Posts categorized "お兄ちゃん5年生"

今お兄ちゃんがメチャメチャ凝っているものは…

4月になったけど、まだ学校が始まっていないので5年生のカテゴリーへの投稿しますが、これで最後かな…



さて…

タイトルにもある今お兄ちゃんが凝っているモノとは…

万歩計!ヽ(*≧ε≦*)φ

かなりハマってます!


事の発端は実は私。

随分前に旦那が健康のために!と使っていたけど、すっかり飽きて棚の隅っこに置き去りになってた万歩計…

それをたまたま私が発見し…

flairこれ付けて家事をしたら何歩ぐらいになるんだろう??flair

と興味津々で付け始めました。


これがなかなか面白い!happy02

洗濯物干したりクッキングしたりするだけで増えていく数字!


しかしある日気がつくと見当たらない…annoy


どこに行ったかな~coldsweats02と困っていると…

お兄ちゃんが得意げに

「Look!もうこんなに歩いちゃった!┗(^o^)┛」

…と万歩計を見せるじゃないですか!

「あ~っ!これママが使ってたのに~(*`ε´*)ノ」

「だって洗面所に落ちてたんだも~ん!」とお兄ちゃんに拾われてたのでした…


それ以来、完全にお兄ちゃんのモノとなってしまい、毎日欠かさず着けるお兄ちゃんの万歩計生活sign03が始まったのです!sign04run


さすが子供!歩数がどんどん増えます!

朝、部活に行って帰ってくるだけで既に4千歩は軽く超えてるし、公園に行って遊んで、家では下の子達と暴れしてはまたどんどん増える!

天気が悪く歩数が伸びない時に「まだ足りないな~」と肩を落としていたので

「階段を上がったり降りたりしたら?」と勧めてみたら

「Good Idea!」と本当に息が切れるまで上がり降りする単純なお兄ちゃん…


毎日2万数百歩は軽くいくし、前日の記録を更新しては喜んでいます。



実は最近友達との遊び方が難しい…

外遊びが好きなこと遊べばサッカーなどして楽しく遊ぶんだけど、ゲーム機を持ってる友達と遊ぶと、お兄ちゃんも一緒にゲームに夢中になってしまい、オタク君状態に…

おまけに外が寒かったりしたら更に外に出たくない…gawk


BUT!

この万歩計のお陰でとにかく動き続けていたいお兄ちゃん!


ヤレヤレです…(;;;´Д`)ゝ



もし飽きてきたらもう1つ買って私も着けて、歩数を競うのもいいな…

私も運動不足気味なのでちょうどいいかも!flair

↓↓ちなみに使っているのはこんなの



 山佐 MK-803TGR(チタングレー) manpo 万歩


千円ちょっとで安いっ!

シンプルだけどカロリー消費量や距離、おまけに時計も付いてて便利です。


子供に万歩計なんて考えたことなかったけど…

こんなに安くて楽しく子供の運動量を増やせるなら

すっごくいい!ヽ(´▽`)/



今日も読んでくださってありがとうございましたconfident

皆様の応援が大きな励みになりますので、お帰りの前にクリック1回お願い致します…

↓↓↓ココをポチっとhappy01scissors

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


いつもありがとうございます!



| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

逆バイリンガルの大親友&素晴らしい成長!

このブログに時々登場する「R君」は、アメリカ在住でお父さんは日本人、お母さんはアメリカ人です。

お兄ちゃんが4年生の時に単身アメリカに行って、このR君の家にホームステイさせてもらい、いい思い出をたくさん作らせてもらいました。

Pict4372small_2

↑↑アメリカへ出発した時



そのR君がなんと日本に移って来ることになりました。

アメリカでは既に中学生になっていたR君は、もう一度小学生に戻ります。


ただ、うちの近所にある祖父母の家に住むのではなく、親の仕事の関係で神奈川県に行ってしまいますcoldsweats02

…がその前に昨日からうちに1泊お泊りしました。


うちの子供達は当然大興奮で大騒ぎ(><)

いきなり双子のお兄ちゃんを持つ4人兄弟状態です!

そして、日本語ネイティブで英語が話せるお兄ちゃんと、英語ネイティブで日本語が話せるR君、そしてうちのちびっこ達がどう話すのかな~??

と興味深く見ていたら

90%は英語でした。

時々誰かが日本語を言うと、その時はなぜかみんなにうつって、みんなが日本語になったりするのがちょっと面白かったけど…


…とここまで書くと、R君はせっかく日本に来たんだから、日本語で話してあげればいいのに…

と思われるかもしれませんが…


今までは夏休みに帰ってきて、日本の小学校に1ヶ月ぐらい通ってましたが、その間は日本語ばかりの生活です、家もおじいちゃんおばあちゃんとも日本語ばかり…

しかも親元を離れていると、小さいこともストレスになるので、

唯一うちの子と一緒の時は英語を話すことができて、息抜きになるそうです。


そしてうちの子達にとっては英語の練習になるので、お互い持ちつ持たれつ(*^ω^*)ノ彡


とはいえ、私達周りの大人は彼らに英語で話すように…とか、なんとかは一切言いません、その時々の気分で彼らの使いたい方で話せばいいと思っています。

(他の日本人の友達が一緒の時は英語は使わないように!とだけは言ってあります)


さて、この子達…

2日間、朝から帰っていく日の夕方までず~っと一緒にいて、公園に行ったり、児童館に行ったり…

家ではお兄ちゃん達は「バトルスピリット」っていうカードのゲームに夢中になり…

昼食2回、夕食(手巻き寿司^^)、朝食と食を共にし…

夕食後は何を思ったか突然アイロンビーズを始めた4人…


Imgp2786_2

↑↑頭を突き合わして夢中になる4人、後ろにはバトスピのカードを投げっ散らしたままだしっannoy

そして…

お風呂も一緒で寝るのは2段ベッドの上と下…


とにかくとっても楽しそうだったのですが、ふと気がついたことがありました。


この2日間R君とお兄ちゃんは全く喧嘩をしなかったんです!


えっ?って思われるかもしれませんが、男の子ってストレートなのでいくら仲良しでも些細なことで喧嘩したり、いじけたりがあるんです。

2~3年生ぐらいの時は、喧嘩したままバイバイ!なんてこともよくありました。

4年生の時アメリカに行った時は、10日以上一緒に過ごして、喧嘩ばっかりしていたそうです。


でも、今回2日間ず~っと一緒にいて小さい小競り合いもなく、ずっと仲良くお互いに協力的でした。


しかも2人とも下の子達といつも一緒に遊んでくれて、邪魔ものにしたりすることもなく、ちゃんと世話をしてくれる優しいお兄ちゃん達でした!

これは…

どう考えても2人が成長したとしか考えられません!weep

そしてもう1つビックリしたのは、お兄ちゃんの英語とR君の日本語!

どちらもなんだかとってもスムース!

2人が英語で喋ってる時は、2人ともネイティブのようだし、日本語の時は2人とも日本語ネイティブのよう!

しかも、1日目よりは2日目の方がもっとスムースに聞こえたので、この2日間でお互いになんだか言葉のスキルが歩み寄ったんでしょうか???


良く分かりませんが、相乗効果というか…

お互いがもっと仲良くしたい!っていう思いがそれぞれの能力を引き出しちゃったんでしょうか??

だとしたら…

ちょっと感動confidentshine

理想のFriendship!


BUT!


そんな楽しい時間にも限りがあります…

夕方R君はおばあちゃんと一緒に神奈川へ行ってしまいました…



お兄ちゃんは…


。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 号泣sweat01


夕食の時間もオイオイ声に出して泣くので食事も食べられない程…


「1ヶ月に1回ぐらい真ん中の東京で会えばいいじゃん!どこ行こうか?何しようか?」って慰めたけど…


寝る時まで泣いてました…


だけどこれでまた英語を頑張りたくなる動機になりました。

今回スムースに英語で過ごせたことが自信になったと思うし、ネイティブの英語に触れていい刺激にもなったと思います。


今後はR君も日本語の環境で生活するので、彼にとっても英語を話す機会があったほうがいいでしょうし…


逆バイリンガルな大親友の2人、これからもカッコ良く成長できるようにサポートしてあげたいです



今日も読んでくださってありがとうございましたconfident

皆様の応援が大きな励みになりますので、お帰りの前にクリック1回お願い致します…

↓↓↓ココをポチっとhappy01scissors

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


いつもありがとうございます!


| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

うちのパン焼き係はお兄ちゃん!

ある日、私がキッチンで炊事をしていてふと気がつくとお兄ちゃんが立ってて、ママのやってることをじ~っと見てました。

Σ(゚д゚;)sweat01 Whaaaat??とママはビックリ!


すると…



「キッチンでどんなことしてるのか見たかった(^O^)notes 何か手伝いたいな~」


…とお兄ちゃん。


ちょうどその時パンを作るところだったので、

「それならパンを作れるようになってよっ!」と、ダメ元で言ってみると…

「Yes!I want to do it!happy01」 …と喜んだsign03



ちなみに…

「パン作り」といってもホームベーカリーで作るパンです。

日本の「食パン」がどうしても美味しく感じられないので、4年ぐらい前にホームベーカリーを買って、オーガニックの材料を使って家で作っています。

以前パンの教室にも通っていたので自分でコネることもできるけど、5人分だし毎日となると…

ムリムリ!sweat01sweat01


ホームベーカリーというと朝焼きあがって出来たてを食べる!イメージが強いですが、私は一晩おいて生地が馴染んでから食べるほうが好きなので、いつも前の晩に作ります。

だけど、夕方からは何かと忙しい…


そこでっ!

夕食の後片付けなどで忙しくしている時に、お兄ちゃんがパンをセットしてくれたら嬉しいな~happy02heart04

お兄ちゃんにしっかり作り方を覚えてもらって…

パン焼き係さんになってもらおぅ~~!dash


というのが私の下心…( ̄ー ̄)shine




そんなわけで、初日はいきなり「ブルーベリー」入りのパンに挑戦!(Riちゃんのリクエストで)

冷凍のブルーベリーに分量の水を入れてハンドブレンダーで砕くところから始め、ママと一緒に頑張りました。

おまけに、材料や道具や手順を全部英語で示していくので、語彙も増やせた!



翌日、気が変わってるかと思ったら…


大丈夫!(o^-^o)

同じやる気のままで今度はムラサキ芋の粉を練り込むPurple Bread を作りました。

手順はかなり覚えていて、水の量と入れる順番を少し確認しただけであとは自分でやります。


そして3回目からは…

自分一人で作れるようになりました!


やった~!!ヽ(´▽`)/


Imgp2653_2

↑↑「1人でできた~(^O^)/」



Well done!!good

しっかり続けてくれよ~~お兄ちゃん!


ちなみに、うちで使っているホームベーカリーはこちら…

◆送料無料!◆ツインバード ホームベーカリー PY-D432W [PYD4...


これは2斤まで焼けるので助かります!(1斤じゃうちは足りないので…sweat01sweat01


もう一つ感心するのは、お兄ちゃんが何かすればいつもチビ君が付いてくるんだけど、横で一緒にやりたがる弟を嫌がることなく、一緒にバターを入れさせてあげたり、粉を入れさせてあげたりすることです。

とっても優しくて微笑ましい光景でしたconfident



今日はレーズンブレッドを作ってくれましたよ

↓↓↓こんな真剣な顔で…

Imgp2660_3

作る時は集中して真剣だけど、本人はとってもエンジョイしてます!wink


実はこんなのは初めて!

今まで何度も一緒にお料理とかしたけど、あまり興味持ちませんでした。

もう飽きちゃって呼んでも来なくなったのに、パンは好きになってくれた!

仕事量が少ないし、楽チンだけど何かやった気がするのがいいんでしょうね…



まだ発酵がどうのこうの…などの難しいことは一切教えてません、とにかく楽しんでもらって自信がついてから少しづつでいいと思ってます。


よかったよかった!

私は仕事が一つ減って楽になったし( ̄▽ ̄)japanesetea

お兄ちゃんはできることが1つ増えて喜んでるしnote

言うことありませんfuji



いつまで続くだろ…



今日も読んでくださってありがとうございましたconfident

皆様の応援が大きな励みになりますので、お帰りの前にクリック1回お願い致します…

↓↓↓ココをポチっとhappy01scissors

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


いつもありがとうございます



| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

お兄ちゃんが凹んだ…

うちの子供たちがヤングアメリカンズのワークショップに参加してから1ヶ月が経ちましたが、まだまだその熱が冷めません。

もう既に夏のツアーでワークショップに参加すると勝手に決めてる子供達は、

「あと何カ月~???」と待ちきれないです。

それならYA達に会いに行こうよっ!…と、週末行われた東京でのワークショップのショーを見に行くことになりました。


大好きなYAのキャスト達に会いたい!

うちにホームステイした2人に会いたい!

差し入れでもしたい!

あの素晴らしいショーを見てまた感動したい!

そして、自分たちがもらったソロの役をここではどんな子がどんなふうにやってるのか見てみたい!気になる~!

…などと子供達は意気込んで、電車に乗ってる時間も待てない程でした。


今回は参加者ではないので、当日券を買って見るしかなく、席はなんと3階の上の方…

しかも傾斜が急でちょっとクラクラしそうなほどだし、とにかくステージからめちゃめちゃ遠い!

前回は最前列で見ていたのでギャップの大きさに戸惑ったけど、上から見るのも悪くなかったです!


ショーの前半約1時間はYAによるショーで、私達4人は声援を送ったりリズムに乗ったりでかなり盛り上がりました。

そして後半は受講生とYAによるショーなのですが…


問題はここからです。


受講生たちが楽しそうにステージの上でパフォーマンスをするのを見て…

「自分達は参加してないthink!ただ見てるだけangry!」

の現実が悔しくて悔しくて…

お兄ちゃんもRiちゃんもテンションがガクガク~っと下がってしまいましたdowndowndown


おまけに…


踊りや英語の歌などのソロの役をもらってる子供達が、なかなかハイレベルなパフォーマンスをやってるじゃないですか!

全体の盛り上がりも自分が参加したワークショップよりも上回ってるように見えてきて…



お兄ちゃんは…


Σ(゚д゚lll)sweat02



そして…



凹みましたgawkdowndowndownannoy



1か月前に自分が参加したワークショップでは、かっこいい役をもらって自信満々だったお兄ちゃん


踊りも1回目よりも上手く踊れたし、「ちょっとイケるっ!shine」と思っていたのに…



上には上がいました


「僕は今まで『井の中の蛙大海を知らず』だったよ…」

と…

帰り道ずっと自分を見つめ直しているお兄ちゃんでした。



これでつぶれてしまうんじゃなくて、この悔しさを糧にしてもっと頑張ってほしいな…


…と母は思うのでした。



こんなお兄ちゃんですが…

これからも優しく見守ってくださいませconfident


最後に今日もこちらにクリックお願いいたしますwinkheart01

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます

大きな励みになりますm(_ _)m



| | Comments (6) | TrackBack (0)
|

お兄ちゃんの新しい取組み

数日前に「子どもの好奇心を伸ばしたい!」という記事で、さかなくんについて書きました。


その記事内でも紹介しましたが、朝日小学生新聞に連載されている「さかなくん」の記事がなかなか面白いんです!

いつもトピックは何か1つの魚についてで、「さかなくん」ならではの視点でその魚を見つめた記事が書かれています。

そしてなんといっても見逃せないのが、彼が見る独特のアングルで捉えた魚や海の生き物のカラーのイラストです!!

これは本当に面白いですよ!上手いし!


そこにお兄ちゃんが自然に興味を持ってくれて…

「さかなくんの記事って面白いんだよ、今日はこんなことが書いてあるよ」と、読んで聞かせてくれるようになりました。

もともと絵が大好きでちょっと得意なお兄ちゃんにとって、このイラストもいい刺激になります!

ただこの連載は土曜日のみなので

「毎週土曜日が楽しみだな~( ̄ー ̄)」と、待ち遠しいようです。


そこで…

「じゃあこれ捨てるのもったいないから、切り抜いて集めたら?」

と言ってみたらお兄ちゃん食いついた!fishsweat01


そして思い立ったら即実行!

まだ捨てられていなかった数週間分の新聞の束から土曜日を探して、切り取った切り取った!hairsalonhairsalonhairsalonhairsalonsweat01

こんな感じ↓↓

Photo


でも、ここだけの話ですが、実はこれらの連載はさかなくんのサイトでも見れるんです!(1ヶ月遅れぐらいでアップされてます)

だけどこれはお兄ちゃんには内緒!( ´艸`)

やっぱり自分の手で切り取って自分でファイリングしていくことで、更に愛着が湧き、大切にすると思うので、頑張って切り抜きを続けてもらおうと思います。winknote


さて、こんなにさかなくんの事を気に入ってるお兄ちゃんですが、実はそのきっかけになる人物がいるんです!

それは彼のおじいちゃん!(私の父)

おじいちゃんはさかなくんに負けないぐらいの魚好き!

そして魚博士のように魚の事なら何でも知ってます。

そんなおじいちゃんを「師匠!」と呼ぶお兄ちゃんは、去年の夏に広島でおじいちゃんと魚釣りに行き、その結果を夏休みの自由研究にしました。


その時にその表紙を飾るためにこんな絵を描きましたよ

Photo_5 Photo_6


普段絵ほ描く時はボールペンを使うので、消しゴムを使わず1回で線を決める癖が付いているお兄ちゃん、これは鉛筆ですがやっぱりほとんど消さずに書きましした。

さかなくんの絵にはかないませんが、私はこのお兄ちゃんの絵も愛着がわいて好きですhappy01heart04


やっぱり魚って目が決め手ですね!

さかなクンの絵もお兄ちゃんの絵も、ついつい目に目がいく…eyesweat01


最近「自分には何のとりえもない!」とか言って、自信を失いがちなお兄ちゃんですが、こうやって少しでも何かできることをやって、いろんな刺激をもらって大きくなって欲しいです。


今日も読んでくださりありがとうございました。

ランキングに参加してますので

お帰りの前に1クリックをお願いいたしますconfident

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます



***** 追記 *****


本当はこの記事を先にアップするつもりだったんですが、姉からのメールで「政府の仕分けに関する抗議」のことを聞いたのであわてて切り替えました。

抗議にご協力いただいた方々、どうもありがとうございました。


この抗議についての記事は一時的な内容なので、2日程したら削除する予定です。

| | Comments (6) | TrackBack (0)
|

まるでホームスクーリング???

今週の月曜日からお兄ちゃんのクラスが新型インフルのため一週間学級閉鎖です!


夏休みのようなもの???

いえいえっ!

基本的に外出禁止の軟禁状態です。

うちの子はインフルにかかっていないので、元気なのに家の中にず~っといるのがとっても不自然ですsweat02

5年生になると体も(クチも?)デカイのでやたら存在感があるんですよ…

(しかもBOY…(^-^)

そんな5年生の学級閉鎖中の生活はこんな感じ…


毎朝担任の先生から電話がかかってきて、体温と健康状態を聞かれます。

そして子供は、閉鎖中にやっておくように…と、どっさり渡された宿題をやらなきゃならないんですが、一応時間割も立てて学校の時間のように1時間目、2時間目…休憩時間、給食時間、掃除時間…

と学校生活のように過ごします。


昨日の朝は「1時間目は体育?」と言いながら家の周りを2人でマラソンしました。

お昼はママは給食のおばちゃんになり

昼休憩の後は掃除時間ということで家の前を一緒にお掃除…

午後は図画!

絵具を使って静物画を描くのが宿題になっているので、カゴに果物を盛って鉛筆で下描きです。

「お母さんに協力してもらって頑張って描いてください」と先生から言われてたので、ママも横で一緒に描いてみました。

ふと気がつくと、兄ちゃんはなんか手こずってる~??

学生の頃、美術系だったママはそんなお兄ちゃんを見てついつい絵の描き方を細かく教えだし…


つい熱が入り~~(カスパー27oカスパー27DASH!DASH!



めっちゃ嫌がられてしまった…( ̄Д ̄;;




イギリスやアメリカなどでは、子供を学校に通わせないで家庭でお母さんが先生になって学習する「ホームスクーリング」をする家庭がよくあるので、私も興味を持ったりちょっとやってみたいな~と思ったりしたことがありました。

ものす~~っごく大変だろうとは思っていましたが、今回その真似ごとのようにやってみて、やっぱり大変!

っていうか予想以上に大変!


私には不可能annoyannoy

だということがはっきりわかりました。


習い事もそうだけど、自分の子供に自分ができることを教えるのって本当に難しいと思います。

生徒さんと違い、つい感情をむき出しにしてしまいますからね!

私の姉も自分が音楽家なのに娘たちは他の先生に習わせているし…


改めて!世界中のホームスクーリングを実践しているスーパーママ&パパ達に感心するばかりであります。



あぁ~ぁっ!

あと2日!


頑張って楽しもう(?)っと!o(*^▽^*)o



ランキングに参加してますので、お帰りの前に1クリックをお願いいたしますconfident


↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます



| | Comments (6) | TrackBack (0)
|

お兄ちゃんの「英語の早口言葉」(動画)

先月末の1週間は新型インフルエンザのために小学校は休校でした。

その週のある日、子供達は暇だったので久しぶりにBetween The Lions を見ていたら、「Tongue Twister (早口言葉)」についてのストーリーでした。

番組の中の兄のライオネルは早口言葉の名人でどんな早口言葉も平気!

「I'm the King of Tongue Twisters!」といばっていました。


それを見たうちのお兄ちゃん

「ボクにも絶対できる!」

(*`▽´*)ノ

と意気込みライオネルが言っていたのと同じ「Peter Piper」を練習!


Peter Piper

Peter Piper picked a peck of pickled peppers.
A peck of pickled peppers Peter Piper picked.
But if Peter Piper picked a peck of pickled peppers,
Where's the peck of pickled peppers Peter Piper picked?




そして数時間後…


「I did it!」

超ハイテンションで「ライオネルに勝った!」


完成したのがこちら!↓↓


すると!

お兄ちゃんの真似ばかりしているKo君が「It's my turn!」とカメラの前でPeter Piper(?)を始めた!



うわ~~!!

なんだかペコペコ言ってるだけじゃんannoy

そして誰も言ってないのに自分で「Faster!」って言ってスピードアップ?

そして…

途中で自分でも自覚したのか照れてる?


早口言葉ができれば英語が上達するって訳ではないですが、子供達にとっては達成感のある楽しい遊びだったようです。


もっと英語の早口言葉が知りたい方は、こちらをVisitしてみてはいかがでしょうか?

こちら↓↓↓clear

http://thinks.com/words/tonguetwisters.htm


最後にお兄ちゃんのNGでも見て笑ってください、そしてすかさず慰めに行くKo君も…




今日も応援よろしくお願いします

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

親子英語ランキング


いつもありがとうございます



| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

お兄ちゃんの小さな夢にママ大仰天!(@△@)!

前回の『「ORT」過去形が多いのは欠点?』の記事に多くのアクセスと応援をいただき、本当にありがとうございました。

多くの方が「ORT = 過去形多い?」ということに関心があるということが分かって、私の方が勉強させていたきました。

今後の英語育児と講師活動に活かしていきたいと思います。

m(_ _)m


さて、先週の週末、家族でゆっくり遅い朝食をとっていた時、突然お兄ちゃんがこんなことを言いました…


男の子:「ボクが大人になって家族を持ったら~…」

ママりん:「持ったら??What??」

男の子:「持ったらね…、ママが僕たちにやったみたいに、ボクも自分の子供にも英語を教えて、日本語と英語と両方喋れるように育てたいな…」

ママりん!!(゚ロ゚屮)屮ビックリビックリ (突然のビックリ発言に絶句の母!)

SAYU天才クン2:「おぉ~!」 ( ̄ー ̄)ニヤリ (わりと冷静な父)

ママりん:「ど…どうして?sweat01

(一応冷静を振舞ってるけど心の中では…うるうる

男の子:「だってさ、英語と日本語両方できるんだよ!いいよね~!confident

ママりん:「自分はこんな風に英語と日本語両方で育てられて良かったと思ってるの?」

男の子:「当たり前だよ~!ヽ(´▽`)/」

ママりん: (か…感動)cryingcryingsweat01sweat01(←ママの心の中…)

男の子:「でもさ~、どうやったらこんな風に子供が英語と日本語両方喋れるようになるの??」

ママりん:「そ…そんな~、一言で言えないな…sweat02

すると…

SAYU天才クン2:「ママのブログを読んだらいいよ…( ´艸`)」

…と自分で言って自分でウケてる父に

ママりん:「…sweat02

Σ(゚д゚;)゚゚゚゚(果たしてその頃まで存在してるんだろうか…?)



そ…

それにしても…


このお兄ちゃんの突然の告白は…


今までの約11年のドタバタが評価され、受け入れられ、肯定されたような…


なんだか癒され…


報われた気がしたのです…


やっぱり…

11年間続けてきて全てがスムーズに来たわけではありませんでした。

誰でもやってる普通のことではなかったし、始めた頃はこんなにネットで情報があったわけでもないし、ブログも普及してなかったし。

保育園のお友達のママに

「両親日本人で日本に住んでいるのに英語で育てるなんて…」

って言われて、凹んだこともありましたdespairdown

親の勝手なエゴで子供に無理強いしてるとか…思われたんじゃないかな…

私自身も、実は子供たちには負担なんじゃないかな?

本当は嫌なのかな?

本当はすっごく間違った事してるんじゃないかな?

って悩んだこともたくさんありました。

子供に反抗されたり全く英語が出てこなくなったり、どう進めていいのかわからなくなったり…


そんな頃に英日カップルのファミリーとお友達になって、その子供(バイリンガル)と遊ぶようになり、そのパパ&ママもいつもうちの子供たちを褒めてくれるので…

やっと私も自分のやってきたことに自信が持てて、続けることができたかな?


そんな11年間だったので、お兄ちゃんに「自分の子供にもそうしたい!」って言われたことは、私にとっては今までの凸凹にリボンでも付けてプレゼントしてもらったような…

なんていうか…

うまく表現できませんが…


今までのことは無駄じゃなく間違ってもなかったよ!って

子供本人に認めてもらえた瞬間でしたconfidentshine


いくら素晴らしい英語バリバリのスーパーマンshineに育てても…

もし本人が…

「辛い幼少時代だった(><)、自分の子供にはそんな思いはさせたくない!」

なんて思ってたら…


それは失敗ですから…


でも、まだゴールではありません、これからが本番なのでまた無い知恵を縛りながら取り組み続けていきますので、これからも見守ってくださいませ…

m(_ _)msweat01sweat01



いつも応援ありがとうございます!

クリックしてくださると嬉しいです~!

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


いつもありがとうございます!

| | Comments (13) | TrackBack (0)
|

絶滅した鳥「ドウドウ」と環境問題&お兄ちゃんの気持ち!

去年の11月に始めたお兄ちゃんの「音読」の取組みは、驚いたことに今も続いています。(週5~6日ぐらい)



「読む」ことに対して苦手意識が強かったお兄ちゃんは、半年前「やり直し英語」で超簡単なORTのStage 2 などから読み始めました。

さすがに簡単過ぎなのは分かってましたが、「簡単すぎて笑っちゃうよ!」ぐらいの自信を持つことでその後スムーズにレベルアップにつなげていくことができたようです。

その後、短めの絵本から長めの物語まで…、ちょっと前はシャーロックホームズにもはまってました。

そして最近は、パパさんが近所の大学の図書館(一般貸し出しもしている)から借りてくる「Oxford Bookworms Factfiles」のシリーズを楽しんで読んでいます。


先日読んだのがこちら

Animals in Danger (Oxford Bookworms: Factfiles) Animals in Danger (Oxford Bookworms: Factfiles)
Joc Potter


Amazonで詳しく見る

これはいろいろな危機に直面している動物について書かれたものですが、最近環境問題にとっても関心があり、しかも動物が大好きなお兄ちゃんにとっては、とても興味深い1冊だったようです。

中でも彼が心打たれたのは、1680年にモリシャスで絶滅してしまった飛べない鳥「ドウドウ」についての記事でした。

天敵がいなかったドウドウは、飛ぶこともできず、人も恐れなかったそうです。

ドウドウの肉は特に美味しくは無かったので現地の人は誰も食べなかったようですが、外国から来た人たちに次々に殺され、ついには絶滅してしまったのです。thinkdown

そして最後にくくられたこのフレーズ…

「…but we cannot forget the dodo-and we are never going to see a dodo alive again.」

そしてお兄ちゃんはがっくり肩を落として…

「こんな可愛いドウドウを、もう誰も見ることができないんだ…、歩いたり食べたりしてるところ…

見たかったな…think

そして恐竜のように自然の力でどうすることもできずに絶滅してしまったのとは違い、人間の手で殺してしまった…

というところにかなり怒りを感じていました。


そんな矢先に見たのが『HOME 空から見た地球』というプログラムで、環境問題や社会問題を美しい空撮の映像を通して世界に呼びかけるものです。

これは私のお気に入りブログ「いつもORT♪~the key's glowing!~」(ゆうくさん)で紹介されていたものです。

<ゆうくさんの記事から>

この『HOME 空から見た地球』は、これまでにないアプローチで地球の現状況を探り、人類が直面している環境および、社会上の大きな課題に対する認識を高めることを狙いとして、世界50ヵ国以上で空撮された映像によって構成されている。

もっと詳しくはゆうくさんの記事に書かれています。⇒『HOME 空から見た地球』


最初はCGかと思うような目が覚めるような、見たこともない美しい地球上の大自然と人の暮らし。

次には工業排水の垂れ流し、大量の農薬散布、貧困…など、地球や人類が直面している問題の風景!

そして最後に今私達にできることとして、海風を利用した大規模な風力発電、砂漠の照りつける太陽を利用した巨大規模の太陽光発電など、希望的な映像。

そして最後のナレーションは…

「大事なことは何を失ったかではない

まだ森や川や多くのものが残っている

みんながひとつになれば…

解決策はそこにあります。」

(かなり省いた要約)

Together!


そしてそこにお兄ちゃんは燃えました!impactthunder


「もっと環境の事知りたい!もっと世界のこと知りたい!」

「あと30年で北極の氷が溶けてしまうなら、それまでになんとかしよう!punch

そうなんです、私達のような30年後はおばあさんになる人は、世界を動かすほどのことはできないけど、今の子供達にしっかりと高い意識を持たせておけば、何か役に立つかもしれない。

うちには子供が3人!

その3人が英語もしっかりできる国際人になって、世界規模の環境プロジェクトなどに協力できて、役に立てたら…


嬉しいな…shine

頑張れ!今の子供達!

頑張れ!その子供達の親達!!


最後に…

ゆうくさん、素晴らしい映像の情報ありがとうございました!confidentshine



いつも応援ありがとうございます!

クリックしてくださると嬉しいです~!

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


いつもありがとうございます!

| | Comments (7) | TrackBack (0)
|

5年生の英語の授業を参観!!

先日子ども達の通う学校で「フリー参観」というのがありました。

1時間目~5時間目まで、好きな授業を好きなだけ参観してもいいのです。

そうしたら丁度いいことに、この日は英語の授業がある日!

「ヤッタ~happy02note

1時間目でちょっと早いけどsweat02、(時間食うから余計大変だけど)集中する為に3才児は保育園に預けて頑張って行ってみた!dashdash


「英語の授業が見れるsign01英語の授業が見れるsign01」って…

なんだか知らないけどすっごく楽しみで、もの凄い勢いで階段を駆け上がってtyphoonrun階段汗かきながらsweat01教室に飛び込んでいきました!


なんか…

今思い出したら笑える…(*≧m≦*)


さて、教室には「外人」いわゆるネイティブの女性がお2人いらっしゃいました。

1人は去年もずっと英語の授業を担当しておられたお馴染みの先生でしたが、その先生は脇で見ておられて、たまにヘルプされていました。

そして教壇に立っていたのは20代の若いアメリカ人の先生、いかにも子ども達を楽しく引っ張りそうな、とてもかわいらしい先生。

この日の内容は、世界のいろんな動物と、その動物がどこに生息し、何を食べるか…

というもの。

黒板の左側にはA4サイズの紙にゴリラ・キリン・パンダ・クマ・ライオン・カンガルーなどなどの動物のシルエットがそれぞれに1つづつプリントされたものが貼られていて、右側には大陸ごとに色分けされた世界地図がはってあり、「ブルーの所には何が住んでいますか」というようなことを英語で聞いていきます。

子ども達はなかなか大きな声で「ライオン!」「ゴリラ~!」などジャパニーズイングリッシュで答えてみたり、開き直ってる子は完全に日本語のみで答えたり、様々でした。

英語授業の様子を見るのと同時に、当然気になるわが子の様子…

「お兄ちゃん!ボケッとしてないでさっさと何か言ってよ~!」

と心の中でいくら叫んでも声は届きません!

そして先生が地図の下のほうの白いエリアを指して「How do you call this area?」と聞いたとき、お兄ちゃんが答えた!!


「南極~!」


!!(゚ロ゚屮)屮sweat01sweat01


に…日本語かよannoy 

_| ̄|○  ガク…sweat02


あ、いや…

お兄ちゃん少々緊張気味ではありましたが…

南極ぐらい英語で言えるだろ…sweat02


その後は動物の名前を周りにつられて日本語アクセントで言ってしまうことも1回ほどありました…(><)


そして後半はプリントが配られてグループワーク、それぞれの動物が何を食べるかを考えて、絵を切って貼って表を完成するというもの…

そこでお兄ちゃんのグループに様子を見に行ってみました。

すると私を見たからなのか、最初からそうだったのか分からないけど、彼は一生懸命英語でみんなに話かけていました。

やっと英語モードになった様子…


それから全部のグループが全問正解になるまで続けて、5分押して授業は終わりました。

結局今日の授業は動物の名前や大陸の名前をしっかり習う…

というよりは…

地理や生物を英語でお勉強した!

というものでした。

これをどう評価すべきかは人それぞれだなと思いましたが、私的にはもうちょっと子供達に英語を正しく発音させる場が多くてもいいかな…

と思いました。


とはいえ、このアメリカ人の先生は、ホンノ少ししか日本語が喋れないのもあり、授業は90%英語です。

でもとても分かりやすくジャスチャーを加えながら話すので、子供達も一応分かっているようです。

これはgood合格

ただ「みんなで仕事を分けてね」などちょっと込み入ったことは担任に言われるまで分かってないようでした。

これはしょうがないですねdown


そして全体の感想は…


①算数や国語の授業とは明らかに違い、遊び要素が多く楽しいので子ども達は面白がっているみたい。

②子供達に英語を言わせることより聞かせることが中心になっている。(単語をリピートして発音を練習したりはしない)

③分からない子はわからないまま。(気づかれない)

④「生息地」「食べ物」など結構問題が難しかったりして、英語を話すことよりも答えを見つけることに必死…

⑤グループレッスンの時間が長くて、しかもその間は完全に日本語の世界だし、先生から何かを習うわけでもないので、ちょっと無駄な時間のように感じました。


たった1回見ただけなので、○ or ×はなかなか決められませんが…


英語教室は基本的に「英語を習いたい」という希望がある人が集まります。

それに対し、学校の場合英語に興味がある人も、大嫌いな人もいるということを忘れてはなりません。(もちろんどの教科にもいえることですが…)

そういう意味では始まったばかりの小学校英語にもの凄いハイレベルのものを求めるのは、しょせん難しい話なのではないでしょうか…

私も小学生に英語を教えますが、わずか4~5人のクラスでさえレベルの差、性格の差、好みの違いなどなど…平均的に教えるのは本当に大変です!


でも今回見学して1つ言えることは、レッスン内容はいろいろあるにしても、毎週ネイティブの先生と英語の時間を持つということで、「英語」というものを全くそれまで意識もしたことが無かった子供達も少しは英語に近づき、わずかでも世界に目を向ける小さな一歩になっていくんじゃないかな…

上を見ればキリがないけど、「マイナス」にはなっていないんじゃないかな…


なんて今までモヤモヤしていた中から、少し光が見えたような気がしました…flair



いつも応援ありがとうございます!

クリックしてくださると嬉しいです~!

↓↓ココをポチッとするだけhappy01note

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

いつもありがとうございます!

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

より以前の記事一覧