« November 2010 | Main | January 2011 »

December 2010

バイリンガル育児をやって「困った」こと…

1年が過ぎるのは本当にあっという間ですね…

あとたったの1日です…。


「あ~ぁ、あれからもう1年か~」

な~んてついつい1年を振り返ったりしてしまいますが、いつもいつもイベントフルでドタバタと過ぎた中にも、いろんなドラマや子供の成長があったことを思い出し…

じ~っと考えることが多いここ数日間です。(なんか年より臭っannoy


ちょっと前に「バイリンガル育児をやって「良かった~」と思えること…」という記事で、良かったことばかりをいろいろ並べてみました。


そしてその後…

「じゃぁ困ったことってあったかな~?」

なんて考えてみました。


「バイリンガル育児」

「早期英語教育」

「日本での英語生活」

これらの事に対しよく問題視されることは…

①日本語も英語も両方が中途半端になりどっちつかずになってしまう

②なので英語と日本語がチャンポンになる

③情緒不安定

④不自然


とかいろいろ言われるのを見たり聞いたりしたことがあります。


うちではどうだろう…


①⇒うちはごく普通の保育園と小学校に通わせているので、そこでしっかり日本語を身につけてくれたのでcoldsweats01、母語は確実に日本語になってる!

どれだけ家で英語を頑張っても、英語が日本語を上回ることはあり得ませんsweat01

子供達は自分の親が日本語を母語とする日本人だってことはよく分かってるし、自分が日本人だっていうアイデンティティもいつの間にか持ってる!(ビックリしたけどsmile

学校でうちの子供達の日本語は普通かどうか確認もしておいたけど、他の子供達と全く変わりません!と言われてます。


②⇒家ではチャンポンになることは大いにありますcoldsweats01sweat01

チャンポンと言っても両方をごちゃ混ぜにしたセンテンスではなく、センテンスごとに急に言語が変わったりするチャンポン。

だけど彼らの凄いところは、日本語しか話さない人との会話には日本語のみ、英語の人とは英語のみで、絶対にチャンポンにしないこと!

ていうか、チャンポンで話すのは家族のみです。信じられないかもしれませんが、そういう切り替え能力というか、反射能力というか、そういうものを持ってます。(養われてるのかな~?それはわかりません)


③⇒日本語で話したい時に話せないとか、英語を強いられるとか、そういうことを心配されるのかもしれませんが、そういうので情緒不安定な状態になったことはありません。

一時的に英語の発話が減った時、「Speak English!」ってプッシュしたことは実際にあります、だけどそのストレスが後々まで響いたり、精神的に苦痛を与えたりすることは感じられませんでした。

いつも楽しそうだし…。

子供はいつももっと遊びたい時に「もう寝る時間」とか、美味しいものを目の前にして「ちゃんと手を洗ってからよ!」ってお預けにされたりとか…

そんなことを言われてばかりでストレスと戦っています!


④⇒はたから見たら不自然かもね(^^;)

それは言えてる…

でもいつも家での生活を人に見せてるわけじゃないし、人前ではできるだけ普通にしてるしcoldsweats01sweat01

なので大丈夫(^^)scissors


などなど…

これらはよく聞く反対意見に対してうちはどうかってことだけど、それよりも、それ以上に大事なことは…


「バイリンガル育児なんてやるんじゃなかった!」

とか…

「もう止めちゃおうかな…?」


な~んて思ったことは…



一度もない!


「もう疲れた!ギブアップ~(><)」

とかもない!


たぶん、きっと…

決めごとが無く、超ゆるゆるでテキトーに我が家ペースでやってるからじゃないかな…


と思う。


ってことは…


今までやってきたことを正当化したいわけじゃないけど…

12年間バイリンガル育児やってきたことで「困った」ことって…


無いかも…。


今までそんなこと考えたことなかったけど、1年の終わりに気づけて


良かった。confident



1年間本当にありがとうございました

いつも支えてもらってばかりですconfident

どうかよいお年をお迎えください…


Happy new year!

これからも応援よろしくお願いいたしますconfidentheart02



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


Thanks!



| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

予想以上のRainbow Magic!

お久しぶりですcoldsweats01
楽しいクリスマスを過ごせましたでしょうか?


私は親子で倒れてました(><)


今年はなんだか凄いクリスマス&バースデイになってしまいました!

24日&25日は1年のうちで一番忙しいんじゃないかと思うほどハードなスケジュール!

なにしろ朝8時半から始まる5日間の水泳教室にお兄ちゃんとKo君を入れてしまったから…

これが忙しさの素となり…

24日はプール2往復&今年最後の英語レッスン&パーティの大仕事!

25日のクリスマス&Riの誕生日は、プール&友達の家&合唱団&友達の家…これを2往復ずつ行ったり来たり…

その合間にケーキを焼き、また別の合い間に食事を作り、子供達を迎えに行ってお友達の家へ行って押し掛けパーティ!


お友達は英日家庭なので、ローストビーフやポタージュスープのブリティッシュ・ディナーlovely


Ko君はお友達のダディに「1年で何が一番楽しかったの?」と英語で聞かれ、夏に大阪と広島に行って、大阪の水族館でジンベエザメを見たことを英語で熱弁していた!

焦ったのか時制はメチャクチャだったけど、なんとなく言いたいことは(時々ママのヘルプもあって)とりあえず言えたみたい!

以前はグニャグニャしてることも多かったけど、ネイティブの人とも英語で自信持って話せるようになったかな…

良かった~ヽ(´▽`)/



ところで、Riちゃんのプレゼントですが…

Rainbow Magic: Books 1-7
Rainbow Magic: Books 1-7 Daisy Meadows

Scholastic Paperbacks 2007-10
売り上げランキング : 19535


Amazonで詳しく見る
 

これがかなり…

BINGOOOOO!でしたヽ(*≧ε≦*)φ

小2の女の子のハートをガッチリ掴む商品でした!

のペンダントはピンクで中にラメがキラキラしていて、可愛いheart04

これがもしフェアリーのキャラクターとかだったらちょっと飽きそうでイマイチだったと思うけど、ただが1つというのがいい!


そしてこの本の形をしたケースが可愛い!

かなり厚みがあってしっかりしていて、とっても大事にしたくなる、大事なものを入れたくなる…、そんな感じでもう大喜びです!

アマゾンの画像じゃ全然分からなくて、受け取ってビックリ!

こんな感じ↓↓

Dscn0195_2


箱を開けるとこんな感じ↓↓

Dscn0198

もうRiちゃんたらプレゼント開けた瞬間

「キャ~~~ッ!(≧∇≦)」

って悲鳴あげて喜んでくれましたよ!happy02

それ以降は毎日毎日ペンダントを着け、どこへ行くにも常に本を持ち歩き、暇さえあれば箱から出して(相変わらずの超高速音読で)読みまくって…sweat01sweat01

もう彼女の頭の中はいつも雲の上のフェアリーランドへ行ってしまってます…sign04 cloud



さて、そこまでは良かったんだけど…

そのクリスマスの晩からお兄ちゃんが倒れ…

そしてKo君が倒れ…


私も倒れた…(><)

パパさんはそのもっと前から倒れてたので…

4人が倒れたけど…



Riはなぜか生き延びた!!(凄っ)Σ(゚д゚;)


フェアリーのマジックか???!!(゚ロ゚屮)屮


んなわけないか…coldsweats01


なんだか超多忙でおまけにぶっ倒れてしまった凄いクリスマス&バースデイだったけど、プレゼントをこんなにも喜んでくれたのはこちらも嬉しかったな~

(* ̄ー ̄*)


値段も手頃だし…(* ̄▽ ̄*)


そして私もやっと復活しましたscissors


今年も残りわずか…


がんばりませうm(_ _)m



今日も読んでくださりありがとうございました

応援どうかよろしくお願いいたしますconfidentheart02


↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


Thanks!




| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

クリスマスは誕生日!

xmasMarry Christmas!xmas

うちはおまけに…

birthdayHappy Birthday to Ri-chan!birthday


ちょうどクリスマスの日に生まれたRiちゃん、

本人には…

「Riちゃんはサンタさんからママへのプレゼントだよ(^^)」

と言ってあります


しかしもう8才…あっという間でしたdash



そんなわけでうちでは24日のイブの日はパーティなどせず、いつもと変わらない普通の日を過ごし、25日にBirthday & Christmas Party をします。



さてプレゼント!(◎´∀`)ノ

去年は自転車をあげました

こんなの↓↓↓

ホームセンターや自転車屋さんにはハンドルが一文字でパール系の同じようなのしかなかったので、楽天で買ったらこれがめちゃくちゃ可愛かった!

お友達やお友達のママからは必ず「これすっごく可愛い!どこで買ったの?」と聞かれるほどです!



では今年のプレゼントは…

Rainbow Magic: Books 1-7 Rainbow Magic: Books 1-7
Daisy Meadows

Scholastic Paperbacks 2007-10
売り上げランキング : 9695

Amazonで詳しく見る


最近Riはこのシリーズにハマりまくっていて、暇さえあれば読んでる。

でもうちには借りてるのも含め20冊ぐらいしかないので、何度も読み過ぎて既にボロボロ状態…(><)

それで本人からこのシリーズをたくさん買って欲しい!全部欲しい!

…とせがまれたので

これにしました。



でもこれ可愛い!o(*^▽^*)o

大きな本の形をした箱に入っていて、ペンダントのチャームがおまけで付いてるhappy02heart04

小2の女の子には丁度いい感じ(^^)


そしてお誕生日のRiちゃんを引き立てるために、お兄ちゃん達のクリスマスプレゼントは極めてシンプルに…wink

1000円程度の物ばかりですsweat01(お兄ちゃん腕時計&Ko君英語のシールブック)



それにしても、本はもっといろんなのを読んで欲しい気もするんですが…

「読みたいっ!」って思ってる本を読ませてあげるのがやっぱりいいのかな?

と、決定。


あーぁ、Riちゃんも8才になったので、Riのことが7才児の英語育児に入るのはこれが最後です

8才児のカテゴリーを作らなきゃ…(*^ω^*)ノ彡


ケーキはもう焼けたので今からデコレーション(^^)

そして今夜お友達の家族と一緒にお祝いしま~す!今夜はブリティッシュ・ディナー&英語漬けナイトだ!happy02



ではみな様、良いクリスマスをお過ごしくださいconfident

Very Happy Christmas to you all!



今日も読んでくださりありがとうございましたconfident

これからも応援よろしくお願いいたしますconfidentheart02

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Thanks!

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

バイリンガル育児をやって「良かった~」と思えること…

毎日ドタバタやっているとうっかり忘れてしまうけど、お兄ちゃんってもう6年生!

来春はもう中学生!!

早いな~…

もう2010年が終わろうとしているけど、2010年トラ年はお兄ちゃんの干支でした、1周回ってその年も終わろうとしているのですから…

Time flies!!


そんなことを考えていたら1年を振り返るどころか、1回りの12年を振り返りたくなってしまいます。(* ̄ー ̄*)

でもご心配なく!

ここで12年間分のことを長々と振り返ったりしませんから(^^;)



それなら何を振り返るかというと…


率直に…


バイリンガル育児をやってきて良かったのか…happy01up


それとも…


実はやるべきじゃなかったのか…thinkdown




答えはもちろん…shine良かったshine



ではいったい何が良かったんだろう???


英語が話せるから日本人以外の人とも仲良くなれる??

などはとりあえず当然のこととして…

それ以外でのメリットは…


good表現力がついた

⇒「美しい」「素晴らしい」などを表現する言葉が日本語より多いし、日本語に比べて英語ではもっともっと自分の感じたことや思ったこと気付いたことを、数ある言葉から合う言葉を見つけて表現する機会が多いと思う。

"Oh, I like it."

"It's brilliant! I love it!"

"Oh, I hate it, YUCK!"

"How wonderful!!"

"Oh my gosh! This is terrible."

日本の文化では思ったことを全て口にしないのが大事な時もあります。

だけど表現すべき時に表現しない、できないクセもあったりします。

アメリカでは「Speak out!」って思ってることはどんどん自由に表現すべき!と学校でしっかり教育されます。

まぁ表現しすぎもどうかとは思うこともありますが、日本と英語圏のいい部分が備わるのがいいのかも。


good褒め上手になった

⇒上に書いた表現力の延長で、英語では人に対しても感じたことを表現することが多いです。

英語では誰かが何か自分の為にしてくれた時、

「Thank you.」の後に「Oh, you're so kind.」「Nice of you.」

など言ったりすることが多いです。

人に会った時にその人の着ている物や持ち物をまず褒めたりすることも多です。

「Nice hat. I like it. Where did you buy it?」

「Oh, you look great.」

などなど…

もちろん日本語でも言うことはありますが、英語の会話ではもっともっと多い!

お兄ちゃんは学校の先生にもわざとではなく、「ぼくは先生のこと大好きですよ」「先生に会えないのが寂しい」とかごく自然に言うそうです。

日本語じゃえっ?って感じだけど、英語じゃ「I'll miss you.」なんて別れ際の決まり文句ですから普通に身に付いちゃってるだけだと思います。

goodオープンでフレンドリーになった

good人種の違う人を特別な目で見なくなった

⇒英語の絵本にはいろんな人種が当たり前のように出てきます。

アフリカ系の人やインド系の人…

車椅子に乗っている子供やメガネをかけている子供も普通に出てきます。


goodリズム感が良くなった


good多言語に対応しやすくなった

赤ちゃんの時から英語と日本語という全く違う音域を持つ言語を聴き、全く違う筋肉を使う言語を発音し話してきたので、初めての他の言語でも聞いたままを発音できます。

中国語、韓国語、スペイン語などなどちょっと試してみたけど、聞いたままをちゃんと発音できるのには驚きます。



などなど、バイリンガル育児をやってきたことでこれらのメリットがあったように思います。

もちろん元々の性格もプラスしているとは思いますが、やっぱりこれらの事は英語圏のいい部分が反映していると思います。


中学校になったらこれまた未知の世界でどうなるか分かりませんが、せめて今までに身についたことだけは失わないように、「維持」+「上達」のための日々ですね…coldsweats01


今年も残りあと少し…


頑張りましょう(*゚▽゚)ノ



今日も読んでくださりありがとうございましたconfident

これからも応援よろしくお願いいたしますconfidentheart02

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


Thanks!



| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

心が癒され洗われるストーリー&音楽 ~Julia Donaldson シリーズ~

またまたJulia Donaldson の絵本を紹介します

5冊目かな???

思わずこのブログにJulia Donaldson の記事のカテゴリーを作りたくなってしまう…、これからも増えそうな予感…



さて、そのJulia Donaldson からの1冊は…

The Snail and the Whale
The Snail and the Whale Julia Donaldson Axel Scheffler

Puffin 2006-04-06
売り上げランキング : 4437


Amazonで詳しく見る



このストーリーは歌の絵本「Room on the Broom and Other Songs (Book & CD)」の最後に収録されていて、それで知りました。

なんていうか…

タイトルと絵を見ただけで良質なライムの香りがします!!confidentnote

Whaletail snail が乗ってsailing しているんですから!( ´艸`)

だけどストーリーを知る前に…

まずその曲に感動し、そして歌の歌詞からストーリーが分かるので、それでまた感動し…

何度も何度も曲を聴いては親子で感動しまくった!


曲は…

最初は静かにピアノ1つで始まり…

管楽器やパーカッションが順に加わり

最後のシンバルは大波が砕ける様子を想像させる…

壮大な曲です。

もう子供達の「Again!  Again!」が止まりません!!

たった1冊の絵本の歌なのに。



ちなみにその歌の始まりが…

This is the tale, the incredible tale of a snail and a whale.....

という歌詞になっている…


そのさわりだけで私はもうこの絵本の良さを確信

「絶対絵本欲しい~~~!」と親子で盛り上がり…happy02


ついにゲット!(*^ω^*)ノ彡



さて、その絵本ですが…

予想通りのとっても素敵な絵本でした!

ストーリーはもちろんですが、やっぱりAxel Schefflerのイラストが素晴らしい!

大きくて壮大な絵の中にチョコッと存在する小さな小さなSnailですが、その小さな小さな顔の表情が絵全体とストーリー全体のイメージをしっかり作り表現しています。

片目と口しかないのにその表情が全てを物語ります。

Ko君はそのSnailの表情がかなり気に入り、全部のページの顔を真似していたほど、大きな印象を与えてくれました。

ストーリーは…

小さなSnailと大きなWhaleが助け合う感動のお話です

そして期待を裏切らない美しいライム!

とても自然で気持ちよくライムが至る所に入っています。


これは「Room on the Broom」ほどの反復はないですが、ほとんど全てのページが

「This is ~」

「These are ~」

で始まっているのがとっても興味深いです


なんだかとっても癒されて、心が洗われて、優しい気持ちになれる…

とっても素敵な絵本ですconfident


上述したこのお話の歌をBGMにして絵本を読み聞かせしたら

雰囲気良すぎた!ヽ(*≧ε≦*)φ


ん~~~

やっぱりハマる!


Julia Donaldsonの絵本…



今日も読んでくださりありがとうございましたconfident

これからも応援よろしくお願いいたしますconfidentheart02


↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


Thanks!


| | Comments (6) | TrackBack (0)
|

本当の英語習得とは…

みな様、愛のこもった応援ありがとうございましたconfidentheart04

頑張れます!┗(^o^)┛


さて、先日SUNNY BUNNYで行われたオフ会に参加したことを、昨日の記事にも書きましたが…

その時の議題の1つに「家庭での取組みは?」というのがありました。

pencil 語りかけ

pencil 絵本の読み聞かせ

pencil 多読・音読

pencil ワークブック

pencil かけ流し

pencil インターネット(絵本やゲーム)

pencil ビデオ&TV

等々いろいろと出てきました。


これらはやっぱり子供のための英語教育には欠かせない取組みばかりだと思います。

だけど…


これらを全部やって子供達がたくさんたくさん語彙を覚えて、フレーズを覚えて、本もたくさん読めて、書けて…

英検も合格して級が上がっていって、周りからも褒められたりして…


満足していいでしょうか???


いゃ、確かにこうやって英語を習得していくのは素晴らしいし、絶対続けるべきだと思いますが…


私はこれでは満足できない、ていうかこれじゃまだインプットの段階だけなのです。


やっぱり英語は人とコミュニケーションするためのものなので、これだけの取組みをして、たくさん英語を取り込んだら…

使わなきゃ意味が無い!!(゚◇゚)ノ

インプットをひたすら続ければ、取り込んだ物はどんどん上に重なり、最初に覚えたものは下へ下へ? or 奥へ奥へ?追いやられてしまうような気がします。

いざ使おうと思った時に取り出せない!
(なんだかうちの押し入れみたい…( ̄◆ ̄;)annoyannoy

だけど、取り込んだことを常に使っていると、うまく循環するので言いたいことがパッと見つかる!
(うちの押し入れもそうであって欲しい…それはもぅいいって!Σ( ̄。 ̄ノ)ノ


英語は(というか言語は)使えば使うほどshine磨かれる!shine

But, WHY????

それはやっぱり、人と話をしていると、自分の考えや感じたことを表現しなきゃならないので、表現したい言葉を自分が持ってる語彙の中からパッと見つけなければならないのです。

そして更に会話を続けると、また内容が更に展開していきます

なのでたくさん話をすればするほどいろんな展開があり、それに対応できる語彙やフレーズを次々に見つけなきゃならないのです。

なので、それまでにいろんな取組みでインプットしたことがず~っと一か所で留まっている暇がない…

だから循環し磨かれていきます!


子供の英語もそうじゃないといけないといつも思います、なぜならば子供は大人以上にすぐに忘れちゃうからっ!gawk

だから…

インプットしては使う!ヽ( ゚▽゚)ノ

そしてまた…

インプットしては使う!ヽ( ゚▽゚)ノヽ(゚▽゚ )ノ


だけど、それだけじゃないです

実際に会話をしてみると…

言いたいことがあるのに単語が分からなくて言えない!(><)

相手の言ってることが意味不明(><)


など問題にぶち当たります

だけどその度に新しい語彙を増やし、使い方を覚えればいいし、そのお陰で語彙が増やせるので、やっぱり話して良かった~となるのです。


そうやってたくさん使う機会を重ねるうちに…

「言えた!」

「相手の言ってることが分かった!」

など、英語でのコミュニケーションの楽しみが増え、英語でFUN!と、昨日の記事の内容に繋がっていくのですヽ(´▽`)/


なので…

英語を本当に習得するためには

家での取り組みはもちろん続けながら、親は子供が英語をたくさん使うことができる場を作ってあげて、見つけてあげる取組みを、重視していかなければならないと思うのです。

例えば…

英語を話す友達をたくさん作る(日本人でも外国人でもハーフでも…)

海外旅行に行く!

親子で留学??(←これやりたいな~confident

ホームステイの受け入れ

国際交流などに参加する…


などなど、なんでもいいと思いますが…

こういう「英語を話す機会をたくさん作る」というのを、トップに書いた家庭での取組みリストにしっかり加えて

確実に英語習得につなげていきたいですね(o^-^o)



さっ


今日も英語で楽しもう!(*^ω^*)ノ彡


今日も読んでくださりありがとうございましたconfident

これからも応援よろしくお願いいたしますconfidentheart02


↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


Thanks!



| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

英語を楽しく維持するためには…

あらららら…大変!∑(゚∇゚|||)sweat01sweat01

最近ポイントやランキングのこと気にしてなかったら…


すんごい下がっちゃったのね…

急降下~~downwardrightdownwardrightdownwardrightsweat01

なので今日はこんなとこにプチっと付けてみた…

コレコレ!クリック!⇒⇒にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ 




ところでっ!先日覇織先生heart02SUNNY BUNNYで開催されたオフ会に参加してきました!

と~~っても熱心な親子さまが集まって、子供のための英語教育についていろいろ話をしました。

なんだか…

いいなぁ~、私が英語育児始めた頃にもこんな集まりがあったらよかったな…
(* ̄ー ̄*)

な~んて羨ましくも思ったりもしました。



そこでもチラッとでた話ですが…

家庭での英語意地…じゃなくて

維持!!

英語力やらモティベーションやらをいかに維持するかという話です。

誰の?


子供が就学前の幼児なら、親次第なので親のモティベーションが大事!

しかし、小学生以上になると意思がはっきりしてきて、嫌なことはやりたくないし、好きなことはもっとやりたい!

なのでこの時点で子供自身の英語に対する意欲やモティベーションが無ければ、継続・維持はちょっと大変になってしまうのです。

そしてその子供自身の英語に対する意欲やモティベーションをKEEP&UPupupするためには、やっぱり親のサポートが絶対に必要なので、やっぱり小学生になっても親自身の意欲&モティベーションKEEPが、結局は大事になる…


But, HOW???


It's EASY!

Just HAVE FUN!

楽しむ!ヽ(*≧ε≦*)φ


どれだけ英語で楽しんだか…

それだけ英語で笑ったか…

どれだけ英語で感動したか…

どれだけ英語で泣けたか…


こんな喜怒哀楽や思い出に残るような刺激を、どれだけたくさんたくさん経験したか!!

だと私はいつも思います。

例えばうちでは…

映画やDVDを一緒に見て笑ったり泣いたり、感想をシェアしたり…

英語のゲームをしたり

英語の歌を親子で大声で唄いまくるとか…

親子で踊りまくるとか…

一緒に英語早口言葉を練習するとか…

外国人とうまく話ができるとか…

んで「Good English!good」って褒められてその気になるとか…

英語を話す人と友達になって英語で交流できるとか…


これらを英語を一緒に取り組んでる親(うちはママ)と一緒にやるんです

すると…

こんなふうに英語でなんかやってる時のママは優しいし面白いっ!となると子供も嬉しいしいい思い出になっていきます。(面白くないガミガミママは嫌われるぅ~><)


そして…

英語が楽しい!(*^ω^*)ノ彡

⇒英語ができるから生活が楽しい

⇒もう英語があるのが当たり前


で、それが自然にモティベーションになり、維持していけるようです。


そしてそのモティベーションがあれば…

音読やワークブックなど具体的な英語力アップの取組みが可能になるのです


やっと?って感じでしょうか…


だけどこれをうっかり順番逆にして、まだ楽しみを感じずに本人の意欲がないままにお勉強的な取組みばかりを進めようとすると…

成果はあまり上がらないだろうし、長くも続かないかもしれません…despair


でも、ざ~~~っと書いたこのモティベーション作りの流れを理想的な形に持ってくには、やっぱりまずはママ(もしくはパパ)が楽しむことが一番大事!


いくら子供に「よしっ!楽しませるためになんかやらなきゃ!」と…

「やらなきゃ!」とか

「I MUST …」の気持ちだと、それは子供にうつってしまう…。


なのでまずは自分が楽しもう!

・♪*:.。..♪。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・♪*:.。.♪.。.:*・゜


…と


これが我が家の英語意地維持です!

ヽ(´▽`)/

そしてこれからも続きます…



なんだかポイントすっかり落ち込んだので…(;ω;)

ブログのモティベーションUPupupは…

これで↓↓お願いします o(_ _)oペコッ

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


Thanks!


| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

リージョンフリーDVDプレーヤーが壊れたっ!

先月の終わり頃、子供がDVDを見終わった後ディスクを取り出そうとイジェクトボタンを押したら…


????Σ(゚д゚;)



ディスクが乗ってるはずのトレーが空っぽで出てきた!



「手品みたい~~!(^0^)/」


「って喜んでる場合じゃないの!ディスクどこ行っちゃったのよ~?」

細~いトレーの隙間から中を覗いてみたら…

中にあった!

でも5㎜ほどの隙間からじゃどうすることもできないので、恐る恐るもう一回トレーを元に戻して…、もう一度イジェクトしてみると…


タダ~~~ン!( ̄∇ ̄)/♪


って出てきたっ!


ほんとマジで手品みたいに( ´艸`)


しかし、これを機にDVDプレーヤーはディスクを入れても認識してくれなくなって「No Disc」表示が出るだけで…



死んでしまいました…il||li _| ̄|○ il||li




でもこのDVDプレーヤーは3千円台の安物で、最初から動きがイマイチで、再生中に何度も画面が凍りついてしまい、落ち着いて楽しめないことがしばしばでした。

「安かろう悪かろう」的な商品をうっかり買ってしまった…ということは買ってすぐに既に自覚していましたが、とりあえず動くしい「つまで持つか!」的なゲーム感覚もスリルがあって面白かったので

今回壊れた時も実際心の中では「いよいよか…」と、実は冷静でした(^^;)


あ~あ、また買わなきゃなりませんが、先日の記事にも書いたとおり、炊飯器も買わなきゃならなかったりするし、12月はクリスマス&Riのお誕生日でもあるので、出費が多い…(><)

すぐに買うかどうかはまだわかりません。



実は今回壊れたのは2台目のリージョンフリー、

1台目は8年ぐらい前にオークションで買った中国製の新品、当時7千円(送料込)。

でも、それは再生時に止まるようなこともなく、なんのトラブルもなくなかなか良いものでしたが…

リモコンが超安っぽく作りがイマイチだったので、本体は全く問題ないのに、リモコンが完全に壊れてしまい2台目に買い替えていたのでした。


しかし今回のはリモコンはOKなのに、本体は最初からダメ…


さて、DVDプレーヤーが壊れてしまったのでDVDが見れなくなってしまった子供達は、仕方なくビデオテープshineビデオテープshine

といってもうちでは現在も普段からビデオは活躍してはいるんだけど、DVDを多く見ていたために、すっかり見なくなっていた懐かしいビデオテープを出して見始めました。



お陰で4才児君が「Thunderbirds」デビュー!

9年ぐらい前だったかな?NHKで毎週放送していたのをせっせと撮り貯めていて、お兄ちゃんは大大大好きでした。

実写版ができた時はオリジナルの音声で映画を見たくて、六本木ヒルズに観に行った程!

しかしKo君は怖がって今までは見てくれなかったのに…

今回は大興奮!正座して前のめりで見てたのが笑えましたhappy02


そして他にも

ピーターパン [DVD]

101匹わんちゃん [DVD]

ファインディング・ニモ [DVD]

and .....

Between the Lions Season 1 [DVD] [Import]


上の2人にとっては久々に見るものですが、4才のKo君にとっては以前見たのは忘れてるので初めてのようなもの

懐かしくて面白くて見てるうちに…

お兄ちゃんとRiは随分前に見ていた時のことを思い出し、覚えていたシーンやフレーズをドンドン思い出し、久しぶりにアクティングして遊んでいました。

子供の記憶って凄い!

おそらく、「前に覚えたセリフを思い出して言ってみて!」といっても絶対に思い出さなかったと思うけど、少し見てみたら誘い水のように記憶が自然に溢れだすのですから…


小さい時の記憶って普段出てこなくても、ちゃ~んと頭の中の引き出しの1つにしまってあるんですね、改めて実感しました。


そして、お兄ちゃんが小さい時に見たきりずっと見ていなかった「101匹わんちゃん [DVD]」は、やはりセリフをほとんど覚えて遊んでいたにも関わらず、理解していなかった部分もあったらしく、今になってやっと理解できた!と喜んだりもしてました。

こうやってお倉に入ったままの古いビデオを出して見てみるのも、なんだか脳トレのようでなかなか良いかも!


DVDはどうしても見たければパソコンでも見れるので、直ぐにはプレーヤーを買わずにおいて、もっともっと眠っているビデオを引っ張り出して見てみるのもいいかなと思っています。


せっかくあるんだからお倉入りはもったいないですもの!


時間に余裕があったら、これらのビデオの音声のみを取り出して聞かせるのもいいな…

まぁ、聴くものがあり過ぎるので、少しずつ進めていこうかなとも思います。


そして…

ビデオデッキも今どき邪魔かな…なんて思っていたけど、もっともっと長く大事に使ってあげよう…

とも思いました。

それから、リージョンフリーDVDプレーヤーは今安くて簡単に手に入るけど、私のように良くない商品も掴まされるかもしれないので、購入の時はリヴューなどをしっかり読んで、よく考えて買われることをお勧めします…confident

今日も読んでくださりありがとうございましたconfident

これからも応援よろしくお願いいたしますconfidentheart02


↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Thanks!




| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

子供が将来留学するなら…

3週間ぐらい前に突然うちの炊飯器が壊れてしまいました…annoy


困った困った…

仕方ない、鍋で炊くか…


といっても、実は鍋でご飯を炊くのは苦手じゃないwink

私の母は炊飯器でご飯を炊くのが好きじゃないので、ず~~~っとお鍋オンリー生活(現在も)

なので、私も当然美味しいお鍋ご飯の炊き方を母から習っていたので、(母ほど上手じゃないけど)一応まともに炊けます。


…で久々に炊飯器の無い生活をしていたら、イギリスでの自炊生活を思い出しました。


私は実家ぬくぬく生活から一転し初めての自炊生活が海外!

(余計なお金を使わないために)代理店など一切使わなかったので、住む所も学校も何も決めずに、全て現地に行ってからの行動でした。

それはそれは、超無謀なサバイバル的ハチャメチャ生活でした!
(今思えば行かせてくれた両親の勇気に感謝!)

大変だったしホームシックにもなったし、ストレスや気候の違いで病気にもなって1ヶ月寝込んだりもしたけど

とりあえず若さと気力で乗り切ったな…


だけど、そんなサバイバル生活の中でも、「とりあえずご飯は炊ける!」というのがちょっとした救いでした。

お米とお鍋さえあれば暖かいご飯が食べれるので!


だけど、他の日本人のお友達は最初は上手に炊けなくて苦労したという話はよく聞いたので、ラッキーだったかも。

ついついもっと周りのことや、住む場所やもっと大きな事の準備に気を取られるんだけど、食べることは大事だから、ちゃんと考えとかなくちゃと勉強になりました。

さて、そんなサバイバル生活も時間が経つと安定したのですが、こんどはお友達と持ち寄りパーティをしたり、外国人(ってどっちが外国人だっけ?)のお友達に日本食をふるまったりする機会も増えてきます。

しかしそれはイマイチ苦手だった(><)

全く作れなかったわけじゃないけど、作れるものが少なかったし、真面目に習ってなかったから…

味を頼りに勘で作ってました(^^;)

ちなみにヨーロッパの人達に人気だったのは…

ナスの甘辛煮good

ひじきの煮物good

広島風お好み焼きgood

だったな…。


Anyway....

そ~んなことをいろいろ思い出していると、うちの子供も将来留学するなら…

お鍋でご飯炊けて…

少しぐらい日本の味がする料理を作れるようになっておくと、楽しい留学生活が送れるんじゃないかな、なんて思います。


ホームステイなら自炊の心配はない!

って思うかもしれませんが、ホームステイこそ絶対に

「いつものお礼に今日は私が日本食をご馳走させてくださいね」

な~んてことはあります!!

ちょっと作れると話題も広がるし、交流もしやすくなります。


少しずつ教えていこう…。


しかし「将来」なんて言ってるけど、うちはお兄ちゃんがもう12才!「将来」なんて言ってる場合じゃないかも…


さて、話を一番最初に戻しますが…


炊飯器が壊れてしまった我が家…


うちは5人家族

お兄ちゃんはもう12歳ですっごく良く食べるし

うちの子供達は英語やってるくせに好みがやたら渋くて、午後のおやつに納豆がけご飯を食べるぐらい!(毎日でもsweat01

お米の消費量は多いです!


やっぱ新しい炊飯器買お~~~ぅっと!( ̄◆ ̄;)

今度は8合炊きにしよっ!scissors



今日も読んでくださりありがとうございましたconfident

これからも応援よろしくお願いいたしますconfidentheart02


↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


Thanks!



| | Comments (3) | TrackBack (0)
|

生活の中での英語⇔日本語の切り替え

バイリンガル育児をやっていると、時々気になるのが子供達の英語と日本語の使い分け


いろんなオケージョンを想定してみると…

家での家族との会話は英語&時々日本語

学校や保育園では100%日本語

ママの英語のレッスンについてくる時は英語

英語を話す外国人のと友達に会う時は英語

日本人でも英語を話せる子と遊ぶ時は英語

日本語しか話せない子と遊ぶ時は日本語

英語を話せる子と日本語しか話せない子が混ざってる時は日本語

あぁ~ややこしい…wobbly


ではでは…

家族で外出して電車などに乗る時は?

レストランなどに行く時は?

うちの子供3人だけで公園で遊ぶ時は?

そこに日本語しか話せないお友達が加わったら?


などなど、更にややこしい…(××)dash


何気なしに英語育児して、英語で生活したりしているけど、子供の立場でこうやっていろいろあげてみると、けっこう色々あるいろんなパターン
(考えればもっともっと出てくると思うけど…)

しかし子供達を見ていると、これらのいろんなパターンを自分達でどう対応したらいいかを考えてこなしているようです。


子供が小学校に行くまでの幼児の間は、子供達に…

「こういう時には英語を話してもいいけど、こう言う時は日本語にしなきゃダメよ」

などと口では説明しません、理由は右脳で生きてる幼児にこの場合はこうで、こんな時はこうよ…

なんて言っても頭がガチガチになってしまい、緊張してどちらも話せなくなるんじゃないかな…と思うからです。

だけど、その代わり実際にそれぞれのオケージョンでどうするのかっていうことを、実際の場で自然に見せてます(って「見せてる」意識はしていないけど、子供はちゃんと見てる!)

そして子供達はそれを自然に習っているようです。


そんな時、子供って凄いな!と思う。


Ko君の保育園の先生に、この子がうっかり英語喋っていないかを聞いてみると、全く英語は話さないと言ってました。

だけどお友達に「英語ではこう言うんだよ」って教えてあげてたことはあるとか…面白い!happy02

最近はお迎えに行くと私と2人になると英語に切り替わり、保育園で読んでもらった絵本のストーリーを英語で話してくれたりもします(最近の日課っぽい)

保育園の玄関先でKoが私に英語で話していても、そこに先生が来ると、ちゃんと日本語に言い換えていました。


4才児でもちゃ~んと気遣いができるんだな…と感心します。


小学生になってもっと頭で考えながら行動するようになったら、言語の使い分けについてちゃんと話しておこう…

と思って話したら…

「そんなこともう分かってたよ!」

っと返ってきた…。


6年生のお兄ちゃんは英語の授業ではみんなに気を遣って、自分は分かる分かる!って手をあげたりしないで、控えめにしているらしい…


そしてよく英語と日本語をミックスすることを心配する声を聞くことがあるけど、日本語がまともに喋れるのであれば、日本語の環境の中で英語を混ぜて喋ることは全くありません。

これは、子供よりも大人の方がやってることですよね、最近(ここ数年)特に!

なので私は子供の英語日本語ミックスよりも、大人のカタカナ英語の使い過ぎの方が心配です。(笑)

カタカナ英語を混ぜないと日本語だけでは語彙が足りないの?と心配になる時があります。


って話が反れましたが…


なので、幼児のうちにミックスして喋っていたとしても、幼稚園や学校に行く時には無くなるものなんだな…

というのが今のところ分かったことです。


バイリンガル育児、自信を持って頑張ろう!

\(^o^)/



今日も読んでくださりありがとうございましたconfident

これからも応援よろしくお願いいたしますconfidentheart02


↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


Thanks!




| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

「親が先に読んで予習したり…」の記事を読んで思い出した失敗…

先日、私のお気に入りブログのゆうくさんが、とても興味深い記事を書いておられました。

【ORT】親が先に読んで予習したりしな~い♪』という記事で、私もコメントを残しましたが…

私が思ったのは…

I never thought of that!

そんなこと考えたことも気にしたこともありませんでしたから(笑)

ゆうくさん、さすがっ!

って思いました。

私の場合は何も考えちゃいないので、気分や本の種類によって、子供達より先に見ちゃったり、読んじゃったり…

読み聞かせの練習や予行演習(?)みたいなことをやったり…

しているだけで、真面目な予習をしてるってわけでもないな…

な~んて考えてたら、以前予習したために失敗した時の事を思い出しました。

4年前かな?

葉っぱのフレディ―いのちの旅
葉っぱのフレディ―いのちの旅 レオ バスカーリア Leo Buscaglia

童話屋 1998-10
売り上げランキング : 2516


Amazonで詳しく見る
 

元々は"Leo Buscaglia "という人が書いた英語の本だけど、小学校での読み聞かせに使えるかも…と思い、あえて日本語訳を買ってみました。

「生きること」そして「死ぬこと」とはどういうことかを、葉っぱをたとえにして語られている本です。

子供達が帰ってくるまでの1人のうちに、小学校で読み聞かせてる気持ちになって声を出して読んでみたのですが…

なんだかジ~~~ンっときて、涙が涙が…

泣ける~!weep

これは是非うちの子供達にも読んであげなければっ!と思い、(上の)2人とも帰ってきて揃った時に、「これねっ、すっごくいい本だよ~、泣けるんだよ~」

って前置きして読み聞かせてあげました。

1人で読んでた時より更に気持ちが入り

そして、その泣けるパートが来た時…

やっぱり…

涙… (;ω;)

 

出してたのはママだけ…

子供達は…

シ~~~~ン…

Σ(゚д゚;)

置いてけぼりになってたsweat01sweat01

で、その瞬間に悟りました「失敗した~っ!」って…

ちなみにその本、うちでは読み聞かせで失敗したし、学校で読むにはちょっとToo Much かなと…

お倉入りとなりましたsweat02

(お兄ちゃんはその後1人で泣きながら読んだというのをつい最近聞いたけど…)

…て、こんな失敗あったな~なんて思い出していた矢先…

つい先日また同じような失敗をしてしまいました(><)

しかも自分の子じゃなくてレッスンの時!

最近の私のお気に入りJulia Donaldson の絵本で、中でもとっておきのお気に入りThe Smartest Giant in Townを読んだ時

やっちゃいました(><)

いや…

読みながら途中ヤバいな~って思ったんだけど、内容が内容だから気持ちを込めずにはいられない!!

こらえたんだけどね、こらえると余計に込み上げるんだよね…

いつもより冷静にならなきゃならないって思ってはいたんだけど、一生懸命に聞いてる生徒ちゃん達の顔を見たら…

つい入り過ぎて…

一番最後のキメの言葉が…

ウルウルで完全に詰まって声にならなくなってしまいました…

案の定子供達は

「えっ?(・ ・)?センセどこ?」

って感じだったかな?

完全に置いてかれてたかも…

ゴメンね~~~~sweat01sweat01

こうなっちゃダメ!

読む人が一人で行っちゃダメなの!!

聞く人も感動の世界へうまく連れてってあげなくちゃ!

気持ちは込めて盛り上げて引きつけておいて、そのまま一緒に感動させてあげなくちゃ!

というわけで、また読みなおします…confident

みんなゴメンね…

まるで一人反省会…m(_ _)msweat01sweat01

って、あれ?なんだか元々のトピックがわずかにズレてきた気がしないでもないけど…

今日も読んでくださりありがとうございましたconfident

これからも応援よろしくお願いいたしますconfidentheart02

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Thanks!

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

「音と心」のために選んだ絵本

前記事(2才児の読み聞かせは音と心)でも書きましたように、2才児は言語を習得する能力がギラギラと輝く黄金期!


ココに選んだ絵本は、実際にうちの子達に読み聞かせ、目に見える成果が出たり、目に見えなくてもしっかりした土台になってくれたりした、我が家で大活躍した絵本たちです。

2才児に読んであげたい」というのは「2才児向け」という意味ではありません

うっかり2才児にはまだ早いかな?と思ってしまいそうだけど十分2才から読んであげても大丈夫!

むしろ2才だからこそ読んであげたいという意味です、対象年齢に上限はありません!


ではざっと並べてみますが、順位はつけません(不可能!sweat01



私が選んだ「音と心」のための絵本は…

Eric Carle's Animals Animals Eric Carle's Animals Animals
Laura Whipple

Putnam Juvenile 1999-09-01
売り上げランキング : 47409

Amazonで詳しく見る

↑↑この本は凄い!!いろ~~んな要素が詰まってる!
これのCDがあったらいいな…速買いする!(笑)
info02 紹介記事コチラ


Each Peach Pear Plum (Picture Puffin)
Each Peach Pear Plum (Picture Puffin) Janet Ahlberg


Amazonで詳しく見る 

↑↑良すぎるっ!9年間使ってもうボロボロですっsweat01


Baby Bear, Baby Bear, What Do You See?

Baby Bear, Baby Bear, What Do You See?
Eric Carle

Henry Holt Books for Young Readers 2007-08-31
売り上げランキング : 13300
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

info02 関連記事コチラ

We're Going on a Bear Hunt (Book & CD) We're Going on a Bear Hunt (Book & CD)
Michael Rosen Helen Oxenbury

Walker Books Ltd 2007-10-01
売り上げランキング : 10738

Amazonで詳しく見る
 

今はDVD付きも出てるんですね!⇒Book & DVD

info02紹介記事はコチラ


Big Red Barn
Big Red Barn Felicia Bond

おすすめ平均
stars英単語を覚えられる
starsのどかな風景が素敵です。

Amazonで詳しく見る
 

穏やか、和み、癒し、ゆったり、ほのぼの…
そういう言葉がピッタリなこの絵本は読むたびに優しい気持ちにさせてくれましたconfident
info02紹介記事はコチラ



そして最近新たに加わったJulia Donaldsonのシリーズから…
絶対に外せない…

Room on the Broom Book and Interactive CD Room on the Broom Book and Interactive CD
Julia Donaldson Axel Scheffler

Macmillan Children's Books 2009-10-02
売り上げランキング : 20727


Amazonで詳しく見る

↑↑紹介記事はコチラ

The Smartest Giant in Town The Smartest Giant in Town
Julia Donaldson Axel Scheffler

Macmillan Children's Books 2003-09-05
売り上げランキング : 26767

Amazonで詳しく見る
 

↑↑紹介記事はコチラ


…と私が選んだ絵本を並べてみましたが、これでなきゃいけない!というわけでもなければ、これが全てでもありません。

ただ、これらの絵本で共通しているのは、美しいライムが詩で唄われていることと、心地よく反復していることじゃないでしょうか?


きれいな音と心に残る優しいストーリーを是非たくさん聞かせてあげたいですねweep



今日も読んでくださりありがとうございましたconfident

これからも応援よろしくお願いいたしますconfidentheart02


↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Thanks!




| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

2才児の読み聞かせは音と心

先日からの流れで、2才児の読み聞かせについて書こうかな~、と思っていたら…


書いてた!書いてた!

以前にたくさん書いてたのにすっかり忘れてました!


ちょうどうちのKo君が2才だった時にいろいろ思うことがあったようで、数回に分けてなんだか力説(?)してる記事が見つかりました(笑)

2才児君 天才期の読み聞かせ

2才児君 天才期の読み聞かせ~美しい音~

発話や会話のの応用・発展につながる読み聞かせ

「心を育てる」読み聞かせ


これらは2年ちょっと前の記事で、読みかえして「へ~!こんなこと考えてたんだ…」

ってちょっと変な気持ちにもなりますが…

今も変わっていない考えは「音」と「心」に重点を置いてることかな?


2才児って聞いた音を聞いたままで取り込んでくれて

1才と時と違ってその音に意味があることを考えるようになり

それを自分でも口にしようと試みることが急激に増える時で…

打てば響き、やりがいも感じる時期です!


上記の過去記事でも書いてましたが、本当に「天才期」を実感する毎日でした。


人は「Terrible Two」など2才児はやっかいだと言うけど、それは脳と心が正常に成長している証拠で、角度を変えて見てみれば子供のハチャメチャも面白くてしかたなかったです。happy02heart04

…って、なんだかやたら過去形で、今は??って言いたくなりますが、もちろんそれぞれの年で年相応の成長と成果と楽しみがありますが、とりあえず今日は2才にトピックを絞ってるだけなので…scissors


さて、そんな「天才期」の2才児にたくさん聞かせてあげたいのは

①言語を学習できるもの

②自分で理解できるシンプルなもの

③ライムや詩など音とリズムのきれいなもの

④親子愛や優しさを教えてくれるもの


だといつも思います。


2才児ってもちろん0~1才の時に見たこと聞いたことが土台になっていて、その土台があるから言葉を聞いても入って行くし、インプットも可能です。

そして2才の時にインプットしたことって、この先のための更に大きな土台になるし、直接成果につながったり、発話につながったり…

いろんな事を記憶して、記憶を持続させれるのもこの頃からではないでしょうか?


人間って、どんなに勉強が嫌いな人でも、超不器用な人でも、運動神経が鈍い人でも…

言葉は喋れます!

その誰もが元々持ってる言葉を習得する特別な能力って

この2才時に一番shineギラギラshine光っているように見えてなりません。

その特別な能力を有効に活かすためにはやはり…

良い音!

心に残るお話!

どんどん聞かせてあげたいですね


美しい言語習得へ確実に繋がるはずです!


あ…


また力が入り過ぎてしまいました…


やっぱ、2才児のパワーを考えると、こちらまでついついパワーをゲットしてしまうのですimpact


絵本も紹介しようと思いましたが、力が入り過ぎて(笑)長くなったので、また後ほど…




今日も読んでくださりありがとうございましたconfident

これからも応援よろしくお願いいたしますconfidentheart02



↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Thanks!

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

« November 2010 | Main | January 2011 »