« 6歳児の挑戦!? | Main | 「4歳の壁」って…?? »

子供の疑問&英語嫌いと親の対応

なんだか複雑なタイトルになってしまいましたが、先日の記事「バイリンガル育児で育つ子供の精神的負担」の追記になります。

その記事になおぱぱさんから「具体的にどういう反応があったのかもう少し詳しく…」とコメントをいただいたので、ちょこっと詳細をバラしますcoldsweats01


ただ…

これはあくまでもイギリスに住んでいた時に出会った十数組の…

バイリンガルになった子供達

ならなかった英日家庭の子供達

バイリンガルにならせたかったのに途中で断念した親子

ものすごい努力をして成功した親子

努力しなくても自然になってた親子…

などなどの事例を実際に見て、聞いて、実感したことを元に、バイリンガルに育てることを決意し、無謀な取組みを試みた我が家のお話です。


お兄ちゃんが2才4ヶ月の時に帰国したので、その時から家庭での英語オンリー生活が始まりました。(それまでは英日半々)

3才手前で保育園に入園した時は彼は英語しか知らない状態でした(日本語は一時的に忘れていた)。

でも入園すると3日で既に保育園でのほとんどの日本語の語りかけは解るようでした。

園では日本語、家では英語の生活をする中で、彼は不思議に思い始め私にぶつけてきた質問は「どうして保育園のみんなは英語を話さないの?」というもの。

その時は「英語が話せないからじゃないの?」というとってもあいまいな返事をしたのを覚えています。


そして4才になると、周りのお友達と同じことがやりたくなります。

そしてみんなと違う部分をできるだけ除去しようとするようになります。

そこでぶつけてきた次の質問は

「どうしてみんな日本語なのに、ボクだけ英語話さなくちゃいけないの?」というもの。

同時にこの頃は英語の発話がほとんど出なくなりました。

英語で話しかけても帰ってくるのは日本語です。何を言っても絶対日本語!

ビデオを見せる時もうっかり音声切り替えをミスして日本語が先に聞こえてきたりしたら、「このままにして!日本語にして!」と大騒ぎです!(普段うちでは日本語のビデオやTV番組は見せませんでした)

でも、その場合の対応は…「日本語なら見ないよ!英語なら見てもいいよ」でした。


「今まではあんなに英語を理解し話していたのに…cryingsweat01

と泣いてる場合ではありません、このまま英語を話さなくなれば、本当に発話ができなくなってしまいます。

そうそう、イギリスでバイリンガルを断念した人達のほとんどは4~5才でした、やっぱりみんなここに壁があるんですね。

4才の高く分厚い壁、ここで日本語しか話さないままこの状態を続けると、1、5リンガル(?)、言ってることは解るけど、自分では言えない子になってしまいます。

そこで、しばらく様子を見て英語を話さないのが1時的なのか、完全に辞めたのかを観察し、結局…

「ママにだけは英語で話さないとお話は聞きません!Speak English!」と強気な対応をとってみました。

するとすごすご英語で話そうとするのですが、やはりしばらく使わないと(1週間ほど)簡単なフレーズも忘れてしまっていて、私の方が超焦りましたよ!

その間もちろんビデオや私の語りかけで英語は聞いていたけど、やっぱり使わなきゃ使えなくなるんだっ!っていうのを実感しました。

子どもは大人が想像するよりも簡単に忘れてしまいます。本当はちゃんと脳にストックしてるんでしょうけど、それをどう使っていいのかはわからないままただ保管されるだけです。



だけど、4才といえどまだまだ幼児、やっぱりママの言うことを聞くしかないので、「Speak English!」と言われれば、ちゃんと英語に切り替えて話す…というのは可能です。

可能ですが、ただ言われるから英語を話す…というのでは長くは続かないと思うので、少々大げさな内容でもいいから、親がいかにも当たり前のようにはっきりとした理由を伝えておくことがとても大事だと思っています。

私の場合、上述した「どうしてボクだけ英語話さなくちゃいけないの?」という質問をされた時に、「あなたはイギリス生まれだから生まれた国の言葉を話すのは当然でしょ!」と答えました。

別に「イギリスで生まれたから…」というのはどうでもいいんですけど、大事なのはなんだか話すのが当然なんだ…と子供が納得できるような理由です。

「アメリカに引っ越すかもしれないから」…とか

「将来世界が1つになって、世界中の人が自由に行き来するようになると、英語が話せなければ生活もできない!」…とか(大げさだけどsweat02

子供の夢が宇宙飛行士なら「英語が話せないとチームにはいれないから絶対必要!」とか…

とりあえず本人が納得して「やって当然!」と思える理由が理想です。

逆に「あなたの将来のためよ」とか「そのうち分かるわよ」とか「かっこいいじゃない!」などの漠然とした理由だと、子供だって選ぶ自由があるので「No thank you!」と言われたらそれまでです(><)



本当かな~?って思われそうですが、実際にうちのお兄ちゃんはその英語を話す理由を理解し、「当然なんだ!」という気持ちをずっと持ち続けてくれました。

ただ、それで精神的負担がなくなるわけではないので、反抗期や精神的に不安定の時は英語が出てこなくなりました。

そんなときはやっぱり「英語が話せてよかった!楽しい!」と思える環境を作り、これで普通、当然と思える気持ちに導いてあげることも必要でした。


そんなお兄ちゃんももう11才、そろそろ生まれた国がイギリスでも日本に住んでるなら日本語でも大丈夫…ということに気付くかもしれません!

でも既に彼は「英語が話せて良かった~ヽ(´▽`)/」というのを何度も実感してきたので、おそらく大丈夫だと思いますが、念のためにレベルアップした理由を考えておこうかな…


それから、私が尊敬するAidesさんの最近の記事にもこの「英語が話せて当然と思わせる」ことについて書かれていたので、是非ご一読ください!

コチラ⇒「英語は話せて当然


なんだかとっても長くなりましたが、今回ここに書いたような内容があったから今まで英語育児を続けてこれたので、けっこう詳しく書いてみました。

我が家の英語育児の目に見えない(お兄ちゃんにとっては動機?)だったと思います。


最後まで読んでくださってありがとうございました。


ランキングに参加してますので、お帰りの前に1クリックをお願いいたしますconfident


↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます



|
|

« 6歳児の挑戦!? | Main | 「4歳の壁」って…?? »

育児・教育・生活」カテゴリの記事

英語の環境」カテゴリの記事

Comments

Marinko さんはじめまして。最近語りかけを始めようと思いつつ、ついつい日本語なってしまうわが家です・・・。家庭で英語オンリーにするって相当の努力が必要ですね(今ごろ気が付いた)。でも家庭以外では100%日本語環境なので、家庭でがんばるしか英語に触れる機会がないんですよねー。

こちらで「語りかけ」の記事、熟読させていただきました。わが家もがんばってみます!

Posted by: ゆずもも | September 25, 2009 at 10:21 AM

本当に詳しい説明、ありがとうございました。非常に参考になりました&考えさせられました。

4歳以降は、しっかりとした「軸」がないと、乗り越えるのが難しいかもしれませんね。

そして、何が「軸」になるのか、それぞれの家庭で自ら見つけていかないといけないんでしょうね。

うちはまだ先なのだけれど、でも、しっかり考えておかないと、壁にぶちあたったときに乗り越えられないかな、とそんな気がします。

Posted by: なおぱぱ | September 25, 2009 at 06:10 PM

幼稚園に入ってからの壁、大人のほうも少々準備しておかなくては太刀打ちできそうにありませんね・・・。

ただ、最近ちょっと思うことは、

一斉保育・個別保育 

この教育の違い。

モンテの先生がおっしゃっていたのですが、
個別保育だと、
「隣の人が自分と違うことは当たり前のこと。」
ということを学ぶそうです。
だから、
「自分がみんなと違う。」ことは当たり前で、他人も自分も大切にできるそうです。

これはとても興味深いので、もう少し私自身勉強してから生地にしたいと思っているのですが、モンテの先生のように育ってくれれば、

「どうして、自分だけ英語を話すの?」

という不安を抱く可能性は少ないかな。と思ったりもします。

あとは、英語を話すお友達をたくさん作ってあげること!!!

大好きなお友達たちが英語を同じように話しているのならば、息子も自然と自信がわくはずだからです!!

ためになる記事、ありがとうございました!!

Posted by: kids+moms | September 25, 2009 at 09:51 PM

わが家は、別の壁を経験するのでは。。。と思っています。
Marinkoさん家と違い、英語での語りかけが中途半端なわが家。。。長男は今のところあまり英語に抵抗がないようです。英語を母国語とする人ともよく会いますし。

しかし、いったん小学校に上がったら、英語がKEEP出来ないのでは??
今のような英語環境は期待できないし、Marinkoさんがおっしゃるように、話す機会が減ってしまって英語を忘れちゃうかも。が~ん。1.5リンガル?!(汗)

今回の記事を読みながら、徹底した語りかけについて考えさせられました。。。てごわい次男もひかえている事ですし。。。(苦笑)
壁にぶつからないよう、またぶつかっても乗り越えられる様、努力するつもりですが、へこたれた時は(ブログ上で)相談に伺うかも知れません。どうかよろしくお願いしますm(_ _)m

Posted by: ゆうく | September 25, 2009 at 10:33 PM

コメントくださった皆様へsun

Marinkoです(^^)

ご訪問&コメントありがとうございます!

おととい私のノートPCにコーヒーがドバッsweat01sweat01
即死してしまいました…wobbly

そして、明日はお兄ちゃんの林間学園なので、準備やら別の用事やらに追われテンテコ舞いです(@@)

おまけに明日の朝7時集合に間に合うようにお弁当も作らなきゃならない~~shock

ので…

コメントのお返事は後ほどちゃんとさせていただきます。
申し訳ございません…m(_ _)m

追伸:どなたかPCの修理について知っておられたら、教えてくださいませ~cryingcrying
(Dell なので最寄の電気屋はやってくれませんweep

Posted by: Marinko | September 26, 2009 at 09:02 PM

ゆずももさんへ

はじめまして。
ご訪問&コメントありがとうございます(^^)

ブログも見せていただきました、ORTを進めていらっしゃるんですね、Good idea!good

語りかけを続けていくにはやっぱり習慣化するしかないでしょうね。
日記や家計簿のようなもの???(例が飛びすぎdash

つくづく思うのは、言うほうも聞く方も面倒に感じるようなフレーズよりも、どちらも簡単に耳に入り口にしたくなるようなシンプルな語りかけから習慣にするといいのでしょうね。

私も未だに大変だな~despairと思うことはあります!
そんな時は「自分の英語を維持するため!」と見方を変えてみるとなんか頑張れたりするもんですよね。
私はそんな2重目的をひそかに持ちつつ続けてますsmile

Posted by: Marinko | September 27, 2009 at 08:34 PM

なおぱぱ さんへ

長くなってしまいましたが、少しでも理解していただけたら幸いですconfident


>何が「軸」になるのか、それぞれの家庭で自ら見つけていかないといけないんでしょうね

そうですね、ここに書いたことはあくまでもうちの息子のことなので、それぞれのお子さんによって内容も対応もいろいろだと思います。

うちの3人も全然違うし、1人目と2人目というだけでも対応が変ってきます。

用は子供が自分からそうしたい!と思えるようにもって行ってあげれるかどうかでしょうね、課題が多いです!
親って忙しいですね!

Posted by: Marinko | September 27, 2009 at 09:49 PM

kids+moms さんへ

>個別保育だと、
「隣の人が自分と違うことは当たり前のこと。」

ん~、興味深いですね!本当にそんな風に育ってくれれば言うこと無いですね。
性格にもよるのかな…?


>あとは、英語を話すお友達をたくさん作ってあげること!

そうですね、ただその場合やっぱりネイティブのお友達がいいでしょうね。

いろいろと環境を整えてあげるのは大変ですね、これからもお互いに協力し合いましょうね~wink

Posted by: Marinko | September 27, 2009 at 10:06 PM

ゆうくさんへ

>あまり英語に抵抗がないようです。英語を母国語とする人ともよく会いますし。

抵抗が無いのはネイティブの人が周りにいるからなんですね、これ大きいですよ!

結局抵抗があるのは周りに誰も英語を話す人がいないのに、何で自分だけ???
と思ってしまうからなんです。
でも常に身近に英語を話す人が家族以外にいる環境だと、自分だけが英語を話してるわけじゃないので、抵抗は感じないはずです。
理想の環境で良かったですね~(^^)おまけにホームスクーリングですもの~confidentshine


>壁にぶつからないよう、またぶつかっても乗り越えられる様、努力するつもりですが…

この環境をキープできれば、この記事内にあるような「壁」はそんなに無いんじゃないのかな~と思います。
男の子同士だし、上の子が立てば下の子もついて行きそうな雰囲気ですよね!
楽しみですね(^^)

こちらこそ、これからもいろいろと参考にさせてもらいます~(^^)


Posted by: Marinko | September 27, 2009 at 10:18 PM

ノートパソコンの故障ですが、コーヒーがどばっという壊れ方だと、おそらく修理に出しても、相当の金額がかかると思います。最近は5万程度で買えるの方が安いかも…。

DELLだと、ハードディスクだけ取り出すのがかんたんなので、新しいパソコンにつなげば、データが取り出せると思います。

Posted by: なおぱぱ | September 28, 2009 at 08:48 AM

なおぱぱさんへ

アドバイスありがとうございます。
先程Dellのサポートに取り出し方を聞いて、ハードディスクを取り出しました!(こんなの初めてでドキドキでした~happy02

生きているかどうかは分かりませんが、つなげる外付機器を探してつなげてみようと思います。

PC本体は、もう新しいのを買おうと思っていたところだったので、修理せずにお別れします。

ありがとうございましたm(_ _)m

Posted by: Marinko | September 29, 2009 at 01:08 PM

初めまして!
よく幼稚園に入ると英語の教材を嫌がるようになるという話は聞いていたのですが、Marinkoさんの「4歳の壁」のお話を聞いて改めて考えさせられました。
私の日記からトラックバックさせていただきました。
今後も参考にさせていただきたいと思います!
ためになるお話、ありがとうございます。

Posted by: マミー | October 01, 2009 at 05:05 PM

>言うほうも聞く方も面倒に感じるようなフレーズよりも、どちらも簡単に耳に入り口にしたくなるようなシンプルな語りかけから習慣にするといいのでしょうね。

この点、深くうなづいてしまいました。その後、簡単なフレーズからやってみています。長女が6歳のわが家では、急に全部英語、というのはどう考えても不自然(^^;)なので、「シンプルな語りかけから」という方法を続けていこうと思います。

Posted by: ゆずもも | October 02, 2009 at 12:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87554/46296070

Listed below are links to weblogs that reference 子供の疑問&英語嫌いと親の対応:

» 「4歳の壁」を実感!? [ピータンとマミーの親子英語]
英語のレッスン後、アメリカ人の先生に私が質問をしていた時、近くにいた4〜5歳の女の子がギョっとした表情で私のことを見ていました。 彼... [Read More]

Tracked on October 01, 2009 at 03:51 PM

« 6歳児の挑戦!? | Main | 「4歳の壁」って…?? »