« Blue's Clues &楽しい実験 | Main | 思いがけない収穫~オペラ~♪~ »

小学校の英語の授業が始まりました!

何年前だったか覚えていませんが

「小学校で英語が必修化される…」

というニュースを聞いて

「いよいよ日本も重い腰を上げて小学校でも英語を教えるんだ~!」とワクワクしたことを覚えています。

でも、その時私がイメージしていた「英語必修化」というのは、中国や他の英語教育の進んでいる国のような、しっかりとした英語教育!というものでした。


でも…


それについてのいろんな情報から

「教えるのは担任」

「文字や文法は教えず、英語に親しむ程度」

などと言うのを聞いて、あのワクワク感はすっかり何処かに飛んで行ってしまいました!sign04run


今からちょうど4年前、お兄ちゃんが1年生になって初めて学校での「英語活動」で英語の授業を受けた時、帰宅するなりお兄ちゃんが私に報告したことは…

お兄ちゃん:「ママ~! 今日ね英語の授業があったんだよ! 先生はね、日本語で英語を話す日本人のおばちゃんだった~!」

ママ: ∑(゚∇゚|||)sweat01「W...www...  What do you mean???」

お兄ちゃん:「だってね、チンパンジーってさチンパンZEE でしょ、でもその先生チンパンジーって言ってたし、ほかの言葉も日本語みたいだったよ!」

ママ:「そ…、それは日本語だね~coldsweats01sweat01


…と、そんなことがあったので、英語の授業に対しとっても不安でした。


そして、3年の時の担任の先生は「私達は英語の必修化に向けてみんな英会話を習っています!」と言っているのを聞いて…


日本語英語のオバチャン先生???

((゚д゚;))sweat02sweat02


担任達の英会話???

Σ((゚д゚lll))))sweat01sweat01


ど…どうなるのじゃ~。(≧д≦)sweat01sweat01


と、更に不安に…


そんな最中、ついに5年生になり、年間35時間の英語の授業が始まりました。

もらって来たテキストは「英語ノート」というもの(たぶん全国共通)、ほとんど英文はありません。

そうです、読み書きや文法は特に教えないということです。

  ※英語ノート構成案はこちら⇒文科省のページ

これはちょっと驚き!


最近他の方のブログや英語系サイトなどで、英語必修化に対して「こんなに内容が薄いならやらないほうがまし!」

「近隣のアジアの国々の中で日本は遅れすぎ!」

などなど、いろんな意見も読みましたし耳にしました。


実際日本は遅れすぎていると思います。

お隣の国「韓国」は日本よりも先に英語を取り入れ、しかももっと実践的な取り組みをしていて、全体に「英語を勉強しよう!」という流れができているようです。

中国もかなり進んでいます!

お兄ちゃんと保育園の年長まで仲良しだった中国人の双子の友達がいましたが、日本の教育じゃ物足りない…と、旦那さんを日本に残したまま母と双子は中国へ帰国し、小学校生活を始めましたが、既に英語の授業があって、けっこう力が入った取り組みをしているそうです。(学校にもよるとは思いますが…)


そんな話しを聞くと…

「日本は何やってるの~?もっと実践的で使える英語を教える取り組みをしたらいいのに~!!」などど、文科省のドアを叩きたいほどの思いがします。


だけど…


コレが日本です、いくら騒いだところで何も起こりません。

ここまで来るのだって何年もかかったんですから!


それなら…

とりあえずこの現状をポジティブに受け入れて見ることにします。


ちなみに、うちの子の学校の英語の授業は英会話習いたての担任ではなく、ネイティブの先生が毎回授業をして、担任はアシスタントのようにたまに見本になったりするぐらいだそうです。


そしてお兄ちゃんの感想は…

「ボクにとってはもちろん簡単だけど、すごく楽しかった!みんなも楽しそうだったよ!」です。


そして先日の家庭訪問の時先生に、英語の時うちの子が邪魔にならないか聞いてみたら…

「邪魔になるどころかいい刺激になります!^^」と言ってくださり、安心しました。


ならいいじゃん!flair


と思えてきました。


「こんな内容の薄い英語で、英語喋れない担任が教えるなら、無いほうがまし」

と考えず…

「ネイティブの先生に毎週英語で授業してもらえるなら、無いよりはあった方がまし」というのが現在の考えです。

ただこの結果は、教える人がネイティブか日本人の担任か…で大きく違ったでしょうね。


うちのように英語が喋れる子だからというのではなく、英語は全く初めて!というお子さんたちにも、毎週ネイティブの先生から少しづつでも簡単なカンヴァセーションを習っていくのは、プラスになるんじゃないかと思えます。

この授業によって英語が喋れるようになるとはあまり思えませんし、既に習っているこの英語がすごく上達するとも思えませんが…

何もやらないでゼロよりは、少しでもプラスになると思うし、学校外でもっと英語をちゃんと習いたい…と思うお子さんが出てくればまた英語が広がる…というわけで、英語をもっと広げたいと思っている私としては嬉しいことです。



そんなわけで、今はこの英語の授業…いろんな思いはもちろんありますが、ポジティブに受け入れ、見守っていこうと思います。

文科省としてもまだ「試作」ということらしいし。


長くなりましたが

それもそうね…

と思っていただければ、下のアイコンにクリックしていただければ嬉しいです~(o^-^o)

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


いつもありがとうございます!

|
|

« Blue's Clues &楽しい実験 | Main | 思いがけない収穫~オペラ~♪~ »

英語の環境」カテゴリの記事

Comments

突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/english/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/english/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
5Mz2dxOr

Posted by: sirube | May 11, 2009 at 12:53 AM

何事もポジティブにとらえられるところがmarinkoさんらしくて素晴らしいです。

私だったら愚痴愚痴言ってしまいそうなところでしたが、愚痴を言っても始まらないですものね。

ネイティブの先生でよかったですね♪

Posted by: kids+moms | May 11, 2009 at 09:51 AM

こんにちは。
英語が毎週あってネイティブ講師が来るなら、
多少簡単なことであってもよかったですよね。
全部の学校がそうならいいんですが、うちの
娘の学校のように日本人講師しかこないとか、担任
がやるとか、そういうところもあります。
日本人講師が悪いとは全然思わないので、きちんと
やってもらえるなら、大歓迎なのですが、前回
書いたように英単語を言うだけとか・・・・
そういう授業だとちょっと残念ですね。
これからどんどん変わっていくのだとは思いますが
随分現場は混乱するでしょうね。
でも、私個人としては公教育に差が出るのもどうかと
思うので、先生の確保ができないうちに見切り発車
というのもなんだか納得いかない気もします。
難しいですね。でも、早々に日本も本格的にやらない
と、置いてきぼりになりますよね。

Posted by: まめっちママ | May 11, 2009 at 03:21 PM

このお話を聞いて、おにいちゃんに英語を教えたのって私?とドキっとしてしまいました(汗)。多分、一年前だったと思うんですけど、、、チンパンジーって授業で言わなかったと思うし(滝汗)。

これには、授業料の問題って、絶対ありますよね。私のときは時給3000円でしたが、翌年は800円になってしまったと思います。しかも、授業時間数きっかりのお支払いで、準備時間は無給です(準備に倍以上かかるのが授業なのに、、、)。しかも、授業が一日一コマ位しかないのにほぼ毎日あって、これに参加したら他では働けない設定。もし英語を相当なレベルで使えたら、特別な事情がない限り「日給」800円で来ないのではないでしょうか。

今はいくら出してくれているのでしょうか。ネイティブ雇っているなら、一応資金は確保できているようですが、何年続くのか心配ですね。

Posted by: easylife | May 12, 2009 at 10:20 AM

sirubeさんへ

ありがとうございます。
よろしくお願いします。

Posted by: Marinko | May 12, 2009 at 11:45 AM

kids+moms さんへ

教育のこと、特に公立学校の教育方針やら取り組みなどのことになると、実はか~な~り愚痴っぽくなってしまう傾向があります(><)

だから、本当は思うことはいろいろあるんだけど、ちょっとポジティブに受け入れて様子を見てみるのもいいかな…って。

ネガティブな気持ちは子供にも影響するしね。

でもこれが全く英語のわからない先生の無理のある授業だったりしたら…
こんな記事は書かなかったと思います…sweat02

Posted by: Marinko | May 12, 2009 at 11:52 AM

まめっちママ さんへ

こんにちは。
先程もう一度まめっちママさんの記事を読み直しました。

とってもうなずけます。

>私個人としては公教育に差が出るのもどうかと
思うので、先生の確保ができないうちに見切り発車
というのもなんだか納得いかない気もします。

全くそのとおりだと思います。
県(府)や市などの方針でもだいぶ違いがあるんじゃないかとも思います。

ここの市長は若手でおまけにアメリカ留学経験者で国際交流などにとても力を入れているので、影響があるかもしれません。

学校の先生たちも英語にすごく力を入れているのが伝わってきます。

それにしても、こんなに何年もかけて計画立てておいて、こんな見切り発車のようなスタートは、典型的な日本の体質で、改善されるかどうかもわからないですね。

>早々に日本も本格的にやらない
と、置いてきぼりになりますよね。

すでにかなり置いてきぼりですねbearing
本当に早急に徹底した講師の確保とカリキュラムの組みなおしをして欲しいものです。

あ、いや…本当に思うことはありすぎてキリが無いです…


Posted by: Marinko | May 12, 2009 at 12:14 PM

easylifeさんへ

大丈夫です!全く違う人です!
実はココには書かなかったのですが、「オバチャン」の前に「おばあちゃんみたいな」という言葉が入るんですよ!

easylifeさんは「オバチャン」も「おばあちゃん」も、どちらのカテゴリーにも属さないので大丈夫よhappy01

現在の先生は去年から続けているらしく、子供達もよく知っています。
上の名前が日本人の名前なのできっと日本人と結婚している方なんでしょうね。
ぜひ長く続けて欲しいです!

Posted by: Marinko | May 12, 2009 at 11:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87554/44961439

Listed below are links to weblogs that reference 小学校の英語の授業が始まりました!:

« Blue's Clues &楽しい実験 | Main | 思いがけない収穫~オペラ~♪~ »