« September 2013 | Main | November 2013 »

October 2013

さすがっ!SUNNY BUNNY のハロウィン・パーティ

東京で大人気の英語教室といえば…

大好きな覇織先生運営の「SUNNY BUNNY」


先日27日に、そのSUNNY BUNNY のハロウィン・パーティが開催され

私達親子も参加させていただきました(≧∇≦)heart04


参加者はパパ&ママも合わせると130名の盛大なパーティでした!

Sunny_bunnys_halloween_2

小さなお子ちゃまから小学生のお兄さんお姉さんまで!

みんなと~っても可愛く、面白く、勇ましく(?)仮装していて

そしてそれに負けないぐらい先生達も仮装していてそこに居るだけでも楽しくなる、不思議な世界でした(笑)

会場には怪しい親子忍者やマイケル・ジャクソンに化けた松田優作(?)がうろついてましたが…dash


Sn_halloween


会場のデコレーションはただのハロウィンデコレーションではなく

このパーティの前に生徒さん達がそれぞれのクラスで自分達で書いたり貼ったりしたものだそうです

先生の手作りもありました!

作った子供達は見てもらえて嬉しいし

ママさんパパさん達にとっても、自分の子供の成果をこういう形で見れるというのは嬉しいですね!

Good idea!good


パーティーは自己紹介(自分が何になってるか)から始まり

ハロウィンの歌&アクション

絵本劇(?)(なんて言ったらいいのかな…?)

ゲーム

読み聞かせ

ビンゴゲーム

Trick or Treat!

等々。。。全て英語で!


そして

読み聞かせの所は私が担当させてもらいましたよ^^

読んだのは・・・

「さあ読むぞ~っ!」って前に出た時、

ママさん&パパさんも含む大勢の方々に見つめられ、

一瞬ひるみましたが(笑)

子供達が「Monster」が出てくるのが楽しみで

ニヤニヤしてる顔smileを見たら

我に戻って(?)いつものように自分も楽しんでましたsmile


私の英語の問いかけにもいい感じで反応してくれて

いい感じで答えてくれて

さすがみんな英語がちゃ~んと分かってて

答え方もわかってるなと…

改めてSUNNY BUNNYのクウォリティの高さを感じました


本当に本当に…

先生達によって入念に計画を立てられた

愛情たっぷりのパーティで

あっという間の1時間半でした!

 

私もいい刺激をいっぱいもらいました!

 

THANK YOU!

and

HAPPY HALLOWEEN!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村



| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

英語育児。。。中学校での影響は?有利?不利?

6年間の小学校生活と違い

中学校の3年間は本当にあっという間です!


気が付いたら…

もう2年半が過ぎてもうすぐ受験!&卒業??

えぇ~~っ?Σ(ノ ̄ロ ̄)ノ

…って

本当にそんな感覚ですcoldsweats01sweat01


さて、そんなあっという間に中3になったうちの息子&下の子2人に

試行錯誤しながら続けてきた英語育児ですが

「英語育児」とか「早期英語教育」とかいうと…

話題になりやすいのが「弊害」やら「日本語への影響」です

が…

それについては、このブログのいろんなところ(ごめんなさい、もうどこかわかりませんが(^^ゞ)や

私達が載っちゃった雑誌 の取材などで

(個人的な観点ですが)「弊害はありませんでした」と…

はっきり言ってます(`・∞・´)ノ キッパリ!

むしろ国語は得意です!wink



さてその英語ですが…

普通に会話ができて読めて(書くのはイマイチ苦手だけどcoldsweats01

とりあえず生活に困らない程度の英語は身についてます。

ですが、中学校での教科の1つとしての英語は

小さい時から感覚的に身に付けてきた英語とは全く違う学習スタイルなので

そういう生活の中で習得した英語とはちょっと違います

実際、様々なギャップがあります



私達の時の英語の授業とはだいぶ違ってきたとはいえ

やっぱり未だに

日本語訳⇔英語訳

単語1つ1つを日本語にする

スペリング

品詞

文法の名前など(日本語で)

これらのことがテストに出ます


なので

ちゃ~んと授業中先生の話を聞いて

教科書や付属のワークをやっておかなければ

いくら英語がよく分かっていて上手に話せたとしても

100点はそう簡単には取れません( ̄◆ ̄;)


逆に、小さい時から英語をやってきたわけではなくても

お勉強が好きでよくできる子は(だいたい女の子が多い)

最初から「1つの教科」として英語を習い勉強し

授業中もちゃんと話を聞き、しっかりテスト勉強をするので

いい点が取れるらしいです

ハッキリ言ってそういう女子には負けてます(笑)


例えばうちの子の代表的な(?)間違い

1年生の時のテストの中の単語の部分で

「次の言葉を英語にしなさい」という問題

「月」 ⇒ (兄の答え)「moon」

でも正解は…「month」でした(笑)

兄の答えだって間違いじゃない!

間違いじゃないけど1年のその時の教科書のトピックは月とか日にちだったから

「month」って答えなきゃならなかったのです

なので、教科書に沿ってちゃんとテスト範囲の勉強をしてなかったことがバレバレってわけです(;;;´Д`)ゝ


そんなアホなミスや、満点取れるような簡単なテストなのに取れないってことに

じれったい気持ちにはなりました

でも…

時が流れ学年が上がるに連れて、そんな小さいことにはこだわらなくなりました


なぜかというと

定期テスト以外の部分で生かされることがたくさんあるからです

毎年行われる中学生のスピーチコンテストで力を発揮できて

学校に貢献できるし

体育祭のダンス競技ではオープニングに英語で盛り上げれたし(笑)

それに、定期テストで少しぐらいアホなミスをしたとしても

成績に影響するほどの低い点になるわけではあえいません


だけど、ここへ来て今一番「使える!」と思えることは

受験です!

3年生になると、定期テストとは別に「確認テスト」というのがあります

教科書の範囲からではなく

全体の理解度を確認するテストです

こういうのをやってみると、教科書から多く出題される定期テストよりも

しっかり点が取れています

高校受験の模擬試験や過去問題などをやっても、勉強をたいしてしていなくてもとりあえず点が取れます


そして、学校の先生の評価も良くなるし、スピーチコンテストで賞をとれば内申点にプラスされます!


…ということは

本来なら5教科(数国理社)もしくは3教科(数国)を

みんな受験に向けて必死に勉強するのですが

そのうちの1教科()はたいして勉強しなくても(アホなミスさえしなければ(汗))大丈夫ってことです!

やった~!

1教科少ない!負担が減る!(*^ω^*)ノ彡


…ってそういう単純、しかし現実的な利点が

ここにありました!



なんだか今回はいつもと違う?(笑)

いつもなら…

「英語ができるって素敵~heart01

「豊かな人生~note

みたいな感じで英語ができることの良いことを吠えてますが( ´艸`)

今日は、超現実的です!(`・∞・´)ノ

なにしろ、毎日目の前に受験生がいますからsmile


私自身、全くブランド志向が無いので

名門だとか名前にはこだわりゼロです

本人がやりたいこと、持ってるモノを伸ばせて

通学の距離など負担が少ない学校がいいと思っているので

特にカリカリしていません


あ、でも…

いくつか候補に挙がったうちの1つのある私立高校は

給食があるっ!てのを聞いて

たったその理由で

「その学校がいいんじゃな~い?(゚∀゚)heart04

ってテンション上がってしまいました


自己中でゴメンなさい…m(_ _)msweat01



すみません、反れましたが…


まとめると


英語育児で身に付けた英語は、中学校英語の学習法とギャップは

どうしてもありますが

それが妨げになって混乱するとかそういうのはありませんでした

所詮1つの言語ですから


ただ…

周りの生徒と教師との摩擦はあるかもしれません

自慢げにしたり、上から目線になったり

知ったかぶりしたりすると周りは気持ち良くありません

成績どころの話じゃなくなり

学校生活に問題が生じる原因になりかねないので

そういうメンタルなことも

少し話をしておくのも大事だと思いました



今日応援よろしくお願いしますconfidentheart04

↓↓↓↓クリックしてねchick
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

スマホ&携帯用?⇒にほんブログ村 親子英語


| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

小学生になってから始める英語

先日、小学校の読み聞かせに行って

久しぶりに3年生を担当しました

(5~6年生の高学年が続いてたので…)


小学3~4年生って…

6学年の中で一番落ち着きがないって感じです(私の経験から)

小2まではまだ幼児っぽいところが残っていますが

小3ぐらいからママとも手をつながなくなるし

口調も生意気になってきます(笑)(凄いをスゲーって言い始めるなど…)

全然悪い意味じゃなくて

誰もが通過する

高学年への移行期間というか…

「ボクはもう小さい子供じゃないぞっ!」

っていうのをいろんなところでアピールしたくて

羽目をはずしてみたくなる…

そんな印象があります


少なくともうちのお兄ちゃんがそうだったし

周りのお友達もみんなそうでした

特に男の子は分かりやすいですから(笑)

女の子は複雑。。。


さて、話を元に戻して…


いつも読み聞かせの時に初めてのクラスに行くと

必ず子供達に質問します

「英語習ってる人~(・▽・)ノ」

「習ってても習ってなくてもいいから、喋れる人~?」

「英語に興味ある人~?」

などです。

今回の小3のクラスは…

英語習ってる人は3人でした(少なっ)


そして…

「私は英語が好きなので、いつも英語の本を読みますよ~(^^)」

というと、そのリアクションったら…

「やった~(^O^)/」な子もいれば

「え~っannoyわかんないからつまんない~!sad

…て子がいたり

「日本語のほうがいい~っ!」っていう子がいたり…

様々にストレートでした(苦笑)sweat01sweat01


まぁ想定内ですが。。。

おまけにいつも思うんだけど

やんちゃな性格で、やたら邪魔しようとして色々突っ込みを入れるような子って

一番前のド真ん中で目の前に座ってるんです(笑)

私としてはそういう子が英語に触れた時の変化を見るのが興味深いので大歓迎^^



そこで…

「実は簡単だから大丈夫!」と…

黒板を使って「UP」と「DOWN」を説明したら、ほとんどの子が知っている様子だったので、それからSWRの「Up and Down」を読みました

   

「We go up. We go down.」の繰り返しですね

子供達も一緒に読むように巻き込んで3回ぐらい読みました

そして「難しかった人~?」と聞くと誰も手を上げず、

「意味分かって一緒に言えた人~?」と聞くと

ほとんど皆手を上げてくれましたwink


その後続けてハロウィンにちなんだ絵本で

こちらを読みました

年齢、学年、レベルに関係なく、必ず盛り上がる参加型絵本です!good

UP & DOWN に加えて

Righy & Left を練習してから

みんなに参加してもらい、作戦通り(笑)盛り上がりました!


こうして無事に

難しい学年(?笑)の読み聞かせを終えたわけですが

改めて思ったことは

こういう好き嫌いをストレートに、しかも自分を強く大きく見せたいとおもう年頃の子供達が

その年齢で全く未知の世界の英語をスタートするとしたら…

diamond「分かる!できる!」という実感

diamond楽しい気持ち

diamond英語ができるといいな⇒英語分かりたい!話したい!という意欲

これが大事!

なので

こういう気持ちや意欲を持てるようになるための環境を作ること!


これが何よりも先だということ。

(全学年そうですが)

とりあえず教材をこなしていくとか、とりあえず公文に入れてみるとかよりも

動機づくり、意欲づくりに時間とお金を費やしても、決して遠回りになるどころか

本人に意欲が芽生えれば、後が速いということです。

海外旅行にいくとか、

ヤングアメリカンズのワークショップに参加するとか

ホームステイの受け入れとか…

外国人の文化イベントに参加するなど…

そして友達ができればベストです!


私も微力ながら、学校での読み聞かせやサマースクール等を通して

一人でも多くの子供達が「英語やってみたいな…」という気持ちを

少しでも持ち始めてもらえるように

活動続けて行こうと改めて思いました^^

(*゚▽゚)ノ頑張る~!rock



応援クリック!

よろしくお願いしま~すwinknote

↓↓↓クリックPlease!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

スマホ&携帯用?⇒にほんブログ村 親子英語





| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

Replacement!?

お久しぶりです(^^ゞ

ちょっと忙しくて…

ブログどころではなくて…

ほとんどアクセスもしていませんでしたsweat01

そしてほとんど訪問もしていません、ゴメンなさい(><)


忙しさは続いてますが久々に近況を書きます^^

以前「うちのインコちゃんが飛んで行っちゃいました」と

このブログでお伝えしました

結局…

残念ながらあのまま見つからず、

大好きだったインコのアクアちゃんは本当にお別れになってしまいました

しかし…

アクアちゃんと大の仲良しだったお兄ちゃんは

「Oh! I can't bear with this birdless life!。(´□`。)」

「What a birdless life!I can't believe it!」

など…

口を開けば「birdless life」を連発してました

そこで…

こんなじゃ受験勉強にも集中できないかな?と思い

「また鳥さん飼う?」

という話が出ては、その度に引っかかるある言葉

「Replacement!」(代替え)

ディズニー映画の「Toy Story 3」の中の

ピンクベアがどうしてグレちゃったかの回想シーンで

ピンクベアを失くした女の子がすぐに新しいベアを買ってもらい

ピンクベアがその新しいベアを見て「Replacement!」って叫び

それでぐれてしまった…

そのシーンが私達親子の心にけっこう強く残っていて

このシーンとアクアちゃんが重なってしまって

新しい鳥ちゃん飼う?

と誰かが言うと…

「Replacement?」

と、誰かが突っ込む…。

そんなのが続きました

だけど結局、兄のテンションを上げるためにも

新しい鳥さんを飼うことになりました!happy01

生後2週間ほどの小さなインコの雛がうちに来て

可愛くて可愛くてhappy02heart04

みんなでお世話してました

だけど、それから10日ぐらいたった頃からちょっと調子が悪くなりました

餌が変な所に入っちゃったか何かで肺炎になったらしく

お薬もらって飲ませてました

だけどその次には足が立たなくなってしまい…

羽根もイマイチ羽ばたけず…

いわゆる、障害を持ったインコちゃんになってしまいました

後天的なのか先天的なのかはわかりません

小さいうえに弱っているのでレントゲンができないから

診察も難しいのです

赤ちゃんだから成長期のはずなのに

体重は減ってしまい、小さいインコちゃんです

平均より体が大きめで超健康体で

たくさんお喋りもできて元気だったアクアちゃんとは正反対の

小さくて障害を持ったインコちゃん

現在生後1ヶ月半ぐらいで、本来ならもう飛べて普通の餌も食べる頃ですが

飛べないし歩けない

餌もまだ挿し餌で与え、たくさんお世話が必要です

そして

「Replacement」なんて言葉は、もう私達の頭にはありません

アクアちゃんの代替えではなく、まったく違う新しい大切なインコちゃんです

もしかしたら早く死んじゃうかもしれないこの小さなインコちゃんを

みんなで大切に育てるのは全く新しい体験で

子供達にとっても貴重な体験になると思っています


そんなわけで…

久々の記事は英語じゃなくて鳥さんについてですが

新しい家族の紹介を兼ねて鳥さんのお話でした^^

全然更新していなくても、訪問&応援してくださりありがとうございます

これからまたぼちぼち…

かけるかな?(^^ゞ

頑張りますrock

障害を持ってても、頑張って生きてる新しい家族は…

「Kippy」です、日本語にするときっぴちゃん(笑)

どうぞよろしくお願いします

そして応援もよろしくお願いしますwink

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村




| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« September 2013 | Main | November 2013 »