« August 2013 | Main | October 2013 »

September 2013

まだ紹介していなかった(!?)ライミングの素敵な絵本

大好きな絵本や効果がある絵本は

できるだけここで紹介してきたつもりでしたが…

未紹介の絵本がありました


夏休み前にママ向けレッスンでママさん達に紹介して

音読したりして久々に思い出したので

紹介記事を探してみたら…

あれ?ない??

チラッとは載せてたし、リンクはしていたけど

紹介は未だでした(^^ゞsweat01

こちら↓↓↓

(英アマゾンでもレビューで大絶賛⇒Each Peach Pear Plum

幼児英語教育では定番中の定番!

この絵本が我が家に来たのは11年前(?)(^^ゞ

アルクの英語雑誌の絵本紹介を見て買って以来

親子でだ~~い好きな絵本ですheart04


「あ~それなら知ってる!」っていう方が多いと思いますが…

それはそれは…

素敵な絵本  (*^^*)


ストーリーっぽいストーリーではありません

登場するのは…

マザーグースでお馴染のキャラクター達

「Each peach pear plum, I spy Tom Thumb.」

…と、こんなセンテンスから始まり

まずはTom Thomb を絵の中から探します

そして見開きごとに違うキャラクターが絵の中に隠れていて

次のページは前ページのキャラクターの居場所や状態と

次の登場人物の名前がライミングになっています

まるでライミングの「しりとり」です(^^)

しかも全て同じテンポでリズムに乗って読むことができます


そして最後は全ての登場人物が1つの見開きページにいっぺんに隠れていて

最後は…?


和むheart01heart01heart01。。。END


1才代後半~3才児ぐらいの黄金の脳に

是非聞かせてあげたい、ピッタリ!な素敵な詩

そして少し大きくなるとライミングに気付き

学習効果につながります


絵が美しくて可愛いし^^

「I SPY」のゲームができて

聞いて耳に心に美しく

自分でもリズムで読める!

そして…

全てしりとりになっていて繋がってるから

気がつくと全部丸覚えできちゃいます!

「暗唱」の堅苦しいトレーニングではなく

気が付いたら…「あれ?全部言えた(^0^)」になって


そしてそして…

英語の醍醐味!「ライミング」

これにたっぷり浸ることができます


そしてこの表紙が可愛い^^

登場したキャラクターにまつわるアイテムが隠れています

「これ何だろう?誰が持ってた?」

「ねずみは何匹?」

とか、果物とか

などなど…

絵について話せて…

と~~っても良い語りかけ&会話が展開されます!
ヽ(´▽`)/


しかし実は…

初めてこの本を手に取った時は

イマイチ良さが分かりませんでした

どう進めるか、どう引き込むか…

ストーリーじゃないし…と。


でも、子供達の方が上手でした!

私があれこれ考えるより

子供達が素直にストレートに好きになりました!

そして…

子供達3人ともハマりましたnote

特に末っ子君は2歳の時

毎晩毎晩一緒に読んで

簡単に覚えて言えるようになり

お陰で「ライミング」も掴むのが早かったです


そして…


現在絵本はもうボロボロで

セロテープだらけです…( ̄◆ ̄;)




応援クリック!

よろしくお願いしま~すwinknote

↓↓↓クリックPlease!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

スマホ&携帯用?⇒にほんブログ村 親子英語

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

「読める!面白い!」と自信に繋がった1冊

うちの末っ子君は上の子と違い

文字とページ数が多めの英語の本を読むことに臆病ですdespair


読めることは読めます

読めば読めます

一応ORTのRead at Home のセット48冊は全部読みました

リピートもしました

USBONE のリーディングシリーズも読みました


BUTsweat01

チャプターブック的な読み物はなかなか進みません


読み始めると…

声が小さくなったり ( ´・。・`)

眠くなっちゃったり (-.-)Zzzz・・・。o○

言い訳が始まる…gawk


そんなKo君のリーディングライフでしたが…

ついに転機が?(*゚▽゚)ノflair


ある日この本を自分で選んで持ってきました

「Oh, It's a good idea!」

と、読んでみました


いつもと同じように最初の勢いだけあって

数ページ読んだら

「Let's stop here ^^;」と中断sign03

┐( ̄ヘ ̄)┌  あ~ぁ。。。


しかし、次の日はちょっと違いました (゚-゚)flair

読んで

読んで…

「I want to read more!It's FUN!smile

おぉぉぉぉ~っ!

なにか掴んだ?^^


それもそのはず…

よく見るとこの本ったら

シンプルで短いセンテンスばかりで構成されてるんですね(^^)

長い折り返しの文がほとんどなく

1行づつの短いセンテンス!

しかも語彙があまり難しくなくて

それでいて内容も「解決」したくなるので先が知りたくなる!

しかも男の子が主人公なので

Ko君にはピッタリ(^^)


実はこの本、、まだKo君が1歳の頃に

アメリカ人のお友達が帰国の際に

荷を軽くするためにいろいろ置いて行ってくれた

置き土産の中の1つ^^

けっこう人気のシリーズだったんですねwink


もらった直後は当然Riちゃんはすかさず読み(笑)

何十回読んだか分からないほどリピートして

本はかなりヨレヨレになってますcoldsweats01sweat01


そしてKo君の時代!AT LAST!smile


…って具合に

これを機に臆病にならず

もっといろんな本を読んでくれるようになると

良いんですけどねwink



応援クリック!

よろしくお願いしま~すwinknote

↓↓↓クリックPlease!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

スマホ&携帯用?⇒にほんブログ村 親子英語




| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

日本語&英語、ミックスして喋ってしまう…?

子供に英語を教えていると…

子供がうっかり英語と日本語をミックスして喋っているのに気付き

心配することがあります

そういう質問もいただいたことがあります


「ねぇママ~、ぼくの手フィールしてみてくれる?冷たいでしょ」

みたいに動詞だけ英語にしちゃったり

「見て~、犬がしっぽをワギングしてる~^^」

とかって、進行形を二重にしちゃったり(笑)


それってダメですよね

言語的に間違ってるからダメです


ダメなのですが、英会話力には実際にはそんなに影響しないと

思っています


なぜかというと…


その日本語英語ミックスは…

外国人と英語だけで会話をする時には使えないからです

子供は(大人もだけど)英語の中に日本語をミックスするようなことはしませんし、

できません。

英語の会話の中に突然日本語をミックスするのは実は難しいし

子供もそれはおかしいと分かるからです


したところで相手には分かってもらえないし。( ̄◆ ̄;)


なので…


「日本語&英語ミックス」はよくないので

子供の前ではミックスしないし、子供にさせないほうがいいですが


子供が普段そうしているからと言って

英語力的にはそこまで

細かく心配する必要は無いと思います

一時的な現象だったりします



だけど!

言語的にどうでしょう?

最近の日本人の大人のほうが

よっぽどミックスしているように思いますが。。。


子供がミックスで喋っているのを見て

「よくない」と思う基準は何だろう?と思います


「ハグする」

「キスする」

「シェアする」

「モチベーションあげる」

などは…

いいんでしょうか?


きっといいんだと思います

みんなが使ってるから!(TVとかテレビとかtv とか:笑)

特にニュース番組は英単語ミックスだらけですよね!


では…


何がダメで何ならいいんでしょうか

ディテール」はギリギリOK?

でも「プリサイス」はダメ?

みんなが知ってればいいけど

そうじゃないのはダメ…。


そんな気がします


すみません、なんだかわけが分からない話になりました(笑)

でも、実際それが最近の日本語です。。。


私の場合…

11年間日本を離れて英語圏で生活していたら

そこでは、そこに長く住んでいる日本人同士がお喋りをすると

日本語の中にたくさん英語が入ります

フレーズごと混ざることも多く、癖になってしまいます

みんながそうだから悪い癖も悪く感じないのです(笑)

きっと海外生活された方は心当たりあるのでは?smile


今思えば子供には悪い見本!そのものです(^^ゞ


そこで、私は帰国したら

日本ではミックスせずにちゃんと日本語オンリーで話そう!

と、心に決めていたのに…


あれれ???

日本に住んでいる日本人の方がよっぽど英語ミックスで

ビックリして…Σ(゚д゚;)

ある意味カルチャーショックでしたshock


私が居なかった11年の間に

渡英前はこんなに使ってなかった英単語が

たくさん日本語に組み込まれるようになっていて

どんな単語がよく使われて、知られてて、

どこまでが使われていないのか…

掴むのに苦労しましたsweat01



では、子供達にはどうしましょう?

どこまで許してどこまでダメというのでしょうか?



結論として私が思うのは

親はできるだけそういうミックスを

子供の前では使わないほうがいいと思います

日本語を守るためです

英語育児をやっていることが原因で

日本語のなかにもっともっと英語が組み込まれるようになってしまったら…

10年後日本語どうなっちゃうんでしょう?

って思います



とか思いながらも…

そういう私は先日、昔の悪い癖が出て

うっかりフレーズをミックスして喋ってしまい

「どっち喋ってんだよ~(# ̄З ̄)」と…

子供にバカにされました(><)



今後気を付けます…(u_u;)sweat01




今月からクラスが1つ増えるので

お仕事が増えますsweat01

ブログは時々しか書けませんが…

過去記事いっぱいあるので(^^)

ご訪問&応援クリック!

よろしくお願いします…ねwinknote

↓↓↓クリックPlease!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

スマホ&携帯用?⇒にほんブログ村 親子英語





| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

「感覚的」から「論理的」に移行する時期

人間が持つ能力で凄いなと思うのは…

赤ちゃんが持つ言語習得能力!

特に0歳~3歳の能力は凄いです!

子育てを経験されてる方は既にその凄さを目の当たりにしたと思います

何しろ…

通訳も無しに(?)(何を何に通訳?\(??)/)(笑)

こちらが語りかける言葉を「感覚的」に覚えて

早い子では1歳代から喋り始めちゃうんですから!



以前、英語講師トレーニングで

「右脳優位(感覚的)と、「左脳優位(論理的)」について勉強しましたが

生まれてから幼児期は右脳優位で

大きくなるに連れて左脳優位になるそうです


それは(個人差がありますが)平均的には、

乳歯の一本目が抜けて大人の歯に生え換わる頃

年齢的には6~7歳

「感覚的」な右脳優位から「論理的」な左脳優位に

移行していくそうです(と習いました)


∑(゚∇゚|||)


まさにKo君!

現在移行の真っただ中??(歯はもう4本抜けましたが…coldsweats01


というのも、Ko君は最近変わった質問が多いです

今まで普通に何の疑問も感じずに使っていた言葉の

意味をやたら聞いてくるようになりました


例えば…

「"So"ってどういう意味?」

「"get" ってどういう意味?」

などです


他にもたくさんたくさん質問されましたが

いちいち覚えていませんsweat01sweat01


最初は

「なんでこんな変な質問するんだろ???

急にわかんなくなった?

それとも…

今まで分かってなかったん?shock」って思ってましたが


最近気付きましたflair

「なるほど…移行中か…」って

ならば、対応を少し気を付けたい!


なぜなら…

赤ちゃんから今までに感覚で習得したことを

うまくロジカルに考えて使えるように

繋げてあげると、その赤ちゃんや幼児期の能力を使って身に付けたことが生きるからです!


よく…

「2歳の子が東京の駅名全部覚えた!」

など驚くほどの記憶力だったのに

「今では何も覚えてない!」

とか…

「小さい時は英語喋れてたのに、忘れちゃった」

などよく聞きます。


それって…

その小さい時の能力でできてたことは

能力の低下とともにどうせ消えてなくなる

意味のないもの?


違うと思います

ものの本(確か七田式)によると

こういう赤ちゃんの時の記憶は

潜在意識にちゃんと残るそうです



さて、話を元に戻しますが

Ko君は今まで無意識に使っていた言葉に対し

「あれ?これなんて意味だっけ?」

って思うようになったので

脳がそういう風に今まで取り込んだ言葉を

ロジカルに考えて使いたい!って伝えているようです


それまで感覚的に取り込んで口にしていたことを

今度は考えながら理解しながら取り込み直し

使っていくようです


実は上の2人はこんなに分かりやすくなかったので

今のKo君は興味深いです!


あと、問題は…

「Soってどういう意味?」

って聞かれた時に

私が上手く説明できるかどうか…Σ(゚д゚;)


「またこんな質問~~??」

って嫌になったりせず

ちゃんと聞いてあげて答えてあげるのが

実はちょっと大変despairsweat01


あとは、前記事で紹介したようなワークブックだけでなく

文法的なワークも並行してやっていこうと思います
(実はそっちはサボリ気味…(^^ゞ)


大事な時期でもあるので


頑張ろ…rock



兄の時の二の舞を踏まないように…gawk

(意味深なのであえて文字を小さくこっそりと…coldsweats01



応援よろしくお願いしますm(_ _)msweat01

↓↓↓クリックPlease!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

スマホ&携帯用?⇒にほんブログ村 親子英語






| | Comments (3) | TrackBack (0)
|

100 Words G2 ワークの進み具合

ついに夏休みが終わってしまいました


結局半分は宿題やってたような…annoy

いつもそれがちょっと不満。。。gawk

宿題がこんなにたくさんなければ、もっと思いっきり普段できないことをやらせてあげれて

ストレス無く過ごせて…

個性や才能を伸ばすことができるのに!

なぜ気付いてくれない?

日本の教育委員会!!


先日外国人の友達にも言われた…

「日本は短い夏休みに大量に宿題出すわりには、あまり優秀な人は育たない…、世界のトップの大学は日本じゃなく、夏休みに宿題を出さないアメリカやカナダだよ」ってgawk

そういう印象のようですね

なんか痛いとこ突かれた(><)


まぁ、良し悪しかもしれないけど、ここまで大量に出す必要は無いと…

今年で9回目の夏休みでしたが

毎年思いますdespair



あ、前置長くて、しかも愚痴ってゴメンなさいcoldsweats01


さて、ちょっと前にKo君が100 Words Kids Need to Read の2nd Grade を始めたことを書きました


夏休みの間、毎日ではないけど

ぼちぼち2ページづつやり…

まずは全体の1/5 進みました


ここまでの感想としては…


語彙そのものは(ネイティブのその学年の子なら)知ってて当然というレベルの語彙です

そして、それらをいかに正しく文章の中で使い

現在形、過去形、単数、複数を使い分けるか

そしてそれらを何度も書くことによって

いつの間にかスペリングも覚えていく(はずsweat01

といった流れです

いつも「Word Box」から正しい語彙を選ぶようになっているので

ストレスが無いし、毎回正しいスペリングを目にする事になります


そして、10ページ中半分が「文章の中に正しい語彙を入れる」的な穴埋め問題です

これらはその語彙の意味は分かっていたとしても、文章の意味を理解していなければ、正しい語彙を見つけるのは困難です

でも、その文章がごく普通の物もあれば、笑えるものもあったり、不思議なものがあったりで

読んでいても楽しい内容になっているのがいいです!(子供を惹きつける!good


あとの半分はクロスワード、リスト作り、○付け、暗号探し…等々

各種ゲームや作成的なものです楽しくできます!

このバランスがちょうどいいし、いろんなストーリーをたくさん読む機会を与えられるのがいいです


時々読解問題もあります

このストーリーがまた楽しく

読めば理解できるレベルです


ですが全体に

年齢に達しているからできるかも…というものではなく

ある程度英語を話せて、読んで理解できるレベルでなければ

ちょっと難しいかもしれません



さて、Ko君の出来具合は…

なんとなくパッと見で複雑!に見えるページは

やりもしないで「難しい~っ!」って叫び(笑)

一緒にやってみると実は難しくなかった…

というものだったり。


見た目簡単で

自力でやったら全問不正解で(><)

めちゃくちゃふてくされたりして(*`ε´*)ノ

ママと一緒にやったからできた!ヾ(´ε`*)ゝ

だったりです。


ちょっと難しくてチャレンジで…

ちょっと分かって自分でもできる所があり

読むのは面倒だけど

読んでみると面白いから読んじゃう

ゲームも楽しい( ´艸`)

そんな感じで

簡単にホイホイってできるわけではないのがいいです!


語彙、読み、読解、スペリング

少しづつですが

確実にプラスになってると思いますhappy01


とはいえ、まだ1/5

先は長いのでじっくり確実にコツコツ(笑)

続けます

目標は1日2ページ!scissors

(しかし無理はしないcoldsweats01



応援よろしくお願いしますm(_ _)msweat01

↓↓↓クリックPlease!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


スマホ&携帯用?⇒にほんブログ村 親子英語








| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« August 2013 | Main | October 2013 »