« July 2009 | Main | September 2009 »

August 2009

これは使える!!「国立科学博物館」でバイリンガル教育

久しぶりの更新です(^0^)/


先週から今週にかけて、私の両親や姉親子が来ていたので、9人家族で6日間過ごしました!

夏休み中うちの3人の子供たちだけでも台風が停滞しているような状態の我が家なのに、9人となるとそれはもうっ!

竜巻が停滞しているような状態でしたtyphoonwave (なにせ、ウチにはゴジラがいますからっ!)

食事の支度、そして5人の子供達が満足いくように食べさせる…、これだけで大仕事です。

そしてどこに行くにも8~9人で大移動dash


そんな竜巻大家族は上野の「国立科学博物館」に行ってみました。

小5のお兄ちゃんにとっては3回目で4年ぶりですが、Ri&Koは初めてです。

そして一緒に行った姪っ子達(小5&小2)も初めて。

そして私自身はなんと5年ぶり…sweat01

ココへはけっこう簡単に行けるので、「いつでも行ける」と思うとなかなか行かないものなんですよね…coldsweats01sweat01


さて、今回5年ぶりに行ってみて、以前とは印象が違い、とても好感が持て、しかも使い方次第でとっても利用価値があると感じたので、そのポイントをいくつかシェアしたいと思います。


先ず驚いたのは料金が変わってたことです!

以前は子供は有料(といっても70円)だったのに、今は高校生以下は無料です!

ただその分大人料金が上がり420円が600円になりました、そして65歳以上も無料です。

そんなわけで8人で行っても払ったのは私と夫の2人分のみです。



ラウンジ利用!

5年前に行った時は本館は工事中だったので使えなかったのですが、本館の地下1階に「ラウンジ」というのがあります。

テーブルがずらずら~っと並んでいて、そこで持ってきたお弁当を食べたりおやつお食べたりもできます。

おにぎりやサンドイッチ、巻き寿司、各種お弁当も500円以下で買えるので、安上がりなランチがゲットできます!

カフェも併設しているので、ホットドリンクも格安でゲット!

中2階にレストランがありますが、そちらはお値段高めなので、安く済ませたい方はラウンジ利用をおススメしますwinkscissors



英語で科学のお勉強ができる!

実はこれが一番のおススメ!

常設展示のいたるところにタッチパネルのモニターが置いてありますが、これがなかなか為になる情報がいっぱいです。

例えば地球館3階の動物の展示ですが、ずら~っと並んでいる剥製をモニターのタッチパネルで選んでいくと、興味ある動物の生態の説明や、実際の野生での様子を動画で見ることができます。

そして…( ´艸`)フフフ

その全てを英語・中国語・韓国語で聞くことができます。

同じものがコチラで見れます⇒http://shinkan.kahaku.go.jp/floor/3f_jp.jsp

そうです、もちろんこれらの機能は外国人ビジター向けに準備された機能です。

BUT…

Why not???

バイリンガル教育真っ只中の子供達にもってこいの教材じゃないですか!

そして更にもっとしっかりとお勉強したい人は、音声ガイドの機械を300円で借りることができます(詳細はコチラ

こちらも外人向けに4ヶ国語に対応しているので、英語の音声ガイドを借りて館内を見ていけば、日本の博物館に居ながら英語に浸り、英語で科学のお勉強をすることができるわけです。

How wonderful!ヽ(´▽`)/heart04


イケてるお土産

これは行く前から「博物館に行ったらこれを買ってあげよう!」と決めていたものですが

こちら↓↓

立体図鑑リアルフィギュアボックス シャーク (サメの仲間)
立体図鑑リアルフィギュアボックス シャーク (サメの仲間)

Amazonで詳しく見る
 

既にお馴染みだとは思いますが、これは本物そっくりのサメのフィギュアのコレクションが箱に入っていて、その生態等を説明する冊子が入っています。

そしてその「冊子」に感動です! 

全て日本語と英語のバイリンガルで書かれています!

例えば「イタチザメ」⇒「Tiger Shark」

学名や種類もちゃんと英語で書かれています。

「分布域」「生息地」など項目も全てが英語でも書かれているので、項目の言い方なども英語で覚えることができます。

これはシリーズになっていて、他にウミガメばっかりのコレクション、ペンギンのコレクション等等…、決めるのが難しいぐらいたくさんあります。

今回は上記の「サメの仲間」と「海洋性哺乳類(鯨やアザラシなど)」を子供達が選んだので、この2セットを買いましたが、この日以来、毎日毎日これで遊んでいます。

狙い敵中!good


実際はアマゾンでも買えますが、やっぱり博物館に行って見て来たことを印象付けるには、そこで買うのが一番いいですね。(しかも博物館内だとちょっと安い。wink


実は今までは国立科学博物館って大きいから、ちょっと疲れるな…

なんて思ってたけど、英語で科学が勉強ができるなら、ドンドン利用していこうと思えますね。


この記事では「国立科学博物館」を紹介しましたが、他の博物館や水族館などでもモニターガイドや音声ガイドは英語で聴く事ができる所も多くあると思うので、トライしてみたらいかがでしょうか?

夏休みが終わる頃になってこんな記事はないだろう…と、自分でつっ込み入れたくなりますが、9月の連休もありますので…

おススメですgood


応援のクリックお願いします


↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

親子英語ランキング


いつもありがとうございます



| | Comments (6) | TrackBack (0)
|

早期英語教育を勧めるシンプルな理由…

お休みしていても応援してくださり、本当にありがとうございます!

とっても励みになりますヽ(´▽`)/


さて、お兄ちゃんは今週11才になりました!

現在いわゆる”Pre-teen”と英語圏では呼ばれている年頃、”Teenager”の手前ということですね。(だからなんだ?と聞かれたら返事に困りますが…sweat01

そして我が家のバイリンガル育児も丸11年ということになります。

長い?長いのかな~??

よく分かりませんが…


わかっていることは、これからが本当に大変だということです。

いえ、大変な時は既に始まっています!



今思えば…

Baby ~3才代まではとっても簡単でした。

「黄金期」だとか「天才期」だとか…そういう話ではなく…

この時期は家庭で英語の環境を作り、英語で語りかけ、英語で遊び、英語の絵本をたくさん読んで、英語の歌を聴いたり唄ったりしていれば、まるでネイティブのような発音で喋れるようになるし、英語のTVだってちゃんと理解しながら見れます。

意識次第でそんなに大変ではありません、それは子供が他の環境を知らないし拒まないからです。

他のお友達を意識することもないし、宿題もなければお勉強もそんなにしなくても大丈夫、やらせたいことはいろいろあるかもしれませんが、やらなくても困る時期ではないです。

この頃の小さい子供にとっては、親が準備した環境が当たり前の、日常の環境で、それが全てです。

この時期はまだ「母語」も決まらないし、英語も日本語も同じように存在し、あまり区別することも無く、器用に両方喋り、まさにバイリンガルです。

現在うちの3才児がちょうどそんな時です。



だけど…

子供が大きくなるに連れて状況は変わってきます

(幼稚園時代は省きますが…)


特に!小学生になると…


当然既に日本語はしっかり身についています、

国語・算数で漢字や計算を習うようになり、そのための勉強をしなければならないし、宿題も増えます。

幼稚園時代と違い1人で登下校するようになると、更に自立したくなって1人でお友達のうちに行きたくなったりします。

意志が強くなってきて、いろんな習い物をしたくなってきます。だけど、親がやらせたいと思っていることと本人がやりたいと思っていることが違ってきて、習い事を増やすかもしくは意見が分かれてもめるか…annoy

学年が上がれば、授業量が増え、部活にも参加し、委員会などの仕事も増えて下校時間が遅くなり、宿題は調べ物があったり作文があったりとレベルアップし量も増え…


…!!((゚゚дд゚゚ ))!!…



早い話…

英語にかけれる時間というのがとっても限られるってことです!


ですから、もし小さい時に英語を始めていなくて、小学生から始めるのはもちろん可能ですが、既に日本語ができすぎてることもあり、時間的にも精神的にも負担は大きいと思います。

小さい時から始めていても、読み書きが進んでいなくて、小学生になってから力を入れようとするのも同じです。

そして、小さい時から英語を始めていて、とりあえず喋れて、とりあえず読めて、少しぐらい書けても、小学生高学年などでは、それを維持し、更に上達させて発展させていくことは本当に大変です!

(もちろん、子供が1人っ子か、兄弟がいるかどうか、1番目の子か2番目以降か…などで大きく違うようですが)



だけどこれは…

何かのモノの本で読んだようなことでもなく、何かのデータに基づいた話でもありません


これは…

現在我が家で直面している問題なのです(><)


そうです、我が家の第1子の5年生のお兄ちゃん!

現在習い事やスポーツは、水泳:週2回、サッカー:土日、合唱団:土

(ヤングアメリカンズの影響で、ダンスも習いたいと言いはじめたcoldsweats02sweat01

学習系はベネッセのチャレンジ小学生

たいした事はやっていません


だけど一番時間を費やすのは、下校後の友達との遊び時間!

学校から帰ってくるなり、おやつも食べずに

「○○君ちに集合だから!行ってきま~す!」

「今から○○君達がうちに来るけどいいでしょ!?」

…とこうきます。

6時ぐらいまで遊んだ後は、今度は兄弟で遊びたくなってしまいます。

結局、宿題や家庭学習はドンドン後へ追いやられ…

なんとか宿題とチャレンジと時間割を終わらせ、いつも後回しの英語は宿題等の進み具合によってはやったりやらなかったり…になってしまいます。

それでも音読だけは続けよう!と頑張っていますが、そうすると寝る時間が削られて、就寝時間が遅くなってしまい、朝が辛い(><)


ただ、幸いこの子は周りに英語を喋るお友達がいたり、兄弟同士でもよく英語で喋るので、Speaking は悪くない。

リスニングもなかなかできます。

BUT!

書くことが苦手!

あの手この手を試しましたが、スペリングがどうも苦手です(><)

最近では、ワークブックをやっている時、スペリングが分からなければ辞書を使うように言ってあるのに、「時間節約」を口実にしては妹(Riちゃん)に聞いています。

しかも開き直っていて、妹の方がスペリングがバッチリなのを認め、悔しがることすらしません、これはヤバイ(><)



本当なら今頃はもっと英語で科学・社会などを進めて行きたいところなのに、こんな所で足踏み状態…annoy


That's why!

英語はできるだけ早いうちに始め

音読の習慣をつけ

「遊び」ながらでも、スペリングや書くことに慣れておくと…


小学生になって他の事が忙しくても、もっとスムーズに英語も進めていくことができるんじゃないでしょうか…



…と、今頃になってつくづく思う…

バイリンガル教育11年の



夏です…sunnotes



まだまだ忙しい夏休みで、たま~にしか更新できませんが…

どうぞ引き続き!

応援のクリックお願いします

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

親子英語ランキング



いつもありがとうございます



| | Comments (10) | TrackBack (0)
|

初公開!Bird-House(巣箱)の中身!!

お久しぶりです(*´v゚*)ゞ

早朝、静岡で大きな地震がありましたが、こんな時にお兄ちゃんったら水泳教室のサマーキャンプで静岡に行っておりましたsweat01

ココ千葉県でも震度4だったそうですが…

私の眠りが深すぎて気づかず、6時過ぎにコーチから電話があり「建物も子供達も無事なので安心してください」と言われ…(??)/でした…thinksweat02

本当に情けないです(><)

でもその日の夕方、無事に帰って来ました!高速道路も通行止めなどなっていたので、予定通りに帰れないんじゃないかと心配しましたが、問題なく、しかも予定より早く到着してました。


ヤレヤレ…ヾ(´ε`*)ゝsweat01



さて…

以前「The Bird-House ~その後のその後~」という記事でご紹介した「Bird-House」(巣箱)!

雛達が無事に巣立って行った後のBird-Houseをどうしようかと考えていたのですが…

子供達の大事な経験の為!!

…と、屋根を外して中を見てみることにしました。


「本当は巣箱は屋根か何処かが開けれるようになっていて、巣立つごとに中を掃除してあげるのがいいのよ!」と、木工工房のおばちゃんが教えてくれたのを思い出したのです。


でも…

もし中には生ききれなかった赤ちゃんがいたらどうしよう…

とか

見たくないものがあったらどうしよう…

とか…すごく不安だったんだけど

シジュウカラはキレイ好きで糞を全部外へ捨ててしまうらしいので、わりとキレイだろうとは思ってました。


そして先日、お兄ちゃんの友達で手先が器用な子がうちに遊びに来てたので、ちょうどいい!と思い、一緒に巣箱を開けよう!と誘いました。


とてもしっかりと取り付けてあったのでなかなか大変でしたが、マイナスドライバーでこじ開け、思いっきり屋根を剥がして…



開いた!!ヽ(´▽`)/


すると…


おぉ~!!!(゚ロ゚屮)屮 

ビックリ~!!



こちらです!

Imgp1723

Imgp1724

なんとも立派なフカフカベッドでした~!

画像の左側が入り口で、右側が奥になります。

その奥の方には動物の毛皮がたくさん敷いてあって、フワフワですheart04

手で触ってみたらと~ってもフカフカしていました!

そしてその奥のフワフワの所に雛達が居たらしく、ま~るく凹んでましたhappy02heart02

想像しただけで可愛すぎます!

そして本当に糞が1つもありません!

タマゴの殻もありません!きっと食べたんでしょうね。

とにかくキレイで汚れていません!

うちの子供達も、お友達2人も大興奮して代わる代わる見入ってました、こんなのなかなか見れないですもの!


現在この屋根をこじ開けたBird-House はそのまま物置の屋根に置いてありますが、今後どうするかは検討中。

中をキレイにしてこじ開けて少し壊れた屋根を直してまた取り付けるか、もしくはこれは破棄して新しいのを作ったり買ったりするか…

でも確かなことは…

今後も続けてBird-House を庭に取り付けておくことです!

今回の巣立ちが成功したことで、子供達にとって(大人にとっても)とってもいい経験となりました。

親鳥が青虫をくわえて巣箱の周りを警戒しながら子供達に与えていた様子は、図鑑よりもTVよりも感動的でした!

「こんなの本物で見れるなんて!スゴイ!」と大騒ぎしていたお兄ちゃんの様子も印象的だったし…


そして巣立ちの瞬間にも立ち会えて、最後には残していったキレイなNest!


Thank you birds!



まだまだ忙しい夏休みで、たま~にしか更新できませんが…

どうぞ引き続き!

応援のクリックお願いします

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

親子英語ランキング


いつもありがとうございます



| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

ヤングアメリカンズ!続き… & Last

前記事の続きになりますが、もう少しだけYA記事にお付き合いくださいconfident

最終日はパパさんがこの日の為に有給を取っていて、ワークショップも見学し、夜のショーはみんなで見るはずでしたが、3才児の熱は更に上がり、食事も食べれないほどぐったりしていたので、連れて行くことは諦めて、パパさんに留守番をお願いし、私とお兄ちゃんの友達のR君と2人で見に行きました。


ヤングアメリカンズのショー!!

1部はヤングアメリカンズだけのショーで、受講生達も客席に座って観賞します。

このショー…

素晴らしすぎます!

45人が入れ替わり立ち代り…ノンストップで鮮やかで目が覚めるような素晴らしい歌と踊りのショーを見せてくれます!

激しい動きやリズムの速いダンスもみんなの息がピッタリ合って、間違えることもなく見事にこなしていきます。

歌唱力もハンパじゃありません!

まるでロンドンのウェストエンドかブロードウェイのミュージカルでも見ているようです!

彼らは本当にプロです!


2部はYAと子供達が一緒にショーをやります

たった3日間しか練習していないとは思えないほどの素晴らしいショーでした!

子供達はYAを完全に信じて、精一杯自分の個性を発揮しながら一生懸命にそれぞれの役をこなしていきました。

子供達はみんなキラキラ輝いてshineそれはそれは美しかったです!


そして…

ショーが終わればワークショップも終わりです

フィナーレの時お兄ちゃんは既にボロボロに泣いていたそうです(私からは見えなかったけど…)

ショーの後のハグタイムもお兄ちゃんは泣いていました。

何といっても今回お兄ちゃんが超仲良くなったLuther。彼と別れるのが一番辛かったようです。最初に自分が選んだYAで、しかもソロでもステージで一緒に踊り、一番一緒にいる時間が長かったようです。

Luther にも気に入ってもらえたのか、「自分のサイン考えとけよ!」と言われ、前の晩練習してましたが…

なんとLutherの腕に直接サイン!

Luther_makun_2

Riのお気に入りはKirsten、初日にたくさん教えてもらいました。

Kirstin_ri_3

それからDesiree! Ri は体が小さいのでちょっとBabyみたいに思われてるのか、よくYAに抱っこされてました。

ここでも…

Desiree_ri_2

こうして夢のような3日間のワークショップが終わってしまったのです

みんなお疲れ様!


さて、このハグタイムの時に泣いてるお兄ちゃんを見てRiちゃんは「Why are you crying?」と聞いてました!

それを見て私はビックリ!初日あんなに号泣してたのに、もう泣かないの?お兄ちゃんが泣いてる理由が解らないの?けっこうサッパリした性格なのね…gawksweat02

と思ったのですが…


家に帰ってシャワーして寝る時になって…

また突然号泣!「もうYAに会えないの~?」crying

性格がサッパリしてるんじゃなくて、お兄ちゃんとはタイプが違うんですね

お兄ちゃんは感情が短時間で高ぶり易いので、その場で喜びも悲しみも感じ、表に現われます。

だけどRi はいつも少し時間が経って落ち着いてから感情がこみ上げてくるんですね

今さらになって2人の大きな違いに感心してしまってます(^^)


翌日お兄ちゃんはこう言いました

「ママ!ボクは誰がなんと言おうと、中学生・高校生になっても毎回このワークショップに参加するからね!絶対にするからね!止めないでね!」

ですって!eyesweat01 これはこれは面白い宣言です。

そしてもちろん「Yes, you can!」と言ってあげました。


YAが終わってから1週間近くが経ちますが、子供達はまだまだ熱が冷めていません。何をしていてもショーで唄った歌や踊りが出てきてしまいます。いい夏の思い出になりました。confident


ちなみに、2010年から1月のツアーが追加されるそうです、開催地も更に増えて拡大していくようです。

今までは関東がほとんどだったけど、西日本なども増えるといいですね。

それから、気になる「英語」ですが、YAのほとんどが英語圏出身なので、もちろん英語でワークショップは進められます。

でもこのワークショップは英語教育のためのプログラムではないので、YAの伝えたい事を受講生が理解しなければなりません。 そのため日本人YAや英語が喋れる会場スタッフが通訳をしながら進んできます。

だから基本的に英語ができなくても問題はありません。


BUT! 通訳は全てを完全に通訳するわけではありません、YAがチョコッといったジョークや日本語にはない表現などはそのまま流されます。そうなるとやっぱり英語がわかる子達はその小さい部分まで全部わかるのでちょっとラッキーだとは思います。

それから空いた時間に少しでも交流しようと思うと、いちいち通訳の人を呼んでくるわけにもいかないので、身振り手振りで交流するそうです。

もちろんそれも楽しいですけどね(^^)

だけどやっぱり英語がわからなかった受講生の多くが「英語がわかればもっと楽しかったと思う」と言ってるようです。


今後参加したいと思ってる人は、次のツアーまでに英語を頑張ってレベルアップさせておくといいかもしれません

ちょっと長くなりましたが、これでヤングアメリカンズのアウトリーチ・ツアーのレポは終わりです。


最後までお付き合いくださりありがとございました

m(_ _)m


最後にっ!!

応援のクリックお願いします

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

親子英語ランキング


いつもありがとうございます



| | Comments (7) | TrackBack (0)
|

ヤングアメリカンズ! 初日にRiが号泣?

前の記事では、いろいろとヤングアメリカンズ(YA)についてダ~ッて説明しましたが、実はとっても悩みながら書きました。

YAそのものと、3日間のワークショップというもの凄い内容を、何からどう紹介したら理解してもらえるのか、伝わるのか…

迷って、なかなか納得がいかず…

それで1度アップした記事をまた引っ込めたりして…、ご迷惑をおかけしましたbearingsweat01


今回はYAの魅力と、前記事であまり触れなかった子供達の反応などについて少し書こうと思います。



ちょっと考えてみてください!

前記事にポストした動画にもあったように、いつもは日本人ばかりの社会で生活している普通の日本人の子供が、このワークショップに参加して…

いきなり!

40人以上の外国人のお兄さんお姉さんに会って、いきなり息を呑むようなスゴイ歌や踊りを一度に披露されて…

気が付いたら手とり足取りそれを教わって…

また気が付いたら自分もステージで踊ってるんです!

わずか1時間以内に!

しかもその人達ときたら…

やったらニコニコ顔でフレンドリーで、ハイタッチしてくれてハグしてくれて…

失敗しても自信がなくても「It's OK!」って笑顔で受け入れてくれて…


そんな世界に自分の子供が、もしくは自分がいたら…、どんなに興奮して感動するでしょうか!?



私は説明会でワークショップの様子をビデオで見て、自分の子供が参加していることを想像して、それだけで涙が出ました。

そしてそのワークショップに実際に参加している姿を見て、また感動してウルウルでした。


そして案の定!

ワークショップが始まってからの子供達はスゴイ集中力!

目をギラギラさせてshineキラキラshineどんな小さいことも逃すまいといわんばかりに、食い入るようにYAを見つめています。(こんな姿、学校の参観日ではまず見られませんsweat02

そしてただ歩いて移動するだけの時でも、なぜか踊りながら歩いちゃってるお兄ちゃん音譜見るからに浮かれてる( ´艸`)

っと思ったら、他にもそんな子がいっぱい!

みんな浮かれてる~!(*≧m≦*)sweat01



初日が無事終了し、会場へは仕事帰りのパパさんがお迎え。

かなり興奮している様子で電話では「楽しかった~!」ぐらいの感想しか聞けませんでしたが、

帰宅後少し落ち着いたら…

Riちゃんが聞いてきました

「ヤングアメリカンズは3日間だけなの?3日目にはお別れなの?」

「そうだよ」とママ…

すると…

「そんなのイヤ~!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。」

と号泣!

嗚咽してかなり激しく長く泣きました。

これが彼女の感動の証で、これ以上言葉で聞く必要はありませんでした。


お兄ちゃんは泣きはしませんでしたが…

「YAって最高だよ!朝から晩まで!イヤ…夜中までやっていたいほどだよ!明日が楽しみだな~( ̄▽ ̄)」

…と、彼にとっては最高の表現だと思います。



翌朝、Riは目覚めるなり…

「ヤングアメリカンズッ!」(@o@)sign01

と寝ぼけて大声で叫びました( ´艸`)

ただ残念なことに、3才児Koが初日の夜から発熱bearing

でも連れて行くしかないので、早く起こして8時過ぎには家を出ましたが、その日は予想通り熱が悪化し、見学もそこそこに早めに帰宅。(がっかり…despairもっと見たかった…annoy

小さい子を連れているとこういうとき本当に大変です(><)

2日目のワークショップの様子、クラシック音楽をモダンにアレンジしたものです

2日目もパパさんにお迎えにいってもらいましたが、帰宅時の子供達は1日目とは少し違いました。

2人ともそれぞれに役をもらってきたのです!

1日目は感動!楽しかった!ばかりでしたが、2日目はそれに「責任感」が加わりました。

与えられた自分の役を全うしなければ、みんなのショーが台無しです!Luther と組んで一緒に役をやるお兄ちゃんは、言われた通りの衣装を準備し、本番に備えましたが、どんな役をやるかも、セリフも「明日のお楽しみ(^^)」って教えてくれませんでした。

Riちゃんも日本語ですがセリフをもらい、彼女なりに責任を感じていました。


そしてついに最終日!

ショーの本番と…

YAとのお別れの日となるわけです…


つづく…



応援のクリックお願いします

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

親子英語ランキング


いつもありがとうございます



| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

Wow!Young Americans' Magic!?

以前お伝えしたようにうちの子供達(小5&小1)が、初めてヤングアメリカンズのアウトリーチ・ワークショップに参加しました。

いろんな意味で凄すぎる(typhoontyphoon)3日間でした!


ヤングアメリカンズ」というのは、1962年に設立された音楽公演と教育活動を行うアメリカの非営利団体です。

リンク YAのオフィシャルHP

リンク 日本語(じぶん未来クラブ)

movie You Tube 動画プロモーション

【アウトリーチツアーとは…】(HPから抜粋)

学校やコミュニティを訪れ、小・中・高校生たちと一緒にわずか3日間(地域によっては2日間)で歌やダンスのショーを作り上げます。

世界共通言語である音楽を通して数百人の子どもたちが共に学び、お互いの強みを尊重し、自分の可能性を発掘します。

【教育目的】

ヤングアメリカンズ・アウトリーチプログラムは音楽・ダンスの技術向上や、英語を学ぶためのプログラムではありません。20数曲の歌やダンス、そしてパントマイムなどの英語によるワークショップを通じて、以下の4つのことを体験のなかから学んでいくプログラムです。

Self Worth:参加者1人1人が他人と違った個性をもっていることを認識し、自信を獲得する。

Respect For Others:自分と違った感じ方をする他人の大切さを学ぶ。

Performing Art:感じたことをそのまま表現することの大切さを学ぶ。

Team Work:みんなで1つのことを真剣にやり遂げることの素晴らしさを学ぶ。

…と、じぶん未来クラブのHPにはそう書かれています。


ちなみに3年前私が初めてヤングアメリカンズについて友人から聞いた時は…

「アメリカから歌や踊りが抜群にうまいお兄さんやお姉さんが何十人も来て、1度に2~300人の日本人の子供を相手にたった3日間で歌や踊りを教えて、3日目にはステージで本物のショーをやるんだって!

ビックリするような話だけど、魔法みたいにこれが本当にできちゃうのよ~!」

こんな説明を受けました。

聞いた時は全身鳥肌が立ってビックリ目eyesweat01になってました(笑)

(この方がわかりやすいかも…( ´艸`))


その時早速お兄ちゃんに勧めたけど…

やる気なしannoy

その頃のお兄ちゃんは日常生活も性格もパッとしませんでした…sweat02


その時から4度目のこの夏!

やっとお兄ちゃんもその気(っていうかやる気満々!)になり、1年生になったRiも一緒に参加することになりました。fuji


参加者の親はワークショップの様子を見学することができます、ホール内なら撮影もOKです。

では、ちょっと見てみませんか??

①ヤングアメリカンズ(YA)の自己紹介は自分の得意なものを実際に表現して紹介します。

②次にYAが受講する子供達に歌のプレゼント、ステキなハーモニーですheart04

③そして後で受講生達が習う踊りをかっこよく!


この後じぶんの好きなYAを子供達に選ばせて、選んだYAから上の踊りを10分間だけ直接教えてもらいます

そして…

④教えてもらったばかりの踊りをいきなりステージで!?しかも ワークショップ始まってわずか50分後です!

ちゃんとできてなくてもOK!

一緒にリズムにノレただけでGreat!good

⑤一番小さいRiちゃんがピョンピョン跳ねてるのがわかりますか?


一見ただのアメリカンなノリで”Yeah!”って何でもかんでもハイタッチでまとめているように見える雰囲気で、息をつく間もなくどんどんプログラムは進んでいきますが、よく見ていると何気ない流れの中にしっかりと上記の「教育目的」を果たすべく取組みが実践されていることに気づき、驚きます。

①の動画で紹介したように、YA達は自分の得意なものをガンガンに見せ付けて、受講生達を圧倒しているように見えますが、自己紹介の後に体が柔らか~い踊りの得意なYAが「真似をして~!」といって足をグ~ッと頭に付くまであげて見せ、続いて他のYAも試みたけど、男性YAや他のYAは全然できなくてヨレヨレ!バタバタ!となってしまい、「YAだって完璧じゃないよ!」ということを示し、圧倒されていた受講生を安心させます。

そういった一面を見せることで、「かっこいいlovely」ってあこがれながらも、親近感を持つことができるんだと思います。

そんなところにYAのマジックがあるんじゃないかな?

ところで、YAのLooking はバラバラ!

女性の服装は思い思いのもので個性が溢れています、男性も様々で、キメてる人もいれば、ただのTシャツにヨレヨレの半パンだったり、長髪、カーリーヘア、太った人、ノッポな人…、その全てを個性としてお互いがRespect しているのだと思います。

お気に入りのキャップをかぶっていたお兄ちゃんは「室内では脱ぎなさい!」って言われることもなく、3日間ずっとかぶったままで、ショーまでかぶったままでした。

「受け入れられる」っていうことが子供にとって大事なんだな…と、勉強になりました。

それから、こんな一見バラバラLooking で、”Year!”&ハイタッチ!でいつもハイテンションな彼らですが、正式なYAには簡単にはなれません。

まずは歌と踊りの特訓を受け、それから教育者になるために、心理学・教育学・教授法をしっかり勉強します。

その後、いろんな場所で実習経験を積み、そして更にオーディションを受けて合格すればやっとYAとして前線で活動することができます。

YAはそんな磨き抜かれたメンバーが約300人ほどいます。

そしてこのアウトリーチ日本ツアーのキャストになるためには、更にそのためのオーディションに合格しなければならないのです、そんな選ばれた人達から更に選びぬかれたメンバー46人が3日間ビッチリ教育してくれるというわけです!

How lucky!happy02shine


だけど…

3日間のワークショップは、小さい子供達にとっては長時間でなかなかのハードスケジュールです。

1日目:5時間

2日目:8時間

3日目:9時間(ショーの時間も含む)

まだ6才で、しかも誰よりも体が小さいRiが耐えられるかどうか、正直心配でした。

でも心配無用!

3日間大丈夫でした!

心配どころか、ちゃ~んと楽しんで、いろんな事を学んできてくれました。



お兄ちゃんは体は硬いし踊りなんか習ったことも無いけど、なぜか天然のリズム感の良さを持っています。(これは現役音楽家の私の姉のお墨付き!)

そしてこのワークショップでそのノリの良さが光りshineました!

普段の学校生活ではどうでもいいようなことだけど、ここでは認められます!


お陰でショーではソロの役ももらえました。


3日目はショーが終わったのが8時ですが、その後「ハグタイム」といってYAと受講生達がサインをもらったり写真を撮ったりして別れを惜しむ時間があります。

そんなのも全て終えて、帰り道ちょっとつまみ食いしたりしたら…


家に着いたのは11時過ぎてました。

でも、子供達はまだまだ興奮が続いていて、全く疲れた様子はありませんでした。


これは本当に…

Young Americans' Magic!

応援のクリックお願いします

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

親子英語ランキング

いつもありがとうございます

| | Comments (6) | TrackBack (0)
|

Oops!!! サマースクール開催の舞台裏!~3Days!~

やれやれ…sweat01

3日間のヤングアメリカンズのアウトリーチ・ワークショップが無事終了しました!

最終日は帰宅時間がナント11時!dash

3日間の緊張から開放されたのか、子供を寝かせながら私もそのまま朝まで寝てしまいました!(普段こういうことはしません)

とにかく、合唱の本番!サマースクール!ヤングアメリカンズ!の立て続けのBIG3が終わったのですから…dash



まだまだ感動が冷めないメラメラヤングアメリカンズのレポはまた後日するとして(今すぐしたいけど(≧∇≦)sweat01)、今回はサマースクールの舞台裏についてを続けますので、もう少しお付き合いくださいconfident


bicycle bicycle bicycle bicycle bicycle bicycle bicycle bicycle


さて、サマースクールですが、私が自分で開催するのは初めてでも、自分の子供を参加させたことはあります。

1度目はお兄ちゃんがまだ年中だった時、インターナショナルのプリスクールのウィンタースクールに参加させました。

5日間だったかな?

朝早くお弁当作って、BabyだったRiちゃんも連れて電車を乗り換えて送り迎えは本当に大変でした。

しかも街中の狭いビルの一角に缶詰buildingsweat01



2度目はRiちゃんが年中さんだった時、やはりBabyだったKo君を連れて車だったけど、乗せたり降ろしたりして、前抱っこで階段上って、やはりビルの一角に缶詰buildingsweat01

ここは某チェーン英会話教室のウィンタースクールでした。



そして…

この2度でもう参加させるのは辞めました、どうしてかというと…

①どちらも子供がこのスクールの期間、何をやったかほとんど覚えていなかった!(Riちゃんがかろうじて覚えていたのはおやつ!)

②どちらもどんな内容のことをやったかという報告が、親には全く無かった

③子供がどんな様子だったかも報告やコメントが何も無かった

⇒ただ連れて行って…お迎え。また連れて行って…お迎え。この繰り返し!

④あまり本人が英語で会話をしなかったらしい…、直後も英語モードにはなってなかった。

⑤某チェーン教室の方は、しっかり今後教室に通いたいかどうかの営業だけはされた…annoy


全てのサマースクールやウィンタースクールがこうだとは思いませんが、うちは見事に全敗(><)

すごくお金を無駄にしたような虚しさだけが残ったのを覚えています。



これらの事を教訓にしながら、自分が開催するサマースクールは講師側やビジネスマインドから考えた内容ではなく、与えたい講師側の気持ちと、子供を参加させる親の気持ちや期待を考えながら…

flair中身が見えるスクール

flair印象に残るスクール

flair③「楽しかった」だけじゃなく「もっと英語やりたい!」に繋がる動機付けになるスクール

したいというこだわりがありました。



その①をクリアする為にお兄ちゃんにカメラマンになってもらうことにしてました

がっ!impact

1日目…

カメラの充電の為にバッテリーを出して、入れるの忘れて…

バッテリーの入ってないカメラを持っていってしまい…

お兄ちゃんはすっかりやる気を失ってしまいました(><)

だけど携帯電話shinemobilephoneshineという強い見方があることに気づき、楽しくランチを食べてる所を撮影し、その場ですぐに実況報告ということで写真をママさん達にメール送信しました。

Summer_school_2009_21jul_lunch_1

サンドイッチを作りながら食べるランチですっかり子供達は気分が盛り上がり、特にうちのお兄ちゃんはテンションが上がりすぎて生徒さんたちを笑わせ始めてしまったbearing

でもここでちょっとプロブレム!

生徒さんたちはみんな可愛く1人づつのお弁当箱や容器に、タマゴサラダやおかずが入っているのに、私は3人分(私&兄&Ri)を大きな容器に「ボンッ!」てまとめていたので、どう見ても可愛くないannoy

そんなこと考えもしなかったので…

「Sorry」とRiに誤るしかなかった母講師despair

ランチの片付けタイムには子供たちとじゃれあって遊びだし…

お兄ちゃんは私のお叱りを受けてしまいましたcoldsweats02


Riちゃんは生徒の1人として一緒にレッスンを受けているはずなのに、私ったらついつい生徒さんに対して一生懸命になり、1人づつ当てて言ってもらった時にRiを忘れてしまって、落ち込ませてしまったりしました…think



しかし問題は2日目!

お兄ちゃんは急に友達と遊びたくなり、Sスクールの手伝いに行くのがイヤになってしまいました!

完全にふてくされ、ブスッpoutとした顔のお兄ちゃん!

ブツブツ文句を言いながら…

ため息をつきながら…

お母さん達には私から「今日は彼、友達と遊びたくてふてくされてます、スミマセンcoldsweats01sweat01」と誤っておきました。

だけど、みんなでシャボン玉して、おにぎりを作りながらのランチを食べて、また生徒さんたちを笑わせて、一緒に小麦粘土で自分の名前作ったら…

楽しくなり…ヽ(´▽`)/

「明日は来たくなかったら本当に来なくてもいいよ」と優しく言ってあげたら…

なんと!

「え~っ?来たいよ~!あと1日であの子達と会えなくなるなんて寂しすぎるよ!絶対来るからね!最後まで参加する!」と、すっかり変わってしまって…

お兄ちゃんらしい一コマでした。。。


つづく…


今日も応援よろしくお願いします

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

親子英語ランキング


いつもありがとうございます



| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« July 2009 | Main | September 2009 »