« November 2011 | Main | January 2012 »

December 2011

すごい高英語率な1週間!

今年の冬休みはうまく祭日と重なってちょっと長めの休みですね

だけど子供が中学生になると部活も忙しいし、交通費が大人料金になってしまうのでっ!!

そう簡単には動けまへん(><)

なので、とりあえず遠出はしないのですが…

逆にそのお陰でとんでもなく英語だらけの冬休みとなりました

まずは私が運営する英語サークルのレッスン&クリスマスパーティに3人とも参加し…

その日の夕方は外国人のお友達の家のパーティに参加し英語オンリーの世界でお喋りやゲームを楽しみ…

Dscn1399

(↑↑ X-BOXのキネクトにハマる兄)

2日後のクリスマスの日にまた同じ友人宅でまたまたパーティ!(アメリカ人はパーティが大好きよね^^)

そこで十数人の外国人達(全員英語話者)にRiちゃんはバースデーを祝ってもらい、ターキーの丸焼きをいただいてlovely、またまたお喋り&ゲームして楽しみ…

そのまた2日後は別の国際カップル家庭に招待されて、バイリンガルな子供達5人でモノポリーを完全に英語のみで遊んだり、食事中も全て英語のみで過ごし…

その翌日はアメリカから来ているハーフのお友達親子をうちに招待し、お昼から夜まで遊んだり食事したり。

そのお友達というのは以前日本にもいたお兄ちゃんの大親友で日本語もかなり上手なバイリンガル、うちの子とは半々で喋ることも多かったけど、今回は90%以上英語でした。

だけど5才児~中学生が何して遊ぶって?

中学生2人はインターネットでアメリカのサイトの無料ゲームで夢中になり、英語であーでもないこーでもないと相談しあいながらゲームを進め…

Ko君&Ko君と同い年の妹ちゃんはRiも一緒にお人形で遊んだりボードゲームしたり…

そしてその後は5人全員で「UNO」で盛り上がってましたwink

それはそれは…

と~っても濃い!英語だらけの1週間でした

海外には行かなくても、これだけ英語に浸ることができれば十分!て思えるほどです。

英語で過ごしている時の子供達の様子は、無理がなくとても自然に英語の世界に溶け込んでいたのには感心しました。

そしておまけに…

子供だけでなく私自身もず~~~っと英語でお話ししたし、パーティでは大人向けのボードゲームにも参加し、(日本人私一人で足引っ張ってたけどcoldsweats01)英語でたくさん頭を使ったしsweat01

それはそれは良い刺激になりました!smile

そして新しい語彙を覚えましたよ!

「unibrow」

って、なんだと思いますか?

なんと…

繋がったまゆ毛の事なんですってhappy02

Cocolog_oekaki_2011_12_31_12_34

↑↑こんな感じ?

※ごめんなさい><初めてマウスでドローイングしてみた^^;

ゲームの中のクイズで出てきたので覚えたのですが、初めて知りました!

辞書で調べても載ってなかったけど、一緒にゲームをしていたアメリカ人達は全員知ってました!

知らなかったのは私だけ!(^^;)

ん~、やっぱりね…

語学って…

手の込んだ素晴らしい取り組みも大事だけど

実践の場は絶対必要だとつくずく思います

子供も大人も…。

きっと私はこのブログの中で何度もしつこく書いてると思いますが

英語で話すお友達を持つことは、どんな取り組みよりも大事かも

理由は…

交流するために発話しようとするし

自分の英語が通じると嬉しい!

相手の言ってることが分かることも嬉しい!

自然なニュアンスをたくさん聞けるし感じれる

英語で交流できることで今までの成果が見られる

そして何よりも何よりも…

英語に対する「動機」がハッキリします!

では外国へ行けば???

もちろん外国に行けば会話の機会はあると思います

が…

数日だけの観光旅行ではホテルやお店等で会話のチャンスがあるかどうか…

もしくはいろいろアクティビティに参加スレばもうちょっとチャンスがあるかな?

程度で終わってしまうので

やはりホームステイやプチ留学をするのならいいのですが。

だけどそう簡単に留学とかできない場合は…

やっぱ日本で英語のお友達を作る!

それもなかなか難しければ…

国際交流のイベントに参加したり、ホームステイの受け入れをやったりするのも良いです!

私は「英語教育どうやったらうまくいきますか?」て聞かれたら

語りかけやDVDとetc.....と、

「英語のお友達を作る!」と答えます

励みになります!(*゚▽゚)ノ

↓↓ここをクリックお願いします~wink

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

Riちゃんのお誕生日にまたやっちゃいました

あれれ…

このブログ1週間以上放置してたんですね^^;

12月は何かと忙しいので毎日があっという間に過ぎていきます!

そして今日が仕事納めでしたhappy01

さて、25日のクリスマスの日はRiちゃんのお誕生日でした!

日本人はそうでもないですが、外人のお友達にRiのお誕生日がクリスマスの日だと言うと、ほとんどの人が…

「Can she get two presents, or just ONE???」

って聞いてきます

そして私が「She gets TWO!!!」と答えると、みんな安心したような顔をします^^

お誕生日とクリスマスを1つにまとめちゃえっ!

って節約していたら可哀想!ってことでしょうね

私は必ず2つ準備します

1つはみんなと同じようにクリスマスプレゼントを25日の朝受け取りますが、3人ともとっても小さくてシンプルな1000円以内のプレゼントです。

そしてRiちゃんのお誕生日プレゼントは時間をずらして後であげますが、大きさも見た目も差をつけておきますsmile

しかし今回は渡し方も変えました!

お兄ちゃんのお誕生日に続き、またまたやっちゃいました!

以前お兄ちゃんのお誕生日にプレゼントを普通に渡さず、宝の地図を渡して探させたことがありました(その時の記事⇒「お兄ちゃんの誕生日!ちょっと変わったプレゼントの渡し方は…」)

そして今回はRiちゃんもそんな風に受け取りたい!って既にリクエストをしていたので、それっぽくしてあげました^^

といっても、兄の時のような「地図」ではなく、文章のみでメッセージを書いたいわゆる「お手紙」を渡しました。

そのメッセージには…

「Please go down stairs and turn around towards the livingroom.

Enter the living room and two steps forward and turn left......」

…て感じです。

相変わらずの早口でそのメッセージをペラペラと大声で読み上げながら、プレゼントへたどり着きました!happy02

それはそれは大騒ぎ!!ヽ(*≧ε≦*)φ

もっちろんお兄ちゃん&Ko君も面白がってずっと後をついて歩いてました…( ´艸`)

さて、そのプレゼントの中身は…

いたってシンプル( ´艸`)

Natalie the Christmas Stocking Fairy 2011 (Rainbow Magic)
Natalie the Christmas Stocking Fairy 2011 (Rainbow Magic) Daisy Meadows

Orchard Books 2011-11-03
売り上げランキング : 35674


Amazonで詳しく見る

えぇ~~っ???

こんだけっ?って思われるかもしれませんが、これ最新版で3冊分が1冊になっていて、いつものより分厚いです。

アマゾンではお値段激安で600円台!

ですが私は紀伊国屋で買ったのでもう少し高かったですが…

値段や大きさは関係なし!

Riちゃんにとってはめちゃくちゃ欲しかった1冊で、これを見つけた瞬間は

「きゃ~~~~~っっっっ!!!ヽ(*≧▽≦*)φ」

って叫びながら本を抱きしめてました!

こんなに喜んでもらえて、私も嬉しくってホッとしました^^

あ、この本だけじゃなく、一応気持ちでお手紙セットも一緒にプレゼントしました、女の子ってお手紙とか好きですからねhappy01

私としては7冊セットとかをあげたかったのですが、アマゾンには欲しいセットがなくて、諦めましたdespair

ちなみに…

去年のお誕生日プレゼントもRainbow Magic でした^^;

Rainbow Magic: Books 1-7
Rainbow Magic: Books 1-7 Daisy Meadows

Scholastic Paperbacks 2007-10
売り上げランキング : 5108


Amazonで詳しく見る
 

これなんかは7冊セットでペンダントもついてて、本の形をした箱に入ってて素敵でした!

しかし、相変わらず大好きなのがRainbow Magic シリーズなんて…、レベルアップしてないじゃん!annoy

って突っ込みたくなるところではありますが…

まぁ、まだこんな可愛いシリーズを好きでいてくれるような素直な女の子でいてくれることを喜ぶことにします^^;

励みになります!(*゚▽゚)ノ

↓↓ここをクリックお願いします~wink

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

英語力&理解力&親子関係がUP↑する大事な時間

前の記事では「TOY STORY」について書きました

ホントに、世間の流れを全く無視して、今頃我が家でブームになってます(笑)

前の記事では、私側から捉えた気持ちとして…

「おもちゃが捨てられなくなって困る~」

と書きましたが

実は映画の内容自体は本当にちょっとびっくりするぐらいに色んな意味でMoving な映画です!

(実は見るまではただのオモチャのドタバタストーリーかな…ぐらいにしか思ってませんでしたcoldsweats01

トイ・ストーリー3 [DVD]
トイ・ストーリー3 [DVD] トム・ハンクス

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2010-12-01
売り上げランキング : 161


Amazonで詳しく見る

もし本当におもちゃ達に「心」があるなら…

こう思うんだろうな…

という気持ちの全てを見事に描いてて面白い。

オーナーとの出会いがあって

おもちゃ同士の出会いがあって

遊んでもらって

でも飽きられたりもする

人気を争ったり嫉妬があったり

そして捨てられたりバザーで売られたり

希少価値がついてコレクターのコレクションになったり

遊んでくれる子供がたくさんいる保育園に新天地を求めたり

でもそこでムチャクチャに扱われたり

オーナーに失くされたと思ったら直ぐ別の代替えが来ていたり

おもちゃ同士の裏切りや誤解…

そしてしまいには、おもちゃは捨てられたらゴミ処理場でどんなふうに処理されてしまうのかも見せられる…

バラバラに砕かれて高熱で焼かれる…

などなど…

これ本当に子供向け?と思うような深い意味が込められてたりも…

なので最後にお兄ちゃんはボロボロに泣いてたけど、案外あの位の年齢の方がおもちゃとの付き合いも長いし、そういういろんな心の深い部分や揺れが分かるから…

しっかり理解しながら見れて心にグッと来るんだと思います。

さて、こうやってうちでは子供達と一緒にDVDや映画を見たりするのですが…

大事なのはその後!

見た映画についてあれやこれやいろいろ話をします^^

ストーリーの流れやあらすじを教えてくれたり

感想だったり、疑問だったり…

もちろんいつも英語で見るので、特に見た直後は頭が英語モード全開!

なので英語のままで会話がはずみます!

だけど決して

「さぁ、映画見てどう思った?それぞれ感想を聞かせてくれる?じゃぁ、お兄ちゃんからどうぞ!」 

…とか

「ストーリーの流れを誰か話してくれる?」

みたいな持っていき方は絶対にしないけど(笑)

だいたいいつも…

「Hey, why only Woody is away? Is he happy there or not?」

「Who is that guy, is he a goody or a baddy?」

みたいな感じでママが逃した部分を知りたいっぽく聞くと…

すぐに食いつくお茶目な3人は、我先にと争うように「Because, becaaaaaause .......」

と話し始めます。

自分こそがママに上手く教えられる!と言わんばかりに5歳児君も参戦し負けていません!

誰がどんなふうに何をしたかをなかなか上手に教えてくれます

子供って、一生懸命誰かに何かをどぅ~~しても伝えたい時に、驚くほどの力を発揮しますね!

もちろん日本語も混ざったりはします。

だけどこうやって引き出すことで言語力ってついていくんだな~というのを実感できる貴重な時間ですheart04

3人がそれぞれの年齢に応じた解釈で理解しているのがよく分かるし、それぞれの表現力がわかって面白い!^^

そして忘れちゃいけないおもろい部分!

「I liked that part, it was sooooo funny!happy02

とか言ってきっかけを作ると、またすぐに乗ってくる!

子供達はおもろい話が大好きなので、またその表現もいろいろhappy02

ちなみに私が一番ウケたのは…

バービーケンの出会いヽ(*≧ε≦*)φ

と…

バズのスパニッシュモードsign01sign01sign01sign01

笑い過ぎて腹が痛かった…coldsweats01

こうして話は尽きず…

親子も兄弟も仲良くいられる…

楽しい時間です(*^^*)

励みになります!(*゚▽゚)ノ

↓↓ここをクリックお願いします~wink

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

まったく~「Toy Story」は困ったもんだ…

ディズニーの映画はたくさん見ているほうだと思うけど

Toy Story」だけはまだ見たことがありませんでした

それは…

お兄ちゃんがあのギョロ目eyeのキャラクターが大嫌いだったからです(笑)

お兄ちゃんが2才の頃、イギリスでは「Toy Story」のDVDは発売開始になって、盛り上がっていて…

何処に行ってもToy Story キャラクターグッズが溢れてました

しかし、ギョロ目が大嫌いなお兄ちゃんは、ウッディや馬の人形を見ると、その場で泣くか走って逃げてしまうほど…

そんなわけで…

我が家にToy Story のビデオやDVDは、話題に上ることすらありませんでした

が…

先日お友達が「これ見た~?まだだったら貸してあげるよ!」と

ついに我が家に「TOY STORY 2 」がやってきました!

怖がっていたお兄ちゃんも今は中1、さすがに大丈夫^^

…って、長い前置きだったね(^^;)

そう、「1」を見てないのにいきなり「2」

それでもNever mind!と気にしない私ら…。

そしておまけに続いて別のお友達から「3」までお借りしてしまい

もう現在我が家は「TOY STORY」ブームです

今さらですが、この「Toy Story」というお話は、Friendship がメイントピックなんですね、知りませんでした

おもちゃ達同士の絆&おもちゃ達と持ち主のAndy との絆なんですね…

しかし、そのおもちゃ達の中に、気に入られるものもいれば、飽きられてしまうものもいたり…

Andy とお母さんのおもちゃへの気持ちのギャップやら…

飽きられると捨てられるか…

ヤードセールで売られるか…

もう遊ばないけど捨てたくないし売りたくないから、ただキープしておきたいだけのものやら…

こ、これは…

これらの内容は…

あまりにも身近すぎる~~~!!!

うちの子供達は自分のおもちゃ、特にぬいぐるみ類に対する想いが強い!

お兄ちゃんは中1になった今でもぬいぐるみを使って下の子達と遊ぶし、お気に入りを枕元に置いて寝ます

Ko君やRiちゃんは数十個あるぬいぐるみのほとんど全部を使って毎日遊んでるんだけど、その遊びっぷりはまるでこのぬいぐるみ1つ1つが本当に生きてて意思を持ってるんじゃないかと…

うっかり大人まで思ってしまうほどの気持ちの入れっぷりです

しかし私としては…

もう少し量を減らして欲しいし、遊び方もほどほどにして欲しいと…

いかにも大人な考え方をしてしまいます。

大きな押し入れ用プラケースをぬいぐるみ用にしているんだけど、もう入りきらないしお片づけが大変なので、「少し捨てようよ!」と言うと

それはもう大変で家族会議にまで発展するほどです!

そんなうちの子達3人がこんな映画を見ちゃったら…

あ~ぁ、今まで以上にToys への想いが強くなり…

減らすなんてできなさそうだわ…gawk

だけど…

ちょっと遊んではすぐに飽きてポイッと捨ててしまうような子供たちだったら…

それはそれでちょっと考えちゃいますね

ちなみに「TOY STORY 3」の大きくなったAndy はちょっとお兄ちゃんとかぶるかも(もちろんAndy のほうがイケメンだけど^^;)

大事なおもちゃを最後まで捨てられない

いくつになっても小さい子のようにおもちゃで遊べちゃう

小さい子と一緒に自然に遊んであげられる

ところとか…

んで、映画の最後の方に…

「Andy is bit like you, don't you think?」

ってお兄ちゃんに聞いたら兄返事がない…

ん??

「ねぇ~~?」

って呼んだら…

!!(゚ロ゚屮)屮

振り向いたお兄ちゃんはボロボロに泣いてたcrying

そう…

兄はこういう「Friendship」ごとに弱いから…

…ってことは

やっぱり今後、おもちゃを捨てるとか減らすとかいうことが

Hopelesssweat01sweat01 ってことがハッキリしました

あ~ぁ…ヽ(´3`)ノ

ちなみに…

もちろん映画自体は良い映画です(^^;)

励みになります!(*゚▽゚)ノ

↓↓ここをクリックお願いします~wink

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

子供は親からは言語を学ばない

すっかり冬ですね

朝晩冷えます(><)

うちは戸建てで家がとっても冷えるので、いつも冬になると保温性抜群のレンガ造りでセントラルヒーティングのあるイギリスの家が懐かしくなります(;_;)

さて、今日はタイトルがちょっと強烈で「今さら何を言い出すんだ?」て思われるかもしれませんが…

「母語」についての真面目な話です!(笑)

バイリンガル教育をしていると、必ず考えなければならない「日本語(母語)」と「英語」のバランス

「バイリンガル」というと、2つの言語で同じぐらい会話、読み、書きができなければならない!

ていうのが一般的な考え方のような気がしますが…

2つ前の記事「母国語以外の言語を学習する人の能力(脳力)」でも紹介しましたが、9月に「子供の英語教育について」アメリカの大学で活躍されてる日本人教授の講演を聞いてきました。その時に「バイリンガルと母語」についてもお話をされたので、少し紹介します。

その教授のバイリンガルと母語に関するお話は

まず言語には2つの役目があって…

1つは…

コミュニケーション

2つ目は…

思考の媒体

大事なのはその「思考」に使える完全な言語能力で、それが「母語」であるべきだとおっしゃいました。

そしてその考えるために使える言語「母語」こそが何よりも大事

完璧!パーフェクトであるべき!

特に小学校レベルまでの基礎づくりの重要性も強調されてました

でもそれは理解できますね、英語だって小さいうちから始めた方がいいってことで、こうやってBabyの時から一生懸命やってるのですから、当然母語である日本語だって小さいうちからちゃんと覚えていった方が良いという話です。

そして、この教授がプラスで言われたことが…

このタイトルにある「子供は親からは言語を学ばない」ということ

ちょっと待って!混乱してきた???

元々はバイリンガルのお話

だけど母語が大事

そして母語は小さいうちからと言っておきながら…

親からは学ばない??

なんだか矛盾した話のように聞こえますが…

これが矛盾していないのです

実は私もバイリンガル教育をしながら同じような事を考えていたので、良く理解できましたし、すっかり同意です。

親から学ばないというのはどういうことかというと…

子供は言語を結局は親からよりも学校や周りの環境から学ぶという話です

もちろん、生まれてから幼稚園や保育園に行くまでの間は、親から言葉を習います

親が子供にたくさん語りかけて語りかけて…

子供はどんどん吸収していきます

だけど、幼稚園、小学校、中学校などに通うと…

授業で習うだけでなく、先生や友達との会話の中で更にどんどん言葉を学んでいきます。

これはもう、論理とか信じるとか信じないとかの話ではなく…

現実です!

我が家の場合も、家でこんなに英語で話したり本を読んだりビデオを見たって、うちの子供達は日本語をどんどん覚えてきてすっかり母語として定着しています。(まだパーフェクトではないけど…^^)

「こんな言葉何処で覚えたの?」

「えっ?もうそんな言葉の意味もわかるの?」

て驚きの毎日です

5歳児君だってそうです!(笑)

そしてこの教授が指摘され、心配されることは…

日本での英語の幼稚園や日本人が日本でインターに通うこと

せっかく日本に住んでいて、学校での授業や環境で日本語を母語としてしっかり身につけなければならない時期に、「バイリンガルになれる」と英語の環境に送り込んでしまうことは、望ましくない

ただその分、おうちでは完全な日本語の環境を保ち、たくさんお勉強するのなら、少しは追いつくかもしれませんが…

おうちでも英語を更に強化するべく取り組みをするなら…

「完璧な母語」を備えたバイリンガルは期待できないということです

きっと日本人なのに英語がネイティブ並みに喋れてかっこいい人shineにはなると思いますが…

母語が完璧ではないという問題を抱えたままになるということでしょう…

うむ…

それはあると思います

私も今までの子育ての中で「英語のプリや学校に入れてみようかな?」って考えたことが全くなかったわけではありません

てかチラッと考えたこともありました

が…

結局上記のようなことを考えて

3人ともごく一般の保育園に通わせて…

「しっかり日本語覚えてきて、日本語の絵本もたくさん読んでもらってね~(^^)/」

て気持ちです

そして家では英語の時間をたくさん持つというのが作戦です

まぁ、自分の子供にはどのぐらいの言語のバランスにするかは、それぞれの家庭の好み(?)なのかな…

と思うので、それぞれが決めればいいことなのでしょうが…

わたし的には理想は…

母語:100%+英語:できるだけ頑張れ%(?)

100%は無理でもそれに近づければいいかな?てことです。

でもじゃぁそこへ持って行くには…?

日本語を何処でどう、どのぐらい学習し、英語を何処でどう、どのぐらい学習するか…

これが日々の課題なのであります(現在進行中)

ちなみに、この教授のお話は英語の幼稚園や学校に子供を通わせることが間違いとかいう話ではありませんが

「バイリンガルになるだろう」という思い込みで、期待して通わせるなら、それは期待通りにはなりませんというお話でした。

バイリンガルを目指すとか目指さないとか、英語をたしなむ程でいいとかはそれぞれの価値観や好みなので、どこに目標を置くかは問題ではないので、よ~く考えて選択する必要がありますね

母語は一生付き合う言語ですから

励みになります!(*゚▽゚)ノ

↓↓ここをクリックお願いします~wink

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | Comments (10) | TrackBack (0)
|

間違って覚えていた単語を発見!∑(゚∇゚|||)

中学校の英語というのは、昔も今もお馴染「和訳」があります

単語も1つ1つ日本語に訳します

しかし、うちの子のようにBaby の時からバイリンガル教育で育てられてると、英語で英語を理解してきた場合には、教科書に出てくる単語の和訳と子供なりに考える和訳が微妙に違って面白い( ´艸`)

そこで、教科書に沿った問題集で「新単語」として出てきた単語集を兄が和訳したのを見てみると

やっぱ面白いsmile

例えば…

andそれと (そして、~と)

rightそのとおり (正しい)

let's一緒に (~しましょう)

again また (再び)

wrongちがう (間違った)

wonderful最高 (素晴らしい)

carry持つ (運ぶ)

energy体力 (エネルギー)←そのままじゃんsweat01

※青字が兄訳、( )が教科書訳

なんてゆーか…

兄の方も、教科書の方もどっちもそれなりに突っ込み所だらけなんですけど…coldsweats01sweat01

これ見て思うのは、兄の訳は口語的(笑)

彼の日本語がこの程度っていうよりも、英語を訳すとこうなっちゃうんだと思います

やはり彼にとって英語は話す道具で、教科書の単語和訳のような、あまり日常的ではない表現は思いつかないんだと思います。

and」だって考えてみれば

「I like apples, grapes and bananas」みたいに使う時は、訳はやっぱり「それと」かな…

て思えます

right」もきっと彼は頭の中で「That's right!」などのセンテンスを考えて「そのとおり」にしたんじゃないかと思います。

単純で分かりやすい(笑)

でも、そう考えると「正しい」って訳はぱっとは浮かばないでしょう。

それから、もう1つ面白いのはこちら

kind of  ⇒ 「そんな感じ」(種類の)

これ見て私のほうがなるほど~って思ってしまいました!

そういえば、kind of なんて使うのは…

「Yes, that kind of thing!」(うん、そんな感じのモノだよ)

とか…

「Have you finished your homework?」(宿題終わったの?)

「Well, kind of...(^^;)」(ま、だいたいね)

などなど…

実際にお兄ちゃんは「kind of」をこんな使い方しているので、「そんな感じ」て訳しちゃってもしかたないか…(^^;)

…て、まぁこの辺までは想定内で、何の問題もありません。

「教科書ではこう訳してあるよ」

て教えれば、なるほどなるほど…おしかったね^^

で、済むほどの内容です。

しか~~~し!

タイトルにもある間違って覚えていた単語…

これががっくり…(><)

その単語は…

「enough」

です!

これを訳させたら…

「もういい」

ですと!!!Σ(゚д゚;)

そこで…

Riちゃんに聞いてみると…

「『もういい』でしょ?」

て…同じ答え!

!!(゚ロ゚屮)屮

えぇっ?

そ…

そうなのかっ???

ついでに5歳のKo君にまで聞いてみたら…

やっぱり…

「もういい」でしょ?

って!!!!Σ(((゚゚)))sweat01sweat01

でも…

考えてみたら「もういい」でとっても意味が繋がってしまう…sweat02

①「That's enough, thanks」

②「Hey, enough!Stop that!」

③「Is it enough? Oh, yes.」

などなど・・・

本当は「十分」

なんだけど…

「もういい」でも

①「これでもういいよ、ありがと」

②「ヘイ!もういいよ!やめて!」

③「もういい?うん。」

…てsweat01

こ、これはあまりにも想定外でした!!

だけど…

ネイティブの子供達はどうなんだろう…?

「enough」は「十分」て分かってるのか???

他の日本人のバイリンガルキッズ達はどうなんだろ?

うちの子だけか???

それとも…

私の教え方がまずかったのか…( ̄Д ̄;;

と…

ちょっと複雑な気持ちになりましたsweat01sweat01

ちなみに…

現在はお兄ちゃんはもう「十分」て分かってます

試験に出たからsmile

励みになります!(*゚▽゚)ノ

↓↓ここをクリックお願いします~wink

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | Comments (6) | TrackBack (0)
|

母国語以外の言語を学習する人の能力(脳力)

先日の「多読」についての記事には、たくさんの方から熱いコメントをいただき、ありがとうございました。

今回いただいたコメントは、どなたもガッツリ!書いてくださり、「読む」ということに対して皆さま関心が高く、深い想いを持っておられることを知りました。

なんだかとっても嬉しいですconfident

ついつい私からのお返事も長くなってしまったりして、元々の記事よりもコメント欄が大きくなりました(笑)

よく考えながらお返事を書きたいために、まだ全部は書き終わっていませんが、必ずお返事いたしますので、もう少しお待ちくださいませ、申し訳ありませんm(_ _)m

さて、本題!

9月のあたまに、某所にて子供の英語教育についての講演を聞いてきました。

講演をされた先生は日本人ですが、アメリカの大学で長年バイリンガル教育や外国語教育について研究されてるベテラン教授です。

以前に既にその時の内容の一部を紹介しました

(こちら⇒「英語を習ってても話せない&話せるようになる時!」)

そして、その時のお話の中で、もう一つ興味深いものがあったので紹介します

それは…

母国語以外の言語を学習している人と、そうでない人の能力の違い

についてでした。

おぉぉぉぉ~~~っ!( ̄0 ̄)/

こ、これは…

バイリンガル教育に奮闘しているモノとしては、何とも興味深いトピックではありませんか!!!

もぅ身を乗り出してガン見状態で聞いてました(笑)

shineshine((●)∀(●))shineshine

「あくまでも統計的なデータに基づいた研究結果ではありますが…」

…てことですが

例えば、色々ある中の1つが「SAT」という大学進学適性試験(読解力、論文、数学の3つの科目による共通テスト)なのですが

外国語を学習している生徒の方がそうでない生徒よりもそのスコアが高いそうです!!

そして約40年そういう統計を基に研究した結果…

複数の言語を使ってる人は…

学習能力が高い

記憶能力が優れている

柔軟性が高い

とのこと…。

おぉ~~~~っ!( ̄o ̄)

そしてこの「21世紀」という時代は…

diamond情報に溢れ

diamond知識が豊富で

diamond常に変化していくので…

diamond様々な仕事やスタイル、情報に対応する柔軟性&能力が必要!

な・の・で…

知的能力を高め、21世紀をしっかり生きるためにも

外国語学習はやった方が良い!!!

という内容でした。

なんか…

外国語を学習する人の能力が…

「21世紀を生きる!」話にまで発展して、それはそれは予想外の展開でした(笑)

今まで奮闘してきた私としては

エキサイティングな内容でした(^^)

さっ、子供達が21世紀をしっかり生きれるように、これからも頑張ろっ!

って、もっとやる気になってきたsmile

応援よろしくお願いします

↓↓↓クリック Pleasewink

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Thank you winknote

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

« November 2011 | Main | January 2012 »