« 「英語は大きくなってから始めても十分!効率もいい!」 | Main | 小学生(&幼児にも)の英語学習~実践編~ »

小学生(中高学年)の英語学習にまず必要なもの

先日、小学4&5年生のお子さんを持っておられる方から

「英語を習得すすめる為にこうしたら良いよ とあれば 参考になるので教えて下さい」

という質問をいただきましたので、記事にてお返事させていただこうと思います。


教授法などに基づいた内容ではなく…


小学生1~6年生に英語を教えていた経験と

小学校で3年間(現在に至る)4~6年生に英語絵本の読み聞かせをやってきた経験と

6年生の息子に英語教育をしている現役ママとしての経験と

これらの経験の中で子供達から学習したことを基にした超私流の考え方ですが…


この年齢の子供に必要なものは、よくできた教材や、よく考えられたメソッドよりも

まずは本人が

「英語やりたいっ!」

て思える「動機」「目的」を持つことだと思います。


あまりにも漠然とした内容で分かりにくいかと思うので、ある出来事を紹介します。


ちょうど1年前の事ですが、ヤングアメリカンズ(YA)がうちの地域で開催されることになり、私のレッスンに参加されてる生徒さんのお兄ちゃんやお姉ちゃん達に参加を勧めたところ、ある男の子が参加することになりました。

小4のK君です

普段とってもシャイなK君は人前でダンスや歌のパフォーマンスをするなんて嫌で、全く乗り気じゃなかったらしいけど、ママが「これは絶対に参加すべし!」と思い…

「君が苦手なYAに参加してくれるなら、ママもママの苦手なことを頑張るから!」

とお互いに約束して、しかたなく参加することになったのです。

やる気満々のママは、3人のお子さんがいて末っ子はまだ1歳で一番目が話せない時!

おまけに体調が悪かったにも関わらず、ホームステイまで受けいるることにしました。


当日初日に彼を会場で見かけた時は、すっごく面倒くさそうな顔をして、仕方なくココに居るよ…

って感じで参加していました。

だけど…

2日目の朝、彼の顔はやる気満々の顔に変ってました!

そして驚いたことに、2日目のワークショップ終了後、パンフレットを持った彼がウロウロ誰かを探していたので、どうしたのか聞いたら…

「YAのキャスト全員からサインをもらうことにしたんだ」って…

まだサインをもらってないキャストを見つけては呼びとめて

「サインプリ~ズ!」「サンキュー!」

って自ら英語で喋ってるじゃありませんか!!

YA達はみんな忙しそうに動き回っているので、呼びとめるだけでもちょっと勇気が要ります。

増してやあのシャイなK君が自分でそんなことを決めて…

自分で英語で話しかけて行くなんて!


そして3日目の最終日、彼はショーでしっかりソロの役をもらってました!

そしてと~~っても楽しそうに役をこなし、ステージで輝いてました!shine

んもぅ~~~!w(゚o゚)w

鳥肌立ちましたよ!!マジで!


そして後でK君に…

「YAに参加してどうだった?また次も参加したい?」

と聞くと

「うん!参加して良かった!また来たい!」

て180度変わっちゃいました!

家にホームステイしていたキャストともなんとか話がしたくて、ママやパパに聞きながら頑張ったそうです。


この冬もK君は参加することが決まっています!私は1年前から会っていないので彼に会うのがとっても楽しみ!happy02


話を元に戻しますが、こういう直接的な体験って何よりも効果のある動機作りだと思います。

「今から英語を始めておけば中学生になっても困らないから」とか

「将来必ず役に立つから!いい仕事にもつけるし!」とか…

「こんな教材買ってみたから」とか…

いくら説明して、一度は子供も納得したりして、やるって決めて約束したりしちゃったとしても…

気持ちが入ってなかったら

なかなか学んだことも入っていかないのです


逆に…

「あの時ボクの英語も通じてサインしてくれたな~!嬉しかったな~!

でももっと喋れたら…

もっと楽しかっただろうな…」

「あの時隣に居た○○君は英語喋って楽しそうにしていたな…、次はボクもあんな風に喋りたいな~」

など、自分の中に英語への切実な思いと目標があれば、1回真似して言ってみただけの言葉だっていつまでも覚えていたりするものです。


まだお子さんが小さくて小学生のことをよく知らない人は、きっと高学年って…

すごく大きくて激しくて

なかなか言うことを聞かない

難しい年齢…

っていうイメージがあるかもしれませんが…


この年齢の子供って…

心はまだまだ幼児っぽいのです( ´艸`)

(特に男子は!)

子供らしい真っ直ぐな心を持ってます。

それでいて体は大人に近づいてだいぶしっかりして

体力もついて

知能的にもレベルが高くなり、

行動力があります


そう、高学年って…

しっかりしてるのに素直で真っ直ぐ!

だからこの時期に何かに感動したり、悔しい思いをしたりすると、次になにかをやる行動力があります。

でも逆に感動も何もなければ、「やりたくない!」ていう意志も強い!

なんてわかりやすい!

最近お兄ちゃんが学校で友達から…

「お前なんで英語できるの?オレ全然英語なんてやりたくないよ、だって別にいらないじゃん!中学校行って英語やるの嫌だな~!」

って言われたそうです。

私はそれを聞いて、「英語ができたらいいな!」っていう経験をしたことがなければ、そう思うほうが普通だなと思いました。

お兄ちゃんはその時

「お前何言ってんだよ!英語できたら世界の人と話ができちゃうんだよ~!」

…て説明したらしいけど、わかってくれなかったそうですsweat01


なんだかやたら説明が長くなってしまいましたが…


ヤングアメリカンズでも地域の国際交流などのイベントでもなんでもいい

ホームステイの受け入れでもいい

日本語以外の言葉をしゃべる人達と直接触れ合う機会があればどんどん参加し、自分で実感することが一番いいと思うのです。

英語のショーや映画はコミュニケーションではないので、一方的に浴びせられる理解できない言葉にストレスを感じてしまうと思います。


こうやってしっかり心の土台を作って、というか作りながら英語に取り組んでいけば

テキストだっ!て音読だって!

教材はなんであろうと…

「できるようになりたいっ!」っていう動機がない状態に比べれば高い効果は期待できるはずです!


しかし、この感動と動機がず~~っと持続すると思っちゃいけません!

個人差もありますが「有効期限」があります

なので期限切れになる前にまたそういう機会を持ってやる気を更新!していけば、大丈夫です(^^)

ちなみにうちは半年に1度ヤングアメリカンズに参加して、時々バイリンガルのお友達と遊ぶことで、英語に対する高い意識を持ち続けれるようにしています。


今回の内容は学習面での何をするという内容ではありませんが…

英語の学習を始める前に&継続するために必要だと思う「感動を伴う動機作り」について書きました。


「英語を習得すすめる為にこうしたら良いよというものがあれば」

の質問の回答になったかどうか気になるところですが…

「もっと学習面についても!」というご指摘があれば、追記していきますconfident



最後まで読んでいただきありがとうございました

お帰りの前に↓↓こちらをクリックして

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

応援してくださると嬉しいです(o^-^o)


Thank you !



|
|

« 「英語は大きくなってから始めても十分!効率もいい!」 | Main | 小学生(&幼児にも)の英語学習~実践編~ »

育児・教育・生活」カテゴリの記事

英語の環境」カテゴリの記事

Comments

この記事の続編が今からたのしみです♪

最近4年生で初めて英語を習う子を教え始めました。
本人が「やりたい」と言い出して始めたのですが、
意欲が違うとこんなにも違うのか!っていつも驚かされます。

Posted by: rickymom | January 30, 2011 at 03:37 PM

rickymomさま

こんにちは。

>意欲が違うとこんなにも違うのか!っていつも驚かされます

そうそう!その感覚です!
その違いは本当に大きいですね。


今回たかが動機作りだけの内容を長々と書いてしまいましたが、そういう効果と成果を考えると、高い教材にお金を使うより、「英語できるようになりたい!」を実感できる体験をさせるためにお金を使うほうが価値があると思っています。

>記事の続編…

coldsweats01頑張ります…sweat01

Posted by: Marinko | January 31, 2011 at 12:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87554/50704947

Listed below are links to weblogs that reference 小学生(中高学年)の英語学習にまず必要なもの:

« 「英語は大きくなってから始めても十分!効率もいい!」 | Main | 小学生(&幼児にも)の英語学習~実践編~ »