« 怪しいコメントにご注意! | Main | 100 Words G2 ワークの進み具合 »

日本語と英語のバランス (『語りかけ』の続き)

先日Riちゃんがお友達のおうちへお泊りに行きました

子供ってお泊り会大好きですよね(^^)

そしてKo君が…

「ボクも一緒にお泊りしたい~~!cryingsweat01


あぁ~…( ̄Д ̄;;

やなパターン。。。

下の子の典型的なおぐずりですねthink


そこで…

「ならお兄ちゃんのお部屋にお泊りしたら?(*゚▽゚)ノ」

と提案したら…なんと

「いいよ!3日間はどう?」

と、優しいお兄ちゃんの言葉にKo君納得し

お兄ちゃんのお部屋でのお泊りに満足してました( ´艸`)

でもKo君が早い時間から寝てたら兄はお勉強できないので

2日でクビになりました(笑)


さて…

そんな我が家の生活言語の日本語&英語のバランスは???


というわけですが、時期と子供(うちの3人)によっていろいろです



お兄ちゃんが小1だった時に、意外に身近で地味な日本語を知らないことに気づき!

ちょっと焦りました!

幼稚園の時には少々日常的な言葉を知らなくても

「ま、幼稚園児だからそんなもんだよね」で済まされましたが、小学生になるとちょとちがう…

知らない言葉が多いと

「これも知らないの?」

「このぐらい知ってなくちゃ」

など先生に思われて心配されてしまいます!

それらは保育園や学校ではほとんど使うことがないような言葉

例えば…

洗面器、押入れ…

あとはあまり覚えてませんが…(^^ゞ 
んかもっといろいろあったsweat01


そこで、その頃もう既に兄自身の発話は日本語が多かったのですが

私の方からの会話も意識的に日本語を増やすようにしました。

なので

学校では学校ならではの日本語をたくさん覚えて帰り、

家では家の日本語を覚え、すごく上手くなりました。


ただその一方で、まだ小さかった4歳年下のRiちゃんには

まだまだ英語で生活させたかったので

兄との一緒の時間をどうこなすかが私にとっての課題でしたが、

Riと2人の時はできるだけ英語

お兄ちゃんも一緒の時は英語&日本語(オケージョンによって切り替え)という生活でした


結局、日本語:英語 7:3 ぐらいの割合が平均です


そして末っ子が生まれ時は過ぎ…(笑)



現在は…


どういうわけか兄が(私とは)一番英語で会話します
(5:5~6:4))

2番目がRiちゃん(7:3)

3番目が末っ子Ko君(8:2)


この順位に何か年齢的な意味があるのか

経験値なのか…

まだ分かりませんが

とても興味がある所です



ですが、「バイリンガル」というのは2つの言語が半分半分なわけではなく

母語が確立してこそのバイリンガル!です

 

以前「子供は親からは言語を学ばない」という記事で、母語の必要性について書いたとこがあります

講演を聴いてきた時の話で

思考の媒体

大事なのはその「思考」に使える完全な言語能力で、それが「母語」であるべき」

考えるために使える言語「母語」こそが何よりも大事完璧!パーフェクトであるべき!」

という話です。


なので、母語を大事にしつつ、英語を確実にキープ&UPするためには

家庭での英語&日本語の両方の語りかけ(会話)が我が家のバイリンガル教育のキーになっています。


しかし!失敗だらけのドタバタですsweat01


そのうち紹介できれば…(^^ゞ



今日応援よろしくお願いしますconfidentheart04

↓↓↓↓クリックしてねchick
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

にほんブログ村 親子英語

|
|

« 怪しいコメントにご注意! | Main | 100 Words G2 ワークの進み具合 »

英語育児」カテゴリの記事

語りかけ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87554/58058914

Listed below are links to weblogs that reference 日本語と英語のバランス (『語りかけ』の続き):

« 怪しいコメントにご注意! | Main | 100 Words G2 ワークの進み具合 »