« ORT の「RaH」が安くなった! | Main | Ko君の朝ルーティーン »

子供の「記憶と体験の黄金期」

10日ほど前にKo君の保育園の親子遠足に行ってきました

卒園前の思い出作りの為の親子遠足です!happy01

お兄ちゃんは違う保育園に通ってましたが、やはり卒園前は親子遠足で、遊園地のような所に行きました。

Riちゃんの時も親子遠足があり動物園に行きました。

そして今回Ko君と行ったので…

「お兄ちゃんやRiちゃんとも親子遠足行ったでしょ^^、どこに行ったか覚えてる?」

て聞いてみたら…

二人とも…

「・ ・ ・sweat01

お、覚えてない…???∑(゚Д゚|||)sweat01sweat01


まぁ…きっとその時の写真やビデオを定期的に見せ続けていたらちゃんと覚えていただろうけど…

そうでもしなかったらそんなに簡単に忘れてしまうものなのかっ??


なんか。。。トホホ…(´;ω;`)


こっちゃ朝早く起きて一生懸命お弁当作って、あれこれ準備して、張り切って行ってるのに…

4年も経てば忘れちゃうのです。


そんな現実を知りすっかり凹んでいましたが、たまたま自分の過去記事を見ていてこんなのを見つけました!

子供が本物を体験するのにベストな年齢

なんか”こんなのを見つけました!”なんてよそよそしいですが(笑)、自分が書いた記事です(^^;)


しかし、うっかりすっかり忘れていたけど、なかなかためになる事が書いてありました!smile

(上記リンクの)記事を読んでいただければわかりますが、教育の専門家のお友達から聞いたこんな事がかいてあります

子供にいろんな事を体験させて、本物を見せるのは本当に素晴らしいことだけど、中でも最高の年齢がある

その適齢期に本物を見て体験することで、その子の人生にまで影響するほど印象に残り、その時の体験やその時感じたことが、心に深く残る

なのだそうです…

そしてその年齢が…



9才~12才ぐらいなのだそうです


そうだった…忘れてた。。。( ̄◆ ̄;)



ちなみに、これは語学習得能力の「黄金期」の話とは違います、もっとこれからの人生において大事なきっかけだったり、機転だとかにつながるような…そういう話です。

もちろん個人差はあるでしょうが、とても納得がいく話です。

野球試合を初めて生観戦して、それがきっかけで野球をもっと頑張るようになったとか…

海外旅行して物凄い刺激になったとか…。

そして、どうしてこの年齢なんだろうと、私なりに考えたのですが、以前の記事にも書いてますが…

見るもの聞くモノを印象や感覚でとらえる幼児期と違って…

物事を頭の中でロジカルにも考えながら取り込み…

頭と心で絶妙なバランスで感動し…

それをいろんな方向へ発展させることができ…

それでいて思春期の手前でまだ物事を素直に受け入れることが可能


それがこの年齢なんだとつくづく思います

やっぱり今までのお兄ちゃんの行動や言動を見ていて本当にそう思います

アメリカでの体験も大きかったですが…

今思えば、初めてヤングアメリカンズのワークショップに参加したのもこの黄金期のど真ん中!小5の11歳!

あれ以来彼の生活や行動や考え方が大きく変化しましたから!

但し、この時期以外は見せても体験させても意味がないという意味に絶対にとらえないでください!
同じ体験するならこの時期ならより刺激があり記憶に残り、影響が大きい!ということなので、この適齢期を知っておくことで同じ体験もより効果的になるならそれに越したことはない…

ということです。

そして…

現在Riちゃんが小4(9歳)、まさにその黄金期に突入!
やはり今まで以上に色んな事に好奇心旺盛で、意欲的です!



そして最近しきりに言ってくるのが…

「お兄ちゃんは4年生の時1人でアメリカ行ったのに、あたしは~~???」

ですsweat01sweat01

そりゃそう無理もないですね。。。

だけどお兄ちゃんは男の子だし、お友達がいたから行けたけど…

Riちゃんは女の子だし、招待してくれてるお友達がいるわけでもないので…。despair

すぐに「OK!米でも英でも行っておいで!」てわけにはいかないっす…

でもその代わり、もうすぐまたヤングアメリカンズのシーズンです!

小1から参加しているRiちゃんですが、今のRiちゃんならたとえ同じヤングアメリカンズだったとしても、もしかしたら黄金期の今なら今までとは違う印象、違う感動が…

あるんじゃないかな?と…



密かに期待します( ´艸`)

さて、忘れちゃいけない末っ子Ko君

せっかく楽しかった親子遠足!

忘れてしまわないように度々写真やビデオを見せては振り返らなくちゃです(^^;)



応援よろしくお願いします(o^-^o)

↓↓↓クリックHere pleeeease!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

|
|

« ORT の「RaH」が安くなった! | Main | Ko君の朝ルーティーン »

育児・教育・生活」カテゴリの記事

Comments

黄金期、すごく分かります!
ほんと、9歳〜12歳のとき、わたしは始めてディズニーランドへ行って、始めてジブリ映画の天空の城ラピュタを観て、それはもう感動したのを今でも鮮明に覚えています。こんな世界があるなんて!!!って感じでした。

黄金期じゃなきゃいけないとかでは決してないと思うけれど、たとえば娘に対して思うのは、小さい頃からいろいろな経験をさせて美しい物をたくさん見せてあげたいと思うのと同時に、もう少し大きくなってから、ちゃんと理解できるようになってから初めて体験させてあげたい!と思う物もあります。そういうものはその年になるまで大事に取っておくのも良いかな〜なんて思ったり。

あの時期の衝撃というか、感動というか、それを子供たちはこれから感じるんですね!ワクワクします。


あ、そうそう、お勧めのDVD「THE BLUE PLANET」自分が観たくて買っちゃいました。あのDVD、字幕が出るんですね!!!英語を勉強している大人にとってはとてもありがたいです!

Posted by: シオママ | October 23, 2012 at 01:33 PM

シオママ

そう、自分の時のことを思い出してみるとよくわかりますよね!
私もたくさん記憶に残ってます。

兄も4年経った今でも、アメリカでのことをとても鮮明に覚えていて、飛行機の中で寝ずに見た映画(3本ぐらい?)の詳細までしっかり覚えてる程(笑)


>黄金期じゃなきゃいけないとかでは決してないと思うけれど

そう、そこ大事ですね!
その時期以外は意味ないとか、そういうことではないんです。
だけど、その時期が他の時期よりももっとその記憶が頭と心に深く刻まれるということを意識すれば、その時期にいろいろ合わせることができるってことですね。

その時期のシオちゃんのためのママのプランってなんだろぉ~??って気になっちゃうsmile


>あのDVD、字幕が出るんですね

そうです!
英語のDVDってほとんど字幕出るんじゃないかな?
耳が聞こえない方達のためでもあるそうですが、私達のような英語学習者にはと~~~っても役に立ちますね!

しかし、素敵な映像ばかりですよね^^

Posted by: Marinko | October 25, 2012 at 11:50 PM

こんにちは。
いつも我が家の英語育児の教科書のように拝見しています。
私は本当につたない英語しか話せなくてそれでもやってこれたのはここのブログのおかげです。ありがとうございます。
最近息子の英語が伸び悩み困っていたらステキな日本人のバイリンガルの先生に出会いました。
でもイギリスにいらっしゃたのでイギリス英語です。
うちは多分アメリカ英語でやってきていると思います。今からイギリス英語ってどう思いますか。子供は混乱しないでしょうか。また中学になっときはどうなんでしょうか。以前の記事も読ませていただきましたが、なんだか不安で思わずコメントしてしまいました。

Posted by: yuki | October 26, 2012 at 08:39 AM

yukiさま

ご訪問&コメントありがとうございます

このブログを参考にして下さってるとか…confident、励まされましたshine

ありがとうございます


さて、アメリカ英語or イギリス英語ということですが…
私も以前はけっこうこだわっていましたsweat01

うちの場合は私が「英語は絶対イギリス英語!」って感じだったので、ディズニーは仕方ないとし、他にはできるだけアメリカ英語を聞かさないようにしていたりしました。


BUT!今は違います…

いくら私達に好き嫌いがあっても、これから将来子供達はどこに行くか、どこの人と交流するかわかりません
アメリカとは限らないし、イギリスとも限らない。
なのにどちらかの英語だけしか聞かせていなければ、しょうじゃないほうの英語に対応しにくくなってしまう…

そう考えたので、今ではどんな英語でも入ってくるものは拒まず、アメリカ、イギリス、オーストラリア、ジャマイカ…なんでもOKです!

せっかくたくさんの音を聞き分ける能力がとっても高い幼児期に英語をやってるのですから、今はできるだけ多くの音を取り込み、それに慣れて、もっといろいろ分かるようになってから自分で好きな英語を選べばいいと思っています。


>子供は混乱しないでしょうか

発音の違いに少しぐらい戸惑うことはこれから有るかもしれませんが、それは日本語の方言と同じなので、ちょっとアレッ?って思った時に、なにげなく教えてあげればいいだけです。

5~6歳になるとその違いにも慣れてきて、違いを楽しんで遊ぶほどなので、問題ではないと思いますwink

Posted by: Marinko | October 28, 2012 at 02:41 AM

お答えありがとうございます。
そうですね。いろいろ英語を。確かに大切ですね。
なんか単語が消しゴムとかも違うので焦ってしまいました。これからもいろいろと教えてください。

Posted by: yuki | October 29, 2012 at 11:31 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87554/55944635

Listed below are links to weblogs that reference 子供の「記憶と体験の黄金期」:

« ORT の「RaH」が安くなった! | Main | Ko君の朝ルーティーン »