« Riちゃんの初舞台&ステキな先生 | Main | イギリス英語&アメリカ英語~追記~ »

イギリス英語&アメリカ英語

ちょっと前に、私のお気に入りsa-chi21さんのブログで

親子英語はイギリス英語かアメリカ英語か 」という記事を書かれていて、興味深かったので、今日はこのトピックで最近気づいたことを書こうと思います。



このブログを何度か読んでくださってる方はもしかしてもうご存知かと思いますが、我が家で使っている英語はコテコテのイギリス英語イギリスです!


理由は簡単happy01scissors

以前私はイギリスに通算9年住んでいて、私にとっては第2の故郷と思えるほど今でもイギリスイギリスが大好きだからです。

そしてイギリス英語が大好きだからですheart04

こっちが正しいとか正統派とかオリジナルだ!とか…

そんなややこしいことはもう考えてません!(正直考えたこともあった…sweat02

そしてきっと私が死ぬまで使う英語はイギリス英語Only だとはっきり言い切れます!


だから家で子供達に語りかける英語やお勉強するときや読み聞かせの英語も迷わず100%イギリス英語です!

アクセントだけでなく、使う単語もそうです。

Lift (エレベーター)、Nappy (おむつ)、Pushchair (ベビーカー)、Trainers (スニーカー) …etc.


ってここまではが使う英語です。



では子供たちは…???


ママがイギリス英語を使うので当然子供達も基本的にはイギリス英語を使います。

だけどウチにあるDVD等はイギリス英語のものばかりではありません。

たくさんあるディズニーアニメはほとんどがアメリカ英語!

大好きなBetween the LionsBlue's CluesOswaldDora the Explorer もアメリカです。

当然子供たちは無意識のうちにアメリカ英語もインプットされ、時々アメリカ英語を口にするようになってきました。


そんなアメリカ英語を聞いて、コテコテイギリス英語のママが嬉しいわけがありません!

「Hey ! You're speaking American English!!」なんて指摘することもしばしば…

時には発音指導をすることも…


…というのは数年前までのこと


徐々に考えが和らぎ、1年前あることに気が付きました!


1年前お兄ちゃんが12日間ほど1人でアメリカに行き、帰ってきた時には完全にアメリカ英語アメリカになっていた時でした。


その気づいたことは…


イギリス英語を使えるとアメリカ英語は簡単に使えるようになるってコト!


よく教材の説明などで言語の持つ「周波数」とかなんとかって耳にしたことがあるかと思いますが、その時だいたい取り上げられるのが、日本語とアメリカ英語は周波数に接点があって、似ている部分があるのに対し、イギリス英語は接点が無く、日本語とは全く違う音ばかりが使われているということ…


なんだかわかるようなわからないような…

私も専門家じゃないのでうまく説明できませんが(><)

私にもはっきり分かることは、イギリス英語が日本語と全く違う音で話されているってことです。

これはだいたい「だから周波数の違うイギリス英語をたくさん聞いてたくさんの音を聞き分けられる耳をつくりましょう」というもの、

(これは私も持っているアルクのエンジェルコースの説明文です)


だけど…


私が思うことは、耳作りもそうだけど、実際にイギリス英語を話すのは、日本人にとっては本当に難しいということです。

音を発する場所や使う筋肉、舌や唇の力の入れ方…

日本語とは全く違います!

「water」はイギリス英語では「ウォーター」って言ってるように聞こえるけど、アメリカ英語では「ウォーラー」って聞こえます。

こう見るとそのマンマの「ウォーター」の方が簡単に見えるけど、実はこの「ター」がとっても難しい!(><)

でもアメリカ英語の「ラー」は実は案外簡単に真似できます。


それで、それまでイギリス英語を押し付けられていたお兄ちゃんも、簡単にアメリカ英語を発音できるように(ってホント自然だった)なったんだと思います。

単語の違い?単語は簡単に覚えてしまうので心配の範囲外です。


だから…


私が思ったことは…


今の時点でイギリス英語かアメリカ英語かを選ぶんじゃなくて、どっちを先にするか…を選ぶか、もしくは両方同時進行がいいんじゃないかな

ということです。

まずは難しいイギリス英語で耳と口をしっかり慣らし、その上でアメリカ英語も取り入れる…とか。


なにしろ、将来子供がイギリスに行きたいかアメリカに行きたいか、カナダかオーストラリアか…

決めるのは親ではなく子供本人です

だから今勝手に親が「アメリカ英語なら無難だろう」などと決めるよりは、どっちを選んでも大丈夫なように、土台を作ってあげておく方が子供のためかな…と思います。


コテコテイギリス英語の私がこんなことを考えるようになるなんて…思ってもいませんでしたが、子供をアメリカに行かせたことで変わりました。

私も丸くなったな…confident


だけど!

私が家庭内でコテコテイギリス英語を使い続けることは変わりませんhappy02

そして子供がアメリカ英語を使っても黙って見守りますconfident

だけど私が使う英語にはアメリカ英語は混ぜません!

母が使う英語 = イギリス英語 として思い出にして欲しいからです。


なんだかつい力がこもって長くなりましたが…


読んでくださりありがとうございます。


ついでにココに…

クリックしてくださると嬉しいです~!

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

ランキングアップupになります(^^)

いつもありがとうございます!


|
|

« Riちゃんの初舞台&ステキな先生 | Main | イギリス英語&アメリカ英語~追記~ »

英語の環境」カテゴリの記事

Comments

イギリス好きだったんですね。
言い遅れましたが、私、イギリス在住です。

で。。。この記事ですが、イギリス人だからイギリス英語を話すといっても、学校ではアメリカ英語も習うんですよ。スペルの違いはもちろんですが、単語も全く違うものもありますしね。

イギリス英語をやっておくとアメリカ英語が簡単に思えるのは、アメリカ英語で一つの単語に対して、イギリスは3語ぐらいになります。。。だから、話の部分でも書きの部分でも、イギリス英語えらく長ったらしく感じます。そこがアメリカ人にとっては、うざいと感じるらしいですよ。ハリーポッターもイギリスバージョンとアメリカバージョンに分かれています。厚みが違います。。。イギリス人・・・あれはハリーポッターじゃない!って言ってますが、どうなんでしょうねぇ。

Posted by: バニラ | June 24, 2009 at 02:37 AM

意外でした!!!(笑)
絶対イギリス英語オンリーだと思っていました!!

私の場合は、自分がすでにごちゃまぜなので、どうしようもないのですが、でもどちらもわかる。が一番いいと思ってきました。


でも、アメリカ英語は、簡略したものも多いし、イギリス英語が分かっていれば、どちらもいけそうですよね!前におっしゃっていたフォニックスのお話も、イギリス英語・アメリカ英語についてでしたがそれもとっても興味深かったです♪

Posted by: kids+moms | June 24, 2009 at 05:56 PM

sa-chi21さんのブログも、Marinkoさんの今回の記事もとても興味深く読ませていただきました!

実は私もイギリス英語かアメリカ英語か最近悩んだ事がありまして、、、

結局私の英語レベルではどっちがどっちかよく分からないし、海外ではなく日本で英語育児をしているわけで、どちらかに決めないことにしました(^^)

それにしても「母が使う英語 = イギリス英語 として思い出にして欲しい」ってよくわかります。私なんて、R太郎の英語が小学生になって例えゼロになってしまったとしても、英語を共に楽しんだ思い出だけが残ってくれたら…なんて考えることもあるります(^^;)

Posted by: 苺ママ | June 24, 2009 at 10:39 PM

バニラさんへ

こんにちは。
とってもためになるコメントありがとうございます(^^)

バニラさんはイギリスにお住まいなんですね、イギリスで私の記事を読んでくださるなんて、なんだか気恥ずかしいです(//^^//)

>学校ではアメリカ英語も習うんですよ

普通の学校でもちゃんと習うんですね
そういえば私もイギリスで習ったかも…忘れてたannoy


>イギリス英語えらく長ったらしく感じます

私もそれよく分かりますhappy02
「That's right.」って簡単に言えばいいことを
「I don't think …」って遠まわしに言うことも多いですね。
でも私はそんな周りくねった表現が好きですhappy01
以前私のボスの奥さん(イギリス人)に何かを聞いたときに
「I don't think there is any reason that you shouldn't do it today.」
って言われたのがあまりにも面白くて忘れられませんhappy02

>ハリーポッター…

そうですね、私もイギリスバージョンのみ読んで、アメリカバージョンは手にも取ったことありませんが、きっと私もイギリス人と同じように「あれはハリーポッターじゃない!」って言っちゃうと思いますsweat01
日本語訳も苦手でしたから…(><)

Posted by: Marinko | June 24, 2009 at 11:38 PM

kids+moms さんへ

意外だった?( ´艸`)

だけど意識してアメリカ英語を取り入れたりは一切してないです、ただ子供が言ったり入ってきちゃっても以前のように拒絶しなくなりました。

特に上の2人は難しいイギリス英語の発声がしっかりできるようになっていて、のどの奥の筋肉も使えるようになってきたので、アメリカ英語が入ってきても大丈夫かな…と思ってます。


記事の中でははっきり書かなかったけど、本当は「みんな最初はしっかりイギリス英語で鍛えた方がいいですよ~!」って言いたいのが本音です(^^)(言っちゃったhappy02

Posted by: Marinko | June 24, 2009 at 11:52 PM

イギリス英語のお話!!
コメントを書かずにはおられません(笑)

そもそもMarinkoさんのサイトとの出会いはRiちゃんがものすごいスピードで絵本を音読しているビデオを発見した時でした。

「きゃ~!この発音♪をこのスピードで?!ありえない!ステキー(^^)」
(ミーハーですみません・・・)
はい。同じくイギリス英語をプッシュしております(^^)
だからMarinkoさんの存在はとっても心強いのです♪

残念ながら私は発声が良くないので、子ども達にあの「子音が命(?!)」的なクリアな英語を伝えられていないのですが、ORTのCDやその他DVDのおかげでなんとかイギリス英語…だと思います。

手土産を持っていったら、
"Oh, you shouldn't have done it..."と
微笑んだイギリスのご夫人。
(英語圏では"Thank you!"と直球が帰ってくると思ってました…)
この辺り、日本語と通じるものがありますよね♪

良し悪しはよく分かりませんが、
イギリス英語が好きなので、イギリス英語!
でも、アメリカ英語も「あり」です(^^)
単語も両方知っておくと後々便利ですし。

長々、失礼致しました・・・m(__)m

Posted by: ゆうく | June 25, 2009 at 01:29 AM

はじめましてこんにちは。

神戸で英語講師をしながら英語子育て研究をしている
高橋徳子と申しますm(__)m
突然のメッセージ失礼します。

このサイトを偶然みつけてしまい、ぜひ
今後も色々と勉強、情報交換させていただきたいと思いました。
私は英語講師としては6年ほど活動しています。
ブログは始めたばかりで四苦八苦ですが、
少しずつ情報を広めて生きたいなと思っています。

http://ameblo.jp/kodomo-eigo/
コレをご縁にどうぞこれからもよろしくお願いします。
私もオーストラリアに行っていたのでイギリス英語すきです♪
応援ぽっち。

Posted by: 英語子育て研究WAGGA(ワガ) | June 25, 2009 at 03:05 PM

新着記事にこのタイトルを見て、Marinkoさんだな?とピーンときました(^▽^

基本的には、英語は決して母語でも第二言語でもない日本人がイギリス英語かアメリカ英語か?なんて議論している事自体、なんだか滑稽だな~なんて思っている私ですが、marinkoさんくらいポリシーを持っていらっしゃると、すごく爽やかにかっこよく聞こえるので不思議です!

お話の端々に、単なる「かぶれ」とは全然違う、本当に第二の故郷として愛してやまない気持ちが見えるからなんでしょうね。

そんなに愛する国がもうひとつあるなんて、本当に素敵ですよね。うらやましいです~(^^*

Posted by: Aides | June 27, 2009 at 12:30 AM

苺ママさんへ

こんにちは。

>イギリス英語かアメリカ英語か最近悩んだ事がありまして…

そうですよね、英語をやっていればだいたい1度は出くわすトピックですものね。
決めないことにしたなら気が楽ですね、今のうちにいろんなタイプの英語にふれさせてあげるのもいいかもしれませんね。


>英語を共に楽しんだ思い出…

私も英語がきっかけでいろんな思い出が作れたと思います、大切にしたいですねwink

Posted by: Marinko | June 27, 2009 at 01:16 AM

ゆうく さんへ

嬉しいコメントありがとうございますhappy02

Riの音読の動画を見てくださったんですね(^^)
あの子の音読は本当に速くて私もついていけません(><)完全に負けてます!初見であの速さでしかも間違えない!

あ…今回のトピックは違ってましたね(*^^*)


こちらこそゆうくさんはイギリスがお好きということでとても親しみを感じていつも楽しくブログを読ませてもらっていますhappy01scissors

遠まわしでストレートじゃないイギリス英語も面白いってことを、子供達に伝えていけたらいいですね。

Posted by: Marinko | June 27, 2009 at 01:35 AM

やっとやってこれました。忙しかった・・・今週coldsweats02

ブログの記事のご紹介ありがとうございます。
このタイトル見て待ってましたー!!とすぐに読みました。

かなりのイギリス好きだということはブログを読んでいたらすぐにわかったのですが、こどもたちへの英語のDVD、、たとえばアメリカ版のバーニーを購入されていたり、Between the Lionを見せておられたり、柔軟な方だなぁと感じていました。

いままでのご自身のイギリス生活体験、親子英語体験で紆余曲折後のこの一本筋の通ったポリシーには説得力があります。

>決めるのは親ではなく子供本人です。

この言葉にほんと共感してしまいます。

個人的には日本人の気質は米より英よりじゃないのかな??と思います。島国、イギリス王室、経済の状況(たぶん、今の日本の経済状況って、10~20年前のイギリスといっしょでは・・・と)、文化(紅茶⇔茶道、庭園⇔日本庭園・・・etc、見た目はまったく違いますが)

数の論理で米語が主流ですけどね。

ほんとどちらがいいかなんて、こどもが決めたらいいと思います。それまでどぱーっと米語・英語をこどもたちに提供しつつサポートしつつ。わたしも学びつつthink

waterの発音のお話、、びっくりしました。
『ター』『ラー』に聞こえるのはわかってましたが、『ター』の方が発音が難しかった打なんて!!おもしろそうなのでORTのMud Pieで聞き比べしてみます。

わたしはどっちが好きかっていうとイギリスです。紅茶も大好きだし♪ORTに出会って、Marinkoさんに出会ってさらにイギリスに寄ってます~

Posted by: sa-chi21 | June 27, 2009 at 06:34 AM

このテーマで何か書きたいな~と思ってトラバさせていただいて、書いてみました。
文才の無さが後押しして、ちょっとひねくれた角度からの話になってしまった感がありますが、トラバOKしていただけると嬉しいですcatfacesweat01

Posted by: Aides | June 27, 2009 at 11:20 AM

英語子育て研究WAGGA(ワガ)さんへ

はじめまして!
ご訪問&コメント&とっても丁寧なご挨拶!ありがとうございます。

M…Marinkoと申します、こちらこそよろしくお願いいたします…m(_ _)m

マジメなのかズッコケなのかよく分からないブログですが、思ったこと感じたこと、子供たちから学んだことを書き続けていますので、読んでいただけたら嬉しいです(^^)

アメブロでは「えいごの森」もよろしくお願いします

m(_ _)msweat01

Posted by: Marinko | June 29, 2009 at 10:35 AM

Aidesさんへ

ありがとうございます(^^)

今回の記事は「どっち?」ということよりも、コテコテイギリス英語の私が子供のアメリカ英語もOKにし、それでもやっぱりイギリス英語を土台にすることのメリット!というのを取り上げたものでした。

ガンコなんだか丸くなったのかさっぱり分からないけど…(自分でも…coldsweats01

Aidesさんの記事是非トラバしてください!happy02

Posted by: Marinko | June 29, 2009 at 10:50 AM

sa-chi21さんへ

私もやっとここへたどり着きましたcoldsweats01
お返事遅くなってスミマセン(><)

そうですか、sa-chi21さんもちょっとイギリス寄りですね( ´艸`)大歓迎!

>日本人の気質は米より英よりじゃないのかな?

それって絶対あると思います。

私のようにちょっとのつもりでイギリスに行ってそのまま住み着く人は全然珍しくありません。

行かなきゃ分からない、でも行ってみると住んでみると…なんだかマニアックになってしまう…
そんな魅力のある国だと思います。

でも…

どこの国も同じで、イギリスだって嫌なところもたくさんありましたけど、離れてみると美化しちゃって、今じゃ全ていい思い出ですconfident


>waterの発音のお話、、びっくりしました

実はそうなんです、大人は特に難しいと思うかもしれません。
この「ター」は日本語の「ター」と違って、ちょっと空気が入ってちょっと弾けた「ター」、だから日本語には無い発音!

でも米語の「ラー」の方は英語の「l」でも「r」でもない、日本語の「ラ」に近い音で、日本人にも無理なく発音できます、それでいてなんだか英語っぽくかっこ良く聞こえるので、アメリカ英語って人気があるんじゃないでしょうか?(これは個人的な感想)

そして何よりも「決めるのは親ではなく子供本人です」に共感してくださって嬉しいです。

これが今回一番アピールしたかったことでした(^^)

Posted by: Marinko | June 29, 2009 at 12:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87554/45434713

Listed below are links to weblogs that reference イギリス英語&アメリカ英語:

« Riちゃんの初舞台&ステキな先生 | Main | イギリス英語&アメリカ英語~追記~ »