« 何のための「バイリンガル」? | Main | 「あっ!言えた!」って発話を引き出すには… »

こども英語スピーチコンテスト!!

毎日新聞主催の「全国こども英語スピーチコンテスト」の応募録音は4日が締め切りですが、もう応募されたでしょうか??


うちもお兄ちゃんとRiちゃん2人で参加したかったのに、お兄ちゃんは…



参加資格から外れました…(。>0<。)


このコンテストは日本語の環境で生活している日本人を対称にしているので、プリスクールに通っていた子やインターの子達は資格外です。

そして帰国子女も対象外でその基準として2年以上英語圏に住んだことがある人は対象外です。

そしてお兄ちゃんがそれに該当してしまったんです。


でも2年以上って言っても生まれてから2才3ヶ月までしか住んでないんです、その間ずっと私と一緒に過ごしていたので、英語の影響はないと思うんですが…

いま英語ができるのは日本に来てから身についたもの。


そしてその内容を問い合わせてみたけどダメでした…


お兄ちゃん大ショック!!shock


落ち込んでました…

il||li _| ̄|○ il||li



結局コンテストはRiちゃんのみの応募です。


試行錯誤しながらなんとか文章書き上げて、無事電話応募終了しました!

なんだか私のほうが緊張しちゃった~!(><)


今回これに参加して、勝ち進まなくてもいいから最低電話審査だけは通過して、地区予選には参加して欲しいと思っています。


目的はやっぱり刺激!

こういうのに参加して他の日本人の子供達が上手に英語を喋る姿を見ることは、もの凄くいい刺激になるんです!


以前パパさんに連れられて、うちの近くの私立中高一貫校の英語発表会を見に行った時、2人ともなんだか感動して帰ってきて、とてもいい刺激になりました。(その時の記事⇒英語発表会に子供達の意外な反応!

普段学校では英語の授業も始まったりして、「自分は英語ができる!」と思い込んでますが、たまには自分よりもできる人を見て、いろんな心境を通過するのも大切!

ちなみに英検を受けるのもその「刺激」のためです。

実際お兄ちゃんが準2級に1度目失敗して、その後音読を頑張って続けたことで2度目に20点アップで合格するなど、とてもいい経験ができたと本人も実感しています。


ですから今回のスピーチコンテストも勝ち負けはあまり気にしないで(母いきなり弱気か…?)

いっぱい刺激を受けて楽しんで欲しいと思ってますhappy01scissors


これぞ私のバイリンガル育児の作戦の1つ!

英語にまつわるいろんな経験をして刺激を受けること!

です…。


うっかり電話審査で落ちたとしても這い上がって成長してくれ~

(^0^)/~



獅子の子落としか…?sweat01


それも…愛情ですsweat01



そんな刺激を求める母に…


今日も応援よろしくお願いします

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

親子英語ランキング


いつもありがとうございます



|
|

« 何のための「バイリンガル」? | Main | 「あっ!言えた!」って発話を引き出すには… »

英語の環境」カテゴリの記事

Comments

今日はお世話になりました
このブログの管理人のmarinkoサンだったのですね
いつも読み逃げしていて
全然頭の中でつながっていませんでしたsweat01

よろしくお願いします

Posted by: tibitama | July 04, 2009 at 10:32 PM

こちらこそ今日はありがとうございました。

そしてご訪問ありがとうございます。

私も先ほどブログ訪問させていただきました、これからもよろしくお願いします(^0^)/

Posted by: Marinko | July 05, 2009 at 12:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87554/45531149

Listed below are links to weblogs that reference こども英語スピーチコンテスト!!:

« 何のための「バイリンガル」? | Main | 「あっ!言えた!」って発話を引き出すには… »