« Coooool woman!超!超!カッコい~い女性に出会いました! | Main | 2番目の発音の変化&進化はちょっと違う… »

発音の変化&進化

家庭で英語教育をしていると、どうしても気になるのが

「発音」

そう、発音。

1月に東京で開催されたオフ会の時にもやっぱり話題になりました

その時に「近いうちに発音についてブログに書こうと思ってたところでした^^」って言っておきながら、まだUPしていなかったので…^^;

英語教育していく中で「発音」ってどうなっていくのか気づいたことがあるので、少し書いておこうと思います。

私も発音については試行錯誤がありましたsweat01

なので…

物の本による話とか、

理論や学説的な話とかじゃなく…

実際のうちの子供達の発音の変化を観察した結果&感想です

研究結果じゃありません

研究はしてません、観察です^^

そしてもちろんこれが最終結果

でもありません、まだ進行中ですから!

さて、オフ会で伺ったママさんたちの心配は…

「自分の発音に自信がないけど、子供への影響は…?」

でしたが実際影響は…

あります!

子供が小さいうちは、語りかける親の発音がアメリカ英語ならアメリカ英語風だし、イギリス英語ならイギリス英語風…

親が日本語訛りの英語なら当然日本語風だし、正しくない発音で語りかければ、正しくない発音のまま子供は真似をする…

これはきっと当たり前の話だと思います。(母国語も同じ)

以前、旦那さんが日本人で奥さんがオーストリア人の家族に会ったことがあります

小さい女の子が2人いましたが、そのオーストリア人のママがなんとドイツ語訛りの日本語でいつも語りかけていたので、子供達はすっかり超!ドイツ語訛りの日本語を当たり前のように話してました( ´艸`)

でも、こんな話を聞くと「やっぱり発音に自信がない私の英語が子供に影響する!」と考えてしまいがちですが…

子供の発音って幼児の時に覚えた発音のままず~~~っと大きくなるまでそれをキープするわけではありません!

子供の発音って常に変化し続けていくんです!

実は私もうちの子にバイリンガル教育を始めた時、英語の発音にあまり気を配ってませんでした。

ってか、ほとんど何も考えずに、自分が持ってる発音の悪い癖(自分では気づいてなかった)をキープしたまま、そのまんま適当な発音で語りかけていたので、今思えばお兄ちゃんの小さい頃の発音は私の変な癖が確実に混ざっていました(><)

4歳ぐらいの時に、お兄ちゃんが喋る英語の発音を聞いて気になる所があって、その原因を考えたらそれは私の癖だったんです!( ̄◆ ̄;)sign01

ちなみにどんな癖だったかというと…

"There", "This" などの "th" の発音の時、ちゃんと舌を(噛んでたつもりで)噛んでいなかったり

短い母音の"u" と "a"があやふやだったりです。

("r"と "l" の違いは徹底していたので大丈夫でした^^;)

「そりゃいかん!( ̄□ ̄;)sweat01」と思い、自分の癖を見直し、修正して気をつけながら語りかけをすると…

なんと!お兄ちゃんの発音も変わり始めました!

それがクリアに分かりました!

そしてその頃はディズニー映画をよく見ていたので、今度はそこにアメリカ英語がのっかってきて…

お兄ちゃんの発音は更に混ぜこぜ状態に!

まぁそれでもそれなりに流暢っぽかったのですが…

小学校にあがり、日本語がガンガン上達するに連れて、英語の発音は日本語訛りが強くなっていきました。

そしてその日本語訛りはどんどん進み、

超日本語っぽくなって!!(><)

あんなに流暢だったのに~~OMG!shock

しかし!

夏の間だけ祖父母の家にステイしていた日米ハーフの子と同じクラスになり、そのまま大の仲良しになったのです。

その子とは英語&日本語両方で会話をしますが、その子は当然英語がネイティブなので、お兄ちゃんはたくさん影響を受けて、また流暢さが戻り、またまたアメリカ&イギリス英語のミックスに!

そして家では英米のいろんなビデオや番組を見て影響を受け…

他の外国人のお友達や私のお友達との会話でまた影響を受けたり…

そんなことを繰り返しながら常に変化し、そして現在は彼独特の日英米ミックスで、それなりに流暢っぽい英語に進化しています(笑)

ここで一つ言えることは…

大きくなるにつれて、私の影響を受けなくなっていること!

彼は私ではなく、確実にネイティブのお友達やヤングアメリカンズのキャスト達やTV&ビデオから影響を受けながら進化を続けていることが良く分かります。

小学校低学年ぐらいまでは、普段の会話に出てくるフレーズは、だいたい私がよく口にするフレーズが多かったのに…

大きくなるにつれて、私が子供との会話にはあまり使った覚えがないようなフレーズを普通に使っています。

例えば「Who cares!」(『構うもんか!』みたいな意味)

いかにもカッコつけ始めた男の子が言いたくなるようなフレーズwink

そしてあとはもうDVDや映画で見るありとあらゆる英語から自由に自分の好みのフレーズや発音、アクセントをピックアップして自分のモノにしていっているようです。

…て、あれこれ書いてたらまとまりがなくなってきたので(^^;)

無理やりまとめると…sweat01

例えばうちのお兄ちゃんの場合…

親に全てを委ねている幼児のうちは、語りかけをしている親の発音を確実に受け継ぐ!

だけど子供は常に成長していて、知恵もついてくるので、日本語も英語も周りのいろんな人やTVなどからどんどん影響を受けます!

何でもかんでも受け入れては発音がどんどん変化していきます

そのうち自分の好みが出てきて、自分の耳に入る英語でカッコいい!発音とか、こんな風に喋りたい!とかいうのがだんだんハッキリしてきていろいろトライします

そうなったらもう親の影響なんてほとんどありません!

こんな感じで変化していきます

①の頃は、ママの影響をたっぷり受けて、変な癖まで受け継いでいるのを見て、「このまま定着しちゃうんじゃないか!」って心配してしまいます…

でも、子供の英語教育は、まだまだま~だこれからの長い道のりです!

その長い道のりが始まったばかりの今の目の前の発音を心配して、語りかけをしないでいるほうがもったいない!

大きくなったらどうせ親の真似なんかしてくれなくなってしまうので、小さい時に自分の発音を真似してくれてることをむしろ楽しんだっていいぐらいだと思います

それ以上に、会話すること、カンヴァセーションの機会をたくさん作ることの方が、大事だと思います

そして会話力を上げながら、耳も作りながら…

成長しながら発音も変化していくので心配は要らないのです。

ただしっ!!

本物の発音を聞くチャンスがなければ意味がない(><)

他の英語をしゃべる人やビデオなんかも見ずに、親との会話のみで大きくなってしまったら…

これは大変!

親の発音しか知らないままで変化は期待できない…。

できるだけいろんな人(英語で)と会い、ビデオやえ映画を見ていろんな英語に出会うチャンスは作っていけば

影響を受けて変化していって、本人が一番カッコいい!話したい!と思う発音で話すようになる…

というわけです。

なので…

いくらいま親の話す発音の影響を受けてしまっても、大きくなるにつれて影響しなくなるというのが今までの観察で分かったことです。

ちなみに現在のお兄ちゃんは、時々アメリカ寄りのイギリスっぽい英語です。

でもアメリカ人の先生にはイギリス英語だって言われます^^;

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

↑↑↑クリックPlease wink

|
|

« Coooool woman!超!超!カッコい~い女性に出会いました! | Main | 2番目の発音の変化&進化はちょっと違う… »

英語育児」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。先日は失礼いたしました。
そして、ご多忙中のところ、一年半以上も前の記事に今更コメントしてしまいすみません。

最近、息子がイギリス英語(英語)とアメリカ英語(米語)の違いが解ってくるようになりました。これまで、DVDや絵本を英語・米語関係なく取り入れてきたからだと思います。そこで、以前Mrinkoさんの記事で発音や英語と米語についての記事があったなぁ~と思い、探して、本日辿り着きましたsweat01

私はLとRの発音も苦手だし、fはhu、thはsになっちゃうこともしばしばで、発音には全く自信がありません。そこで、DVDや絵本のCDに頼って進めて来たわけですが、息子が発音や綴りの違い、autumnとfallのように全く違う単語になるものなどに少しずつ気づくようになり、今後、英語と米語のどちらかを選ばなくてはならないのか悩み始めました。
世界の約7割は英語なので、ビジネスで使うならいずれは英語を学ばなければならないと聞いたことがあり、それもまた、悩む理由でもあります。
しかし、こちらの記事を読み返してみて、どちらが土台であっても、それがずーっとそのまま影響し続けるわけではないことを再確認させて頂きました。
でも、その土台がEnglish風なのかEnglishなのかではとても違うと思うので、しっかりEnglishとして身に付けさせたいとも思いました。
お聞きしたいことが山のようにあるのですが(^-^;
とりあえず、また少しずつ読み返させて頂き、どうしても見つからないときは質問させて下さい。
ありがとうございました。

Posted by: Nanaco | September 05, 2013 at 08:42 AM

Nanacoさま

コメントありがとうございます


私もいろいろな記事を書いているので
いつどんなことを書いたかイマイチ覚えていませんsweat01
なるほど…こんな記事あったんだ…
と、懐かしみました(^^)


うちは元々バリバリイギリス英語
しかしディズニー映画等の影響でアメリカ英語もたくさん覚えました

そして現在は真ん中の状態でどちらも対応可能です

もし、アメリカ英語だけでやっていたら、アメリカ英語からイギリス英語に対応するほうが難しいんじゃないかなと思います。

どちらにしても、子供が小さいうちは柔軟なので!^^

Posted by: Marinko | September 08, 2013 at 02:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87554/53925047

Listed below are links to weblogs that reference 発音の変化&進化:

« Coooool woman!超!超!カッコい~い女性に出会いました! | Main | 2番目の発音の変化&進化はちょっと違う… »