« 和&洋のマナーの狭間 | Main | Oxford出版のワークショップとケビン先生の読み聞かせ »

お箸が上手に持てるようになる教育箸(エジソンじゃなくて…)

前記事の追記のようになりますが…

お箸!

日本人としてこれは上手に持てるほうがいい!

最近は海外でも日本食が大人気で、欧米人でもお箸を上手に持てる人はたくさんいます

なのに日本人の自分が上手に持てなかったら…

それは残念(><)

なので、やはりこだわるお箸の持ち方!

お兄ちゃんの時は、小1ぐらいまであれやこれやいろんなタイプの教育箸を買って試しましたsweat01

しかしなかなかいいのが見つからず、結局当時一番効果があったのが、お箸にシーソーのような器具を取り付けるタイプ。

これはまあまあ良かった!

だけど、3人目の出産等ですっかりそれどころじゃなくなって、毎回見てあげられず、すっかりお箸の事なんか忘れていたのですが…

気がついたらいつの間にかとっても上手に持って食べてました!

Oh!!w(゚o゚)w

そして思ったのが…

「なぁ~んだ!お箸って意外に簡単なんだ! お箸なんて器具付きのをちょっと使わせておけば、そのうち何とかなるんじゃん!」

という単純な考え^^;

んで、もし私に子供がこの子1人しかいなかったら…

きっと他の人にも「うん、お箸なんて心配しなくても大丈夫!簡単にできるようになる…」

とかって言ってたかも。。。(lll゚Д゚)

しかし世の中はそう簡単にはいかないのです

Riちゃんは手ごわかった(><)

お兄ちゃんの時のように、器具付き(その時はエジソン)を使わせて、あ~だいたい使えるから大丈夫^^

って思ってたら…

あれっ?使えてなかった…

エジソンもダメなのか…( ̄Д ̄;;

しか~し!

面白いお箸に出会いました!

矯正箸(三点支持箸) しつけ箸 漆塗り 【子供用】 (右手/16.5cm)
矯正箸(三点支持箸) しつけ箸 漆塗り 【子供用】 (右手/16.5cm)
卯るし庵 
売り上げランキング : 32394


Amazonで詳しく見る
 
器具も何も付いていないけど、指を添える部分に模様がつけてあって、少しへこんでいるので、そこにそれぞれの指や手の部分をうまく当てれば…
 
あら不思議!w(゚o゚)w

ちゃ~んとお箸自分で持てる!

というシロモノ( ´艸`)

しかもこれは漆塗りで滑りにくく、持った時の感触がとっても良いです!

同じ作りでプラスチックのが割安で有りますが、やっぱりそれだと滑りやすいので漆塗りの方がよいです。

色も材質もとても良い物のように感じますconfident

おまけにお箸の先は真っすぐ細く伸び、四角にカットしてあるので、箸先で上手く小さい物をつまむことができます。

お陰でKo君は大豆の粒もうまく摘まんで食べています^^

ちなみに、Riちゃんには18cmの漆塗り、Ko君には16.5cmの漆塗りを買ってあげましたが、順調にうまく持てています^^

エジソンも良かったけど、器具が付いて上で繋がっているので、普通のお箸に切り替える時に難しいですが…

この三点支持箸だと既に大人のお箸と同じような物なので、問題なく移行できそう^^

ただ、やはり小3までで変な癖がついていたRiちゃんは、その癖を直すのにちょっと時間がかかってますが…

さすがまだ変な癖が付いていないKo君の方がスムーズにいっています(^^)scissors

※エジソンのお箸はこっち↓↓

エジソンのお箸 右手用 ブルー
エジソンのお箸 右手用 ブルー
KJC 
売り上げランキング : 258


Amazonで詳しく見る
 

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

クリックPreeeease!!wink

|
|

« 和&洋のマナーの狭間 | Main | Oxford出版のワークショップとケビン先生の読み聞かせ »

育児・教育・生活」カテゴリの記事

育児・教育・生活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87554/54051536

Listed below are links to weblogs that reference お箸が上手に持てるようになる教育箸(エジソンじゃなくて…):

« 和&洋のマナーの狭間 | Main | Oxford出版のワークショップとケビン先生の読み聞かせ »