« 地味なんだけど・・・効果アリの「フォニックス」ワークブック | Main | クリスマスよりもお誕生日! »

語りかけで心がけてきたこと

お兄ちゃんが2歳3ヶ月の時

急にイギリスから帰国することになり

「日本に住むなら…」と

一瞬の思いつき(笑)で始めた日本での英語育児!

とにかくただひたすら「英語での語りかけ」がメインでした


なんの予備知識も情報も無かったので

正しい英語も間違った英語も(えぇ~っ?coldsweats01

何でもアリ(キャ~shocksweat01)な英語育児で

今思えば…

お兄ちゃんゴメンね…m(_ _)msweat01sweat01


それでも、たくましく(?)英語を普通に話すようにはなってくれました



そんなお兄ちゃんの時の教訓と

2人目、3人目と英語育児の経験を積んでいく中で

心がけるようになったことがあります


それは…


日本人にとって難しい、苦手と思うことを

あえて小さいうちに先にインプットしていくことです


「日本人(特に大人)にとって難しい」からといって

それが必ずしも英語圏で難しい文法や表現というわけではないからです

日本で普通の生活をする普通の日本人が

「難しい」「苦手」というカテゴリーに入れてしまうのは

日本での生活では、それをあまり聞かないし、使わないし

全く慣れてないからと言うだけです

でもそれは

英語圏では知ってて、使って当然な事だったりします


複数形とか…

不規則な単語(sをつけたり付けなかったり、数えられたり数えられなかったり…)

(自分は)聞いたこともない動詞や形容詞

冠詞や所有格!!!

現在完了形!

等々


例えば日本の生活の中で

パジャマ、ソックス、シューズ…etc

いろんな英語が日本語の中に既に浸透していて

無意識に問題なく使ってますが

実はこれらは英語では複数形で

these とか they とかでいわなきゃならなかったりとかねsweat01

馴染めないのです


なので

そういう日本語的イメージが定着してしまう前

そして、脳が柔軟でどんな言語や音も問題なく取り込んでいくことができる

特別な能力が備わっている乳幼児期だからこそ

「難しい」と思われがちなルールも

「難しい」という概念なく取り込んでいけるのです

大きくなっていくと知恵はつくけど考え過ぎて難しくとらえてしまいます


なので

迷ったり苦手意識をコチラ(大人)が持ったりせず

あえて立ち向かって(?)いきました (`^´)/


そしてその成果は…


子供は狙い通りsagittarius苦手意識なく馴染んできましたが

私自身も「難しい」と思うことはなくなり

身についたことを実感します(^^)


理想は…


「Where is my shoes?」とか、

「Here is apple.」など…


気持ち悪くて言えないレベルです

間違ったのは気持ち悪くて言えない(><)になったら

こっちのもんです!o(*^▽^*)o



頑張ろ!(*゚▽゚)ノ




↓↓↓応援クリックお願いしま~すhappy01note

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

スマホ&携帯用?⇒にほんブログ村 親子英語





|
|

« 地味なんだけど・・・効果アリの「フォニックス」ワークブック | Main | クリスマスよりもお誕生日! »

英語の絵本」カテゴリの記事

語りかけ」カテゴリの記事

Comments

はじめまして。
ブログ村から辿ってきました。

気持ち悪くて言えないレベル・・・
すごくいいですね~。
文法とかで考えなくても
何か不自然、で間違いに気づけちゃう
めっちゃいいな~って思いますlovely

私はとにかく
自分が上達するのが第一だったので
子供には何にもしませんでしたcoldsweats01
でも、なんか英語は好きみたいです。
興味を持ってくれてることは素直にうれしいです。

Posted by: あゆな | December 18, 2013 at 09:12 PM

先生、お久しぶりです!
相変わらず、面白いブログですねぇ。
最近、「過労死」なんて言葉が頭に浮かぶくらい超過酷な日常を過ごしていましたが、今日は少しのんびりモードです。
日本では、英語は続けていても一時中断しても中学で教科として必ず通らなくてはならないものなので、英語やってた(る)子、やってこなかった子の差を感じるのは当然ですね。やっぱりやってて良かった!って思ってもらえたらこっちものんです。
それに比べて、ここでは日本語はむちゃくちゃマイナーなので、うちの子達もなんで勉強してるのか分からなくなってるみたいです。私も時々すべてを投げ出したくなります。
今は、英語教育直接関わってませんが、こうして先生のお話を読んだりするとムズムズします。
これからも先生のブログ楽しみにしています。

Posted by: 友紀恵シュミッツ | December 20, 2013 at 02:43 PM

あゆなさま

はじめまして
ご訪問&コメントありがとうございます

「気持ち悪くて言えないレベル」は
感覚的に言語を習得していく幼児ならではの感覚です
とても貴重な時期だと思っています

>興味を持ってくれてることは素直にうれしいです

そうですね
興味をもっているうちにたくさん楽しい英語の時間を持てるといいですね。wink

Posted by: Marinko | December 21, 2013 at 02:35 AM

友紀恵先生happy01

お久しぶりです(^^)

私も忙しくて、、、
見ての通りブログもなかなかコンスタントに更新できていないです(><)


>「過労死」??

shock

あぁ~、なんか分かります
私もつい最近、過労でぶっ倒れました(^^;)


>日本語はむちゃくちゃマイナーなので

私もそれについて考えたことがあります
同じ英語&日本語でも、国と、その国の言語と、必要度で、進み方は大きく変わってきますね

しかしそういう状況の中で、続けられてるので偉いです!!


「やっぱりやってて良かった!」って、子供達に言って欲しいですね
頑張りましょう!rock


Posted by: Marinko | December 23, 2013 at 03:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87554/58747398

Listed below are links to weblogs that reference 語りかけで心がけてきたこと:

« 地味なんだけど・・・効果アリの「フォニックス」ワークブック | Main | クリスマスよりもお誕生日! »