« April 2009 | Main | June 2009 »

May 2009

Wow!! SUNNY BUNNY @ Kozy BEAR School

今日は私のお誕生日birthday

旦那がケーキを買ってきてくれて、夕食の後皆でお祝いをしてくれましたnote

木を育てるブログパーツのGremz も今日はBirthday Cake に木が立っています( ´艸`)


さて、昨日はず~っと前から楽しみにしていたAides さんのSUNNY BUNNY 英語サークル見学の日!!

ヽ(´▽`)/note

大雨が降ったら1人で行こうと思ってたけど、さすが晴れ女のAidesさん!前夜の雷thunderと大雨rainは何処かへ行ってしまい、いいお天気sunになったので、3才のKo君を連れてKozy BEAR School(サークルの会場)へ行ってきました。

Aidesさん!

相変わらずshineおキレイshineで、はつらつとしていて、とっても魅力的な方ですwinkheart01heart04


ちなみに、SUNNY BUNNY 英語サークルは、4月から体制を大きく変えて、しっかりとしたカリキュラムを組み、もっと「教育」の要素を強くし、新しく生まれ変わったということで、今回見学させていただきました。



だから…

「サークル」というよりは、クオリティのいい「レッスン」という感じで、歌、動き、手遊び、発話を促すチャンツ、超簡単クラフトなど、そしてママレッスンと、とてもスムーズに進められていきます。

イマイチ場所に慣れないうちの3才児はちょっと固まってて、あまり動いてくれなかったけど…

私にとっては、と~~~ってもいい刺激になり、勉強にもなりました。

これをきっかけにいろんなアイデアが浮かんできたりもしました。flairshine



今回印象に残ったレッスンは「背筋を伸ばしてお腹から大きい声を出しましょう!大きい声が出せる人は英語が上手になりますよ~!」ということsign03


おぉ~!なるほど~!w(゚o゚)w

今までそんなこと考えたこと無かったけど、よく考えてみたら「話す」ことは相手が子供だろうが親であろうが誰であろうが、相手に何かを伝えるために「話す」のだから、小さい声でぼそぼそ言うよりも、間違えてもいいから大きな声を出して「伝え」ようとすることが、大事な一歩ですよね!

さすがAidesさん!

Thank you! You made me think!

それから、参加されてるママさん達の熱心なお姿と、お子ちゃま達にとっても感動いたしましたconfidentshine



レッスンの後、Aidesさんが後片付けをされてる間、私はKozy BEAR Schoolのサイモン先生と立ち話をしていました。

サイモン先生は私に「1つの効果的なメソッドは他の全ての子供たちにも効果があると思いますか?」と聞かれ、一言で答えるのは難しいということを、私の全く違う個性を持つ3人の子供たちを例に挙げてお話しました。

もちろん全て英語で話をしたのですが、ただの立ち話と思いきや、サイモン先生途中からメモを取り始め、「今の会話を私のブログに載せようと思うけどいいですか?」と聞かれ…

「Oh, I see.... well, OK.」ということで

アップされたのがこちらです

>> Dr. Simon のブログ


その後はAides さんと一緒にランチrestaurantをしましたが、ランチタイムはSharing Time!!

お互いのサークルでの取り組み内容やアイデアをシェアして、とても価値ある時間となりました。

その横でKo君は普段なかなか飲ませてもらえないオレンジジュースジュースを体中でガブ飲み浴び飲みしてdeliciousnote、ジュースまみれになってましたが…sweat02


Aides さんのサークルで目指しておられるものは、私のサークルの目指すものととても似ていると(勝手に)思っているので、今後も定期的にお会いしお互いに刺激し合い、「効果的な親子英語」を追求していきたいと(勝手に)思っています。



いつも応援ありがとうございます!

クリックしていってくださると嬉しいです~!

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


いつもありがとうございます!

 

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

なぜハマる?歌のDVDs!

子供って…

よく分からないことがたくさんあるのですが…

いつも不思議に思うのは

どうして歌ばっかりが収録されてるDVD(ビデオ)にあんなにハマるんだろう…ってこと。


実は最近新しいDVDを買いました

こちら↓↓

Barney - Barney's Rhyme Time Rhythm [DVD] [Import]
Barney - Barney's Rhyme Time Rhythm [DVD] [Import] Barney


Amazonで詳しく見る
 

今まで私、このBarneyっていうキャラクター、個人的にどうしても受け入れられなくて(かわいいと思えなくて…sweat01)このシリーズを買おうなんて考えたことも無かったんです。

でも…

私のお気に入りのブログ外大卒ママの親子英語でこのDVDが紹介されているのを見て…

sa-chi21 さんがそんなにおススメされてるんなら…と、モノは試しで買ってみたのです。


そして…

最初子供達にDVDのケースを見せたときの反応は???

Not sure ......って感じでした

お兄ちゃんははっきり「I'm not very intrested, but I'll watch.」と言いながらとにかく3人が見始めました。

そして5分ぐらい見たところでお兄ちゃん…

「I think I'm going to like it.coldsweats01」と言って、結局最後まで夢中になって見るほど!

下の2人?

最初からノリノリだったのは言うまでもありません!

完全にハマってしまい、番組が終わってしまったらKo君は大声で泣いてしまったほど!

「Agaaaaain!!!!」(普通は終わったらちゃんと納得する)

えっ??何?∑(゚∇゚|||)

そんなに好きなの??(^-^;sweat01


私的には…やっぱり…

いかにもアメリカ~アメリカsweat01的なノリがイマイチ付いていけない気がするし、やっぱりBarney & Friends が微妙…sweat02

But, 子供達、特にKo君は「バーニー可愛い~happy01heart04 He is Cute!」

そして驚いたことに、2~3日続けて見ただけで、3人とも歌をほとんど覚えて唄ってるじゃあ~りませんか!

おぉ~!∑(゚0゚;)sweat01


今までCDや他のDVDでマザーグースはかなり聞いているので、ほとんど知ってました。

でも、今までここまではっきり唄いませんでしたよ!なんだか閉まってた蓋が突然開いたような!?

3才児君までが今までまともに唄えなかった「One, two, buckle my shoe…」を上手に唄ってるじゃない?


実はうちのは他にも歌ばっかりのDVD&ビデオが結構あります


たのしい英語のうた ~ドレミの歌 [DVD]
たのしい英語のうた ~ドレミの歌 [DVD] ファミリー


Amazonで詳しく見る
 

他にはディズニーの「Sing along songs」が2本

Sunday School Songs

なぜかどれも大好きで、磨り減るぐらい何十回も見ました!!


ただ次々に歌が出てくるだけなのに…


よく分からないけど…


好きで歌覚えるんなら…

いいですねhappy01good


いつも応援ありがとうございます!


クリックしていってくださると嬉しいです~!

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

3才児の変化!

ブログの左下に新しいブログパーツを加えました!
ナショナルジオグラフィックの「今日の写真」を見ることができます。
毎日変わるので是非見に来てくださいねwink

さて、3才になって約1ヵ月半のKo君ですが、この1ヶ月の間になんだかスゴイ変化(進化?)したように思います。


まず発育面においては…

diamond よく食べる!!おかわりもする!(上の子達は3才ではおかわりはしなかった)

diamond 体がガッチリしてきて男の子体形になってきた!

diamond 動きが更に激しくなった!


言葉の面においては…

diamond 英語の語彙が増えた!ちょっとビックリするぐらい増えました。
どこで覚えた言葉か分からない言葉も自然に使っていたりします。

diamond 会話がとってもスムーズで自然になってきました。
  
  例えば、何かをやってる途中に別のことを言ったりすると、
  「Oh, let me finish this, Mama!」
  なんてさらっと言ったりします。

  「Ri and Ko-kun were playing here.」とちゃんと複数形にし、しかも過去形!
  おみごと!

  歩いてる時にお掃除をしているおばさんがいたので「A lady is cleaning.」ってママが言ったら…
  「Oh, yes! She is raking.」ですって!
  そう、そのおばさん「クマデ」(rake)でお掃除してたんです!
  とっても自然にさらっと言ってのけて…

  おそれいりました…despair

diamond 歌や絵本のフレーズをきれいに覚えることができるやっとようになりました。
っていうか、きっと前から覚えてはいたんだけど、うまくいえなかったんだと思います。
今まで貯め込んでいたものが最近爆発し、覚えたものをとっても上手に歌えて言えるようになったので、家族もちょっと驚いてます。

SWRだって、最初の頃(記事に書いたころ)は言えてたのに、だんだん言わなくなって、促しても聞いてるだけで言ってくれなくなっちゃってました。

ところが、ここ1ヶ月の間、ドンドン言ってくれます!読んでくれます!唄ってくれます!

先日記事にした「We're Going on a Bear Hunt」もそうです、以前のKoなら毎フレーズの最後の1Word だけを言う子だったのに、自分から正しく全フレーズを言うようになってます!


diamond や~っと文字に興味を持ち始めた!

今まで何をやっても全~く興味を持ってくれなかったKo君ですが、やっとアルファベットや単語に興味を示し、カードも自分からやりたがり、絵本を読むときは自分から文字を手でなぞるようになりました。

なにせ「ゴジラ気質」の子ですから、「文字を習う」なんてできるタイプじゃないんです!
でも、SWRは諦めずに続けて読んできたのが良かったかな?(必ず2回読み)
ORTもいつもStage8&9とか読んで欲しがるKo君ですが…、それでも諦めずにStage1+を読み続けた!

diamond 急にお絵描きが好きになった!

上の2人は早くにお絵描きを覚え、2才のうちにちゃんと形のあるものや、人の顔や体が描けて、上達も早かったのに、どうしちゃったのでしょう…3人目!
なかなかお絵描きに興味を持ってくれませんでした。

正確に言えば、もっと前はペンを持って嬉しそうにグチャグチャ描いていたのに、2才の後半からそのグチャグチャ描きすらしなくなってしまったんです。
なのに、ここ1ヶ月はすごく楽しんで描いてます!(まだ形あるものは描けませんが…)
ただ七田プリントを始めたせいか、描くときの線がかなりしっかりしてきました。


だけど…
塗り絵が嫌いです!
「嫌い」っていうか、妙に几帳面なところがあるのか、はみ出してしまうことがイヤみたいなのです。
まだ上手く塗ることができない、でもはみ出すのはイヤ!
それで少しやると泣き出してしまうほどはみ出すことにこだわり…

「I don't like it !!!」と投げ出してしまいます…sweat01sweat01


でもでも…

これらの変化を見ていると…

3才になって…

いろんな物事がよく分かるようになって、「できる」を実感できるものはどんどん上達し、逆に「できない」と感じたものは自分で見切りを付けて絶対にやらない…

そんな3才児!

ますます面白くなってきました( ´艸`)

 

いつも応援ありがとうございます!

クリックしていってくださると嬉しいです~!

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

おぉ~!大ヒット「We're Going on a Bear Hunt」

お友達の家で読ませてもらって以来ず~っと気になってた絵本をやっと買いました。

We're Going on a Bear Hunt (Book & CD)
We're Going on a Bear Hunt (Book & CD) Helen Oxenbury Sophie Aldred

Walker Books Ltd 2007-10-01

Amazonで詳しく見る

ストーリーは無防備な5人家族がお散歩気分で…

「We're going on a bear hunt.

We're going to catch a big one. …」

と熊狩りに出かけていくお話です。

途中いろいろなモノが行く手を阻みます

背の高い草、川、泥…


これの面白いところは…

goodシーンごとにまた同じフレーズに戻り、それを何度も反復するところです。

goodそしてそれぞれのシーンと状況を表す形容詞、擬態語、擬声語がとっても上手く組み込まれ、反復していること。

goodリズミカルnote

goodストーリーの展開と結末…smile

goodCDがいい!と~っても美しいイギリス英語と、効果音で何度でも聞きたくなりますhappy01


今回「買おう!」のきっかけとなったのがlil tinkerさんのブログで、記事の中でこの本の著者の動画を紹介されてました。

この本はなんとDVD付もあります。

動画と同じなのかどうかは分かりませんが、このYouTube の動画で充分楽しめるので、今回私はCD付き絵本を買いました。


そしてうちの子供たちへのアプローチですが…

①まずは絵本だけを読みました。

もちろんママなりにと~っても面白く表現して!

それだけで子供たちは完全にこの本の雰囲気や面白ポイントをつかみ、「Again! Again!」の嵐!

そしてすぐに反復部分も口ずさむほどに…


②そしてその2時間ぐらい後…、「Do you want to listen to this?」とCDを聞かせると…

Sophie Aldred 朗読する世界に入り込み、子供たちはアクション付きで更に盛り上がっていきました。


③そしてまたちょっと落ち着いた頃…YouTube の動画を見せました。

これは著者Michael Rosenが自らアクションを紹介しているもので、ついつい一緒になって絵本の文章を口ずさみ、リズムをとり、アクションをやってしまいます。(ちょっと表情によっては顔が怖いけど…coldsweats01

こちら⇒http://www.youtube.com/watch?v=ytc0U2WAz4s

そしてこちらは歌とパペットショーを両方楽しめます。(前半と後半に分かれています)

そしてこれらのお陰で…

上の2人は1日でほぼ全部暗唱できるほど覚えちゃったし、3才児だって(全部は無理だけど)ほとんど覚えてしまいました!

とにかく楽しい!

語彙が増やせる!

どんどん覚えちゃう!

3才児は何度もCDを聞き、何度も絵本を開き、自分で覚えたのをペラペラ言って遊んで、アクティングもして見せて、「絵本って楽しいhappy01」を実感している様子。

上の2人は、一緒に大きな声でこれを歌いながら登校していますcoldsweats01

これだから「絵本」ってやめられませんhappy02note



いつも応援ありがとうございます!

クリックしていってくださると嬉しいです~!

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


いつもありがとうございます!

| | Comments (10) | TrackBack (0)
|

3才児の「納得」~今朝の一コマ~

うちの3才児が通う保育園は家から大人の足で歩いて10分ちょっとのところにあります。

時間がなかったり天気が悪かったりすると、自転車で行ったり車で行ったりしてしまいますが、今のような時期は気持ちいいのでなるべく歩いて行くようにしています。


ただ、子供の足だと15分以上、リュックにはお弁当、おやつ、飲み物、タオル、着替えなど結構入ってますが、それを自分で背中にしょって歩きます。

以前はお姉ちゃんも一緒だったし、新しいリュックが嬉しくて、車よりも自転車よりも歩くのが大好きでした。


BUT!!!


3才児も知恵が付いてきて、

「車の方が楽ちんだな…smile」と思うようになったんでしょうか?

最近やたら車で行きたがる…annoyannoy

今朝も玄関で「車がいい~bearingsweat01」って大暴れ!

靴も履いてくれない…sweat02

車なら乗せちゃえば連れて行けるけど、歩いて欲しいんだから自分で歩いてくれないことには連れて行けない…annoy

困ったママ!sadsweat01

無い知恵を振り絞って理屈・へ理屈・理由を考えた…パソコンメモ

あ!ベル


「Koくん!車で行くとお花見れないよ!お花にGood morning !って言えないよ!鳥の声も聞こえないよ!」

Koくん考えた…


tulip=× 鳥=× … !!(゚ロ゚屮)屮 sweat01

I want to waaaalk !!」と突然納得?

さっさと外へ出て行きました。

そして先ずお花を見て「Good morning !」と言って自分でスタスタと歩き出しました。


そして歩いていくと「ホケキョ~note」とうぐいすの声を聞き、続いていろんな鳥の声をちゃ~んと耳を澄ませてニコニコしながら聞いていました。

すると「Woof Woof!」と犬の声も聞こえて「A dog !!happy01」と犬の声まで聞こえてラッキー!って言わんばかりの笑顔を見せてくれました。


可愛いお花を見つけるたびに立ち止まり、チョンチョンと触り、観察し、ポピーを摘んで先生にお土産にして…


歩きながら「Did you really want to go by car??」と聞いてみたら…

「No!!」

「Are you happy about walking now??

Yeees!!!

「Show me your happy smile !」

shineshine(* ̄▽ ̄*)shineshine

そして…


最後までしっかり歩いて楽しく登園してくれました。


あまりにも可愛い3才児との一コマだったので、つい書いちゃいましたが…


大変~! 夕方のレッスンの準備しなきゃ~!!!

\(゜□゜)/sweat01sweat01



いつも応援ありがとうございます!

こんな親バカな記事ですが、クリックしていってくださると嬉しいです~!

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


いつもありがとうございます!



| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

我が家の「TV流儀」

先日carriexxxさんのブログでTVの見せ方の事が書かれていたのを読んで、我が家の「TV流儀」をちょっと振り返ってみました。


1人目(現在10才のお兄ちゃん)の時は、「子供は3才までTVは見せない方がいい」というのを七田式の本で読んでいたのがいつも気になっていて、なるべく見せないように心がけてましたが、1才過ぎてからボチボチ見せるようになったのを覚えています。

でも、放っておけばドンドン前に出てしまい、しまいには顔がピッタリTVに付くまで前へ出てしまうのでsweat01、椅子でバリアを作ってブロックしてました。

でも、お猿さんのような男の子にはそんなの長くは通用しません!

次第に自分でバリアを乗り越えて、バリア内で見てるじゃありませんか!

!!(゚ロ゚屮)屮sweat01sweat01


それならっ!と次の作戦!

お兄ちゃんは怖がりでもあったので、大嫌いだったサメのおもちゃや、「バグズライフ」(ディズニーのアニメ映画)のホッパーのフィギュアなどをTVに貼り付けてみました。

大成功!!

ロンドン郊外のディズニーショップに行って、Babyお兄ちゃんにいろいろ見せて、一番怖がったのを「OK! This is the one!!」と言って決めたら、お店に人に不思議がられたので理由を説明したら、「Good idea!」ってもの凄い笑われたのを覚えています。coldsweats01sweat01

お陰で絶対にTVやPCに近づかなくなり、それ以降は平和なTVライフを送ることができました spa


そんな笑えるエピソードから始まった我が家のTVライフには、ずっと守り続けてるいくつかのルールがあります。


tv-1 必ず座って見る!

⇒ウロウロしたり、別のことをしながら見ることは許されません、たちまち消されてしまいます!

⇒前の家ではソファでしたが、今は末っ子は食事用のハイチェアに座り、上の2人はその両脇にダイニングの椅子を置いて座ります。

ハイチェアは動けないのでいいですね~!


tv-2 だらだらとつけっ放しにしない!

⇒1番の延長線のルールで、誰が見てるか分からないような状態で、TVだけが勝手についてることはありません。


tv-3 時間を決めて見る!

⇒子供が大きくなってくると「30分ね」とかお話何個分とか、見る前に話し合って決めます。

⇒子供が赤ちゃんの時は、長いビデオなどはだいぶ進ませて、残り30分ぐらいのところから見せたりしました。

⇒TV番組を録画する時に、わざと間に「砂の嵐」を数分入れて「終わっちゃったね~」を演出したこともあります。(面倒だけど…)


tv-4 機械は子供に操作させない!

⇒TV・ビデオ&DVDプレーヤーは必ず「親が操作するもの」という扱いにしていました。教えれば2才の子だって簡単に操作できます、でも絶対に教えず親にお願いしないとTVは見れない存在というのをキープ。

⇒お兄ちゃんが小2ぐらいの時から自分で操作させてあげることにしました。

⇒だけど、誰でも消すことだけは許されてます!末っ子Ko君は消す時になったら得意になって消しに行くので、「もっと見たい~><と駄々をこねることが少なくなりました。 唯一操作が許されるんですから!


tv-5 大画面で見せない!

⇒うちに遊びに来たことがある方は、ちょっとビックリされたかもしれませんが、うちは大きい画面のTVを置いていません。

14インチです、小さっ!( ´艸`)プププ

うちの子供たちは特に画面の中の世界に完全に入り込んでしまうタイプです、少しでもTVの影響を少なくするためにも、大きい画面で見せたくないと思っています。

もちろん今まで何度も何度もパパさんに「そろそろ大きいTVに換えたいんだけど…」って言われてきたけど、地デジにしなきゃならなくなるまでは、小さいままでいいです。

買い換えるとしても、また小さめにしたいと思ってます。


tv-6 見る時間(3番の詳細)

⇒Ko君は、朝、朝食後から保育園に行くまでの15~20分程と、夕方40分ぐらいの1日2回です。

⇒小学生は、夕方Ko君と一緒に40分ぐらい見ますが、宿題が終わってなかったら見れません。

⇒お兄ちゃんなどは、帰宅後どこにも遊びに行かない場合は、宿題が終わってなくても遊び時間として見せてあげることもあります。(だいたいは録画してあったNHK大河ドラマ『天地人』ですが…、めっちゃハマってます)


こんなルールを守り続けてる我が家のTVライフですが、厳しすぎると思いますか?

でもこのお陰で子供も大人も「いつまで見てるの~??」なんて怒鳴ることもないし、電気の使いすぎも防げるし、子供もちゃんとこれで慣れてるので、よかったと思ってます。


えっ?? 私自信???∑(=゚ω゚=;)


英語のためのBBCニュースをたまにと、これまた、たま~に夜のニュース番組を見る程度…

もっと見たほうがいいかな~???


他のお宅ではどうなんだろ…



いつも応援ありがとうございます!

今日も閉じる前にココにクリックしていってくださると嬉しいです!

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


いつもありがとうございます!

| | Comments (10) | TrackBack (0)
|

なるほど~!これが「IT時代」の教材ね!

私が「IT時代」や「情報社会」なんて言葉を耳にしたのは今から12~3年ぐらいまえだったかな?

イギリスに住んでいたので日本のことはよく分かりませんが、きっと日本ではもっと早く浸透していた言葉でしょうね。


But!!


「情報」なんてTVや雑誌でいくらでも入手できるから、何も真新しさを感じないし…

インターネット?やらテクノロジー??ナンテ聞いても意味が分からず、説明してもらったら余計に頭の中が混乱して…

(。>0<。)sweat01

わけがわからなくなったのを覚えていますsweat02


それでも10年前には我が家にインターネットが登場!

…だけど私は全く使いませんでしたcoldsweats01


時代についていけてなかった私…sweat02


そんな私が今ではこうしてブログを運営し、自ら情報を発信する立場にいるなんて…


奇跡としか思えませんsign03

w(゚o゚)w


なんちゃって…ヾ(´ε`*)sweat01



あらら…前置きが長くなりましたが…

そんな「IT時代」ならではの教材を紹介します。

こちらのシリーズ↓↓↓

World of Plants: Internet-Linked (Library of Science)
World of Plants: Internet-Linked (Library of Science) Verinder Bhachu

Usborne Pub Ltd
Amazonで詳しく見る

Animal World (Internet-linked Library of Science)

Animal World (Internet-linked Library of Science)

他にも↓↓



Forces, Energy and Motion (Internet-linked Library of Science)

これらはうちの家族全員お気に入りの教材です。


flairまず素晴らしいのは、とにかく写真がきれいです!

スペースを自由に使い、まるでアート写真集のようで、見ているだけで楽しめます。

こちらから中が見れます!

⇒⇒ World of Plants

⇒⇒Animal World


flairたった65ページ程の中に大量のインフォメーションが凝縮されています。

それはただ広く浅く情報が集まってるわけではなく、よりシンプルに!簡潔に!より深く多くの情報!がうまくまとめられているからです。


flairそして一番驚いたのは、「INTERNET-LINKED」ということです。

最初はただこのUSBORNE のホームページにリンクしていて、この本に載せきれない事などをHPで見れるだけかと思ってたのですが、そうじゃありません!

どういうことかというと…

まずこのUSBORNE のHPにアクセスし、指示に従って本のタイトルを入力します。

すると…ページ入力画面が出てきます。

そして例えばAnimal Worldの37ページを入力すると

37ページに関連したリンク集が出てきます。


その出てきたリンク集というのは、ありとあらゆるホームページからこのページ(ここでは37ページ)に関連したサイトで、どこかの動物園のサイトだったり、どこかの大学の研究室のサイトだったり…と様々で日々更新されています。

そこがスゴイ!

私たちが何かを調べようとして、検索して出てきたサイトを1つ1つ見ていくことはできるけど、世界中のいいものを全て見つけることはできません、時間もかかるし疲れますね…

でも、この本ならUSBORNE のスタッフが質の良い安全なサイトをすでに見つけてくれているので、教材の本を見ながらリンク先で更にいろいろ見ることができます。

そしてリンク先のHPはまたそれはそれで面白かったりするので、そこから更にいろんな発見ができます。

では「Animal World」37ページのリンク先から、「卵」に関連するサイトで「Baby Chicks Hatching」というのがあるのでお楽しみください!

可愛いヒヨコが2羽卵からかえる瞬間です!

http://www.msichicago.org/online-science/videos/video-detail/activities/the-hatchery


10年前とは違い、すっかりインターネットを使うことが当たり前の生活になっている現在の私ですが、こういう教材に出会って、「これぞIT時代!」と思わず実感してしまいました。

考えてみれば、先日紹介した「Britain's Got Talent」で有名になったSusan Boyle さんにしても、YouTube という動画サイトで世界中の人がいつでも感動シーンを見ることができたことで、一夜にしてスターになってしまったんですね。

スゴイ時代になりました!


私も今後はなるべく時代に乗り遅れないように、頭の「感覚」を更新し続けなければ…


教材の紹介なのか、IT時代の紹介なのか…どっちつかずの記事になってしまいましたが…


「その気持ちわかるよ…confident

と思ってくださった方はどうか下のアイコンに1クリックをお願いいたします~note

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


いつもありがとうございます!

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

「才能」探し

私は子供の時から「人は必ず何か『才能』を持っているはず!」と信じていて、自分の『才能』を探しながら生きてました。

だから7~8年習い続けたヴァイオリンも「私ってヴァイオリンの才能絶対にない!」と気づいたらあっさりやめちゃったけど…

結局、私の『才能』を見つけたかどうかは…

どうでしょう…( ´艸`)sweat01


さて、お兄ちゃんはですが、毎日「Britain's Got Talent」を見るうちに…

「僕の『才能』は何だろう?

あるのかな~?

なんだか何も無い気がする…、なんだか落ち込むな~weep


(ゲッ!angry超弱気!)←ママの気持ち

だけど…


「でも、あるといいな…見つけたいな…」

と、今までに見せたことのない小さな「意欲」をのぞかせてくれました。

この子は完全に右脳型人間なので、左脳的なことが重要視される学校生活ではちょっと引け目を感じているし、人より運動ができるわけでもない。

サッカーをやっているけど、なかなかレギュラーになれないし…

人よりできることは英語だけ!

でもこれは『才能』とは違います。


2才の時からお絵描きが大好きで、放っておけば何時間でも描き続けているような子でしたから、とっても絵が上手で、人からもいつも褒められていました。

ところが…

小3辺りから自分よりも絵が上手な子に出会い、完全に自信を失いshock、相変わらずよく描いているけど、自分ではもう上手いと思ってないらしい…sweat02


だけどお兄ちゃん!

自分の中にまだまだ潜んでいる『才能』を見つけたいと思うようになってくれたことは、親にとっては本当に嬉しいことです。


世の中には何もしなくても才能が勝手に溢れ出てくるようなラッキーな人もたくさんいます。

始めから頭の上でダイヤモンドが輝いてるような…

例えば、ピアノなんか習ったことも無いのに、聴いただけで「トルコ行進曲」とかスラスラ弾けるようになっちゃう子とか…(知り合いの子がそうだった!sweat01



だけど、お兄ちゃんは確実に違います。

周りがちょっときっかけを作ってあげる必要があるみたいです。


そこで、最近お兄ちゃんが人から褒められたり、自分でも嬉しくなるほどうまくできたモノはなんだろうね?…と話をしてみました。


すると、ちょこちょこ出てきましたよwink

1つは「落語」

そう、4年生の国語に出てくるんですが、「ジュゲム」や「ゾロゾロ」を音読し、そして暗唱し、皆の前で披露したそうですが、校長先生にも褒められるほど上手だったとか…

家でもやって見せてくれたけど、これがなかなかウマイ!

じ…じゃあ、将来は落語家???

Σ(゚д゚;)sweat01sweat01

イメージできないんだけど…gawk


2つ目は「Voice Acting」

5年生になって放送委員になったお兄ちゃん、給食の時間に放送劇を担当するそうですが、これがなかなか上手で、教室に戻った時クラスのみんなから歓声を浴びたそうです。


もうひとつは「Music?」

実は音楽なんて何も習ってないし、ピアノを薦めても「や~だね~!」と逃げてしまいます。

だけど、この子はリズム感が凄くいい!

ちょっとハードなジャズのリズムもうまくつかみ、唄うことができる…

歌はまだまだ下手だけど、最近音程はしっかりしてきた。


それなら…と

うちの近くにミュージカルにチカラを入れている合唱団があるという情報をもらっていたので…

合唱団に入ることを薦めてみました。

(本当はKo君のためだったんだけど…)


200%確実に「No!」の答えが返ってくると思ってたのに

なんと…

「いいよ!やってみる!」

ですって~(@@)!!!

おぉ~~!!!

これは凄い!予想外の展開!

どうやら本人は、本気で自分の才能を探そうとしているみたい!

ダメモトでいいから、やってみるとまた新しい発見があるかもしれないし。


それと、今年初めて「ヤングアメリカンズ」にも参加することに決めました。


『才能』って、ダイヤモンドの原石のようなモノですね。

そこにあっても探さなければ誰も見つけない…

磨かれるまで輝かない原石は見つけるのに一苦労ですが、ちょっと頑張って見つけて磨いてみると…

ピカピカに輝くshineshineダイヤモンドshineshineに!


お兄ちゃんは…

ダイヤモンドの原石があるかどうかも分からないほどボーっとした性格です。

「見つけたい」っていう意欲が無かったら何かを試してみることなんかできないし、何も試さなかったら何も見つけることなんかできないでしょう。

でも、今回「Britain's Got Talent」のお陰で「見つけたい」っていう意欲が奇跡的に芽生えてきました!

今がチャンスですね!

しっかりサポートしてまずは「原石」を見つけに行こうと思います。



いつも応援ありがとうございます!

閉じる前にココにクリックしていってくださると嬉しいです!

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


いつもありがとうございます!

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

思いがけない収穫~オペラ~♪~

少し前に「思いがけない収穫!~Great Lessons~」という記事で「Britain's Got Talent」の番組と、素晴らしいパフォーマンスについて書きました。

その記事にも書いたとおり、うちの3人の子供たちは毎日毎日!繰り返しこの番組の動画を見ては感動し、時には笑いました。(中にはお笑いもあるので( ´艸`))

しまいには子供達はあの審査員達のコメントを述べるシーンを丸覚えして遊ぶほど!


中でも一番感受性の強いお兄ちゃんはこれを見てオペラが好きになった!というので、うちにあったオペラのCDを聴かせてあげました。

イギリスのディスカウントショップで買ったもので音が激悪!

…にも関わらず、あのPaul Pottsが唄った「プッチーニ」の「Nessun Dorma」がかかると…

「あぁ~っ!sweat01sweat01

もうこれ聴くと泣いちゃうよ~!cryingcrying

と、食事中に涙をボロボロ流すお兄ちゃん!


オペラでこんなに涙を流す小学生も珍しいよな…sweat02

と思いながらも、まだ感動が熱いうちにちゃんと良いものを聴かせてあげなければ…と、早速レンタルでオペラのCDを借りてきました。(買うとなるとすごく吟味したくなるので、とりあえずレンタル)

「プッチーニ」の「Nessun Dorma」といえばやっぱりパヴァロッティでしょう、この人の右に出る者はいないと言われた人です!

2年前にこの人が亡くなったニュースを聞いた時、私はキッチンで悲鳴を上げたほどショックでした!

久々にCD聴いてみましたが、やっぱりスゴイ~!happy02shine

info02コチラでサンプル聴けます⇒Pavarotti!!


イギリスにいた頃、Classic FMの影響でオペラにハマっていたことがあったので、なんだかとても懐かしく、更に感動しました!


あっそうそう、お兄ちゃん?

もちろん聴かせてあげました。


感動してくれましたね~!

大音量にしてステレオの前に座り、「Nessun Dorma」を下を向いてじ~っくりと何度も何度も繰り返し聴いていました。

すると、3才のチビ君までこの曲が大好きになっちゃって、「Again! Again!」とせがみます。


それにしても、お兄ちゃんがこんなにオペラで感動するなんて、今まで考えたこともありませんでした。

私は音楽だらけの環境に育ち、子供の時からいろんなコンサートに連れて行かれたけど、オペラに感動涙をながしたことなんて一度もありませんでしたから…

子供のうちからオペラに感動できるお兄ちゃんがなんだか羨ましいです。


現役の音楽家の私の姉にこの事を話したら、「凄いね、そんな子めったにいないよ!」と褒めてくれました。


毎日ドタバタと生活しているだけじゃ気が付かないことや見落とすことがたくさんあるけど、こんなTV番組の動画を見たことが新たな発見をもたらしてくれて、またまた大きな収穫があったな…って、嬉しくなりました。

この収穫が何かいいことに繋がってくれたらいいな…と母は思うのですが…

どうでしょうね…confidentnote



読んでいただいてありがとうございます。

閉じる前にココにクリックしていってくださると嬉しいです!

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


いつもありがとうございます!


リンク

姉のブログ⇒フルートの風にのせて

Britain's Got Talent

>> スーザン・ボイル

>> 審査員も大ウケ!Greek親子

>> 12才天才シンガー

| | Comments (8) | TrackBack (0)
|

小学校の英語の授業が始まりました!

何年前だったか覚えていませんが

「小学校で英語が必修化される…」

というニュースを聞いて

「いよいよ日本も重い腰を上げて小学校でも英語を教えるんだ~!」とワクワクしたことを覚えています。

でも、その時私がイメージしていた「英語必修化」というのは、中国や他の英語教育の進んでいる国のような、しっかりとした英語教育!というものでした。


でも…


それについてのいろんな情報から

「教えるのは担任」

「文字や文法は教えず、英語に親しむ程度」

などと言うのを聞いて、あのワクワク感はすっかり何処かに飛んで行ってしまいました!sign04run


今からちょうど4年前、お兄ちゃんが1年生になって初めて学校での「英語活動」で英語の授業を受けた時、帰宅するなりお兄ちゃんが私に報告したことは…

お兄ちゃん:「ママ~! 今日ね英語の授業があったんだよ! 先生はね、日本語で英語を話す日本人のおばちゃんだった~!」

ママ: ∑(゚∇゚|||)sweat01「W...www...  What do you mean???」

お兄ちゃん:「だってね、チンパンジーってさチンパンZEE でしょ、でもその先生チンパンジーって言ってたし、ほかの言葉も日本語みたいだったよ!」

ママ:「そ…、それは日本語だね~coldsweats01sweat01


…と、そんなことがあったので、英語の授業に対しとっても不安でした。


そして、3年の時の担任の先生は「私達は英語の必修化に向けてみんな英会話を習っています!」と言っているのを聞いて…


日本語英語のオバチャン先生???

((゚д゚;))sweat02sweat02


担任達の英会話???

Σ((゚д゚lll))))sweat01sweat01


ど…どうなるのじゃ~。(≧д≦)sweat01sweat01


と、更に不安に…


そんな最中、ついに5年生になり、年間35時間の英語の授業が始まりました。

もらって来たテキストは「英語ノート」というもの(たぶん全国共通)、ほとんど英文はありません。

そうです、読み書きや文法は特に教えないということです。

  ※英語ノート構成案はこちら⇒文科省のページ

これはちょっと驚き!


最近他の方のブログや英語系サイトなどで、英語必修化に対して「こんなに内容が薄いならやらないほうがまし!」

「近隣のアジアの国々の中で日本は遅れすぎ!」

などなど、いろんな意見も読みましたし耳にしました。


実際日本は遅れすぎていると思います。

お隣の国「韓国」は日本よりも先に英語を取り入れ、しかももっと実践的な取り組みをしていて、全体に「英語を勉強しよう!」という流れができているようです。

中国もかなり進んでいます!

お兄ちゃんと保育園の年長まで仲良しだった中国人の双子の友達がいましたが、日本の教育じゃ物足りない…と、旦那さんを日本に残したまま母と双子は中国へ帰国し、小学校生活を始めましたが、既に英語の授業があって、けっこう力が入った取り組みをしているそうです。(学校にもよるとは思いますが…)


そんな話しを聞くと…

「日本は何やってるの~?もっと実践的で使える英語を教える取り組みをしたらいいのに~!!」などど、文科省のドアを叩きたいほどの思いがします。


だけど…


コレが日本です、いくら騒いだところで何も起こりません。

ここまで来るのだって何年もかかったんですから!


それなら…

とりあえずこの現状をポジティブに受け入れて見ることにします。


ちなみに、うちの子の学校の英語の授業は英会話習いたての担任ではなく、ネイティブの先生が毎回授業をして、担任はアシスタントのようにたまに見本になったりするぐらいだそうです。


そしてお兄ちゃんの感想は…

「ボクにとってはもちろん簡単だけど、すごく楽しかった!みんなも楽しそうだったよ!」です。


そして先日の家庭訪問の時先生に、英語の時うちの子が邪魔にならないか聞いてみたら…

「邪魔になるどころかいい刺激になります!^^」と言ってくださり、安心しました。


ならいいじゃん!flair


と思えてきました。


「こんな内容の薄い英語で、英語喋れない担任が教えるなら、無いほうがまし」

と考えず…

「ネイティブの先生に毎週英語で授業してもらえるなら、無いよりはあった方がまし」というのが現在の考えです。

ただこの結果は、教える人がネイティブか日本人の担任か…で大きく違ったでしょうね。


うちのように英語が喋れる子だからというのではなく、英語は全く初めて!というお子さんたちにも、毎週ネイティブの先生から少しづつでも簡単なカンヴァセーションを習っていくのは、プラスになるんじゃないかと思えます。

この授業によって英語が喋れるようになるとはあまり思えませんし、既に習っているこの英語がすごく上達するとも思えませんが…

何もやらないでゼロよりは、少しでもプラスになると思うし、学校外でもっと英語をちゃんと習いたい…と思うお子さんが出てくればまた英語が広がる…というわけで、英語をもっと広げたいと思っている私としては嬉しいことです。



そんなわけで、今はこの英語の授業…いろんな思いはもちろんありますが、ポジティブに受け入れ、見守っていこうと思います。

文科省としてもまだ「試作」ということらしいし。


長くなりましたが

それもそうね…

と思っていただければ、下のアイコンにクリックしていただければ嬉しいです~(o^-^o)

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


いつもありがとうございます!

| | Comments (8) | TrackBack (0)
|

Blue's Clues &楽しい実験

うちの3人の子供たちは4学年づつ年の差があるにもかかわらず、見たいDVDなどを好みで争うことはあまりなく、3人で見たいものを決めて一緒に楽しんでいます。

これってお兄ちゃんが精神年齢をかなり低いところまで下げることができるのと(実は本当に低いだけ?)、末っ子も上の子達についていこうと頑張るから??

よくわかりませんが…

そんなうちの子供たちの大大大好きな英語番組のひとつに「Blue's Clues」があります。

Blue's Clues - Classic Clues
Blue's Clues - Classic Clues Steve Burns

Nickelodeon Network 2004-01-27
Sales Rank : 3063

See details at Amazon
 

英語育児をされてる方たちの間ではお馴染みのキャラクターだと思いますが…

視聴者参加型(?)といったらいいのでしょうか?

Blue の飼い主Steve はいつもTVを見ている「みんな」に問いかけ、その「みんな」の声として実際の子供の声が必ず答えます。

または、Steveが問いかけていなくても、明らかに「Clue」が目の前にあるときに「It's a clue!!! A clue!!」って叫んだりします。

うちの子供たちはすぐに画面の世界に入っていくタイプなので、一緒になって大きな声で得意げに答えています。

もちろんKo君も(^^)

この番組は毎回いろんな形で「知育」のレッスンが組み込まれていて、いい刺激になるしお勉強にもなります。

特にいつも面白いのがキッチンに住んでいるMr. Salt & Mrs Pepper のやり取りで、この2人はフランス出身らしくフランス語なまりの英語を話します。

先日見ていたものでは、突然キッチンからSteveに電話がかかってきて、Mr.Salt & Mrs Pepper が電話口でもめています。

「Sink!」「No, Float!」

Steveがキッチンに駆けつけてみると、彼らはストローや紙コップが水に浮くか沈むかで言い合いになってました。

「じゃあ実際にやってみればいいじゃない!」とSteveに言われ、水を溜めたSinkにストローを投げ入れてみると…「ハァ~!」と息を吸いながら声を出して驚く、ヨーロッパ独特のリアクションで驚きます。

このシーンが面白くて、ママも子供も一緒になって真似をしながらランチを食べていたら、子供たちが「本当に浮くかどうか試してみたい~!!」と言い出したflairflair

「OK! After lunch, we can do …, The Super Duper Weekend Experiment !!!!」

ということでランチを食べてる間は、何が浮いて何が沈むかをみんなで意見を交わしましたよ。

お兄ちゃんが「How about this? A chopstick! Is it going to float or sink???」と1人ずつ聞いていきます。

もちろん3才になったばかりのKo君にも( ´艸`)

するとみんなと同じように「Siiiiiiink!!」などと分かったように答えるのが面白い(*≧m≦*)

そしてランチの後はいよいよ実験!

Sinkでやるとちびっ子には見えないので、バケツでやりました。

まー持ってくる持ってくる…!

次から次へと色んなものを!

Imgp1377_2

Imgp1379

たった今食べた納豆の蓋

鰹節パックの空き袋annoyannoy

使えなくなったCD

竹の箸VSプラスティックの箸

色んなタイプのフォーク&ナイフ&スプーン

ヘアゴム

ジャムの空き瓶

そして1つモノを入れるごとに「ハァ~ッ!」って息を吸って驚いたリアクションをして雰囲気を出したりして…

以前読んだ七田式の本に、お風呂に入る時に浮くもの沈むものの実験をするといい…と書いてありましたが、こうやってバケツでみんなで一緒に色んなものを投げ込んでみるのも面白いですね。

ジャムの分は口の開いたほうを上にして入れると浮くけど、ちょっと斜めにして水を入れるとすぐに沈む…それを見て6才3才児はビックリ!!

(@o@)sweat01sweat01

CDは平らに置くとプカプカ浮くけど、ちょっとつつくと沈んでいきます。

また、プラスティック製品は浮くものと沈むものがあるので、見た目じゃ分からなかったり…

3才児もいっちょ前に、真剣な顔して実験に参加して「Sink!!!」「Float!!!」なんて言ってたけど、実際この言葉の意味が分かったかどうかは不明です…sweat02sweat02

「次は果物や野菜を試してみようね!」と楽しみを残したところでこの日の実験を終了したので、次の実験を心待ちにしています

(*^v^*)

あっ!flair

今ふと思ったけど、これって1年生の夏休みの研究にちょうどいいかも、簡単で!

( ´艸`)flairflair

読んでいただいてありがとうございます。

閉じる前にココにクリックしていってくださると嬉しいです!

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

いつもありがとうございます!

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

3才児のガーデニング「I love flowers !!」(^▽^)/

GWいかがお過ごしですか?

うちは毎日日帰りで広い公園や森のアスレチックなどに子供を連れて行って、家に帰ったらガーデニングして…

さすがにちょっと疲れたので5日は家でゆっくりしました。


9781869020545_2

現在うちの玄関先は花盛りです!

黄色いのは「モッコウバラ」 

去年はちょっと花が少なかったのですが、今年は見事に咲いてくれました。happy01shine

その向こうに赤い大輪のバラが咲き始めました、大きいのは3才児君の顔ぐらいあります。(トゲもデカイ!)

実はこのバラは引っ越してきた時からあったので、ほとんど手をかけてないけど、毎年キレイに咲いてフェンスを飾ってくれます。


さてさて、うちの3才児!ガーデニングが大好き!

まだネンネの赤ちゃんの時から、ほとんど毎日この子を抱っこしたまま「Flowers! note Beautiful flowers!heart04」って言いながら 花がら(枯れた花)摘みをしていたら、お花が大好きな子になっていて…

そういえば言葉が出始めた頃、最初にまともに言った単語も「ふぁ~わす」(Flowers のつもり)だったな…confidentshine


今じゃすっかり板について…

Imgp1238

この出で立ちです!↑↑↑

片手にほうき、もう片方にシャベル、麦わら帽子に長靴…

まるで野良仕事に出かける田吾作、似合いすぎ!good

( ´艸`)sweat01sweat01sweat01


Imgp1236_3

↑↑これも決まってるね~!

このホウキをかついだ中腰具合がとってもいい!good


何か仕事をくれ~ってまとわり付かれるんだけど、実は何の役にも立たないからちょっと困るんですよね…coldsweats01sweat01

やりたい気持ちを踏みにじるわけにもいかないので、道路を掃除してくれるように頼んだら…

余計に散らかってた…bearingdash

一緒に買ってきた野菜の苗をポットごと抱きしめて、ウロウロして苗が折れそうになっちゃったり…

穴を掘ってもらったら、土を横にあったお花に思いっきりかけてたり…

ムチャクチャだけど、楽しんでるんならしょうがない、好きなだけやらせてあげるけど…

飽きるのも早いので気が付いたらボールで遊んでたり、水遊びしてたり…dash

まったく…調節の難しいお年頃です(汗sweat01sweat01



でも…


時々言ってくれる「I love flowers !!heart04


これは本当みたい…



GW中にもかかわらず、読んでいただいてありがとうございます。


閉じる前にココをポチっと1つクリックしていってくださいませ

↓↓↓↓

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


いつもありがとうございます!

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

思いがけない収穫!~Great Lessons~

先日からハマっています、「Susan Boyle」の動画!

そして彼女の他にも素晴らしいTalent の持ち主で会場を魅了した人達がいて、またその人達の素晴らしいパフォーマンスに感動の涙を流しました!


これは1人で感動してはもったいないと、子供たちにも見せることにして、見る前に「Talent」(才能)について話をしてみました。

「才能」って誰もが持っているけど、それがなかなか見つからなかったり、花開かなかったりするもので、それを見つけたり光らせるためにはいろんなことを経験したり、試してみたりする必要がある…」

そんなことを話しました。


そしてこの「Britain's Got Talent」と、Susan Boyle の説明をして、それから一緒に見てみました。

もちろん10才6才3才みんな一緒にです!

見たのはこちら↓↓

Suzan Boyle: http://www.youtube.com/watch?v=1t8m7CkpIK0

Susan の後に出てきた10才の少女のぬけるような歌声:http://www.youtube.com/watch?v=RY-BY4YNs0o

2007年の6才の天才少女:http://www.youtube.com/watch?v=Gn5L5U92_54

Aides さんが泣いた!という18才の青年:http://www.youtube.com/watch?v=0SykY7vjyX0


すると…



お兄ちゃん大興奮!

思わずPCの前でスタンディングオベーション!(このへんはかなり日本人離れしてます…sweat01


Riちゃんは感動するとどうしていいのか分からず、ママにギュ~っとしがみついてました。


そしてお兄ちゃんが一番感動したのが「Paul Potts」。

とてもハンサムとは言えない、小太りでヨレヨレのスーツを着た携帯電話会社のセールスマン!「オペラを唄う」と聞いて審査員はクスクスって笑います。

BUT!!!

彼の歌声を聴くとみんなの表情が変り、彼の声が響き渡ります。

するとお兄ちゃん、その歌声を聴きながら「なんだ~!!このドキドキ感は~!」「スゴイ感動してるよ~!sweat01と胸に手を当てて感動をかみ締めていました。

本当に感動する素晴らしいパフォーマンスです!

↓↓↓こちら

http://www.youtube.com/watch?v=1k08yxu57NA

そして、その感動は彼らのパフォーマンスだけから来るのではなく、その素晴らしさを受け入れ、歓声を送る観客達と3人の審査員の素晴らしいコメント、そしてカメラワークが大きく影響しているように思います。



なんといっても、まず観客が素晴らしい!

さすが「チャリティー国家」のイギリスだけあって、美しいもの、才能のある人に協力したい!助けたい!受け入れたい!歓声を送りたい!という心の準備ができているんだと思います。

この3人の審査員もちょっとシニカルな感じもするけど、「才能」を発掘した時には大いに受け入れ、協力しようという姿勢がうかがえます。

Suzan Boyle が唄い始めて20秒程で既に観客は総立ち状態でした。


そしてコメントが素晴らしい!

これよく聞いてみるととっても勉強になります!

もともと英語には「素晴らしい!」を表現する言葉が日本語に比べてたくさんあります。

けれども、ただストレートに「素晴らしい!」を言うだけでなく、遠まわしに言ってみたり、間接的に言ってみたり、比喩で表現してみたり、時にはジョークを混ぜてみたり…

私はこの「コメント」もまるで言葉の芸術のように感じます。

日本でよく使う「氷山の一角」もコメント内で使われていました、「今見たあなたの才能は氷山の一角で、本当はもっと素晴らしいんだと思う」という表現です。(サイモン)

それから「ただの石炭がダイアモンドになったみたいね」(アマンダ)

決勝で上手に歌った6才の女の子に「なんて悪い子だ!本当に悪い子だ!」と言って人々を不安にさせといて「君の歌声が美しすぎてまたアマンダを泣かせてしまったじゃない!」と、実はとても素敵な褒めフレーズでしたcoldsweats01


※これらのコメントは上に紹介した4つの動画の中にあります!見つけてみてください(^^)/


Paul Potts はこのショーの4週間後にはファーストアルバムをリリースしたそうですが、日本ではこんなスピードデビューってあるんでしょうか?

イギリスでこの番組で素晴らしい才能が発見されたら、感動が冷めないうちにバーン!ってCDデビューしちゃう体勢ができてるんですね、素晴らしすぎます!

One Chance

One Chance

Adolphe Adam Paul Anka Bill / Buck, Peter / Mills, Mike / Stipe, Michael Berry

おすすめ平均
stars胸に響くものが
starsテレビで見て聞いて購入しました。
stars”最高”という以外にない。


Amazonで詳しく見る
 

なんかタイトルと違う話のようですが、「Great Lesson」 というのはこの動画の中にたくさん含まれているいろんな事です。

見てるだけでとっても奥が深い気がします。

だけど見る人によって感じ方は違うので、何がレッスンになるかも人それぞれだと思いますが、私が得たものは上に挙げたようなものです。

そして一番収穫だったレッスンは…


子供たちがたくさん感動したこと!

そしてまた子供一人一人の中で違う思いがあって、それぞれの感動があるんだと思います。

RiちゃんはSusan Boyle にかなり感動し、そして女の子達に感動してますし、お兄ちゃんはPaul Potts が唄うオペラに感動し、人が持つ可能性に感動しています。

「ボクの才能はなんだろう…」と考えている。それも大きな収穫です!

とにかく子供たちは毎日毎日この動画を見たくてせがんできます。

3才のKo君も自然に必ず拍手をしているのが笑えるhappy02

「感動」を味わったら止められなくなったんでしょうね。


感動をありがとう!ヽ(´▽`)/



読んでいただいてありがとうございます。


閉じる前にココにクリックしていってくださいませ

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


いつもありがとうございます!

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

夢を持つこと…

前の記事で「Susan Boyle」の動画を紹介しましたが、もうご覧になりましたか?

まだならこちら↓↓

http://www.youtube.com/watch?v=1t8m7CkpIK0


鳥肌??

涙涙?

大どんでん返しにスッキリ?


人それぞれいろんな思いがあると思いますが、私は最初、審査員サイモンが年を聞いたときに「47才」と聞いた途端変な顔をしたのがとても印象的でした。

47才で「歌手になりたい!」って夢を持つのはおかしいですか?

じゃあ何歳まで夢を持っていいのでしょうか…?(年齢制限あり??)


何を隠そう、私の母親は地元で活躍(?)する現役の歌手ですが、正式にCDデビューしたのは60才を過ぎてからでした!

ビックリ??(@@)sign03

最近は生徒さんまで抱えて、歌を教え始めたそうです。

いつも「忙しい!忙しい!」って慌しくしている母ですが、夢を達成したのですから、歌を唄っている時の母はイキイキしています。

「頑張ればいくつになっても夢は達成できる!」と周りの人達はいい刺激を受けてるのではないでしょうか。



私はといえば、小さいときから将来の夢がとてもハッキリしている子供でした。

お陰で中学・高校は進路に悩む必要もなく、自分のやりたいことを実現させるためにただひたすら道をつくって行きました。

修行修行の日々だったけど、いろんな意味でためになりました。


だから、無理やりと言うわけにはいかないけど、自分の子供たちにも夢や目標を持ちながら成長して欲しいと思います。

それが途中で変ったっていいと思います。

成長している過程でいろんな新しいものに出会って興味を持つのは自然なこと、無理に1つの夢に凝り固まらず柔軟性も持ちつつも、しっかりしたヴィジョンを持ちながら成長して欲しいです。


以前Riちゃんは「ママみたいな英語の先生になりたい!」って言ってました。

う、嬉しいけど…夢小さくない? と思っていたら、今は「お医者さんになりたい!」です。

ゲッ!これはデカすぎ!

私としては女の子だからお医者さんみたいな人の命に責任を持つような重い仕事に付かなくてもいいよ…

と内心思ってますが…、本人は本気(?)

だけどそのために何か一生懸命にやることは、知識やスキルとして残るので好きなだけやればいいとも思ってます。



さてお兄ちゃんは…

いろんな夢を口では言うけど、どれも本気じゃなさそう…sweat02

この子は完全に右脳人間で、直感やインスピレーションで生きてるので、とにかくいろんな体験をさせてあげようと思ってます。


無気力無関心で生きるなんて無駄な学生時代を過ごし、高校卒業するころに慌てて進路決めて、ついにはバイト君なんて…

それだけはやめてね!

もったいない~(><)

純粋な心を持っている今なら、これから見るもの聞くもの体験するものが隠れている才能を引き出してくれる可能性もありますね。



私だって今はまた新しい夢を持っています、ここでは公表しないけど…( ´艸`)

子供をバイリンガルにすること?

これはこのブログのタイトルにもあるように、「夢じゃない」ですよ!これは絶対にやらなきゃならないことなんです。

もっと大きな夢です!

アラフォーだって夢持ったっていいじゃない!



50才手前のSusan Boyleだって、60才過ぎてデビューした私の母だって、夢を諦めないで頑張ってきたじゃない!


Why not ??

Never too late !!



読んでいただいてありがとうございます。


閉じる前にココにクリックしていってくださいませ

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


いつもありがとうございます!

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

« April 2009 | Main | June 2009 »