« September 2012 | Main | November 2012 »

October 2012

Ko君の朝ルーティーン

Ko君は保育園通いなので、8時から9時までの間に登園すればよいのです

なので私が時間がある日はけっこう朝からてんこ盛りnotes

上の子達につられてだいたい7時過ぎぐらいに起きてきます

最近はお兄ちゃんが骨折で自転車通学ができないため、私が学校まで車で送るので、その間に1人でいい子に朝ご飯を食べてます( ´艸`)

その途中でRiちゃんが学校に行くので、10分ぐらい1人でお留守番して食べてます

でも、そういう時の方がちゃんと真面目に食べてるのが面白い

親って時には離れておく方が、子供って自分できちんとできたりするもんなのかな~?と…

思ったりします

そういえば、ピアノのレッスンの時も、私が用事があって先生に「ちょっとすみませんお願いします」ってお任せして戻ってきてみると…

「今日はビックリするぐらいおりこうさんにレッスン受けて、全部合格になりましたよ!ママがいないほうがいいんじゃない?(笑)」て…sweat01sweat01

言われるんです…(^^;)

さて、話を戻し…

朝食終わったらいつもTVを見たいんだけど…

「Study first!OK?」

「OK!」

て感じで、七田プリントをちょこっとやって…

もしやる気があったり時間がたっぷりあれば…

英語のワークもちょこっとやって…

今日のお勉強お~~~わりっ!happy02heart04

「Can I watch something?  (*゚▽゚)ノ」

と…

見るのは…

Planet Earth

(以前紹介したので内容については省略しますが…紹介記事はコチラ

もぅ…大好きで毎朝少しずつ丁寧に見ています^^



昨日は「Ice Worlds」(氷の世界)について観ました

南極と北極の両極端の世界をうまく交互に紹介しています

片方に厳しい冬が近づけば、もう片方は冬が終わり氷が解けていく…

それを美しく、厳しく、ドラマティックに描いてあり、朝から二人で大自然のドラマを堪能しました( ̄▽ ̄)



海底の貝を捕っては足を揃えて浮上するダックに微笑み…
Duck



初めて外の世界に出てきた生後2ヶ月の白クマのBabyに大声だして大騒ぎして…

Cubs2

しかしその後は辛いシーンが…(><)

氷が解けてきてオスの白クマが海に落ち、柔らかい氷は手をかける端から崩れてしまい、白クマは氷の上にのる事ができません…
Polarbear


これはさすがに見ていて苦しいシーンでした
Ko君は眉間にシワを寄せて、今にも泣きそうな顔をしてこのシーンを黙って見ていました


実は私もウルウルするほどショッキングなシーン
草食動物が肉食動物に捕まったり食べられたりするシーンは仕方がない自然のチェーンですが…

これはもっと違っていてド~~ンッとお腹の奥の方に重みが来るような…(わかります?)そんな辛いシーンでした




さて、所変わって一方の南極

皇帝ペンギンのお父さん達が卵を温めていて…

ついに生まれた!ヽ(´▽`)/

Chick



孵化の瞬間、最初の餌、子育ての様子…

さむ~い吹雪の中でお互いが寄り添う姿


そして一人で歩けるようになった赤ちゃんの様子
Chick2_4






もうこの時点でKo君メロメロでした(笑)


そして時間になったのでここでTVを消して…

辛いシーンや可愛いシーンの余韻が残るまま

保育園へ…



て…



朝からこんな壮大なビデオ見て、感動の余韻に浸りながら一日を出発し保育園にいくとは・・・

なんて贅沢な!shine

羨ましいにもほどがありますsmiledashdash

応援よろしくお願いします(o^-^o)

↓↓↓クリックHere!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

子供の「記憶と体験の黄金期」

10日ほど前にKo君の保育園の親子遠足に行ってきました

卒園前の思い出作りの為の親子遠足です!happy01

お兄ちゃんは違う保育園に通ってましたが、やはり卒園前は親子遠足で、遊園地のような所に行きました。

Riちゃんの時も親子遠足があり動物園に行きました。

そして今回Ko君と行ったので…

「お兄ちゃんやRiちゃんとも親子遠足行ったでしょ^^、どこに行ったか覚えてる?」

て聞いてみたら…

二人とも…

「・ ・ ・sweat01

お、覚えてない…???∑(゚Д゚|||)sweat01sweat01


まぁ…きっとその時の写真やビデオを定期的に見せ続けていたらちゃんと覚えていただろうけど…

そうでもしなかったらそんなに簡単に忘れてしまうものなのかっ??


なんか。。。トホホ…(´;ω;`)


こっちゃ朝早く起きて一生懸命お弁当作って、あれこれ準備して、張り切って行ってるのに…

4年も経てば忘れちゃうのです。


そんな現実を知りすっかり凹んでいましたが、たまたま自分の過去記事を見ていてこんなのを見つけました!

子供が本物を体験するのにベストな年齢

なんか”こんなのを見つけました!”なんてよそよそしいですが(笑)、自分が書いた記事です(^^;)


しかし、うっかりすっかり忘れていたけど、なかなかためになる事が書いてありました!smile

(上記リンクの)記事を読んでいただければわかりますが、教育の専門家のお友達から聞いたこんな事がかいてあります

子供にいろんな事を体験させて、本物を見せるのは本当に素晴らしいことだけど、中でも最高の年齢がある

その適齢期に本物を見て体験することで、その子の人生にまで影響するほど印象に残り、その時の体験やその時感じたことが、心に深く残る

なのだそうです…

そしてその年齢が…



9才~12才ぐらいなのだそうです


そうだった…忘れてた。。。( ̄◆ ̄;)



ちなみに、これは語学習得能力の「黄金期」の話とは違います、もっとこれからの人生において大事なきっかけだったり、機転だとかにつながるような…そういう話です。

もちろん個人差はあるでしょうが、とても納得がいく話です。

野球試合を初めて生観戦して、それがきっかけで野球をもっと頑張るようになったとか…

海外旅行して物凄い刺激になったとか…。

そして、どうしてこの年齢なんだろうと、私なりに考えたのですが、以前の記事にも書いてますが…

見るもの聞くモノを印象や感覚でとらえる幼児期と違って…

物事を頭の中でロジカルにも考えながら取り込み…

頭と心で絶妙なバランスで感動し…

それをいろんな方向へ発展させることができ…

それでいて思春期の手前でまだ物事を素直に受け入れることが可能


それがこの年齢なんだとつくづく思います

やっぱり今までのお兄ちゃんの行動や言動を見ていて本当にそう思います

アメリカでの体験も大きかったですが…

今思えば、初めてヤングアメリカンズのワークショップに参加したのもこの黄金期のど真ん中!小5の11歳!

あれ以来彼の生活や行動や考え方が大きく変化しましたから!

但し、この時期以外は見せても体験させても意味がないという意味に絶対にとらえないでください!
同じ体験するならこの時期ならより刺激があり記憶に残り、影響が大きい!ということなので、この適齢期を知っておくことで同じ体験もより効果的になるならそれに越したことはない…

ということです。

そして…

現在Riちゃんが小4(9歳)、まさにその黄金期に突入!
やはり今まで以上に色んな事に好奇心旺盛で、意欲的です!



そして最近しきりに言ってくるのが…

「お兄ちゃんは4年生の時1人でアメリカ行ったのに、あたしは~~???」

ですsweat01sweat01

そりゃそう無理もないですね。。。

だけどお兄ちゃんは男の子だし、お友達がいたから行けたけど…

Riちゃんは女の子だし、招待してくれてるお友達がいるわけでもないので…。despair

すぐに「OK!米でも英でも行っておいで!」てわけにはいかないっす…

でもその代わり、もうすぐまたヤングアメリカンズのシーズンです!

小1から参加しているRiちゃんですが、今のRiちゃんならたとえ同じヤングアメリカンズだったとしても、もしかしたら黄金期の今なら今までとは違う印象、違う感動が…

あるんじゃないかな?と…



密かに期待します( ´艸`)

さて、忘れちゃいけない末っ子Ko君

せっかく楽しかった親子遠足!

忘れてしまわないように度々写真やビデオを見せては振り返らなくちゃです(^^;)



応援よろしくお願いします(o^-^o)

↓↓↓クリックHere pleeeease!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

| | Comments (5) | TrackBack (0)
|

ORT の「RaH」が安くなった!

以前このブログで大絶賛(笑)の紹介をさせていただいたORTのシリーズ

Read at Home Biff, Chip & Kipper Collection 48 Books Set Pack (24 x Phonics Books and 24 x First Stories Books)
Read at Home Biff, Chip & Kipper Collection 48 Books Set Pack (24 x Phonics Books and 24 x First Stories Books)

See details at Amazon
 

(紹介した記事⇒これはお得っ!&使える!ORTの新シリーズ!

で・し・た・が…


その後お安いお値段で買えなくなってしまい

とっても申し訳ない思いでした…(;;)

安い料金も表示はされているのに、クリックして購入しようとすると…

ビックリマーク(!)付きの赤い文字で

「Sorry!お宅のエリアじゃ買えません!」と、メッセージが現れてました



BUT!

いつの間にかマーケットプレイスのお店の一つで、お安くしかも日本でも大丈夫になってます!

この商品ページにアクセスして写真の右にある「17 new from £43.18 」(←リンクしてあります)をクリックすると、お店リストがでるので

そこにある↓↓このお店で注文すれば、海外でも大丈夫です

Photo

このお店「FULFILLED BY AMAZON」ってなってますね

良く頑張って売ったってことでアマゾンから認定受けたってかんじなのでしょうか?わかりませんが…

それで海外もOKなんですね!

私が買った時よりも£10も安い!smile


とはいえ、これもいつまで続くか分からないし…

いきなり値上げしてくるかもわからないし…

売り切れになっちゃうかも分からないのでドキドキではありますが…

「欲しかったのに逃してた~crying」っという方はお早めに!


取り急ぎご紹介いたしますwink

お帰りの際
↓↓ここを
クリックお願いします~

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

| | Comments (10) | TrackBack (0)
|

「チェス」&アメリカでの体験話

ナント…

お兄ちゃんが右手首を骨折してしまい(><)

自転車通学できなくなってしまったので、私が毎日送り迎えな生活してまふ…
(;´д`)トホホ…

部活仲間との打ち上げとかも、夜遅く送り迎えして…、まるで王子様shine王子さまshineを抱えてるようです

あ~ぁ。。。( ̄◆ ̄;)sweat01




さて…


うちの6歳児Ko君、最近急にチェスがやってみたくなり、お兄ちゃんに教えてもらうようになりましたょ(^^)

Photo_5

いっちょまえにやってますが、まだまだ兄にはかないませんsmile

でも、時々お兄ちゃんがわざと駒の動きに気づかなかったふりして、負けてあげたりして

ちょこっと喜ばせたりしながら教えたげてます( ´艸`)

ちなみに…

日本人にはあまり馴染みのない「チェス」ですが、「チェス」は日本の将棋とそ~っくりなゲーム

ルールが良く似ていて、駒の動き方が微妙に違っていたり、ちょこちょこ違いはあるものの、ほとんど同じようなゲームです

その存在も日本の将棋と良く似ていて、大人が真剣に勝負するイメージです

最近は子供用の将棋とかあったりして、「子供にも将棋を!」的な勢いを感じますが、欧米ではけっこう普通に子供達もチェスをやります




そういえば…と、あるエピソードを思い出しましたflair

随分前、お兄ちゃんが小4の時ですが、一人でアメリカのお友達のうちへホームステイさせてもらい、サマーキャンプなどに参加しました

その時に、「チェス」のお陰でお兄ちゃんはちょっと嬉しい体験をしました!

その時のことは以前「お兄ちゃん、国際人への第一歩?」という記事に詳しく書きましたが…

いわゆる「芸は身を助ける」ならぬ…「チェスは身を助ける」て感じで

突然参加してきた小さな東洋人が、体のデッカイアメリカ人Boyにチェスで勝って、「お前なかなかやるな~!(#゚▽゚)ノ」っていう…

学園ドラマ風のストーリー展開(^^;)




やっぱり、これから英語が喋れる国際人を目指すならチェスもできるようになっておくと、更に交流が広がったりなどして、絶対メリットはあるはず!

そういえば、ハリー・ポターにも第1巻でいきなり出てきたチェス!

ルールが分かるとあの動く巨大チェスの盛り上がりシーンの意味も良く分かって面白いはず



とはいえ…、Ko君は今はまだダメダメですが(笑)、デッカイアメリカ人Boyを降参させた(?)お兄ちゃんにしっかりおせえてもらって、頑張ってねsmile



ところで…

上の写真に写ってるチェス盤はこんなの…

ゲームスタジアム12
ゲームスタジアム12


Amazonで詳しく見る
 

この中に日本の将棋も囲碁も…、そして世界で愛されてる昔ながらのゲームもセットになっていてとってもお得感有りsmileheart04

しかも、弱いけど(汗)密かにマグネットになっているので、うっかりゲーム盤に当たっても駒が大人しくしてる…

でも、思いっきりぶつかったりひっくり返したらバラけるけど…sweat02



それから、ついでにお兄ちゃんがアメリカ行った時の懐かしい記事を読んでみたい方はこちらカテゴリでどうぞ~(^^)

⇒「お兄ちゃんのアメリカ紀行




さ…

今日も2人の王子様をお迎えに行かなきゃっ!rvcar dashdash

ここにクリック↓↓お願いしま~す^^

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


rvcar dashdash  rvcar dashdash  rvcar dashdash  rvcar dashdash

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

もはや日本語!

お兄ちゃんは現在中2

学校では普通に英語の授業があります

なので(当たり前ですが)クラスの全員英語を習っています

でも…



毎日の学校生活の中で彼が気を遣っていることがあります


それは…



日本語の中にたくさん紛れているカタカナ語を、英語っぽく言ったりはりしないことです

例えば数字だって、英語の授業の中ではちゃんとOne, Two, Three て言うでしょうが…

それ以外の生活の中で使う場合は…

ワン、ツー、スリー

とあえて言ったりします

部活のサッカーでも使われる専門用語はカタカナだらけ

DSやカード等、ゲームをやっていてもいろんなカタカナが溢れています

英語を喋る人達にとっては「???」的な言い方もたくさんあったりします

お兄ちゃんも以前は「その言い方変だよね~」なんて言ってましたが…

今は…

「あえて英語っぽく言わないよ!みんなの雰囲気壊すでしょ」

と…

最近は迷わずキッパリ言ってます

さて、そんなカタカナ語の中でも特に気になる言葉がこれ

「ドンマイ!」

これは先日書いた「これは酷い!信じてはいけない記事」という記事の元記事 にも出てくるのですが…

一応英語から来てる?

きっと…

「Don't mind!」 がだんだん削られて「ドンマイ」になったのでしょうが…

英語でもこの言い方はしませんね

それより「Never mind!」といいます



でも…


中学生の部活や試合などを見ていると、誰かがうっかり失敗したり、頑張ったけど点を入れ損ねたり、アウトになったりした時に…

「ドンマイ!wink」って言うことでお互いを気遣ったり、励まし合ったりしています。

中学校生活の中で(おそらく小学校も)「ドンマイ!」は今や無くてはならない大事な言葉だったりします

なのでお兄ちゃんも最初は抵抗があったようですが、今ではすっかり定着して、当たり前の顔して「ドンマイ!」って言ってます

そんな姿を見ていると、あの記事のように「ヘンな英語」って目くじらを立てずに、もう日本語にしちゃえばいいのに!なんて思います(笑)

もうこんなに定着してるんだから、全国の日本人に「これは間違ってるから使うのやめて!笑われてます!」なんて声をかけるより(だれもこんな声かけはしないけど(笑))

英語を語源とする日本語として認定すればいいのに!(笑)

あ、それでも私は抵抗があり過ぎて、きっとなかなか使えないと思うけど…(^^;)




どうでしょう???( ´艸`)





※今日の内容はちょっと本気、ほとんど妄想smilescissors



ただ実は一番言いたいことは、子供達が自由な気持ちで環境に馴染んでいくこともアリなんだなってことです


ここにクリック↓↓お願いしま~す^^

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございますconfident

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

感動&釘付け!期待以上のDVDシリーズ (from UK)

以前このブログで熱く!熱く!紹介させていただいたBBC ドキュメンタリーシリーズのDVDは

こちらの2つ…↓↓

  &  

※紹介した記事は↓↓

更にハイレベルな映像が美しすぎるDVD!

凄い!美しい映像のDVD!もう興味や楽しみのための教材は要らない…

だけど、その時もう1つ買おうかどうしようか迷っていたのがありました

こちらの"Planet Earth"

さすがにこんな500min 以上あるセットを3つも買うのはちょっとToo much かなと思ったりして、買わなかったのですが…

その後悩んだ悩んだ…(笑)

うん、今はやめとこ…

でも欲しい!

んじゃどれにする?

迷う~~( ̄~ ̄)sweat01


…と

かれこれ1年以上経ち、やっと決めて買っちゃいまいた

結局買ったのは…

上記と同じ"Planet Earth" ですが、2010年リリースの特別版でディスクが1枚多い6枚入りです。

上にリンクした記事にも書いたように、最初に買った2つが本当にそれはそれは素晴らしい内容だったので、このPlanet Earth も更に凄いんだろうと…

期待はしてましたが…

その期待値を軽~~く超えました

DVDをスタートした瞬間からもうやられました(笑)

釘付け!とか鷲掴み!とかフリーズ!とか…

どう表現していいか、とにかくみんな固まった状態で見入ってました(笑)

なにしろ、最初のメニューの画面の背景に流れてる映像でもうウワァ~!とかオォ~~!とか可愛ぃ~!とか思わず声がでる

そして本編は…

ありとあらゆる環境に生きる

ありとあらゆる生物を

超高性能カメラで驚くほどクリアに美しく映し出し

壮大な音楽と心のこもったナレーションが絶妙な組み合わせで

更に素晴らしく演出します

このBBCのシリーズの凄い所は…

未だ誰も見たことが無かったようなシーンや映像を

どう撮ってどう見せるか…

そこにとことんこだわり

全ての瞬間がまるで傑作品でアートのような仕上がりです!

そしてそれぞれのエピソードにその時の撮影の様子(Making)があります。

これがまたすごい!

過酷な状況の中でも真剣に取り組み、狙い通りの撮影ができた時は誇らしげでもあり嬉しそうでもある…

とってもリアルな表情でこんなに大変な中で撮影したんだな~って…

子供達の心にも残っていきます

そっしてまたこの音楽の素晴らしいこと!

コンピューターで作ったような効果音じゃなく、ちゃんとこのシリーズのために作曲されて、BBCのオーケストラによって演奏された、それはそれは壮大な曲ばかり!

さっそくKo君はこの曲に反応し「音楽に感動する!」と聴き惚れています(笑)

なので…

このDVDを見まくる子供達は

生き物の生態について興味を持ち、詳しくなるだけでなく

大自然の中にある「美」

それを損なわない映像の見せ方や演出を

知らず知らずのうちに学んでるんじゃないかな…?

なんて思えます



手数料入れても2000円ちょっと?

それで10時間以上もあるこんな凄いDVDが見れて

大自然の美しさとアートに浸れるのです!!!

1年迷って買って良かった…( ̄▽ ̄)

応援よろしくお願いします(o^-^o)

↓↓↓クリックHere!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

<にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村/p>

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

英語発表大会…(続き)

朝晩涼しくて秋らしくなってきましたね

うちは今週末はRiちゃんの運動会ですが、これで今年は3つ目の運動会です
ヾ( ̄0 ̄)ノ

①保育園⇒②中学校⇒③小学校

…と3人分ってことです(笑)

去年はお兄ちゃんの中学校とKo君の保育園の運動会が同日でかぶってしまい、運動会のハシゴでした!

同日にかぶっても、3人分バラバラでも結局はどれも大変だったけど、それはそれでいい思い出です^^

さて、先日お兄ちゃんの英語発表大会について書きましたが、もう少しだけ追記します

前記事でお伝えしたとおりお兄ちゃんは大会で1位になったのですが…

「やった~!やった~!ヽ(*≧ε≦*)φお兄ちゃんが1位だ~!」

とか…

「うちの息子凄いでしょ~!」って…

そういう感覚が無いというか…

そこだけに誇りを持って鼻高々!っていう感覚が不思議なほどありません

だけど順位以上に…

去年の敗北から今回に至るまでの全てのプロセスと、悔しさを乗り越えて頑張ることができた彼の成長ぶりを見ているほうが

微笑ましいし…

嬉しいし…

誇らしい…(゚ー゚)

なにしろ…

その道のりはけっしてストレートではなかった

今回の暗誦の原稿、笛吹きのお話を、最初は前回と全く変わらないほど表現も何もなく、ただの棒読み状態で読んでました。

だけど勝ちたいならそれじゃぁいかん!

と思い…

そこで表現やメリハリをつけるために、言葉の世界だけでなく、まずは頭の中でストーリーがクリアな映像が展開されるぐらいに作り上げることを試みて、笛吹きやケチで嘘つきな村長さんなど、キャラクターを絵に描いてみたりしました。

そして設定した目標は…

兄の暗唱を聞いてるだけで、語り者と観客の間の空間にまるでストーリーの映像が3Dで映し出されているような…

そんな錯覚に陥るほどの迫力と臨場感!

聞いてる人が思わず身を乗り出して引きこまれてしまうような…

(ちょっと高すぎだけど^^;)そんな目標設定で挑みました

が…

それに向けてお兄ちゃんがいつも高いテンションを保って取り組んだわけではないのです…
(;;;´Д`)ゝ。。。トホホ

やる気のない時は…

「めんどくせーなー」

「そんなのイメージできないよぅ~」

「無理~~っ!」

って超引き引きネガティブモードで完全に根性無し!

という感じで、やる気にならせるのが大変な時もたくさんありました。

まぁ、そんな時は私が実際にやって見せたり、彼のアイデアを大げさに褒めてみたりして(笑)、上手くイメージが作れてきたらお互い嬉しくてやる気が出て

2人で握手やハイタッチやハグして喜び…

なんとか出来ていきました。

そしてもう一つ…

そうやって練習したり、イメージ作ったり…

ネイティブの先生と毎日練習したりお喋りしたり

後輩の練習にも付き合っていろいろアドバイスしたり

しているうちに…

自分が英語ができることが今まで以上に嬉しく感じたんですって!

んで…

もっともっと英語に力を入れたいと思えるようになったんですって!

なんか泣ける~crying

そんなこと感じながら日に日に表現力も磨いて本番に備えて頑張ったら…

結果が付いてきたって感じです!


そして…

更に嬉しかったことは

会場にいた他校のネイティブ講師達が次々に来て褒めてくれたこと

そしておまけに「ストーリーを聞いてハラハラドキドキしたよっ!」って言われたこと!

これは嬉しい!

目標だった「聞く人を引き込むほどの迫力と臨場感!」が少しでもあったってことかな~^^

At least... その先生は引きこんだ!ってことで(笑)

目標達成!(?)

やった~っ(*^ω^*)ノ彡

と…お兄ちゃんと喜びました

いろいろドラマがあって

中学生っていいですね(^^)

県大会に向けて…

頑張ります!

こちらの応援もよろしくお願いしますm(_ _)msweat01sweat01

↓↓ここんところにポチっと^^

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

ありがとうございますconfidentheart02

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« September 2012 | Main | November 2012 »