« 2番目の発音の変化&進化はちょっと違う… | Main | お箸が上手に持てるようになる教育箸(エジソンじゃなくて…) »

和&洋のマナーの狭間

バイリンガル教育をしていると本当にいろいろありますsweat01

例えば『マナー』

私はバイリンガル教育をしているからといって、外国人のように育てようとは思っていないません

立派な国際人になって欲しいと思うからこそ、まずは日本人として日本人らしいマナーを身につけて欲しいと思っています。

「テーブルマナー」はちょっとしたこだわりも持ちつつ、頭を抱える部分もあります

日本のお食事タイムで忘れちゃいけないのが…

「いただきます」

「ごちそうさま」

ですよね

これは自宅でも、お友達宅でも、祖父母宅でもどこでも絶対に言う大事な言葉!

作ってくれた人に感謝の気持ちを込めて言います。

でもこれは英語にはありません!

ついつい「いただきますって英語でなんて言うの?」って考えがちだし、たまに質問もされますが、英語にはこれに替わる言葉はありません。

よく英語圏では

「ボナペティ~(^0^)♪」を使います

でもこれはフランス語で「Enjoy your meal!」みたいな意味、なので食べようとする自分が言うんじゃなくて、これから食べようとしている人に対して言うフレーズです。^^

なので…

いくら英語がたくさん飛び交う我が家でも、お食事の時には必ず「感謝していただきます」「ごちそうさまでした」を日本語で言います。

さて、お次は食べ方…

日本のお食事マナーはいろいろと複雑なようで、正直私は全部は知りませんcoldsweats01

だけど基本はお箸の持ち方&ご飯のお茶碗とお汁茶碗は手で持ち上げて食べること。

これは手が小さい子供にとっては難しかったりもしますが、持っていない時は声をかけるようにしています。

しか~~~しっ!

洋食のスープの場合これはダメ!

スープボウルやご飯やメインディッシュのお皿を持ち上げては絶対にダメなんですね!

それとスープに関してもう一つ言えば…

熱いお味噌汁を吸う時の「ズズズゥ~~ッ!」ってやつ、あれは外国では絶対にダメ!

すんごい嫌な顔されます!(私が経験者coldsweats01sweat01

スプーンの時も音立てちゃダメです!

「熱いんだからしょうがないじゃん!」って思うんですけどね…^^;

ちなみに…

お茶やコーヒーもダメ!

混ぜる時にスプーンの音が鳴り過ぎるのもダメ!

なんか窮屈な感じがしなくもないけど…

考えてみれば、人がスープやドリンクをズズズ~って吸う音は、聞いて気持ちいいもんじゃないですよね!それだけの話だと思います。

それにしても…

日本のマナーを教えながら、同時に洋のマナーも教えなきゃならないのはちょっと大変です

教えることが大変っていうよりも、「なんでダメなの?」って顔して聞いてる子供達にとって大変なんじゃないかなと思います。

これらの事は、家で家族となら少しぐらいOK!な気もするけど、家でちゃんとしておかなかったら、絶対に外や他の人とのお食事で失敗してしまいます(><)

全く外国に行くことがないとか、外国人とお食事なんかしないっていう生活ならいいかもしれませんが…

外国によく人や、外国人と交流の機会が多い人は気をつけなきゃです。

1年程前に、お兄ちゃんが仲良しのアメリカ人親子と一緒にディズニーシーに行きました

その時にレストランでランチを食べたそうですが、お兄ちゃんったらお皿にちょっと残ったおかずを食べようと、プレートを持ち上げて口に持っていったらしい…

するとすかさずそのお友達のママ(米人)に「それはやっちゃだめよ!」と注意されたそうです(^^;)

その親子は、お兄ちゃんが小4の時にアメリカで2週間ホームステイさせてもらった人達なので、家族同然ではっきり注意してくれて助かりますが…

しかしそうじゃなければ「この子は12歳にもなってマナーも知らない!」って思われただけだったのかな…

『マナー』って見栄を張るとかカッコつけるとかじゃなくて、国を問わず周りの人に不快感を与えないためのルールだなって思えます。

周りも本人も、皆が気持ちよく食べれるように、覚えておくと役に立つんだな…

って思えます。

しかし…

現実はなかなか難しいのです(><)

言語だけでも既に英語と日本語を使い分けるように教育して、子供達も子供達なりに頑張ってそれに応えて英語使ったり日本語使ったり臨機応変は大変だろうと思う…

そしてその上更に『マナー』なんてっ!(@Д@;

て思ってるかもしれない

でもこういうのって数回クドクドとレクチャーやって教え込んでどうにかなるもんじゃなく、言語と一緒で長い目で見て毎日毎日声をかけていくしかないのかな…?

とも思います。

そういえば…

以前イギリスである英日家庭にディナーに招待されました

子供が3人にいて賑やかな家庭でしたが、お食事の時に一番上のお兄ちゃん(当時10歳)は、上手にナイフ&フォークを使ってたな~(゚ー゚;

おまけにちょっとビックリしたのは…

そのお兄ちゃん、さっさと食べ終わり、テーブルを離れようとした時…

Dad, may I leave the table??

と、とっても丁寧に聞いて

「Yes, darling.」

とDad の返事をちゃんと待ってから、テーブルを離れて行きました

おぉ~~~っ!∑(゚∇゚|||) 感動!heart04

まだ10歳なのに …Well mannered!

よしっ!これを目標にしよう!( ̄ー ̄)flair

…と、まだ1歳だったお兄ちゃんを横目に、決意したのを覚えてますが…

現在13歳のお兄ちゃんは…

食べ終わったらお口モグモグしながら無言で立ち去るのでした…

あ~ぁ…( ̄◆ ̄;)。。。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑↑クリック please!note

|
|

« 2番目の発音の変化&進化はちょっと違う… | Main | お箸が上手に持てるようになる教育箸(エジソンじゃなくて…) »

英語育児」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87554/54019419

Listed below are links to weblogs that reference 和&洋のマナーの狭間:

« 2番目の発音の変化&進化はちょっと違う… | Main | お箸が上手に持てるようになる教育箸(エジソンじゃなくて…) »