« 久々に紀伊国屋に行って見つけたORTの本! | Main | Ko君の質問に大ウケ!~日本語と英語のトリック~ »

「数」の導入はインパクトが大事!紀伊国屋で見つけたもう1冊!

前の記事に引き続き、久々に行った紀伊国屋で出会ったもう1冊の絵本は…

「数」導入の絵本です!

元々今回紀伊国屋へ行った理由が実はそこだったのです

レッスンで使える理想の「数」の絵本が欲しくて探しに行きました、なのでアマゾンではなく直接じっくり見て吟味したかったからですsmile

いろんな出版社が「Numbers」「Colours」「ABC」等の導入用絵本を出しています

どれもいろいろ工夫がされていて、楽しい作りになっていますが…

ゴチャゴチャしすぎていたり、文字が入っていなかったり、文字があっても小さかったり…なかなか理想の1冊に出会えず、今までは自分で作っちゃってました。

しかしこの日!いいもの発見!ψ(`∇´)ψ

One Blue Fish: A Colorful Counting Book
One Blue Fish: A Colorful Counting Book Charles Reasoner

Little Simon 2010-07-20
売り上げランキング : 413228


Amazonで詳しく見る

これ良い!

何が良いって…

インパクトがある!!

そう、数にしてもABCにしても乳幼児さんへの導入にはインパクト!が必要なのです!!

短時間でパッと印象付けれるものがいいのです。

ではどうインパクトがあるのかというと…

Dscn0542_2

↑↑ページを開くとそれぞれの数字でこんなかんじ

するとこの右のページの数字の部分が大きなFlip になっていて

それを開くと…

Dscn0544

↑↑こうなってるんです~!

インパクトが強いだけじゃなく、数、文字、色&虫や動物も一緒に学習できちゃうのです

しかも絵が可愛い^^

21cm×21cmのHardcover

おまけにお値段もお手頃!

きっとAmazon で買ったほうが安いんだろうな~と分かっていたけど、1000円切っていたので直ぐに手に入るなら安いもんだ!と迷わず即買いしました。

1~10までいろんな虫や動物が出てくるのですが、その登場の仕方や並び方がいちいち面白くて和む…

色合い、文字の大きさ、使われているフォント

そしてそれらのバランス&レイアウト(配置)等々…

私的にはPerfect!

あまりにも気に入ったので家に帰ってからも何度も何度も見て和んでしまった程…

もちろんうちの子供達にもたちまち大人気です

良い教材や絵本に出会った時って本当に嬉しいですね^^

ちなみに…

私が自分で作った数の導入教材はこんなの

T02200165_0640048010253357041

One banana.

T02200165_0640048010253357045_2

Two bananas.

And...

T02200165_0640048010253357049

Many bananas!!!

えっ?ちょっとキモい??( ´艸`)sweat01

い~のっ!

このキモさがインパクトになるんです!wink

これは1種類のものの数が増えて、数え切れないほどのたくさん~~~!を表現するために作りました。

生徒さん達もちょっとビックリしていて面白かった^^

(レポ記事⇒「1, 2 and many!」)

バナナの他にリンゴとクッキーも作りました。

それにしても…

普段は新しい教材はネタばれになるのでレッスンで使うまで紹介しないのですが…

今回はあまりにも気に入り過ぎて待てずに紹介しちゃいましたhappy02

さぁ…

レッスンではどう使おうかな~(* ̄ー ̄*)

応援よろしくお願いしますm(_ _)m

↓↓↓クリックHere!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Thank you winknote

|
|

« 久々に紀伊国屋に行って見つけたORTの本! | Main | Ko君の質問に大ウケ!~日本語と英語のトリック~ »

英語の教材」カテゴリの記事

Comments

はじめまして☆まーと申します。
もうすぐ4歳になる娘と英語が話せないママで英語育児を頑張っています。
分からない事だらけなのでこれからも色々参考にさせて下さい☆

英語は関係ないのですが、(すみません)数からのお話ですが、娘は数(算数)に弱い傾向なのですが何か良い方法がありましたら教えて下さい。
また英語の本を自力読みする為に何かありますでしょうか?
お忙しい中すみませんが宜しくお願い致します。

Posted by: まー | May 31, 2011 at 10:46 PM

まーさま

はじめまして。
ご訪問&コメントありがとうございますconfident


>娘は数(算数)に弱い傾向なのですが…

うちの末っ子も弱いです^^;

子供に数を慣れさせるのは、モノよりも家族の人数がとっても分かりやすかったりします。

例えば、もし子供がまだ1人のうちは3人家族の「3」がいつも基準。
そこにおじいちゃん&おばあちゃんが遊びに来たら5人になる…
などです。

子供は実はちゃんとそれを既に分かっているんだけど、分かっていることに気づいていないので、何かあるごとに3人家族に結び付けて話していると、自分でもはっきり分かるようになるみたいです。

うちでは簡単な足し算、引き算、掛け算、割り算も全て家族を例にして説明します。
すると直ぐに分かってくれるので面白いです^^


>英語の本を自力読みする為に

これには「Phonics」と「Sight Words」とあり、話せば長くなるので、ここでは詳しくは書けませんが…

私はまずは「Sight Words」から入り、「Phonics」を足して両方を進めるのがいいと思いますが…
どちらをやるにしても、たくさん文字の並び(Words)を見せておいてあげると、分かり始めた時に一気に進みます。

しかし…個人差で進め方は大きくちがいがでるので、まずはどれも試しながらがいいのではないでしょうか?

すみません、お返事になったでしょうか???

Posted by: Marinko | June 01, 2011 at 01:15 AM

お返事有難うございます☆とっても勉強になります!家族を例にするのは良いアイデアですね!
娘はまだ数に慣れていないのかもしれないので実践してみます!!
英語音痴で自信がないのでカテゴリーを見ながら学びたいと思います☆

これからも宜しくお願いします☆

Posted by: まー | June 01, 2011 at 10:42 PM

まーさま

こちらこそありがとうございますconfident


>家族を例にするのは良いアイデアですね!

子供にとって「家族」って一番身近で大好きな存在ですものね^^
なので一番身近な「数」の例ってわけですwink


あの手この手で頑張りましょう!
こちらこそよろしくお願いしますconfident

Posted by: Marinko | June 03, 2011 at 01:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87554/51786384

Listed below are links to weblogs that reference 「数」の導入はインパクトが大事!紀伊国屋で見つけたもう1冊!:

« 久々に紀伊国屋に行って見つけたORTの本! | Main | Ko君の質問に大ウケ!~日本語と英語のトリック~ »