« 子供の疑問&英語嫌いと親の対応 | Main | 一人っ子の6才児 »

「4歳の壁」って…??

なんだかまたまたHeavy なタイトルですみません



先日の「子供の疑問&英語嫌いと親の対応 」という記事の中で「4歳の分厚い壁…」などと書いたのですが、なんとなくこの言葉が独り歩きしちゃいそうなので、この部分を抜き出してみました。


「4才になるあたりから日本語が増えて、英語嫌いになるケースが多く、イギリスでもバイリンガル教育を諦めた国際家庭が多かった…」

というような内容のことをその前記事で書き、それを「4歳の壁」のように表現しました。

でも、これは誰の壁で何の壁かというと、これはママ(もしくはパパ)にとっての壁という意味で、子供本人の壁ではないです。


子供は3才ぐらいまでは英語育児で育っていればそれが当たり前で、本人が特に努力をしなくても英語が頭に入っていきます。

発話もできます。

それは赤ちゃんには言葉を習得する特別な能力が備わってるかららしいです。

そして年齢が上がるに連れてその能力は低下して、初めて乳歯が抜ける頃に知的能力(左脳的?)に移行するそうです。

早い話、4歳ぐらいから少しづつ自分の意思や努力も必要になってくるので、自分の意思で周りの友達や先生が話している日本語のほうを選び、家以外ではほとんど話されてない英語を遠ざけようとするだけです。

そんな子供の様子に親が困ってしまい、どう対応していいのか分からなくなってしまいます。

そして親がなかなか乗り越えられず前へ進めなくなるので、「壁」のように感じてしまうんですね。


そう、私の目の前にも大きく立ちはだかった壁です!


でも子供は壁だとは感じてません。楽なほうを選ぼうとしているだけです。

英語が喋れなくなってしまうわけでもないです、話さないだけです、そしてそのまま使わなければ、忘れてしまうだけです。

でも本人の中に「英語忘れて困った~!」という感覚はありません。



だけど…

常に子供の周りに英語を母国語として話す人がいるとしたら、この壁はかなり小さくなります。

もしくはなくなります!



前記事ゆうくさんからコメントをいただきましたが、ゆうくさんは身近に英語圏の方がいらっしゃり、おまけに英語のホームスクールにも参加されてます。

そのため5才のお兄ちゃんは英語を話すことに抵抗はないと言っておられます。


うちの子供も同じことを経験しています。

お兄ちゃんが5才の時に(私はまだ壁と戦っていた)、英日カップルの家族とお友達になりました。

以降、定期的に遊ぶようになり、一緒に旅行も行ったりして、お兄ちゃんは英語が話せることは珍しいことじゃなくて、自然なことで、楽しいことだというのを実感しました。

それからは、あの4歳の壁の頃が嘘だったかのように、英語を嫌がらず、私にもBabyだった妹にも英語で話すのが自然になりました。

壁クリア!ヽ(´▽`)/



あとは、継続・英語力維持・上達のための動機付け(前記事で書いた『本人が納得する理由』です)を伝えながら、本人が納得した上で続けていくようになります。



なんだか複雑になってきましたがまとめると…


周りに日本語の環境しかないことが英語嫌いや英語を話さなくなる原因になってしまい、それでママやパパが困って「壁」ります。


だけど、周りに英語を話す必要がある環境が常にある状態だと、英語を使うことが当たり前に感じるので、英語嫌いはかなり減り壁も小さくなるか、無くなっちゃいます。


そして「英語を話す必要がある環境」を作るためには、英語もしゃべれる日本人よりは、英語じゃなきゃ通じない日本人以外の人とたくさん交流する機会を持つのが理想です。

公園などでお友達になったり、ホームステイを受け入れたり、地域の国際交流会に参加したり。

それから、小学生以上ならヤングアメリカンズのワークショップに参加するなど(コレはかなり効き目あり!)


やっぱり子供に英語を教えることは、親の自己満足のためでもなく、資格のためでもない!

英語を使っていろんな国の人達と交流し理解しあうために英語を覚えるのだから、小さいうちからそれを生かすチャンスをたくさん与えてあげることで、子供も自然に何のための英語なのかを分かっていくんだと思います。

そして「壁」にもバイバイ!(())


So, go out and make friends!!


ランキングに参加してますので、お帰りの前に1クリックをお願いいたします


↓↓ココをポチッとするだけ

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます



|

« 子供の疑問&英語嫌いと親の対応 | Main | 一人っ子の6才児 »

英語の環境」カテゴリの記事

育児・教育・生活」カテゴリの記事

Comments

私も「4歳の壁」とブログに書いてしまいましたが、先日3、4歳の微妙な時期の子供達が集まって、やはりこれから今までと同じ方法での英語育児では行けなさそうと感じました。

自分が4歳を越した少女だとして、やはり使う機会が全くなければ、挨拶程度の英語以外は覚える必要もなければ、ましてや日常生活でママと英語で話すなんてごめんです。

我が家はプリスクールという場もあるので少しはその壁も小さく感じる事ができるのかもしれませんが、子供同士は日本語で話しているようですし、それを咎める事はできません。

でも逆に考えればこれはとても良いチャンス!
英語育児を続ける必要に迫られて、今まで踏み込まなかった世界に少しずつ出掛けていき、また親子共々視野や経験を広げる事ができるかも♪

なんだか楽しみになって来ました〜(^o^)

Posted by: 苺ママ | September 28, 2009 11:37 AM

うちは2歳から英語育児をはじめましたが、それまで喜んで見ていた英語のTVを5歳になったころ、すべてを日本語に切り替えて見るようになりました。

その勢いを止めることはできなかったので、ただそのまま傍観していましたが、数ヶ月たったころ、急に娘の知識量がぐんと増えてきたことに気づきました。
日本語の方が、はるかに情報を吸収するんですよね。

それを見ていて、いままで英語漬けにしてきた時間が惜しく感じ、少し怖ろしく思いました。
まだ小さいうちだから、周りの子との差はそれほど感じませんが、これが5年、10年と続くと、どれほどの学力の差になるのだろうと。。

英語にかけるエネルギーの分、当然、他にはエネルギーが回らなくなるんですよね。何を重視して生きていくのか、本人の希望も聞きながら慎重に決めていかないといけないなと思いました。

Posted by: akari | September 28, 2009 06:28 PM

まさに具体的なアドバイス、有り難く思います。

うちはまだ英語が環境の一つになっているので、あと一年は平気かな、とおもいますが、やはりこの一年の関わり方が重要な気がしてなりません。

ネイティブのお友達、なかなか見つからないんですよね、都内にでもいればいいんでしょうが。(涙)

Posted by: KIDSMOMS | September 28, 2009 09:00 PM

苺ママさんへ

うちの3才児も最近日本語が多くなってきました。
上の子が英語を話す分英語嫌いはありませんが、確実に日本語は増えています。

それって日本に住んでいるから当然の現象なんですけど、英語も使って欲しいママたちとしては複雑ですね


>少しずつ出掛けていき、また親子共々視野や経験を広げる事ができるかも♪

そうですね、いい出会いがあるといいですね!
私まで楽しみになってきました(^^)

Posted by: Marinko | September 28, 2009 10:36 PM

akariさんへ

はじめまして。
ご訪問&コメントありがとうございます。


>日本語の方が、はるかに情報を吸収するんですよね。

>それを見ていて、いままで英語漬けにしてきた時間が惜しく感じ、少し怖ろしく思いました。

そういうこともあるんですね…、なるほど~と思って読ませていただきました。


うちの場合はやっぱり小学生になったら勉強は日本語がメインで、英語にはほとんど時間を費やしていないので(っていうか費やしてくれない)ので、5年10年後に英語のために学力の差が出ることは無いと思われます。


>英語にかけるエネルギーの分、当然、他にはエネルギーが回らなくなるんですよね。

すごいですね、そんなにエネルギーをかけていらっしゃるんですか~。
うちは残念ながら逆です…、遊びや学校の宿題にエネルギーを使ってしまい、英語にかけるエネルギーはあまり残っていません(><)
もう少し残して欲しいな~と思っている超現実的な毎日です。


>何を重視して生きていくのか、本人の希望も聞きながら慎重に決めていかないといけないなと思いました。

そうですね、今では英語で話すことは本人が喜んでいて、生活に浸透しているので、ヤレヤレです

貴重なご意見ありがとうございました

Posted by: Marinko | September 28, 2009 10:56 PM

KIDSMOMSさんへ

最近のR君の英語の上達振りは目を見張るものがありますね!
素晴らしい

>やはりこの一年の関わり方が重要な気がしてなりません

そうかもしれないですね。

でも2人目ちゃんが生まれて、その赤ちゃんに英語で話しかけてるママの姿を見ると、R君は今までとは違った感覚を味わうんじゃないかと思います。
いい刺激になるんじゃないかな~。

楽しみですね(^^)

Posted by: Marinko | September 28, 2009 11:06 PM

長男の「イヤイヤ期」は3歳の頃少しだけ経験しましたが、その時はまだ環境に疑問に思って話さない、という段階ではなく、日本語の方が話しやすかったから英語は避けていた。。。という程度だったのだろうと思います。

やはり周囲に日常的に英語を使っている人がいるといないのとでは子供も受け止め方が変わってくるのですね。

英語圏の方でも長く日本に住んでおられると、日本語が達者ですから、子供と一緒だと日本語になることが多いです。だから「英語しか通じない環境」は確かに貴重だと感じています。

ホームスクールはその貴重な時間だと感謝しています♪

Posted by: ゆうく | September 29, 2009 12:40 AM

4歳の壁・・・うちは娘が「日本語を話せない」
状態で出てきました
仕方がないので英語教育を中断し、日本語が
話せるように日本語環境にどっぷり漬けることに
なったんですが・・・
英語やりなおしはぼちぼちですが入り始めています
1つの言語で主観性を共有したい時期なのかなと
思わなくもないです

Posted by: じょあんなT | September 29, 2009 07:53 AM

まさに今その壁に激突したっきりの5歳児ママです(^^;
どうやって乗り越えようか、果たして乗り越えられるのか???試行錯誤中です・・。

外国人の友達がいないことはないけど、英語を話すのを小さいときから恥ずかしがる子で・・(^^;
人がいると絶対話さないんです。それが外国人でも(^^;;;

ん~~でも何とか乗り越えるようがんばります!

Posted by: りゅうママ | September 29, 2009 04:22 PM

ゆうくさんへ

勝手にゆうくさんのこと記事に書いてしまってすみませんでした

でもほんとに今はいい環境が保てているので、このままうまくレベルアップにつなげていけたらいいですね!

英語を話す人が身近にいると、ママも英語を話しますよね、その姿を見せることができるのがいいですよね~

是非是非続けてください!


Posted by: Marinko | September 29, 2009 07:53 PM

じょあんなさんへ

こんにちは。

すごいですね、日本語が出てこなくて「壁」になっちゃったんですね。

>1つの言語で主観性を共有したい時期なのかなと
思わなくもないです

そうですね、子供にも子供の考えがありますよね、それがしっかりしてくるから親の考えとのギャップが出てきて物事がスムーズに行かなくなるんでしょうね。

まだまだ課題は続きます…

Posted by: Marinko | October 02, 2009 12:15 AM

りゅうママさんへ

コメントありがとうございます(^^)


子供一人一人性格も能力も違うので、「この子には何をしたらいいんだろう???」って考えてるだけで時間とられてしまいますね

だけど、壁にぶち当たった時こそ、子供の声を聞いてあげるチャンスだったりもするので、押したり引いたりしながら進めてあげたいですね。

うちもまだ予備軍(3才児)がいるのでどうなることやら分かりません。

頑張りましょうね(^^)

Posted by: Marinko | October 02, 2009 12:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「4歳の壁」って…??:

« 子供の疑問&英語嫌いと親の対応 | Main | 一人っ子の6才児 »