのDVDを知り、速買いしたのです。(*≧m≦*)


なんて持ちつ持たれつなブログの友!

shine

前回の記事に引き続き、もう一度ブログに感謝cryingcrying



ところでこちらのDVD、これははっきり言って凄いです、まさに「こんなの欲しかった~!」的なDVDです。


これは私がよく紹介しているOxford のReading Treeをアニメ化したものですが、本にあるストーリーとは違うようです。

これはいわゆるイギリスの小学生のための「国語」の教育番組で、文法のお勉強が目的です。


ORTの本のシリーズが「読む」ことを学ぶためなのに対し、これは文字を読むことを教えながら文法を教えてくれます。



2枚組みのDisc1の第1話は「文の終わりには終止符を付ける」ということを教えてくれます。

(ちなみにperiodは米語、イギリスはFull stop といいます)

第2話は大文字と小文字の使い分けについて習います。

第3話は自分を意味する「I」は大文字を使うことを習います。

第4話はいろんな思いや考えをただ長々と文にするのではなく、短く簡潔に表現することを習います。(I should learn this!)

and so on…



こんな具合に確実に積み重ねになっています。

1ストーリーは約15分で、最初の2~3分がレッスンの時間で、ストーリーの中にさりげなくレッスンが組み込まれています。

まさか誰かがホワイトボードの前に立ってレクチャーをするわけじゃありませんsweat01

だいたいはフロッピーがレッスンで活躍します、そして「Oh! The key is glowing!!」といってMagic Adventure が始まります!

そしてMagic Adventureから帰って来た時に、ちょっとしたオチがあったりして、レッスンのまとめがあって「THE END!」で終わります。


英語のレベルですが、英語圏の小学1年生ぐらいから見るのでしょうから、番組内の会話は普通の小学生の会話です。

オズワルドやノディのような幼児向けとは少し違います。

ちょっと前に「Oxford Reading Tree の魅力!~生きた英語~」でORTの生きた英語について記事にしましたが、このDVDはまさに生きた英語を読むだけでなく聞くことができるんですから!

しかも、とってもクリヤでハッキリしゃべっているのでと~っても聞きやすいです。


さて、このDVDを初めてうちの子供達に見せた時の反応は…

凄すぎました!

「Woooow!!! Biff & Chip’s DVD !!!!」

w((゚o゚))w

と叫び大興奮でした!

何しろ大好きなBiff, Chip and Kipper、そしてFloppy が動いてる!喋ってる!

そして本とは違うアプローチでAdventuresも面白い!!!

DVDで見て、そして音声だけをMP3に落として食事の時などには音だけを聴いて、既にストーリーを丸暗記状態です。

おまけに2才児Ko君までフレーズをかなり覚えてるし、次に出てくるセリフを先に言ったりしています。

実は最近ちょうどワークブックなどを使って英語で英語の文法を勉強させていたところでした、それを大好きなORTのキャラクターのDVDで学べるなんて、まさに今欲しかった理想のDVDheart01heart04

しかも同年代の子供達の生きたBritish English にこんなに触れることができるなんて、最高の環境です。


そしてこの番組のサイトもあって、ストーリーに沿ったゲームもできます。

こちら⇒ http://www.bbc.co.uk/schools/magickey/index.shtml

このサイトは何年も前から知っていて、子供たちも何度も遊んだのに、DVDのことは考え付かなかった…gawksweat02

勘が鈍すぎ…



Anyway!


このDVDは2枚合わせて合計約6時間分収録されてます

Complete Collection 」なので、番組として放送したものが全部入ってるというわけです。

BBC太っ腹!

※yuyuさんが記事内(The Magic Key (ORT) のDVD)でタイトルを紹介されてるのでこちらを参考にしてください(ごめんなさい手抜きで…sweat02

でも一度に全部見せるとまたどっちつかずになるので、今のところは5話まで見せています。



そしてお値段が安すぎ!

2枚組でなんと10ポンド台


今もなお1ポンド=約135円だからまあ1400円ぐらいってことでしょうか。



あぁ~!

ORTのこととなるとつい力が入りすぎてまた長くなっちゃいました!

私こそこのDVDを見ていかに簡潔に文を書くかを学ばなくちゃ…(^-^;


リージョンフリーのDVDプレーヤーをお持ちの方!

お勧めです!


Why not?

Have a try !!



ランキングに参加していますnote

どうぞ応援のためのクリックをお願いしますshine

↓↓ココをクリックしてくださいね!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ



いつもありがとうございます

| | Comments (10) | TrackBack (0)
|

新しい出会い♪&ブログに感謝!

2才のKo君はまたまたお熱です…

寝る前も39度以上ありました、男の子って本当に発熱多いです(><)


さて先週金曜日はついに念願叶って☆SUNNY BUNNY☆ for baby & mommyのAidesさんにお会いすることができました。

私が運営している親子サークルにお嬢さんを連れて見学しに来てくださったのです。

お若くてきれいで明るくてとっても素敵な方です(^^)heart04


今まではブログのコメントのみで交流していただけで、今回初めてお会いしたのですが、今までにお互いにそれぞれのブログを既に読んでいるので、初めてお会いしたような気がしません。

なんだかとても不思議な気持ちです。


サークル終了後一緒にランチを食べながら長々とおしゃべりを楽しんだのですが、幼児のための英語教育のこと、サークル運営のこととか…、そして今後の夢や野望まで!

ブログからも感じ取ってはいましたが、意見やアイデアなど共通点が多く、意気投合しとても有意義で発展的なmeetingとなりました。


とても優秀で専門知識もたくさんお持ちなのに、とても謙虚なお方です。


さて、土曜日はそんなAidesさんのブログで紹介されてた日本バイリンガル協会のセミナーに参加してきました。

6才の娘を連れて行ったのですが、スクールの案内図をプリントしたものを見ながら向かっていたら、その紙を見た娘は「Simon Bear School」と書いてあるのを見て、「Is he a bear?」と聞いてきました。

( ´艸`)んなわけ無いじゃんannoy

きっと彼女はパペットか何かを期待してたのかも…


セミナーの内容ですが、バイリンガル教育について1~10まですっぽりカバーするような内容でした。

時間が限られているので専門用語を多数混ぜながらドンドン進んで行き、「これからバイリンガル育児を始めてみようかな…」という方には少し難しかったかもしれません。

今回は記念すべき第一回目でこれから毎月あるそうなので、今回の内容がもう少し砕かれて、項目ごとに分かりやすく説明していかれたらいいな…と期待します。


それにしても、今回こうしてAidesさんにお会いできてすぐに打ち解けたのも、サイモン先生のことを知ることができたのも、ブログのお陰ですね。

私のサークルに集まってくださってるメンバーの方達も、ブログを通してきてくださった方が多いですし、ブログを読んで下さっていることで、あれこれ説明しなくても私のことを良く分かってくださってることが嬉しいです。

それ以外にも同じように英語で子育てをされているママさんともお友達になれたし…


正直言って更新が大変でやめたくなる時もたくさんありますが、やっぱり続けてきてよかったと思ってます。


ブログに感謝!shine

ブログ村に感謝!shine



ランキングに参加していますnote

どうぞ応援のためのクリックをお願いしますshine

↓↓ココをクリックしてくださいね!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


いつもありがとうございます

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

日本語&英語をミックスしても大丈夫???

バイリンガル育児や英語育児をしていると、多くの人が「日本語&英語をミックスして喋るようになるんじゃないか…」と心配するんじゃないかと思います。

以前ネットでいろいろ検索していたら、早期英語教育に反対する人の意見で、

「日本語もまともに喋れないうちから英語を教えるから、両方の言葉をミックスして喋る人になってしまう!そんなのは絶対によくない!」

例えば「ママー、ハングリーだから何かイートしたいんだけど」とか、そういうのを心配するようです。


ちなみに我が家の2才児、英語もだいぶ上手に文をつなげて話せるようになりましたが、日本語&英語ミックスもジャンジャンやってます。

いつもじゃないです、家では英語が多いですが日本語でたくさん話すこともあります。

でも、うまく言葉が見つからない時や、うまく文をつなげられず言いたいことが表現できない時にミックスになったりします。

「ママ~!ダークにしないで、スイッチ オンして~!」

こんな感じです。

Ko君が日本語を話している時、にお姉ちゃんに「Ko君!Speak English!」と言われて意味が分からずキョトンとしていました。

それはどうしてかと言うと、この子にはまだ「日本語」「英語」の概念が無いからだと思います。


幼児はもの凄い速さでいろんなことを毎日吸収しています、聞くもの見るもの感じるもの。

そして今度は自分でも言ってみる、やってみる、失敗して直されたり叱られたり…

そしてそこで親が正しい言い方や正しい物の使い方を示してあげて学習していきます。


え?当たり前のことですか?

そうですね、当たり前のことなんです。

日本語だけ教えていたって、たくさん間違えますよね。

「このお花ね○○ちゃんがあげたの~。」(くれたのが正しいですよね)


こんな間違いよくありませんか?


だからって言葉を教えるのやめる人はいないと思います、いつかちゃんと言えるようになることを分かっているから、直しながら教え続けるのではないでしょうか。


バイリンガルも同じです。

ミックスしちゃうから止めたほうがいいとか、ミックスしてしまうことに目くじらを立てたりとか、そんな必要はないと思います。


では、10年間バイリンガルで育ててきたうちの4年生のお兄ちゃんはどうだったでしょうか…???

実はとても言葉の遅い子でした。

3才からやっと少しづつ文をつなげるようになった程です。

そして日本語&英語もたくさんミックスしながら話してました。



だけど…


両方上手になるにつれて違和感を感じるようになります、それは英語と日本語の発音や発声がかみ合わないからです。

英語の子音の後に日本語はうまくつながりません。


そして、小学校に行くようになったら、外では英語を話さなくなりました。英語喋れることを知られたくないって。

だから学校では絶対に英語を喋りません、もちろんミックスもしません。


その逆もそうです。

英語を喋る人と話をする時は日本語なんてミックスしません。


だから、2才、3才、4才…と成長しながら、言語についても日本語と英語の違い、いつ英語を話していつ日本語を話すかなど、ちゃんと学習していきます。


子供って偉いねshine


だから、ミックスしてしまっても心配しないで!

今だけです!

正しい言葉をこちらが示していれば、ちゃんとそれぞれの言葉を正しく話すようになります!



それより…



大人はどうなの?impact

今の日本語はかなり英語がミックスしちゃってるじゃないですか!

私がイギリスに行く前はここまで英語は入ってなかったけど、帰国した時に驚きました!

モチベーション?スキルアップ?シチュエーションにシュミレーション?

なんじゃそれ?

NHKのニュースだって横文字いっぱい出てくるし…annoy


私は帰国後しばらくは「外国帰り」で気取ってるって思われるのが嫌で、絶対に横文字を使わないように、正しい日本語を使うようにとても気を遣っていたのにdash

日本に居る日本人のほうがよっぽど英語をミックスして喋ってるジャン!annoy

と少々嫌になりました。


大人こそ!

日本語&英語をミックスしないでsign03



ランキングに参加していますnote

どうぞ応援のためのクリックをお願いしますshine

↓↓ココをクリックしてくださいね!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ



いつもありがとうございます

| | Comments (8) | TrackBack (1)
|

子供の素朴な質問に答えてくれる本「Tell Me How?」

先日ネット上で英検の結果発表があって

お兄ちゃん、準2級合格できました!

お兄ちゃん声を上げて喜んでました!

ふ~っdash やれやれですcoldsweats01



よく頑張りました。shine


毎日音読を続けたことと、「合格したい!」っていう本人の意欲があったからだと思います。


でもこれはゴールじゃありません、「頑張ればできた!」っていう今回の経験がこれからの彼の人生に少しでも自信を与え、英語でもサッカーでも他の勉強でもいいからそのための原動力になってくれたらいいと思います。

だからこそここで止まらないで、次のレベルに挑戦してそれを乗り越えて欲しいと親は思っています。

見栄とか資格とか将来の入試や就職のため…とかは全く考えていません。

でもただボーっと小学校生活を送るよりも、常に何か目標を持ってチャレンジする生活ってすごくいいと思います。


次はお兄ちゃんもRiちゃんも英検2級を受ける予定ですが、どれだけレベルが高くなるのか2人はあまり分かっていません。

「絶対やるぞ~!」って凄い意気込んでいますが…sweat02


そんな英検のことなどを少し意識しながら、これからの音読する本も選んでいこうと思い、最近買ってみたのがこちらです。

Tell ME How?: Answers to Hundreds of Questions
Tell ME How?: Answers to Hundreds of Questions

Amazonで詳しく見る
 

これは小学生ぐらいの子供が普通に疑問に思いそうな素朴な質問に答えている本です。

(何も書かれてないので実際の対象年齢は分かりません)

B5より少し小さいサイズで208ページ全部カラーです。

1ページに1つの質問に答えているので、約200の質問と言うことですね(数えてないけど…)


この本のいいところは、ページの半分はリアルなイラストや写真で説明文は半分ぐらいしかないことです。

色々回りくどく難しく説明するのではなく、短くすっきりまとめられています。

かといって子供だましのように簡単な言葉だけが使ってあるのではなく、聞いたこともないような医学用語や専門用語が次々に出てきて、正しく説明されています。


カテゴリーは大きくは6つに分かれて

The Human Body

The Natural World

Science and Technology

Earth and Spase

The Prehistoric World

Hiatorical Times


そしてそれぞれのカテゴリーに32づつの質問があります(あ!全部で192の質問ということですねflair


例えば①The Human Body なら

いきなり「腎臓はどう働くか?」から始まり、筋肉、関節、消化、血液の循環 etc....


The Natural World では

木はどうやって育つか」から始まり、ヒトデはどうやって物を見るか…とか、くもの巣のこととかあって面白いです。

そして、abdominal cavity, synovial fluid, immune system など、子供にとっては訳の分からない言葉がたくさん出てきますが、そんな専門用語や医学用語よりも、それらの言葉を表す時に必要になってくる語彙の数々に私は注目しています。

contain, fanction, perform, stimulate などなど…

これらは専門用語などではなく、生活の中やいろんな場面でたくさん使える言葉が多いです。

ついつい「難しいかも…」と使うのを避けてしまいがちなのが悪い癖です。


でも、この本には「これでもか!」っていうぐらい出てくるので、これを毎日音読していけば、いろんな知識を得ながら、おまけにふだん使い慣れない言葉もたくさん覚えていけると思います。

お兄ちゃんに丁度いいかと思ってたけど、お兄ちゃんはまだ読みかけの本が終わっていないので、Riちゃんのほうが先に読み始めました。

寝る前に2~3ページをまずは一緒に声を出して読みます、そして一度読んだところをもう一度1人で読ませます。(定着のため)


さてRiちゃんの反応は…


すごく楽しんでいます!

去年辺りから人間の体の仕組みに興味を持っていたので、いろんなリアルなイラストを見ても怖がらずに喜んで読んでいます(どんな子や!sweat02

放っておいたら1人でドンドン読んでしまうと思うので(読み方が間違ってても意味が分からなくても…)、この本だけは必ず一緒に読むようにしようと思っています。


ちなみにこの本、内容のわりにはとってもお安いのですが、日本のアマゾンは「在庫切れ」だったので、UKアマゾンで買いました。

こちら⇒ Tell ME How?

日本では600円台、UKでは3.99ポンド(約600円)!

メチャメチャ安い!

厚み1.5cmでオールカラー、かなりお買い得だと思います。

特にお兄ちゃんは最近英語が面白くなってきたようなので、興味深く、尚且つたくさん語彙を増やせるような本や教材を選んであげたいと思っています。


Go on!! Go on!!




ランキングに参加していますnote

どうぞ応援のためのクリックをお願いしますshine

↓↓ココをクリックしてくださいね!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


いつもありがとうございます

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

エリック・カールで知育♪

このところ雨続きだったので洗濯物がたまり、洗濯物と大バトル~!な週末となりましたannoy

5人家族はやっぱり洗濯物多いです、しかもお兄ちゃんも4年生となると1着が大きいし、学校の体操服やらサッカーのユニフォームやら…


乾燥機欲しい…gawkannoy



さて、そんな洗濯物と大バトルのママにショッピングぐらいしか連れて行ってもらえなかったかわいそうなチビちゃんに、夕方こんな遊びをさせてあげました。


Eric Carle Animal Lacing Cards
Eric Carle Animal Lacing Cards Eric Carle


Amazonで詳しく見る

これは最近買ったエリック・カールのLacing Card

厚紙にポコポコ穴が開いていてそこに紐を通して模様をつなげていく遊びです。

知育玩具が大好きな私は、上の子達が小さい時からこんなの欲しくて探していたけど、なかなかいいのが無く、自分で作ろう!と思いながらも結局作らず…sweat02


最近アマゾンでこれを見つけた時は嬉しかったですね~、4月のKo君の誕生日プレゼントにしたかったけど、私が待てずに開けちゃいました

( ´艸`)sweat01


「紐通し遊び」というだけで嬉しいのに、それが大好きなエリック・カールの絵でできるなんて嬉しすぎます!

しかも"The Very Hungry Caterpillar" "Sloth" "From Head to Toe"のゴリラなど大好きなキャラクターなのでストーリーを思い出しながら遊べます。



さてさてうちの2才児君&お姉ちゃんはちゃんと遊べたのでしょうか???

1


おぉ~っ!


なんか一生懸命にやってる?


2


なかなか熱中してる???


お姉ちゃん頑張ってなんとか形になってます



が…



Ko君は?


3


あれっ?


さっきやっていたのは写真右下のタコ!

未完成で次のを始めようとしています、しかも紐はタコの顔を超えてしまってます(><)


4


あれ?sweat01sweat01



黙々と頑張ってるお姉ちゃんの横で、何も持っていない2才児!



諦めたか…sweat02

┐(´д`)┌sweat01sweat01



そう、最近気になっているのですが、Ko君はちょっと飽きっぽい性格かも…。


例えば、お兄ちゃんは2才の時お絵かきに熱中していて、3才近くにはダイナソーらしいものをちゃんと描いていて…

放っておいたら2時間でも3時間でも絵を描いているような子でした。

Riちゃんも絵は大好きで、3才前にはちゃんと人の形を描いていました、でも一番熱中してたのは絵本の暗記読みでしたけどね。


では、うちのNo3!

今のところ熱中できたものは、パズルとBRIOの線路遊びと「ゆでたまご」の皮むきぐらいcoldsweats01sweat01



大丈夫かな~sweat02


あら!

エリック・カールの知育からお話がズレてしまいましたが…


飽きっぽい2才児はこんな感じで途中で投げ出してしまいましたが、6才の女の子はかなり楽しんでましたhappy01



ちなみにこの厚紙はかなり分厚いです!絵のカードは10枚、紐も5色10本もついているので、1枚やるたびに紐をはずさなくてもいいのが嬉しいです、それでこのお値段(1000円少々)はお得感あります!



次に考えている知育ものは、木製の玉ビーズ(小さめ)です。

つなげて遊ぶだけでもいいし、ネックレスを作ってもいいし!


でもなかなか「コレ!!」というのが見つからず、今も探しています、いいの知ってたら教えてくださ~い!



今日は「知育玩具」についてでしたが、読んでくださりありがとうございました。

ランキングに参加していますnote

どうぞ応援のためのクリックをお願いしますshine

↓↓ココをクリックしてくださいね!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


いつもありがとうございます

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

« February 2009 | Main | April 2009 »