« [動画]ORT Magic Key でアフレコに初挑戦!上手すぎるんですけどっ!! | Main | 「音源」についての続き~赤ちゃん~ »

「音源」を有効に活用して成果につなげるなら…

前記事ではうちの子の「アフレコ」を紹介しましたら、たくさんの方からお褒めのコメントをいただきました

ありがとうございましたconfident

アフレコ云々以上に子供たちの英語力を褒めていただいたのは意外でした、というのも今回はどれだけ物真似ができたかとか…声やタイミングに気を取られていて、英語力のことは全く考えてませんでしたsweat01

なのでUPした後でよく聞いてみると、ちょこちょこ間違えてて焦っちゃいました…coldsweats01

さて、いただいたコメントの中で、音源やDVD、インプットや発音、そして英語の上達について質問をいただいていましたので、それにお答えする気持ちで

我が家の音源を使った取り組み方を少し紹介します。

以前に「かけ流し」の教材について親子英語ブログの間で盛り上がったことがありました

その時に記事に書いたことがありますが、私は音源は「かけ流し」という形では使いません、なぜかというと…

せっかくかけているのに流れて行っちゃったらもったいないからですsweat01

なので、一生懸命何かで遊んでいる時にいつの間にか何か音源が流れてる…

というかけ方はしません

音源をかける時は、他にやることがなく集中して聴ける時環境が整った時だけにかけます

「かけ流し」ではなく「かけて聴く」です

例えば車の中とか食事中が理想的で、本当によく集中して聴いてます

そして聴くことに慣れてきて、聴くことを楽しむようになると、車や食事以外の遊び時間でも、音源をかければ他のことをやめて、スピーカーの前にじ~っと立ったまま集中して聴くようにもなりました。

では、どんな音源を主に聴いているかというと…

理解しながら楽しんで聴けるもの

です

例えば幼児期なら…

①絵本に付いてるCD

読み聞かせの時にちゃんと絵本の絵を見て興味を持つようになる1歳代~2歳代(?)は、CDよりもママの声で子供のペースに合わせて読んであげます。

同じのを何度でも!

絵とフレーズが脳内で一致するぐらいになるのが理想(脳を開けてみれないので見極めは難しいけど…coldsweats01

そうなったらそこで初めてCDを聴かせてあげると「おぉ~っ!」て、こんどはCDが読んでくれるんだ~!って新鮮な気持ちで慣れ親しんだ絵本の音源を聴き、新たな楽しみを見つけた気分で同じ絵本を楽しみます。

100%じゃなくても頭の中でだいたいのイラストを思い出し、脳内でページがめくれるのが理想です。

うちではEric Carle シリーズが大活躍でした!

Brown Bear and Friends
Brown Bear and Friends Bill, Jr. Martin Eric Carle Gwyneth Paltrow

MacMillan Audio 2008-04
売り上げランキング : 1574


Amazonで詳しく見る

↑↑これはCDのみですが

こんどは絵本とCDがセットになったものも発売されるのですね、現在アマゾンでは「近日発売 予約可」となってます。

ORTのCD付セットも良い!

それから、Sight Word Readers の音源も楽しいアレンジがしてあり、良いです

Sight Word Readers
Sight Word Readers Scholastic Inc.

Scholastic Prof Book Div 2003-06
売り上げランキング : 180


Amazonで詳しく見る
 

しかも今では1000円以下で買えるんですね!

私が買ったとき(6年前?)はアマゾンでは買えず、オークションでやっと見つけて2000円台で買いました!!(`ε´)/

今は本当に良い教材が簡単に手に入りますgood

そしてレベルが上がっていけばFrog & Toadシリーズなども良いです

もう↓↓これは何十回聴いたか分からないほど聴きました!

Frog and Toad CD Audio Collection
Frog and Toad CD Audio Collection Arnold Lobel

HarperCollins 2004-08-17
売り上げランキング : 357


Amazonで詳しく見る

↓↓これは私の大好物!smileもちろん子供達も大好きheart04

Little Bear Book and CD (I Can Read Book 1)
Little Bear Book and CD (I Can Read Book 1) Else Holmelund Minarik Maurice Sendak

HarperFestival 2005-05-24
売り上げランキング : 1850


Amazonで詳しく見る
 

The Gruffalo and Friends
The Gruffalo and Friends Julia Donaldson Axel Scheffler

Macmillan Audio Books 2005-10-21
売り上げランキング : 33391


Amazonで詳しく見る

↑↑これらの例はほんの一部ですが、共通していることは…

反復やライムもさりげなく織り込まれてる(トップの2つはもろに反復ですが…)

文が長いようで実はシンプル

シンプルなのに優しいストーリー性がある

などです

そして大事なことは

子供がその絵本を好きかどうか…

楽しんでいるかどうか…

です

しかし子供には(当たり前ですが)個人差があります!

ここに挙げたものはうちの子供たちに大当たりしたものばかりですが、全部が全ての子供たちに気に入られるかどうかわかりません

なので…

子供が気に入ってるかどうか?

楽しんで聴いてるかどうか?

理解できてるかどうか?

レベルに合ってるかどうか?

成果を期待できる程かどうか?

…は観察が必要です

以上のように音源を選んで、それぞれに合ったレベルのものを理解しながら聴くならば、かけても流れていかず、頭と心に残り、これで覚えた語彙やフレーズが自然な形で出てきます。

TVと違い音だけを聴いていると耳に神経を集中させるので

きれいな発音も、リズムも、イントネーションも身に付くし、もちろん耳も鍛えられていきます!

逆に…

「毎日これをかけ流しすれば…」的な聴くだけの教材をかけ流ししていれば、理解していればいいのですが、まだ理解できず、しかも絵もなく理解するヒントもなければ…

たとえ聞いたフレーズを覚えて口にしたとしても、真似して言えただけで理解が伴わないので、実際の習得には時間がかかると思います。

おまけに、理解できないものを何時間もかけていると、せっかくの素晴らしいストーリーやフレーズの数々も、ただの「音」になってしまい…

そしてそれを続けていると、ちゃんと聴かないことが癖になってしまいます。

それではとってももったいないので「かけるなら聴く」の習慣をつけるためにも、できるだけ理解できるレベルに合ったものを、楽しみながら聴かせてあげることで効果が期待できると思います。

ちょっと長くなったので、DVD等についてはまた次回に…

応援よろしくお願いします

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Thank you winknote

|
|

« [動画]ORT Magic Key でアフレコに初挑戦!上手すぎるんですけどっ!! | Main | 「音源」についての続き~赤ちゃん~ »

英語の教材」カテゴリの記事

Comments

お邪魔します。なるほどーと思い拝見しました。
私はつい最近親子英語の世界を知り、多読やかけ流しに
ついて今も勉強中なのですが、わからない言葉を
ただ流してるだけで、言葉を習得するなんてできるのかな?
っていう疑問が根底にずっとありました。
なのでいったん自分の中で整理できたものを英語で
再度聞いてみると実際に使える英語習得につながるのでは
というお話になるほどなぁと。
我が家は音源が圧倒的に少ないので少しずつ
揃えていこうかなぁと思います。
DVD編楽しみにしています☆

Posted by: ぶんぶん | June 18, 2011 at 04:50 PM

ぶんぶんさま


そうですね、他の取り組みもしながらたまにいろんなのをかけてみたりするぐらいなら、少々理解できてなくてもいいかもしれませんが…
「これこそが取り組み!」と聴かせることでの効果を期待するならば、聴かせるものと聴かせる方法やタイミングをもっと考えたほうがいいということです。

実際うちのお兄ちゃんが小さい時に適当に長いストーリーを流していても、遊んでいる時には聴かなくてすっかり流れて行ってました。

でも読んだことがある絵本など、理解できるものは一生懸命聴くのでその違いがはっきりと分かりました。


>少しずつ
揃えていこうかなぁと思います

そうですね、少しずつわかりやすいモノから聞かせてあげるといいかもしれないですね。wink

Posted by: Marinko | June 20, 2011 at 01:07 AM

興味深く読ませていただきました。
我が子も小さい時はDoraを観て、その音源をかけ流したり、
工夫してきました。
最近4歳の息子がCurious Georgeにハマっていて、
長い文章は読めないのですが、音源を聞いただけで、
今どのページなのか探し当てます。
音源と絵本の絵がちゃんと結びついてるんだと実感しました。
我が家はやたらと適当にかけ流しちゃってますが、
効果的なかけ流しを心がけたいと、この記事を読ませて頂いて改めて思いました。
ちなみにご紹介のFrog and ToadのCDは、我が家でもヒット中でございます^^;
いいですよね^^

Posted by: パルピ | June 20, 2011 at 04:43 AM

そうですよね~。聞いていて本当に納得してしまいました。

私自身がかけ流しが苦手で、それなら音がない静かな方が好きなので、子どもたちへもかけ流しを見よう見まねではじめてみたものの、ついつい忘れてしまうことが多かったんです。

こうしてMarinkoさんの記事を読むまで気づかなかったけど・・・そういえば、私自身も車の中で、子どもたちにCDをかけながしてあげるのが好きになってます~。ほんとに車の中では集中できるし、よく覚えて口ずさんでる様子から効果あり!だとなんとなく感じていたからだろうな。


なんだか開眼!笑
気づかせてくださって、ありがとうございます!!
車の中やご飯の時。。。それなら全然かけながしも苦じゃないな。


掛け流しについて、ず~~っともやもやしてたのですが、スッキリしました。

うちもBrown BearとSWRのCDはヘビーローテーションです♪Frog and Toadなど、ストーリーのかけながしもほんとよさそうですね~。

Posted by: ワンダーママ | June 20, 2011 at 11:44 AM

パルピさま

さすがっ!
Curious Georgeはけっこう長くてストーリーの展開も激しいのに、4歳でちゃんと音源に合わせられるなんて、ちゃんと考えて音源を聞かせてこられたんですね^^


>Frog and ToadのCDは、我が家でもヒット中

やっぱりハマりますよね( ´艸`)
うちもハマってた時は車でも家の中でも読むのも…
頭の中はカエルだらけでしたよっsweat01
でもこのシリーズの英語は日常生活で使えるものがたくさんあって、影響は大きかったと思います。

もうブームが去って最近は聴いてないので、また復活させてみようかな…smile


Posted by: Marinko | June 20, 2011 at 11:55 PM

ワンダーママさま

共感してくださりありがとうございますconfident


>ついつい忘れてしまう…

わかりますそれっ!
私もよく忘れるのですが最近は子供たちに催促されてしまいますsweat01


だけど、こうしてちゃんと集中できる環境で聴かせてあげれば、聴く度に効果があると感じます。


>Frog and Toadなど、ストーリーのかけながしもほんとよさそうですね

これは本当に良いです!
なにしろ著者本人が朗読しているので、それが良いのです!
めちゃくちゃ笑えるし、引き込まれますwink


Posted by: Marinko | June 21, 2011 at 01:01 AM

あああ~~~!!
すごく読んで安心しました^^;

今まではどっちかっていうと、遊びの邪魔にならない程度にかけ流すのがいい、っていう意見をたくさん読んでいて・・。
でも性格もあると思うんですが、うちは小さい音でかければかけるほど、耳をスピーカーに近づけに行って、遊ぶどころではなくなるんです^^;

そう、かけ流したい!と思っていても「聞いて」しまう子なんですう・・・。
だから朝ごはんを食べているとき(これも、手が止まってしまうので出来ないことが多いですが^^;)や、食後私が洗い物をしているときなど、聞かせていることが多いです。
あと、車の中!

「聞いて」しまうため、かけ流しを出来るときが本当に少ないんですが、それでもいいですかね~~・・
かけているのはお気に入りのテレビの音源をとったものが多いです^^

Posted by: りゅうママ | June 22, 2011 at 08:53 AM

なるほどー。同感です!

わたしは、娘が見たことのあるDVDや絵本の音源をかけ流ししているのですが、DVDの音源はバックミュージック(?)や効果音などから今どのシーンのものなのかを推測しやすいようで、特に食事中などは「いま、○○してるね」などと言い当てることが多く、ちゃんと聞いてるんだなーと感じていました。

子供が好きになるようなDVDや絵本を見つけてあげるのが難しいですー。

DVD等についてはまた今度とのこと!
ちなみに、娘は2歳なのですが、トトロやトイストーリーが好きです。英語だと少し難しいかなーと思うのですが、好きだったら見せてあげても良いのでしょうか。。。
また、そのくらいの年の子のオススメのDVDなどもご紹介してくださると嬉しいです★

Posted by: yumama | June 22, 2011 at 09:40 PM

りゅうママさん

おぉ~さすがっ!!
聴くことが大好きなんですね^^

>小さい音でかければかけるほど、耳をスピーカーに近づけに行って…

わかる!わかる!(笑)

でもそれだけ耳がもうしっかり聴くことに慣れていて、ちゃんと理解できて楽しんでるってことですね。
素晴らしい!shine


>「聞いて」しまうため、かけ流しを出来るときが本当に少ないんですが…


いやいや…むしろかけ流す必要はなくて、今まで通りTVの音源等をしっかり聴く習慣を続ければ、レベルが上がっていくのではないでしょうか!!goodgood

Posted by: Marinko | June 23, 2011 at 11:08 AM

yumamaさん

すごいっ!
2歳で音を聴いただけでシーンが分かっちゃうなんて!!

すでにちゃんと聞くことができるようなので、あとはレベルに合ったものを見せて聴かせていけば、言葉やセンテンスを理解しながら取り込んでいけるようになりますね!


>、トトロやトイストーリーが好きですが…

好きなのを見せてあげるのは楽しくて良いのでしょうが、映画は長くて内容もふくざつなので、英語の習得には直ぐには繋がりにくいかもしれないですね。

それよりも短くて分かりやすいものを何度も繰り返し見せてあげると、
今度はシーンとフレーズをマッチさせながら覚えて…
理解して…
習得していき…
発話⇒会話…

となっていくと思います。

映画は学習とは切り離してお楽しみとして見せてあげるのがいいかもしれませんが…
私的には2歳で映画はちょっと時間が長いかな…って感じます
私は子供が2歳の時は映画丸々は見せず、20分ずつに区切って見せてました。

DVD等についての記事は後ほどUPしますねwink


Posted by: Marinko | June 23, 2011 at 11:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87554/51956207

Listed below are links to weblogs that reference 「音源」を有効に活用して成果につなげるなら…:

« [動画]ORT Magic Key でアフレコに初挑戦!上手すぎるんですけどっ!! | Main | 「音源」についての続き~赤ちゃん~ »